全額損金になる保険を活用して節税をする節税効果を最大化する方法

会社の利益が出たときに考えるのが、税金対策だと思います。

そして、税金対策の有効な手段と言われている1つに生命保険があります。生命保険は保険料を損金として計上できますが、商品や契約方法によって全額、1/2、1/3など違いがあります。そこで思うのが保険料を全額損金にしたいということではないでしょうか?

全額損金にできる商品はごく一部の限られた契約になります。

そこで今日は全額損金にできる代表的な商品とその特徴を中心にお伝えします。保険を活用して会社のお金を有効に使いしましょう。

続きを読む

逓増定期保険を考えるときに必ず知っておくべき有効な5つの活用法

法人保険の代表的な商品が逓増定期保険です。逓増定期保険の特徴は定期保険の中でも死亡保険金が年々増加するものです。そして貯まっていくお金(解約返戻金)が早期にピークを迎えることです。

その特徴を利用して、節税・退職金の準備・事業継承対策など様々な使い方があります。

法人保険の中でも活用法が多い商品ですが、使い方次第でメリットにもデメリットにもなる商品です。

今日は逓増定期保険の有効な活用法と注意点をお伝えします。逓増定期保険を上手に活用して会社のお金を有効に使っていきましょう。

続きを読む

退職金を保険で貯めていくときに有効な4つの方法

会社を経営していると将来の退職金をどうやって準備しようか迷うのではないでしょうか?

退職金を準備する方法はたくさんありますが、有効な方法の1つに保険を使って準備する方法があります。保険で退職金を準備する最大のメリットは保険料を損金に計上できる点です。

節税をしながら退職金を貯めれるので保険を使うのは魅力的です。ただし、正しい使い方をしないと損をすることがあります。

今日は保険を使って退職金を貯める有効な方法をお伝えします。正しく使って出来るだけ最大限保険のメリットを生かしましょう。

続きを読む

オーナー社長が会社のために考える相続税と自社株対策とは?

いつかはやってくる引退に向けて、会社を良い状態で引き継ぐために、後継者に円滑に自社株を引き渡したいという経営者の方は多いのではないでしょうか。

さらに、相続税についても事前に十分対策をしておきたいという方は多いのではないでしょうか。

今回の記事ではオーナー社長が会社を円滑に後継者に引き渡すために重要な、相続税の納税資金の準備、および円滑な株式譲渡のための事前対策についてお伝えします。

平成27年1月から始まる相続大増税に向けて、ぜひ対策を検討してみてください。

続きを読む

生命保険を活用した生前贈与によって富裕層が相続税を抑える方法とは?

生前贈与を活用すると税額を抑えられると聞いて、具体的な方法を知りたいという方は多いのではないでしょうか。

実際、2013年度の税制改正で、相続税の増税決定を受け、節税対策の一つとして生前贈与を検討している富裕層の方々が増えています。

今回の記事では、生命保険を活用した生前贈与の方法を詳しく解説します。

相続税対策を考えている方は是非読み進めてみて下さい。

続きを読む

年間240万円までの節税は全額損金にできる倒産防止共済

中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)は全額損金にできると聞いたものの、具体的にどんな仕組みなのかわからないという経営者の方は多いのではないでしょうか。

倒産防止共済は、年間240万円(累計800万円)まで掛け金を全額損金計上できるため、節税対策に有用です。

今回の記事では、この倒産防止共済を用いた節税について、詳しくお伝えしていきます。

続きを読む

福利厚生を考えるときの生命保険の活用法

中小企業経営者の方は利益が出たときに従業員のために福利厚生を考えているのではないでしょうか?

福利厚生の手段の1つとして生命保険があります。

福利厚生で生命保険を利用する目的としては従業員の入院したときの保障または死亡時の遺族の保障などがあります。

保険料が損金算入できるのもメリットとしてあります。

今日は生命保険を福利厚生で活用するときに知っておくべき特徴と活用法をお伝えします。

続きを読む

経営者の退職金を準備するときの生命保険活用方法

中小企業経営者の方は生命保険で退職金を準備される人が多いですが、なぜ生命保険で退職金を準備するのか疑問に思う人もいるのではないでしょうか?

生命保険は万が一の時の保障ですが商品によってはお金が貯まっていきます。また、保険料の一部を損金として計上できるので退職金を貯めるのに有効な手段と言えます。

今日は経営者の退職金を生命保険でどういう商品で貯めていくのかを中心にお伝えします。メリット・デメリットがあるので検討する前にしっかり確認しておきましょう。

続きを読む

長期平準定期保険活用法と経理処理

会社の法人契約で生命保険を検討するときに営業から長期平準定期保険を勧められるケースが多いのではないでしょうか?

ただ、本当に加入したほうがいいのか疑問を感じることもあると思います。

法人保険は加入するときに将来を見据えて目的を明確にしておくことが重要です。

長期平準定期保険は主に経営者の死亡保障・節税・退職金の準備を目的として加入をする商品です。

今日は長期平準定期保険の活用法と経理処理をお伝えします。

続きを読む

がん保険は「節税」に有効?経営者が知っておくべき税制改正ポイント

中小企業の経営者などのあいだで全額損金算入できるということで「節税商品」と言われ人気の高かった、いわゆる「法人向けがん保険」は、2012年4月27日に国税庁より税制改正の発表があり、「2分の1損金」に変更となりました。

本来、この保険は事業主や社員の治療費など福利厚生や事業保障を目的とするものでしたが、条件を満たせば保険料を全額損金扱いできたため、課税対象となる利益を保険料に回して税負担を軽減することができました。

しかし、税制改正で「2分の1損金」扱いとなったことにより、その効果は大きく薄れたといえます。

この記事では、事業保障及び税負担の軽減の観点から、「法人向けがん保険」の有用性について考えてみたいと思います。

続きを読む