生命保険で家族に十分な死亡保障を残す方法

最近は遺言セットが売れているという話を聞きます。お子さんが生まれて初めて、自分の死んだあとのことを考えるようになったという方も多いようです。

もしあなたが一家の家計を支えているとすれば、「一家の大黒柱となっている自分に万が一のことがあったら子供や妻はどうなるのだろうか?人並みの生活が送れるのだろうか?」という不安を覚えているのかもしれません。

また、10年以上前にたまたま知り合いの紹介で生命保険に入ったものの、深く考えていなかったため、今入っている保険で家族に必要となる金額が保障されているのか?を知りたいという方もいると思います。

そこで今回は、いざというときに残された家族に必要なお金はどんな種類のものがあるのか?また、家族に必要なお金を残すために今よりも安い保険料で安心を手に入れるための5つのポイントをお伝えします。

続きを読む

生命保険の気になる加入率と参考データ

2012年のサラリーマンなど民間企業で働く人の平均年収は408万円で、前の年より1万円減ったことが分かりました(国税庁調査)。

年収ダウンで生活が苦しい中、万が一病の床についたら働けなくなるため、いざというときの手立てのひとつとして、「保険」を検討したいという人も多いと思います。

これから保険を検討しようとしたとき、そもそも年収の低い若い世代でどれくらいの人がどの程度の死亡保障を付けているのか?また、実際に保険金を受け取る際どれくらいおりるものなのか?は興味があるところです。万一の際に保険会社から支払われる保険金の平均額はおそらく想像していないほど少ない数字です。

そこで、今回の記事では、加入率だけに惑わされてはいけない生命保険見直し、加入を見極めるための以下3つのポイントについて解説します。

  1. 生命保険加入率はどのくらいか?
  2. 生命保険に加入している人は平均でいくらの死亡保障に加入しているのか?
  3. 実際に受け取った保険金額はどれくらいなのか?

この記事を読めば、保険の新規加入や見直しに役立ちます。

それではまず最初に、生命保険の加入率から見ていきましょう。

続きを読む

うつ病で生命保険に加入をするときに確認すべき事項

うつ病は現代病の一つで年々増加傾向にあります。
厚生労働省が2011年4月にがん、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病の4大疾病に加えて新たに精神疾患を加えて5大疾病とすることが決定されました。

うつ病かどうかの判断は難しく、症状にもいろいろあります。

これまでうつ病で生命保険に加入を断られたことはありませんか?

うつ病と診断されると生命保険への加入が難しくなるのは事実です。

ただ、まったく加入できないわけではありません。

今日はうつ病で生命保険(死亡保障)を検討する前に抑えておきたいポイントをご紹介します。

医療保険に関してはこちらをご覧くださいうつ病の治療法と費用を減らすために知っておきたいうつ病の医療保険

続きを読む

学資保険をインターネットで申し込む際の注意点

gooリサーチの「学資保険に関する調査」によると、学資保険の情報をインターネットから得る人は約5割に上ります。

日中なかなか保険ショップに行ったり営業マンに会う時間がないという方は、インターネットで情報を得て資料請求をして、そのまま申し込むという方もいると思います。

インターネットで申し込む場合には、自分で情報を収集して判断する必要があるため、重要な点を見過ごさないようにする必要があります。

今回の記事では、学資保険をインターネットで申し込む際に絶対に抑えておくべき4つのポイントをお伝えします。これからインターネットで申し込みをしようとしている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

続きを読む

学資保険の特約は注意が必要

学資保険は教育資金を積み立てて確保することを目的とした貯蓄性のある保険です。

学資保険を定期預金と比較した場合の5つメリットと3つのデメリットの記事でもお伝えした通り、返戻率が110%ある学資保険は、定期預金と比較して、利回りの面から圧倒的に有利となっています。

ただ、実際に学資保険を検討する際には、子供の医療保障の特約を付けるかどうかは迷うところかも知れません。

そこで今回の記事では、学資保険の主な特約5つについての解説と、そもそも特約を付けるべきなのか?について考えてみたいと思います。

続きを読む

学資保険と生命保険の違いと選び方

生命保険を検討するきっかけになるのが子供が生まれたときです。生命保険を検討すると同時に学資保険も検討するという人も多いのではないでしょうか?

そこで以下のことで迷ったことはありませんか?

  • 学資保険と生命保険の違いがよくわからない?
  • 学資保険と生命保険どちらに加入すればいいのかわからない?

生命保険と学資保険は性質の異なるものなので両方必要となります。

今日は学資保険と生命保険を検討するときに抑えておくべきポイントをお伝えします。

続きを読む

ちょっと待った?!知っていますか?学資保険の返戻率を上げる方法

学資保険を選ぶときに重要なのは返戻率の比較です。

ただ、比較しようと思ってもどうすればいいのかわからないといった経験はありませんか?

学資保険は商品がたくさんありますが方法を知っておけば誰でも簡単に比較できるようになります。

また、支払方法によって返戻率を上げることもできます。

今日は学資保険の返戻率について大事な3つのポイントをお伝えします。

続きを読む

郵便局の学資保険を検討する時に知っておきたいの3つのポイント

学資保険と聞くと郵便局をイメージされる方も多いようです。これは学資保険を初めて発売したのが郵便局だったという影響が強いようです。

郵便局の民営化後も「新学資保険」と「新育英学資」という商品名で、かんぽ生命保険が取り扱っています。

簡保生命の学資保険は、保障が手厚いという点と、母体が郵便局ということで安心感があり、現在も人気があるようです。

そのため、各保険会社の販売する学資保険と比較して迷われる方も多いようです。

今回の記事では、かんぽ生命の学資保険を検討する際に注意すべきポイントを3つに絞って解説します。

続きを読む

子供の医療保険に加入を検討する前に知っておくべき4つのポイント

「子供の医療保険の話ってあんまり聞かないけれど、加入する必要はないのかな?」

これから子供が生まれるとか、子供が生まれたばかりの方は、こういった疑問が生じるかもしれません。

結論から言ってしまえば、地方自治体が乳幼児、義務教育就学児の医療費補助制度が有効な期間は無理に加入する必要はありません。

しかしながら、医療費補助制度が切れるタイミングでは、加入を検討してもよいと思います。

今回の記事では、子供の医療保険に加入するべきかを見極めるための4つのチェックポイントについてお伝えします。

続きを読む

医療保険でがんの治療費をカバーするには?

生涯でがんに罹患する確率、つまりがんだと診断される確率は、男性58%、女性43%です。もはや2人に1人がかかる国民病といっても過言ではない「がん」は、30代で増加し、特に40代以上の働き盛りの年齢階級で死因の1位を占めています。

がんにかかると会社を長期にわたり休む必要があり、その期間に受ける経済的ダメージは計り知れません。

一昔前までがんは不治の病といわれていましたが、現在では早期発見、早期治療すれば完治する場合も多く、経済的なダメージをどう克服するかは大いに関心のあるところです。そこで、がんになった場合、医療保険でどの程度まで治療費をまかなえるのかをご紹介します。

続きを読む