はじめて医療保険に加入するときの5つのステップと参考記事

毎日のようにテレビでは医療保険のCMが流れています。

医療保険は各保険会社が力を入れている商品なので新商品もどんどん発売されて種類も豊富にあり、インターネットでの情報も多様化しています。

特にはじめて医療保険を検討しようと思っている人は何を基準にしてどう選んでいいのかわからないのではないでしょうか?

今日ははじめて医療保険を検討する人でもしっかりと自分にあった医療保険を選択するために知っておかなければいけないこと、そして読んでおいたほうがいい参考記事をご紹介いたします。

続きを読む

入院費用は抑えられる!入院するときに知っておくべき7つのポイント

誰もが病気になる可能性があり、いつ入院をするかわかりません。

突然入院をすることになったらパニックになることもあるでしょう。

病気になって入院をしたときに「治療費はいくらかかるんだろう?」と不安になった人も多いと思います。

また具体的に入院をしたとき以下のような不安が襲います

  • 病気はいつ治るのだろうか?
  • 治療費はいくらかかるだろうか?
  • 仕事は続けていけるのだろうか?
  • 仕事ができなくなったらどうしよう?

入院をするとお金だけではなく精神的にも不安になります。

できるだけ不安を和らげるためにも今日は入院をしたときに知っておくべき7つのポイントをお伝えします。

続きを読む

出産準備や分娩費用に活用できる7つの公的補助制度

出産にかかるお金っていくらくらいなんだろう?

「会社を休まないといけないから収入は減るし・・・」
「お金のことを考えるとちょっと怖い・・・」

こんな不安を少しでもやわらげるために、国はさまざまな公的補助制度を準備してくれています。

今回の記事では、「おめでた」の際に利用できる7つの公的補助制度をまとめました。
「知らなくて損をした」ということのないように、ぜひ出産前に読んでみてください。

続きを読む

相続税改正と生命保険の活用法

消費税が来年4月より8%に引き上げられるのはみなさんご存じの通りです。

消費税増税が注目されていますが来年以降に増税になるもので気をつけなければいけないのは平成27年1月からの相続税改正です。

現行の相続税だと大きな基礎控除額があるので一定の富裕層の人だけが相続税の対象となっていました。

今回の改正では基礎控除額が引き下げられ、今まで4%ほどの人しか対象とならなかった相続税が新制度になると7%ほどに上がると予想されています。

相続税対策はどうしようか?と悩まれている人も多いと思います。

今日は相続税改正のポイントと生命保険の活用法をお伝えします。

続きを読む

がん保険より三大疾病保険がおすすめ?

いまや2人に1人が「がん」になるといわれています。

がん保険は基本的に掛け捨てで、平均寿命の約80歳まで加入すると保険料の支払総額は数百万円規模になるのが普通です。

掛け捨てですから、約2分の1の確率で羅漢する「がん」にならなかった場合には1円ももらえません。つまり、50%以上の確率で何も戻ってこないのです。

「がんにならなかったのはうれしいんだけど、何だか素直に喜べない・・・」

こんな未来が想像できて、何とも言えないもったいなさを感じて加入を迷っている方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、がん保険にこんな不満を持った方に特におすすめする、「三大疾病保障終身保険」ついて、がん保険と比較しながら、そのメリット、デメリットを詳しくお伝えします。

がん保険を契約する前にぜひ読んでみて下さい。

続きを読む

私が学資保険の代わりに低解約返戻金型保険をおすすめする4つの理由

子供が生まれたと喜んでいるのもつかの間、間もなく教育費に関する悩みがやってきます。

というのも、幼稚園から大学まですべて私立に通わせた場合、教育費は平均2373万円かかるという現実に直面するからです(すべて公立だとしても、平均で1018万円かかります)。

これは、お父さんがいくら毎日お昼ご飯を280円の牛丼で節約したとしても解決できるような額ではなく、初めてこの教育費の総額を知った瞬間には、おそらく(一瞬)途方に暮れるはずです。

