七大生活習慣病とは?医療保険に入る前に知っておきたい参考データ

七大生活習慣病

特定保健用食品や栄養機能食品の普及により、年々健康志向が高まりつつありますね。

「脂肪の吸収を抑える」とか「血圧が高めの方に」なんてフレーズを健康食品のCMでよく見聞きする方も多いのではないでしょうか。しかし、こんな飽食の時代といわれている現代でも、栄養バランスが悪い食事で栄養不足に陥っている人が増えています。

厚生労働省の調べ(2012年国民健康・栄養調査)によると、糖尿病とその予備軍の合計が2,050万人にも上ることがわかりました糖尿病予備軍は220万人減少したとはいえ、国民の5人に1人が生活習慣病の危険をはらんでいることになります。

糖尿病をはじめとする七大生活習慣病は七大疾病と言われることもありますが、身近な病気のひとつでもあります。今回の記事では私たちが罹りやすい病気、七大生活習慣病についてお伝えしたいと思います。七大生活習慣病の基本的な知識から注意しておきたいポイントなど医療保険に加入するときに必要な知識ですので、是非最後までご覧下さい。

続きを読む

三大疾病とは?保険に入る前に知っておきたい基礎知識と参考データ

3大疾病

国民病とも呼ばれている三大疾病。
三大疾病は日本人の死亡順位ワースト3を占めており、主に「がん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中」のことを指します。

三大疾病で入院や治療を行う場合、他の病気と比べて入院は長期化しやすく、医療費も高額になるおそれがあります。
トータルで数百万円の医療費がかかってしまうことも…。

貯蓄から支払える範囲の金額なら良いですが、このように数百万という大金を右から左に払える人はいないと思うので、保険をかけてリスク対策をしておきたいところです。

そこで本日は三大疾病についてお話したいと思います。
三大疾病で死亡する割合や入院日数、医療費など保険を検討するときに必ず知っておかなければならない知識ばかりですので、しっかりと確認しておきましょう。ぜひ最後までお読みくださいね。

続きを読む

赤ちゃんが生まれたときに医療保険を検討する時に知っておくべきこと

医療保険 赤ちゃん

子供が生まれたときに学資保険とあわせて考えるのが、医療保険だと思います。

小学生・中学生にもなると、骨折などのケガをするなどの話をきくので、保険の必要性も感じられると思いますが、赤ちゃんは順調に育っているときは、「乳幼児医療費助成でカバーされるし、医療保険ってホントに必要?」という疑問も持つところですよね。

確かに、地方自治体が乳幼児・義務教育就学時の医療費補助制度が有効な期間は無理に保険に加入する必要はありません。
しかし、人によっては医療保険に加入を検討する必要がある方もいます。

今回の記事では、子どもの医療保険に加入するべきかを見極めるためのポイントについてお伝えします。子どもをこれから出産される方、子どもが生まれたばかりの方は是非最後までお読みくださいね。

続きを読む

がん保険を検討する人必見!加入率と参考サイトまとめ

がん保険 加入率

がんの死亡者数が年々増加しており、がんに対する備えが必要性を感じる今日この頃。日本で実際にどれくらいの数の人が、がん保険に加入しているのか気になりますよね。

がん以外の病気で入院した時の費用は、貯金などから支払える範囲の金額なることが多いですが、がんの場合、治療が長引くことも多いため、トータルで数百万円の支払いになることも予想されます。

今回の記事では、実際にどれくらいの人ががん保険に加入しているのか、グラフを用いて分かりやすくまとめましたので、がん保険をこれから検討する人は必見です。是非参考にしてください。

続きを読む

医療保険を検討する人必見!入院日数の決め方がわかるデータと考え方

医療保険(入院日数)

