定期保険の経理処理|低い額で大きな安心を得られるしくみ

経営者の方は、ご自身に万一のことがあった場合に会社を守るための保険を検討されるとき、掛け捨ての定期保険か、積み立ての機能のある定期保険のどちらにしようか迷うことと思います。

ご自身の会社にはどの保険が合っているかを知るためには、それぞれの経理処理を押さえていただくことが役に立ちます。

その中でも、ただ「定期保険」と言うと、一定の限られた期間の保険を言います。

低いコストで、経営者・役員の方に万一のことがあった場合に大きな保障を受けられる保険です。

そこで、この記事では、掛け捨ての定期保険の経理処理について、保険料を支払った時と、保険金を受け取った時に分けてお伝えします。

最後までお読みになれば、どの法人保険がご自身の会社に合っているか判断するのに役立つと思います。なお、積立の機能のある定期保険の経理処理については2つの記事『長期平準定期保険の経理処理|1/2損金で積立ができるしくみ』と『逓増定期保険の経理処理|キャッシュをより多く残せるしくみ』がありますので、ぜひ合わせてお読みください。

続きを読む

逓増定期保険の経理処理|キャッシュをより多く残せるしくみ

逓増定期保険は、法人向けの生命保険の中でも、短期間で税金の負担を抑えながら、必要な資金を効率よく積み立てるのに役立つ保険です。ただ、本当にそんな効果があるのか気になるところだと思います。そして、どういうしくみでそうなるのか、まずは経理処理から知りたいとお考えになると思います。

しかし、本やウェブサイトで逓増定期保険の経理処理を調べてみると、多くは通達の長い文章を紹介していて理解しにくく、しかもなぜそういう扱いがされているのかもよく分からないのではないでしょうか。

逓増定期保険には「1/2損金」「1/3損金」「1/4損金」がありますが、経理上なぜそういう扱いになるのか、その時に損金にならなかった部分(「1/2損金」なら残り1/2、「1/3損金」なら残り2/3、「1/4損金」なら残り3/4)が最終的にどういう扱いになるのか理解しておくと、より有効に活用できます。

この記事では、逓増定期保険の経理処理について、最もよく活用されている「1/2損金」のタイプにスポットを当てて、イメージしやすいように分かりやすくお伝えします。なお、「1/3損金タイプ」「1/4損金タイプ」も理屈は同じと考えていただいて結構です。

この記事をお読みになれば、逓増定期保険の経理処理、そして税務について理解が深まり、より有効に活用するのに役立つと思います。

続きを読む

長期平準定期保険の経理処理|1/2損金で積立ができるしくみ

長期平準定期保険は、経営者・役員の方に不幸があった場合に会社を救うだけでなく、20~30年くらいかけて税金の負担を抑えながら必要な資金、特に退職金を効果的に積み立てられる保険です。

また、その他にも様々な使い道があり、リスクも比較的低いと言われています。

ただ、そうは言っても、長い間保険料を支払い続けることになるので、どんな仕組みで資金が積み立てられるのか、どんなリスクがあるのか気になるでしょう。そこで、経理処理がどうなっているのか知りたいとお考えになると思います。

この記事では、長期平準定期保険の経理処理を、難しい法令や通達の文章を使うことなく、イメージしやすいように分かりやすく説明します。

この記事をお読みになれば、長期平準定期保険の経理処理、ひいては税務について理解が深まり、最もあなたの会社に合った保険を選び、有効に活用するのに役立つと思います。

続きを読む

必見!福利厚生で法人保険を活用するとき重要な福利厚生規程

福利厚生で法人保険を活用するときに作成しなければいけないのが福利厚生規程です。これは保険だけではなく福利厚生を行う場合に必要なものですが、保険契約をしてそのまま何もせずにしておくと権利関係でトラブルを招くことがあります。

また、規定がないと従業員や関係者にわかりにくく、福利厚生の効果が薄れてしまいます。

今日は福利厚生規程についてをお伝えいたします。法人保険で福利厚生を考えるときに知っておかないといけないことなので是非ご覧ください。

続きを読む

経営者必見!法人保険の保険金の限度額3つのポイント

法人で生命保険を検討するときに「いくらまで」加入できるのか考えたことはありませんか。

実際に、経営者の方が法人保険を活用して、退職金の準備や事業保障を確保するときに加入できる生命保険の保険金額は思っている以上に大きなものとなることもあります。

ただ単に生命保険に加入の限度があるということだけならば、なにも問題はないのですが、会社として備えたい保険金額をより多く確保しなければならないときや、法人保険を活用してお金を貯めていくときなどには、これからご紹介するポイントを知っておかないと思うように法人保険に加入できなくなってしまうこともあります。

