住宅ローンの手続きの流れで押さえておきたいの3つのポイント

住宅ローンという商品はなんとなく知っていたけれど、実際に不動産の購入を検討する段階になると住宅ローンの具体的な手続きの流れまではわからず、なんとなく不安になってしまうことはありませんか。

最近では住宅ローンといっても、様々な商品が出てきていますし、ざっくりとした住宅ローンの手続きの手順や必要書類、スケジュールだけでも押さえておけば、いざというときも不安は少なくて済みますよね。

本日は住宅ローンの手続きの流れについてしっかりご理解できるように3つにポイントを絞って、わかりやすくまとめました。

この記事を読んでいただくことで、今よりも安心して住宅選びをしていただけばと思います。それでは、これから住宅ローンの手続きの流れについて3つのポイントでお伝えします。

続きを読む

学資保険のシミュレーション|加入した場合としない場合の違い

子どもが生まれると検討する学資保険。

皆さんは学資保険に加入したら、どのくらい家計に変化が起きるかを考え、シミュレーションを行ったことはありますか。

実際に、学資保険に加入することで家計に起こる3つの変化があります。

それは、

  • 毎月の家計の収支
  • 大学進学時の教育費
  • 老後資産の準備額

です。

学資保険というと少し保障のついているただの積み立てだと思うかもしれません。

しかし、実際には、保険料支払いの面や、学資金受け取りのとき、そして親に万一のことがあった場合に家計に変化が起きます。今回は、学資保険に加入しない場合と、10年間学資保険を掛けた場合の2つのシミュレーションを行います。

このシミュレーションを見ていただくことで、学資保険を掛けることで家計にどのような変化があるのかがわかりますので、是非最後まで読んでいただきたいと思います。

続きを読む

オペレーティングリースの節税の仕組みと具体的な活用術

法人の節税で「オペレーティングリース」というスキームを聞いたことはありませんか。

「オペレーティングリース」の節税は、航空会社・リース会社・匿名組合・出資者など、様々なお金のやり取りが発生するため、一見わかりにくくなっています。

しかし、支払いは一度きりで、1年目に60~80%程度、2年目に20~30%程度の損金算入ができ、リース期間満了時に100%以上の益金が発生する仕組みなので、突発的な利益を将来に繰り延べるにはとても有効な手法です。

また、オペレーティングリースには、航空機・船舶・コンテナの3つのリースがあります。

この記事では、オペレーティングリースの仕組み・メリット・デメリットを具体的にお伝えした上で、航空機・船舶・コンテナの3つのリースの違いと活用方法をお伝え致します。

続きを読む

自動車による節税のメリット・デメリットと5つのポイント

あなたは法人税の節税を自動車購入して行おうとしているのではないでしょうか。

「4年落ちのベンツがいい」「節税なら中古車がいい」このような話はよくされていますが、具体的にどのような仕組みなのかはわからないという方はいらっしゃいます。

会社の資産をより多く残すために自動車を購入するのであれば、そのメリット・デメリットを理解した上で自動車を選ぶ必要があります。

ここでは自動車による節税とそのメリット・デメリットをご紹介します。

さらに、最後には選び方のポイントまでお伝えしますので、是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む

不動産の減価償却で知っておきたい3つのポイント

不動産は減価償却できるということは知っていても、どのように減価償却がされているのかまではわからない方が多いです。

しかし、投資目的で不動産を購入する場合は、どのように減価償却がされるのかを理解しておきたいと思いますよね。

実は、不動産の減価償却は、「建物の構造」と「築年数」で決まります。

この記事では、不動産の減価償却について理解しやすいように3つのポイントに絞ってお伝えします。

続きを読む

法人自動車のフリート契約とは?メリットと3つの注意点

自動車保険を法人で掛けるときには「フリート契約」という契約形態があるのをご存知でしょうか。

「フリート契約」は、10台以上に自動車保険を掛ける場合、自動的に、1台ごとにではなく法人単位で一括して契約することになるものです。

フリート契約には、事務の効率化や保険料の割引等の面で、一般の自動車保険の契約(ノンフリート契約)にはないメリットがあります。ただし、事故を起こした場合、その程度によっては、かえって保険料が割高になってしまうなどの注意点があります。

