労働災害総合保険とは?2つの補償内容と加入のメリット

会社が従業員の怪我・病気に備えて、国の労災保険にプラスするために加入する保険で、「労働災害総合保険」というものがあるのをご存知ですか?

おそらくあなたは「災害」という字面を見て、体を動かす作業中の事故をイメージすることと思います。「うちは運送業でも建設業でもないから関係ないかな。」「うちはオフィスワークだから関係ないね。」そう思われるかもしれません。

しかし、労働災害総合保険は、肉体労働を伴う業種のためだけのものではありません。オフィスワークを原因とする病気も補償対象です。たとえば、過労死や、業務のストレスによる長期休業も対象となっています。

その場合、国の労災というものがあります。しかし、労災はあくまで最低限の給付です。それだけで従業員の方やそのご家族の方の生活を守れるでしょうか?また最悪の場合、あなたの会社が、「安全への配慮が足りなかった」「労働環境の整備が不十分だった」などとして、従業員の方から多額の損害賠償を請求されるリスクもあります。

特に、ストレス社会と言われる現代では、「労働災害」が起こってしまった場合の費用は、肉体労働とデスクワークとを問わず、あなたの会社を脅かすことになりかねません。

労働災害総合保険は、そういったケースから、あなたの会社と従業員の双方を守ってくれるものです。

今日はそんな労働災害総合保険の中身と加入のメリットについて、分かりやすくお伝えしていきます。
続きを読む

不動産管理会社で節税対策ができる仕組みと注意点

不動産を持っていて賃料等で大きな収益を挙げている方は、節税対策として、不動産管理会社を設立するのが有効だという話を聞いたことがあると思います。

ただ、本当にお得なのか、落とし穴はないかは気になるところでしょう。

不動産管理会社の活用は、所得税・相続税等の節税対策として非常に有効です。ただし、有効活用するには基本的なしくみを理解していただく必要があります。

また、設立するにあたり、注意していただきたい点もあります。

そこで、この記事では、不動産管理会社で節税ができるしくみと、注意していただきたいポイントについて、噛み砕いて説明します。

不動産管理会社を活用しての節税対策をお考えの方は、是非最後までお読みください。

続きを読む

リース資産の減価償却|リースによる節税のための基礎知識

事業用の資産をリースで借りると減価償却できる場合があるという話を聞いたことがあると思います。

リースを利用するのは、分割払いで購入するのとよく似ています。しかし、減価償却の期間・方法は大きく違うので、注意が必要です。

具体的には、償却期間をある程度短くできることと、その間、一定の額が減価償却費として計上されていくことです。

この記事では、リースで借りた資産の減価償却方法とその特徴について、購入した資産との比較を意識しながら、分かりやすくお伝えします。

なお、この記事で扱うリース取引は、名実ともに借りるもの、つまり、リース期間が過ぎたら返さなければならないものをさします(所有権移転外リース)。

同じリースでも、後にそのモノの所有権をもらうことができるもの(所有権移転リース)は、買ったのと同じに扱われます。したがって、「設備投資した資産の減価償却|節税・資金繰りに役立つ基本」をご覧ください。

また、「オペレーティングリース」と呼ばれるものについては、「オペレーティングリースの節税の仕組みと具体的な活用術」をご覧ください。

続きを読む

経営者が知っておくべき交際費と接待飲食費に関する課税ポイント

平成26年に交際費課税制度の改正があり、中小企業(期末資本金又は出資金1億円以下の会社)については、交際費が年間800万円まで、全額経費として損金算入とされるようになったことはご存知でしょうか。中小企業にとっては、とても有り難い改正ですね。

また、もし、今まで経理に関して人に任せていた社長様は、交際費の金額を改めて確認することで、損金算入額が増えるかもしれません。

この記事では、特に、中小企業の社長様が活用されることの多い、接待飲食費の損金に算入できる範囲、または注意しておく点などをご紹介します。

続きを読む

不動産の減価償却で知っておきたい3つのポイント

不動産は減価償却できるということは知っていても、どのように減価償却がされているのかまではわからない方が多いです。

しかし、投資目的で不動産を購入する場合は、どのように減価償却がされるのかを理解しておきたいと思いますよね。

実は、不動産の減価償却は、「建物の構造」と「築年数」で決まります。

この記事では、不動産の減価償却について理解しやすいように3つのポイントに絞ってお伝えします。

続きを読む

ソフトウェアの減価償却で知っておくべき3つのポイント

パソコンのソフトウェアが減価償却できるというと、なかなかイメージが湧かないと思います。

なぜなら、減価償却と言うと普通は建物や機械、車、パソコンといった形あるものをイメージするからです。

パソコンのソフトウェアは、CD-ROM等を買ってきてダウンロードしたり、ウェブ上で購入してダウンロードしたりするでしょう。また、外注して特別に作ってもらうこともあるでしょう。場合によっては自社で開発することもあるかも知れません。

