パソコンの減価償却方法|価格帯によって違う償却方法まとめ

パソコンはどの会社の業務にも必需品で、重要な資産です。したがって、パソコンがどのように減価償却されるのかということは重大な問題です。

特に、パソコンは技術革新が日進月歩で行われているので、買い替えのタイミングも早く来ます。したがって、早く減価償却できるに越したことはありません。

ところが、ややこしいことに、パソコンは価格帯によって減価償却の方法が違います。また、中には平成30年3月31日まで期間限定の、青色申告の中小法人向けの特例があります。

したがって、パソコンを購入する時は、どんなスペック、価格帯のものを選ぶかを決める際に、減価償却の価格帯別のルールを理解しておく必要があります。

この記事では、パソコンの減価償却の方法について、価格帯別に分けて、分かりやすく説明します。

続きを読む

合同会社は節税がしやすい?株式会社との違いについて

2006年に会社法が変わり、新たに設立できるようになった合同会社。

2015年には設立数が2万件を超え、新たな会社の形として徐々に認知されてきています。

特にスタートアップや個人事業主の法人化の際に選択肢に入ることが多く、設立費の安さや節税の面においてメリットが多いです。

今回はそんな合同会社について、

  • 個人事業主と比較した節税のしやすさについて
  • 株式会社との比較について

を解説して行きます。

起業を考えている方は特に、合同会社の特徴やメリットをしっかりと把握しましょう。

続きを読む

雑所得の税金|公的年金等とそれ以外で変化する課税方法

様々な所得が定められている中、そのどれにもあたらない所得を取り扱うために存在する雑所得。

特に年金が雑所得にであり、税金が課せられるということに驚く人も多いのではないでしょうか。

課税される税金については、公的年金等とそれ以外で大きく違いがあります。

今回はそんな雑所得の種類や算出方法、税金の計算について解説していきます。

思わぬ所得が雑所得として扱われている場合もあるので、良く確認しましょう。

続きを読む

中小企業の法人税|普通法人との税率の違いを徹底解説

企業が支払うことになる法人税は、会社経営に携わるからには常に意識することになるものです。

一般的に法人税等の計算には「法定実効税率」という、法人税等にかかる税率を合計したものが使用されます。

実はこの実効税率、中小企業(資本金額が1億円以下の企業)と普通法人では差があるのをご存知でしょうか。

また、法人税等に分類される法人住民税にかかる均等割なども、従業員数や資本金額で変化します。

今回はそういった中小企業の

  • 実効税率
  • 法人住民税の住民税率と均等割

が普通法人と比べ、どの程度違うのかを見ていきます。

基本的に大きな企業と比べて税率、税額の部分で有利に働くものが多いので、しっかりとチェックしておきましょう。

続きを読む

法人と経費|社長はどこまで経費にできる?

起業したての経営者が、サラリーマン時代とのギャップを感じるものとして挙げられるものの一つに、法人としての会計処理があります。

法人税等、法人にかかる税金は、基本的に「収入から必要経費を引いた利益」を基に算出されます。

その上で、必要経費に関しては、何を計上していいかわからない、という人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな法人の経費について解説していきます。

どのような費用が経費になるか、十分に理解し、今後の決算に備えましょう。

続きを読む

不妊治療時に保険は必要か?|公的保障と新しい不妊治療

結婚という人生の祝辞を超え、夫婦となった男女が次に求めるものといえば、子供が思い浮かぶでしょう。

しかし現実では、希望のままに妊娠をすることが出来ないという人もいます。

そんな夫婦の為に存在する不妊治療。

医療も発達と共に、不妊症に対する治療法は豊富になってきていますが、治療には当然お金がかかり、経済的な負担になってくるのも事実です。

そんな不妊治療にも、公的な保障や民間の保険などが適用される可能性があります。

今回は、不妊治療向けの保障や保険を、

  • 不妊治療中に対する健康保険の適用範囲について
  • 公的な保障について
  • 新設された不妊治療向けの保険について

に分けて解説していきます。

今不妊症に悩んでいる方も、これからの妊活に不安を抱えている人も、不妊治療に対する保障・保険についてしっかりと理解しましょう。

続きを読む

がん保険の特徴とは?検討するとき必ず知っておきたい基礎知識

がん保険は他の保険とどう違うのかはっきりわからない方も多いのではないでしょうか。

がん保険は文字通りがんになった時しか、給付金は支払われません。がん治療は他の病気と比べてお金が掛かるので、がん専門の保険が販売されています。

そして、他の病気に比べて治療法もたくさんあるので、がん保険も医療保険などにはない特徴があります。

今回の記事ではがん保険の特徴についてお伝えします。

がん保険と医療保険の違いなど、表にするなどしてわかりやすくまとめました。他の保険にはない特徴もあるので、一緒に見ていきましょう。

続きを読む

団体信用生命保険の見直しで約100万円節約できる方法

ここ数年は、住宅ローンの金利も低くなっており、住宅ローンを組んで家を購入されている方も多いのではないでしょうか?

住宅ローンを組む時に加入する団体信用生命保険という言葉を何度か耳にしたことはあるかと思います。

しかし、ここで意外と知らない方も多いのですが、フラット35(固定金利)の場合は、団体信用生命保険は任意での加入になっており、民間の保険で代用してもよいことになっています。

団体信用生命保険の保険料は意外と高いので、民間の保険や会社の団体生命保険で代用すると約100万円の節約につながることもあります。

本日はこの団体信用生命保険の見直しによる節約術についてご説明させていただきますので、フラット35での住宅ローンを検討している方、もしくはすでにフラット35で団体信用生命保険に加入している方は是非最後まで読んでいただければと思います。

続きを読む

収入保障保険と所得補償保険の違いとは?確認しておきたい注意点

自分が働けなくなった時に困らないように保険を探していると、「収入保障保険」「所得補償保険」という似たような名前の保険を目にしたと思います。

ただ、どのように違うのかよくわからないですよね。

この2つは同じような名前でも受けられる保障は全然違います。

一定の状態になって働けなくなった時に保障が受けられるのは「所得保障保険」です。対して「収入保障保険」は死亡したときに保障される生命保険の一種です。

この記事では「収入保障保険」と「所得補償保険」の違いを詳しく解説します。頭が混乱しないように整理して、自分が必要だと思うものを検討しましょう。

続きを読む

学資保険のおすすめ商品と比較してお得な商品の選び方

はじめて学資保険を検討するときどのような学資保険がいいのかわからないのではないでしょうか?

学資保険でおすすめするのは元本割れをしない商品です。簡単にいうと将来増える商品です。

学資保険の中には「元本割れ」といって支払保険料よりも将来減る商品もあります。学資保険は必ず必要なものではありませんのでそういった商品であれば学資保険に加入をしないほうがいいでしょう。

ただ、正しく選べば学資保険は将来の学費を安定して貯めていくのに有効な商品の1つです。

この記事では学資保険のおすすめする商品を具体的にお伝えします。将来後悔しないためにもこれから学資保険を検討する人は正しく選び、将来一番増える商品を選択しましょう。

続きを読む