この記事では、自動車保険の「フリート契約」について、一般の自動車保険契約(ノンフリート契約)と比べたメリットと、活用上の注意点についてお伝えします。是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む

平成29年度の税制改正でこれだけは押さえておきたい3つのポイント

多くの経営者の方から、「税制は毎年変わってややこしいので、最新の情報に対応するのは大変だ」というご相談をいただきます。

また、「たくさんの改正のうち重要なポイントに絞って押さえたい」というご要望もいただきます。

そこで、本日は、リクエストにお答えして、平成29年度の税制改正情報で、業種問わず、多くの法人のお客様に関わる重要な以下の3つのポイントをまとめました。

  1. 所得拡大促進税制の見直し
  2. 中小企業の設備投資促進税制
  3. 株式価値の評価方法の見直し

一つひとつ分かりやすくご説明致しますので、最後までお読みになってお役立てください。

続きを読む

コンテナのリースの節税の仕組みとメリット・デメリットの全て

コンテナ(海上コンテナ)のリースは法人の節税で有効であるという話を銀行やリース会社や税理士から持ち掛けられたことはありませんか。

実はコンテナのリースは1980年代から使われている法人の節税対策商品として活用されてきました。

船舶のリースだけでなく、そこで活用するコンテナも高額であるため、船舶と共にリース商品化されてきました。

しかし、そのリースの仕組みは複雑に見えますし、そのメリットやデメリットはよくわからないですよね。

実は、このスキームも平成17年度から会計制度が変更されており、商品も変わっています。

平成17年度までは『レバレッジドリース』という名前で販売されており、それ以降は『オペレーティングリース』として販売されています。

私は普段法人様のコンサルティングを行う機会が多いのですが、実はメリットやデメリットをよく理解されずに、航空機のリースに数千万円の資金を投入しまっている方をよくお見かけします。

コンテナのリースは仕組みを理解するだけで、その商品の条件がよいのか悪いのかまで見極められるようになります。

そして、メリット・デメリットまでご理解されれば、現在の会社にとって最良な選択であるのかどうかも判断できるようになります。

そこで、この記事ではコンテナリースがどのようなスキームになっているかの解説と、このスキームのメリット・デメリットをご紹介します。

また、最初にコンテナリースを活用すべき法人と好条件リースについてお伝えし、最後には生命保険との比較と活用法までお伝えしますので、是非最後までご覧になってください。

続きを読む

退職金を現物支給する3つのメリットと2つの注意点

経営者の退職金を現物支給するという話を聞いたことはありませんか。

実際に、経営者の方には、退職金を現金ではなく、不動産や自動車や生命保険などで受け取っている方もいらっしゃいます。

それはなぜかというと、退職金を現金で受け取るよりも、不動産屋や自動車や生命保険などで現物支給を受ける方が、老後の資金をより多く確保できると判断しているためです。

この記事では、退職金の現物支給の3つのメリットとその注意点をご説明していきます。これから退職金をどのように準備しようかとお悩みの経営者の方には、是非最後までご覧になっていただきたいと思います。

続きを読む

福利厚生の分類と代表的な種類まとめ

従業員の満足度をあげたり、採用にあたって他社と差別化したりするのに福利厚生を充実させることは有効です。

ただ一口に福利厚生といっても、その種類は多岐にわたるので、なにを導入すればよいかわからない、という経営者の方も多いのではないでしょうか。

この記事では、会社が必ず提供しなければならない福利厚生や、従業員の顕在的・潜在的なニーズの高い福利厚生を整理して紹介しています。

続きを読む