「医療保険の入院日数って何日くらいがおススメなんだろう?」
医療保険に新しく加入しようと思っている方、こんな疑問がふと浮かんだことでしょう。

医療保険にはたくさんの種類や契約方法があってなかなか分かりづらいところが多いですよね。

そこで今回の記事では実際に「平均在院日数」のデータを見ながら、あなたに合う入院日数についてお話していきたいと思います。どの日数を選ぼうか迷っている方、参考にしたい方は必見です。医療保険選びで後悔しないためにもぜひご覧ください。

続きを読む

先進医療まとめ:必ず知っておきたい治療費と治療法のすべて

senshin-iryo

先進医療と聞くと、「最先端・最高峰」の医療技術や今話題の「再生医療」などを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

先進医療は簡単にまとめると厚生労働省が定める「高度な医療技術を用いた治療」のことで健康保険等の適用が認められている技術のことです。

つまり新しい技術であっても厚生労働省が認可していなければ、先進医療の定義に当てはまりませんので、先進医療として認められません。

先進医療の中には高度の技術を要する外科療法や放射線療法、移植・再生療法などの他にも抗がん薬などの薬物療法、免疫療法などさまざまな治療法があります。治療だけでなく、検査・診断・治療法を判断する評価においても先進医療となっている技術もあります。

今回の記事では先進医療の治療費がどれくらい掛かるのか、そしてどのような治療が受けれれるのかなど見ていただくと先進医療に関することが全てわかるようになってますので是非最後までご覧ください。

続きを読む

外貨建て保険とはどういうもの?知っておくべきメリットとデメリット

a1180_001395

日本が低金利の時代となり、利率の高い外貨の人気が高まってきます。そして生命保険の中にも外貨で運用を行う外貨建て保険があります。これまで運用などをしたことをない人は抵抗があると思います。特に気になるのがどんなリスクがあるのか、そして自分に外貨建て保険はあっているのかだと思います。

たしかに外貨建て保険は為替変動によるリスクがありますが、利率が高くメリットもある商品です。

今日は外貨建て保険の特徴とメリット・デメリットを中心にお伝えします。外貨建て保険はリスクはありますが、メリットもある商品です。デメリットもしっかり把握した上で活用しましょう。

続きを読む

定期保険とはどういうものなの?特徴と最適な活用法

a0001_013639

生命保険の代表的なのが定期保険です。生命保険を大きく分けると定期保険と終身保険になります。定期保険は設定した期間だけ保障が続く死亡保障のことを言います。

特徴としては保険料が安いということです。商品によりますが、基本的にお金がほとんど貯まりません。

定期保険は期間を設定して保障をしますが、保障が切れた場合は更新があります。更新をすると保険料が上がる商品もあるので契約をするときは注意が必要な商品です。

今日は定期保険の特徴と注意点を中心に定期保険の活用法をお伝えします。

続きを読む

全額損金になる保険を活用して節税をする節税効果を最大化する方法

a0001_000910

会社の利益が出たときに考えるのが、税金対策だと思います。

そして、税金対策の有効な手段と言われている1つに生命保険があります。生命保険は保険料を損金として計上できますが、商品や契約方法によって全額、1/2、1/3など違いがあります。そこで思うのが保険料を全額損金にしたいということではないでしょうか?

全額損金にできる商品はごく一部の限られた契約になります。

そこで今日は全額損金にできる代表的な商品とその特徴を中心にお伝えします。保険を活用して会社のお金を有効に使いしましょう。

続きを読む

逓増定期保険を考えるときに必ず知っておくべき有効な5つの活用法

a0008_001844

法人保険の代表的な商品が逓増定期保険です。逓増定期保険の特徴は定期保険の中でも死亡保険金が年々増加するものです。そして貯まっていくお金(解約返戻金)が早期にピークを迎えることです。

その特徴を利用して、節税・退職金の準備・事業継承対策など様々な使い方があります。

法人保険の中でも活用法が多い商品ですが、使い方次第でメリットにもデメリットにもなる商品です。

今日は逓増定期保険の有効な活用法と注意点をお伝えします。逓増定期保険を上手に活用して会社のお金を有効に使っていきましょう。

続きを読む