女性のがん保険の必要性と検討する時のポイント

国立がん研究センターの予測によると(※)2018年にがんにかかる女性は438,700人、同センターの統計では10年前の2008年にがんにかかった女性の数は311,980人だったので、以前よりずっと女性のがん患者数は増加していることになります。

※参照元:(国立がんセンター「がんの統計 ’13」「2018年の最新がん予測」)

このように女性のがんの罹患率は年々上昇しており、いまや国民病と言っても過言ではありません。

この記事を書いている私自身も30代の女性なのですが、周囲の身近な友人や親戚ががんになったこともあり、また多くの女性から、がん保険に関するご質問を毎日のようにおうかがいしている状況にあります。

この記事では、女性ががん保険を選ぶ際、知っておいた頂きたい事を全てお伝えする内容になっていますので、ぜひ最後までお目通しくださいますようお願いいたします。

続きを読む

出張手当|会社も個人も節税になるしくみと4つのポイント

遠い地域への出張が多い会社の経営者の方は、出張手当の制度が節税に役立つということを聞いたことがあると思います。

出張手当は、役員の方や従業員の方が遠くへの出張の際に、予め決まった額をその人に支払うものです。

この制度を採用することで、会社にとっては法人税や消費税の節税に大いに役立つだけでなく、社会保険料の節約にもなります。その上、あなたや役員の方や従業員の方の個人の所得税の節税にもなり、手取りも増やすことができます。

非常にメリットが大きく、多くの会社が導入している制度なので、是非とも整備することをおすすめします。ただし、導入に際しては気をつけなければならないポイントがあります。

この記事では、出張手当の制度を整えることのメリットと、その際に注意していただきたいポイントについてお伝えします。出張手当の制度を導入して効果的に節税をするのに役立つ内容になっておりますので、是非最後までお読みください。

続きを読む

住宅ローンの借り換えのメリット・デメリットと判断基準

日本が初めてマイナス金利政策を導入し、金利が大幅に下がった今、「住宅ローンを借り換えたら、返済額を減らせるかも?」と思われている方は多いのではないでしょうか。そして、どうしていいかわからず、とりあえず放置している方も多いことでしょう。

正直にお伝えすると、住宅ローンの借り換えは面倒です。しかし、今がそのチャンスだと言うのも事実です。そこで、本日は、今住宅ローンを借り換えるべきかどうかを判断する方法と、実際に借り換える時に注意すべきポイントをご紹介します。

これで大きな節約を実現できる方もいらっしゃると思いますので、ぜひご確認ください。

続きを読む

住宅ローンを組む時の保険の見直しで行うべきこと

マイナス金利の影響でローン金利が歴史上でも最低水準となっている昨今、マイホーム購入を検討されている方も多いのではないでしょうか。

マイホームを購入する際、ほとんどの金融機関では、借入れの条件として団体信用生命保険(団信)に加入することを義務付けています。団信とは、住宅ローン契約者に万一のことがあった場合、それ以降の住宅ローンの返済が免除されるというものです。

この時、すでに個人で民間の生命保険に加入していれば、保障内容が重複してしまい、無駄が発生する場合が少なくありません。

個人的な体験をお伝えすると、私はファイナンシャルプランナーとして、多くの住宅購入相談を受けてきましたが、ほとんどの方が、団信の加入とともに、生命保険を見直されました。

そこで、ここでは、マイホームを購入する無駄が生まれないようにするための生命保険の見直しのポイントをお伝えします。ポイントは4つです。

  • 団体信用生命保険の基礎知識と4つのポイント
  • フラット35の時の団体信用生命保険の判断ポイント
  • 団体信用生命保険に加入する場合の生命保険の見直し方法(保険料の削減方法)
  • 住宅に関する保障を充実させたい時の選択肢

全てご覧いただければ、保障の重複による無駄を防ぐことができますし、大切なマイホームを守るための備えを万全にすることもできます。ぜひ、真剣にご覧いただければ幸いです。

続きを読む

住宅ローンの手続きの流れで押さえておきたいの3つのポイント

住宅ローンという商品はなんとなく知っていたけれど、実際に不動産の購入を検討する段階になると住宅ローンの具体的な手続きの流れまではわからず、なんとなく不安になってしまうことはありませんか。

最近では住宅ローンといっても、様々な商品が出てきていますし、ざっくりとした住宅ローンの手続きの手順や必要書類、スケジュールだけでも押さえておけば、いざというときも不安は少なくて済みますよね。

