会社にかかる税金(法人税等)の支払時期と注意点

会社が事業活動を行う上で、税金の支払いが資金繰りを圧迫しないようにすることは大変重要です。

法人税や消費税等は支払時期が決まっているので、納税のための資金を予め準備しておかないと、資金繰りに支障をきたしかねません。

しかも、期限までに支払ができないと、延滞税や加算税を支払うはめになることがあります。

そこで、この記事では、法人に課される税金のうち、特に重要な4種類(法人税、消費税、所得税、固定資産税)の支払時期について、整理して分かりやすく説明します。納税資金の準備、資金繰りの計画に役立てていただければと思います。

続きを読む

法人保険の見直しで無駄をなくすために必要な5つの手順

あなたは、法人保険に加入する際、税理士の先生や保険会社の営業マンから「節税ができるよ」と勧められて入ったことと思います。

しかし、その保険は、あなたの会社のニーズに本当に合ったものでしょうか。実は、彼らから勧められて入った保険が良くなかったというケースは非常に多いのです。

なぜなら、税理士の先生は、税務のエキスパートではありますが、保険の商品に関しての知識は豊富というわけではありません。

また、保険会社の営業マンは、税務のことをきちんと知っているとは限りません。

そこで、この記事では、法人保険の見直しをご自分でするときに必ずやっていただきたい5つの手順をお伝えします。ぜひ、お手元に紙とペンを用意してご覧ください。

この記事でお伝えする通りにしていただけば、今の保険が会社に合っているかどうかが何となく分かるようになると思います。

続きを読む

「資産移転」?「節税」?逓増定期保険5つのポイント

決算直前の「節税対策」として、逓増定期保険等の生命保険が有効だと言われています。

「節税」という表現が適切かどうかは別として、保険料支払段階で税負担が軽減されるのは事実です。また、法人の生命保険には、税負担の軽減だけでなく、他の金融商品にはない、非常に魅力的な側面があります。そのため、私自身も活用しています。

今回の記事では、多くの経営者の方が選ばれている逓増定期保険について、活用する上での5つのポイントをお伝えします。

逓増定期保険は、上手に活用すれば、退職金の積み立てや万一のリスク補てん等、会社のキャッシュを守り、増やすのに役立ちます。

逓増定期保険を活用した「決算対策」「節税対策」などをお考えになっている経営者の方は、ぜひ読み進めてみて下さい。

続きを読む

逓増定期保険を法人で活用するとき重要な4つのポイント

あなたは逓増定期保険で節税対策・決算対策を考えているのはないでしょうか?

しかし、決算が迫っているからと言って、焦って契約するのは禁物です。

目の前の税金を減らすことにだけ気を取られると、後で「結局節税にならなかった」「解約をして損をした」など後悔をすることになるかもしれません。

なぜなら逓増定期保険にはデメリットやリスクがあるからです。会社の将来のため最大限生かすには、確実にリスクを理解し、正しく活用しなければなりません。

この記事では決算直前でも逓増定期保険を活用するのに必要なことをすべてお伝えします。ご覧いただければ、会社の将来に役に立つ逓増定期保険の選び方が分かるようになっています。

続きを読む

法人保険で節税を考えるとき必ず知っておきたいメリットとデメリット

法人保険で節税を検討されている人はインターネットや書籍などで調べていると思いますが、そこにはメリットがいっぱい書いてあったと思います。

もちろん法人保険はメリットがたくさんあります。ただし注意しなければいけないデメリットもあります。法人保険を会社にとって最大限生かすためには両方を理解する必要があります。

この記事では法人保険で節税するときのメリット・デメリットを全てお伝えします。これを理解していただくことによって法人保険で失敗することが無くなり、かつ最大限生かすことができるようになることと思います。

続きを読む

決算対策をするときの生命保険の活用法と注意点

中小企業の経営者の方は、決算が近づいてきて利益が出ていると、税金対策を考えるのではないでしょうか?

よく決算対策として活用されている方法の1つに、生命保険があります。

法人向けの生命保険の中には、保険料の一部を損金計上して税金を軽くでき、後で解約した時にお金が戻ってくるものがあるのです。

ただし、適切なものを選ばないと、最終的に損をしてしまうリスクがあります。

そこで、今日は、法人の決算対策での生命保険の活用法と注意点をお伝えします。

続きを読む

医療保険を解約するときに気を付けること

最新の医療保険のCM等をご覧になって、現在加入中の医療保険を解約して最新の医療保険に乗り換えたいと思うかもしれません。

しかし、若い時から加入し続けてきた保険をあっさり解約して、新しい保険に乗り換える価値はあるのでしょうか。

また、解約のタイミングによっては取り返しのつかない損をしてしまうこともあります。

保険は一度解約してしまうと元の契約に戻すことはできません。そこで、今回の記事では医療保険を解約する際に気を付けておきたいポイントを何点かお伝えします。

解約して後悔した、ということがないように、解約前に押さえておくべきポイントを確認し、賢い選択をしましょう。

続きを読む

生命保険の更新の時に保険料を抑えるために注意すべき3つのポイント

特に大きな病気をすることもなく40歳を過ぎ、保険に入っていることをすっかり忘れていた矢先・・・

「保険料が上がります。」

契約中の生命保険会社からこんな更新の案内が来て、更新後の保険料の高さにびっくりするという人も少なくありません。

「ええ!!こんなに保険料が上がったら払えないよ・・・」

こんなご経験をされている方、ご安心ください。

今回の記事では、契約中の生命保険会社から更新の案内が来たときに保険料を抑えるために注意すべき4つのポイントをお伝えします。営業マンに勧められるままに更新して損をした!ということにならないためにも、ぜひ参考にしてみて下さい。

続きを読む

経営者の相続税対策につながる死亡退職金について詳しく解説!

退職金についてはなんとなく知っていても、「死亡退職金」となると、死亡時に会社からもらえる退職金ということくらいしか頭に浮かびませんよね。

死亡退職金とは、会社に長く務めている方がこの世を去った場合に、功労の対価として、会社から遺族へ支払われるお金のことです。

死亡退職金が通常の退職金と異なる点は、死亡退職金は死亡時に遺族へ支給されるお金なので、遺族の方が相続税を支払わなければならなくなる可能性があるということです。

本日は、この死亡退職金とは何か説明します。併せて、死亡退職金を活用した相続税の対策方法、生命保険を活用した死亡退職金の備え方等もお伝えします。是非最後までお読みになってお役立てください。

続きを読む

がん保険で自由診療もすべて保障したい場合の選択方法

がん治療にお金が掛かるのはご存知のことでしょう。そして、高額になる理由の1つが、がん治療の進化が目覚ましく、日本の健康保険が適応されない「自由診療」の治療になる可能性があることです。

そこで気になるのが、がん保険に加入をしていれば自由診療になっても治療費が保障されるかですよね。

がん保険には「定額給付型」と「実額保障型」があります。実額保障型は自由診療まで治療費すべてを保障されますが、定額給付型の場合治療費が全額保障されるわけではありません。

実際にがんになった時に保障されていないと怖いですよね。

そこで、この記事では具体的に

  • 自由診療と保険診療の具体的な違いとデータ
  • 自由診療を選んだ場合の治療費
  • がん保険で自由診療も保障したい方のための選択肢

の3つを解説させていただきます。

続きを読む