わかりやすくポイントをまとめましたので、是非最後まで読んでいただければと思います。

また、最後にはより多くの保険料を損金算入させながら会社の資産を増やしていきたい向けに、ちょっとしたテクニックもご紹介いたしますので是非参考にしてください。

続きを読む

法人が死亡保険金を受け取るときの税金の処理と軽減方法

経営者の皆様は、さまざまな目的をもって法人保険に加入されていると思います。中小企業の経営者にとって、事業保障対策、退職金準備、利益の繰り延べなど、会計財務の関心事は尽きないことと思います。

その中でも、法人保険(生命保険)の最大の特徴は、社長に万が一のことがあったときでも、安心して事業を存続できるようになるということにあります。

しかし、せっかく会社を守るために保険に加入されたのに、死亡保険金を受け取った時の税金がどのくらいかかるのかを知らなかったために、「こんなはずではなかった」という事態になる会社様もあります。

会社の大黒柱を失って、会社が一丸となって頑張らないといけないという時に、適正額を超える死亡保険金の税金を支払わなければいけないとなったら、今後の会社存続にも影響しかねません。

そこで、今回は、いざという時に、「こんなはずではなかった」とならないように、事前に、加入されている死亡保険金の税金がどれぐらいになるのか?回避方法はあるのか?についてわかりやすく解説いたします。

続きを読む

養老保険の保険料の「全額損金」・「1/2損金」の違い

養老保険に法人加入すると保険料が損金に算入できるという話を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、養老保険は契約内容によって全額損金タイプ1/2損金タイプに分かれ、中には1円たりとも損金算入できないものもあります。

この記事では、養老保険の保険料の全額、または1/2を損金に算入できる条件について、基本的な考え方からお伝えします。

続きを読む

生活障害保障型定期保険の活用のための鉄則3つ

生活障害保障型定期保険は、よく「全額損金の保険」とか「節税商品」として紹介されます。

しかし、実は「節税商品」というのは大きなミスリーディングで、クセが強い商品である上、それなりのリスクがあり、活用方法は限られています。

ところが、そういったことを整理して説明している本やサイトはほとんど見当たりません。恐ろしいことに、法人保険を扱っている営業マンでも、「全額損金=節税」という点だけを売りにして販売している人がいたりします。

この記事では、生活障害保障型定期保険の活用を考える上で是非知っておいていただきたいメリットとデメリットを踏まえた上で、絶対に守るべき3つの鉄則について説明します。

生活障害保障型定期保険の活用をご検討の方は、是非参考にしてください。

続きを読む

遺留分にご用心!|絶対に知っておきたい3つの対策

不動産や株式等の遺産の相続について考えていると、「遺留分」という言葉にぶち当たることと思います。

たとえば、遺産の分け方を決めるため弁護士等の専門家に相談すると、必ず「遺留分を侵害しないように」とのアドバイスを受けることになります。

遺留分は、簡単に言えば、相続人の最低限の取り分です。

いくらあなた自身の財産の処分が自由だからといっても、遺留分を侵すことは許されないのです。

特に、資産の大部分が不動産の方や、事業用財産・自社株を全て跡取りに引き継がせたい方にとっては、遺留分は絶対に忘れてはならないことであり、悩みの種でもあります。

この記事では、遺留分を侵害してしまったらどんな悲惨なことになるかということと、遺留分の対策としてぜひとも押さえておいていただきたい3つの方法について、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

法人保険を検討する時に重要な解約返戻金と返戻率とはどういうもの?

法人保険を調べていると「解約返戻金」「返戻率」という言葉がよく出てくると思います。

保険本来の役割は万が一の保障ですが、法人保険の場合、節税・決算対策や退職金の積立など、保障以外の目的で加入をすることがあります。その時に重要なのが解約したときの解約返戻金と返戻率、つまり解約返戻金が保険料総額のうち何%返ってくるかです。

そこで今回は法人保険の解約返戻金と返戻率について解説します。法人保険を検討する時に押さえておかなければならないことなので、是非ご覧ください。

続きを読む