本日は住宅ローンの手続きの流れについてしっかりご理解できるように3つにポイントを絞って、わかりやすくまとめました。

この記事を読んでいただくことで、今よりも安心して住宅選びをしていただけばと思います。それでは、これから住宅ローンの手続きの流れについて3つのポイントでお伝えします。

続きを読む

素人でもできる!アパートの相続税の評価価値の算出法

たとえば、あなたが賃貸用アパート・マンション(この記事では以下、単に「アパート」とします)を所有して賃料収入を得ていたとして、そのアパートはいずれあなたのご家族が相続することになります。

その時、どの程度の相続税がかかってくるのか、評価額の計算方法を知っておきたいのではないでしょうか。

実は、アパートについては、相続税の計算上、独特の評価方法がとられています。特に、以下の3つのポイントを押さえておく必要があります。

  1. 敷地と建物は価値が別々に評価される
  2. 敷地は資産価値の評価が市場価値よりも3段階で引き下げられる
  3. 建物は資産価値の評価が市場価値よりも2段階で引き下げられる

この記事では、アパートの財産価値が相続税の計算上、どのように評価されるかについてお伝えします。そして、おまけとして、アパート経営において是非とも注意していただきたいことについてもお伝えします。

賃貸用のアパート・マンションを現在所有している方だけでなく、これから建てようとお考えの方にとっても役に立つ内容ですので、是非最後までおつきあいください。

続きを読む

相続税対策ができる!二世帯住宅の活用法と注意点

ここをお読みの方は、二世帯住宅を建てることが相続税対策として有効だという話を聞いたことがあることでしょう。

たしかに、それは一面で当たっている部分があります。しかし、本当に有効なのかというのはケースバイケースです。また、二世帯住宅と言っても、ライフスタイルの異なる別の世帯が一つ屋根の下に住むことに変わりはなく、トラブルを避けるために事前の配慮が必要です。

この記事では、二世帯住宅で相続税対策をする具体的方法と、注意点について、分かりやすくお伝えしていきます。

続きを読む

相続税対策になり孫の教育資金にも役立つ生前贈与5つのポイント

新学期を控え、お孫さんがいる方は、教育資金としてまとまったお金を出してあげたいとお思いのことと思います。そして、教育資金の生前贈与が相続税対策につながると聞いたことがおありではないでしょうか。

実は、子・孫に教育資金を出してあげる趣旨での生前贈与については、一定の条件のもとで相続税法上の優遇措置が受けられることになっているのです。

これは、国の政策として、上の世代が若い世代へと資産の生前贈与をうながすことによって、若い世代の消費活動を刺激し、経済の発展につなげようという方向性の一環です。

ただし、注意すべき点もあります。

この記事では、孫に充実した教育が受けられるようまとまった額の生前贈与を行うことで、贈与税、ひいては相続税の節税になる制度について説明します。

続きを読む

相続税対策に生前贈与を活用する7つの方法と注意点

この記事をお読みの方は、相続税対策に生前贈与が有効だという話を耳にしたことがあることでしょう。しかし、それがどういう意味なのかは、なかなかイメージしにくいことと思います。また、ひとくちに生前贈与といっても、贈与する財産の種類や金額の大きさはさまざまで、それらに応じて、生前贈与によるメリットや注意点が異なってきます。特に「暦年贈与」と「相続時精算課税」は二者択一なので、どちらを選ぶべきか慎重に見極める必要があります。

この記事では、生前贈与を活用することで相続税の負担を軽くできるオーソドックスな7つの方法について、そのポイントと注意点に着目して分かりやすくお伝えします。

続きを読む

相続税対策と現金の関係|相続税の負担を減らす5つの方法

資産として多額の現金・預貯金をお持ちの方は、相続の時に現金にかかる相続税を軽くすることができないかとお考えになっていることと思います。

現金・預貯金は、不動産や自社株式等と違って、分けることが簡単です。そのため、ある程度残しておいて、相続人の間の遺産の配分の調整のために利用できるようにすると便利ではあります。

しかし、一方で、現金・預貯金はその金額自体に相続税がもろにかかってくることになるため、一定の対策がどうしても必要になります。ただし、お金それ自体の価値は変動しないので、対策は比較的立てやすいと言えます。

この記事では、現金・預貯金についてどのような相続税対策ができるか、整理して分かりやすく説明します。

続きを読む