相続税対策|効果的に対策できる生命保険の活用法

あなたは、相続税対策に生命保険が有用だという話をお聞きになったことがあることと思います。ただし、調べても具体的にどのようなメリットがあり、どれくらい節税ができるのかよくわからないのではないでしょうか?

相続税対策に生命保険は有効な1つではありますが、活用法を知らないと最大限生かすことができません。

この記事では生命保険で相続税対策をしたときに知っておかなければいけないことをお伝えしています。

なお、相続税法は平成27年に大改正があり、相続税の課税対象となる人が大幅に増えました。今更ながら平成27年改正の重要なポイントも解説していますので、最後までご覧ください。

続きを読む

知って得する!役員社宅で節税するメリット

法人税の節税方法は数多くありますが、意外と知られていないのが役員社宅という制度です。役員が支払っている家賃の一部を会社の経費として落とすことができるのですが、この制度を活用している経営者の方は少ないように思います。

役員の住まいについて社宅制度を取り入れることにより、会社の節税になるばかりでなく、役員個人にとっても家賃負担の軽減など、様々なメリットが発生するので、ぜひ取り入れていただきたい節税方法の一つです。

この記事では、

・役員社宅で節税できる3つのポイント
・家賃の具体的な設定方法
・役員社宅を取り入れる際の注意点

の3点について分かりやすく解説してまいります。

役員社宅を取り入れようとお考えの経営者の方や、すでに導入済みの方にとっても、役員社宅で最大限の節税効果を生み出す方法についてお伝えいたしますので、ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む

小規模企業共済で退職金を積み立てるメリット・デメリット

個人事業主の方や、中小企業の役員・従業員の方は、どこかで一度は「小規模企業共済」という言葉を耳にしたことがあるかも知れません。小規模企業共済は平たく言えば、経営者のための公の退職金制度のようなものです。そして、実際に多くの経営者の方が加入されています。ただ、加入する前にメリットとデメリットの両方を把握し、掛金・共済金(≒退職金)の額や、共済金の受取時期について、ある程度計画を立てておく必要があります。今回は、小規模企業共済とは何かということと、メリット・デメリットについて説明します。

続きを読む

福利厚生を考えるときの生命保険の活用法

中小企業経営者の方は利益が出たときに従業員のために福利厚生を考えているのではないでしょうか?

福利厚生の手段の1つとして生命保険があります。

福利厚生で生命保険を利用する目的としては従業員の入院したときの保障または死亡時の遺族の保障などがあります。

保険料が損金算入できるのもメリットとしてあります。

今日は生命保険を福利厚生で活用するときに知っておくべき特徴と活用法をお伝えします。

続きを読む

年間240万円まで全額損金にでき節税できる倒産防止共済

中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)は全額損金にできると聞いたものの、具体的にどんな仕組みなのかわからないという経営者の方は多いのではないでしょうか。

倒産防止共済は、年間240万円(累計800万円)まで掛け金を全額損金計上できるため、法人の節税対策に有用です。

今回の記事では、この倒産防止共済を用いた節税について、詳しくお伝えしていきます。

続きを読む

中小企業が退職金制度の導入をするときに心得ておくべきこと

従業員のために退職金の制度を整備したいと思っても、経済的負担やコストパフォーマンス等を考えると、どうすればいいのかよく分からないのではないでしょうか。

退職金制度を導入した事例の中には、成功例と失敗例があります。成功例としては、採用がうまくいき定着率も向上したというものがあります。しかし、失敗例もあります。退職金のコストに対する従業員のパフォーマンスが上がらず、ただ会社の財務体質を悪化させてしまい、結果として従業員のためにも会社のためにもならなかったというケースです。

退職金制度の導入は、大きなコストとリスクを企業が負っているものなので、退職金制度を導入するときには様々な工夫を行い、コストパフォーマンスを高めていただきたいと思います。

本日は、退職金制度導入でお悩みの中小企業経営者のために、退職金制度を導入するときに心得ておいてほしいことをお伝えします。退職金制度の導入をお考えの方は、是非押さえておいていただきたいと思います。

続きを読む

役員退職金の計算方法と支給のための手続のポイント

経営者・役員の方の退職金の制度を整える場合、金額はいくらにすればいいのか、どういう手続をとればいいのか、といったことが気になることと思います。

高すぎると会社の経費(損金)として認められませんし、きちんとした手続を踏まないと、やはり損金として認められません。

そこで、この記事では、退職金の額の決め方と、支給するために必要な手続について、分かりやすく整理してお伝えします。

続きを読む

補助金獲得率80%のプロがおすすめの激アツの補助金3つと圧倒的獲得ノウハウ

起業家のみなさんにとって、国の補助金は、受け取れたらうれしいものですが、どんな補助金があるのかいまいち分からないし、手続が面倒くさそうだし、通るかどうか分からないし…と思っていませんか?

私はこれまで、何人かの補助金の専門家の方に話を聞いていますが、皆さんが口を揃えるのが、補助金の中には狙い目のものがあり、また、きちんと戦略を立てて準備して臨めば、通る確率が格段にはね上がるということです。

しかも、補助金には予算の枠があり、「早い者勝ち」な面もあります。本当は獲得できたはずなのに、予算の枠が埋まって逃してしまったとあっては、本当にもったいないです。

そこで今回は、狙い目の補助金と、補助金を獲得するためのポイントについて、分かりやすくお伝えします。

なお、今回、補助金コンサルタントとして獲得率80%超の実績があり、補助金の審査委員を務めたこともある塩野富佐男氏(中小企業診断士・社会保険労務士。㈱フォーライフコンサルティング代表)にお話をうかがいました。

是非、最後までお読みになって、補助金獲得のための戦略にお役立てください。

続きを読む

中小企業が従業員の退職金を積み立てる3つの方法のメリットと注意点

※この記事で紹介している法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、国税庁の現行の通達に定められたルールを前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルールの案を公表し、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、正式に新ルールによる運用が行われることになっております。

新ルール案の内容については「法人保険(いわゆる節税保険)の販売停止に関する国税庁の新ルール案の解説」で分かりやすく解説しておりますので、ご覧ください。

従業員の退職金の制度は、従業員に長く働いてもらうこと、優秀な人材を採用することにつながります。

ただし、一度導入すると、たくさんのお金が必要になりますので、積み立てるには効率の良い方法を選ばなければなりません。

そこで、今回は、実際に多くの中小企業が活用している退職金の積立方法を3つ取り上げ、分かりやすく解説します。

続きを読む

長期平準定期保険の2つのタイプの目的別の活用法と注意点

※この記事で紹介している法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、国税庁の現行の通達に定められたルールを前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルールの案を公表し、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、正式に新ルールによる運用が行われることになっております。

新ルール案の内容については「法人保険(いわゆる節税保険)の販売停止に関する国税庁の新ルール案の解説」で分かりやすく解説しておりますので、ご覧ください。

長期平準定期保険は、法人の経営者向けの生命保険の一つで、以前から「節税商品」として人気があり、多くの法人に活用されてきています。

ただし、長期平準定期保険にもいくつかのタイプがあります。

そして、最近よく活用されているのは、2つのニュータイプの長期平準定期保険です。

そこで、この記事では、活用目的ごとに、長期平準定期保険の選び方と注意点について、分かりやすくお伝えします。

続きを読む