いずれにしても、ソフトウェア自体には形はありません。したがって、減価償却と言われてもピンとこないのは無理もありません。

しかし、減価償却は、価値が減っていってしまう資産ならば何でもあてはまるテクニックです。そのため、資産に形があるかないかは関係ありません。

ソフトウェアのような形のない資産も減価償却はできます。ただし、形のあるものと全く同じように扱うことはできず、独特のルールがあります。

この記事では、パソコンのソフトウェアの減価償却の方法について、イメージしやすいようにお伝えします。

続きを読む

キャリアアップ助成金の7つのコースの特徴とポイント

『キャリアアップ助成金』という国から返済不要の資金を調達できる制度があります。

名前は聞いたことがあっても、実際にその支給金額や条件までは把握できている方は少ないです。

実はこのキャリアアップ助成金は、支給要件のハードルが低いため、支給の申請を出さなければもったいない制度です。

この記事では、この『キャリアアップ助成金』の7つのコースの特徴とそのポイントをわかりやすまとめましたので、是非最後までご覧ください。

なお、この記事は平成30年4月時点での情報をまとめています。

最新の情報、および詳細な適用条件は厚生労働者のホームページ(「キャリアアップ助成金」)でご確認ください。

続きを読む

パソコンの減価償却方法|価格帯によって違う償却方法まとめ

パソコンはどの会社の業務にも必需品で、重要な資産です。したがって、パソコンがどのように減価償却されるのかということは重大な問題です。

特に、パソコンは技術革新が日進月歩で行われているので、買い替えのタイミングも早く来ます。したがって、早く減価償却できるに越したことはありません。

ところが、ややこしいことに、パソコンは価格帯によって減価償却の方法が違います。また、中には平成30年3月31日まで期間限定の、青色申告の中小法人向けの特例があります。

したがって、パソコンを購入する時は、どんなスペック、価格帯のものを選ぶかを決める際に、減価償却の価格帯別のルールを理解しておく必要があります。

この記事では、パソコンの減価償却の方法について、価格帯別に分けて、分かりやすく説明します。

続きを読む

借上社宅で会社も個人も節税ができる方法と注意点

会社が役員・従業員の方の自宅の家賃の一部を負担する方法の一つに、借上社宅の制度があります。

会社が家やマンションやアパートを借りて、それを役員、従業員の方に低い賃料で貸してあげるものです。

似た制度としてメジャーなのは住居手当の制度ですが、住居手当よりも借上社宅の制度の方がメリットが大きいということは意外に知られていないように思います。

実は、節税等の効果を見ると、借上社宅を活用する方が、住居手当を支給するよりも会社と個人の双方にとってメリットが大きいのです。

この記事では、借上社宅の制度がどういうものでどういうメリットがあるのかということと、活用する上での若干の注意点についてお伝えします。

借上社宅の制度の活用を検討なさりたい方は、是非ともお読みになってお役立てください。

続きを読む

住宅ローンの諸費用の算出方法と節約の3つのポイント

マイホームを購入する時の費用は、土地代と建物代ばかりに目が行きがちです。しかし、忘れていけないのが購入時の諸費用です。

諸費用を計算することを忘れると、結局、予算を大きくオーバーしてしまったということになりかねません。

事実、諸費用の見落としが原因で、住宅ローンを借りすぎたり、突然数十万円の現金を用意しなくてはいけなくなってしまったり、思ったより貯金が減ってしまって不安を抱えたまま新しいマイホームでの生活をスタートするという方が結構多いからです。

あなたはそんなことにならないように、今回は、住宅購入時や住宅ローンを借入するときにどんな諸費用がいくらくらいかかるのかをまとめました。

また、諸費用の中には節約できるものがあります。その節約方法に関しても詳しく解説させて頂きます。

続きを読む