さて、この教育資金をねん出するために、学資保険を検討されている方は多いようですが、「学資保険は解約タイミングの自由が利かず、保障が小さい」という声も聞こえてきます。

今回の記事では、そのような不満を持った方に特におすすめする、「低解約返戻金型終身保険」を使った教育資金の積み立て方法について、学資保険と比較しながら、そのメリット、デメリットを詳しくお伝えします。

学資保険を契約する前にぜひ読んでみて下さい。

続きを読む

生命保険の解約時に損をしないために押さえておくべき3つのポイント

今入っている生命保険と比べて安くて保障内容の充実した保険を見つけたときには、「今すぐ解約して乗り換えたい」と思われるかもしれません。

ところが、安くて保障内容が充実しているというだけで、安易に現在の保険を解約するのが必ずしも良い方法だとは限りません。

加入した時期や商品によっては、安易に解約すると損をしてしまう場合があります。

また、気を付けなければいけないのは保険の空白期間です。空白期間を作るとシャレにならない失敗をしかねません。

今回の記事では、生命保険の解約で損をしないために抑えておくべき3つのポイントについてお伝えします。

保険は一度解約をすると元の契約に戻すことができませんので、解約する前にしっかりと確認をしてください。

続きを読む

生命保険の満期金を受け取る前に押さえておくべき3つのポイント

生命保険には満期金が受け取れる商品があります。

掛け捨てだともったいないという声をよく耳にします。そういう方は満期金が将来受取れる商品に加入しているのではないでしょうか?

ただし、満期金を受取れる商品は掛け捨てではないので比較的複雑な商品が多いです。

そこで以下のようなことで困ったことはありませんか?

  • 満期保険金を受取る前に見直したほうがいいのか?
  • 満期金を受取った時の税金はどうなるのか?

今日は満期金がある商品に加入をしている人が絶対に知っておいたほうががいいポイントをお伝えします。

続きを読む

生命保険で家族に十分な死亡保障を残す方法

最近は遺言セットが売れているという話を聞きます。お子さんが生まれて初めて、自分の死んだあとのことを考えるようになったという方も多いようです。

もしあなたが一家の家計を支えているとすれば、「一家の大黒柱となっている自分に万が一のことがあったら子供や妻はどうなるのだろうか?人並みの生活が送れるのだろうか?」という不安を覚えているのかもしれません。

また、10年以上前にたまたま知り合いの紹介で生命保険に入ったものの、深く考えていなかったため、今入っている保険で家族に必要となる金額が保障されているのか?を知りたいという方もいると思います。

そこで今回は、いざというときに残された家族に必要なお金はどんな種類のものがあるのか?また、家族に必要なお金を残すために今よりも安い保険料で安心を手に入れるための5つのポイントをお伝えします。

続きを読む

生命保険の気になる加入率と参考データ

2012年のサラリーマンなど民間企業で働く人の平均年収は408万円で、前の年より1万円減ったことが分かりました(国税庁調査)。

年収ダウンで生活が苦しい中、万が一病の床についたら働けなくなるため、いざというときの手立てのひとつとして、「保険」を検討したいという人も多いと思います。

これから保険を検討しようとしたとき、そもそも年収の低い若い世代でどれくらいの人がどの程度の死亡保障を付けているのか?また、実際に保険金を受け取る際どれくらいおりるものなのか?は興味があるところです。万一の際に保険会社から支払われる保険金の平均額はおそらく想像していないほど少ない数字です。

そこで、今回の記事では、加入率だけに惑わされてはいけない生命保険見直し、加入を見極めるための以下3つのポイントについて解説します。

  1. 生命保険加入率はどのくらいか?
  2. 生命保険に加入している人は平均でいくらの死亡保障に加入しているのか?
  3. 実際に受け取った保険金額はどれくらいなのか?

この記事を読めば、保険の新規加入や見直しに役立ちます。

それではまず最初に、生命保険の加入率から見ていきましょう。

続きを読む