必見!福利厚生で法人保険を活用するとき重要な福利厚生規程

福利厚生で法人保険を活用するときに作成しなければいけないのが福利厚生規程です。これは保険だけではなく福利厚生を行う場合に必要なものですが、保険契約をしてそのまま何もせずにしておくと権利関係でトラブルを招くことがあります。

また、規定がないと従業員や関係者にわかりにくく、福利厚生の効果が薄れてしまいます。

今日は福利厚生規程についてをお伝えいたします。法人保険で福利厚生を考えるときに知っておかないといけないことなので是非ご覧ください。

続きを読む

経営者必見!法人保険の保険金の限度額3つのポイント

法人で生命保険を検討するときに「いくらまで」加入できるのか考えたことはありませんか。

実際に、経営者の方が法人保険を活用して、退職金の準備や事業保障を確保するときに加入できる生命保険の保険金額は思っている以上に大きなものとなることもあります。

ただ単に生命保険に加入の限度があるということだけならば、なにも問題はないのですが、会社として備えたい保険金額をより多く確保しなければならないときや、法人保険を活用してお金を貯めていくときなどには、これからご紹介するポイントを知っておかないと思うように法人保険に加入できなくなってしまうこともあります。

わかりやすくポイントをまとめましたので、是非最後まで読んでいただければと思います。

また、最後にはより多くの保険料を損金算入させながら会社の資産を増やしていきたい向けに、ちょっとしたテクニックもご紹介いたしますので是非参考にしてください。

続きを読む

法人が死亡保険金を受け取るときの税金の処理と軽減方法

経営者の皆様は、さまざまな目的をもって法人保険に加入されていると思います。中小企業の経営者にとって、事業保障対策、退職金準備、利益の繰り延べなど、会計財務の関心事は尽きないことと思います。

その中でも、法人保険(生命保険)の最大の特徴は、社長に万が一のことがあったときでも、安心して事業を存続できるようになるということにあります。

しかし、せっかく会社を守るために保険に加入されたのに、死亡保険金を受け取った時の税金がどのくらいかかるのかを知らなかったために、「こんなはずではなかった」という事態になる会社様もあります。

会社の大黒柱を失って、会社が一丸となって頑張らないといけないという時に、適正額を超える死亡保険金の税金を支払わなければいけないとなったら、今後の会社存続にも影響しかねません。

そこで、今回は、いざという時に、「こんなはずではなかった」とならないように、事前に、加入されている死亡保険金の税金がどれぐらいになるのか?回避方法はあるのか?についてわかりやすく解説いたします。

続きを読む

養老保険の保険料の「全額損金」・「1/2損金」の違い

養老保険に法人加入すると保険料が損金に算入できるという話を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、養老保険は契約内容によって全額損金タイプ1/2損金タイプに分かれ、中には1円たりとも損金算入できないものもあります。

この記事では、養老保険の保険料の全額、または1/2を損金に算入できる条件について、基本的な考え方からお伝えします。

続きを読む

遺留分にご用心!|絶対に知っておきたい3つの対策

不動産や株式等の遺産の相続について考えていると、「遺留分」という言葉にぶち当たることと思います。

たとえば、遺産の分け方を決めるため弁護士等の専門家に相談すると、必ず「遺留分を侵害しないように」とのアドバイスを受けることになります。

遺留分は、簡単に言えば、相続人の最低限の取り分です。

いくらあなた自身の財産の処分が自由だからといっても、遺留分を侵すことは許されないのです。

特に、資産の大部分が不動産の方や、事業用財産・自社株を全て跡取りに引き継がせたい方にとっては、遺留分は絶対に忘れてはならないことであり、悩みの種でもあります。

この記事では、遺留分を侵害してしまったらどんな悲惨なことになるかということと、遺留分の対策としてぜひとも押さえておいていただきたい3つの方法について、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

会社にかかる税金(法人税等)の支払時期と注意点

会社が事業活動を行う上で、税金の支払いが資金繰りを圧迫しないようにすることは大変重要です。

法人税や消費税等は支払時期が決まっているので、納税のための資金を予め準備しておかないと、資金繰りに支障をきたしかねません。

しかも、期限までに支払ができないと、延滞税や加算税を支払うはめになることがあります。

そこで、この記事では、法人に課される税金のうち、特に重要な4種類(法人税、消費税、所得税、固定資産税)の支払時期について、整理して分かりやすく説明します。納税資金の準備、資金繰りの計画に役立てていただければと思います。

続きを読む

医療保険を解約するときに気を付けること

最新の医療保険のCM等をご覧になって、現在加入中の医療保険を解約して最新の医療保険に乗り換えたいと思うかもしれません。

しかし、若い時から加入し続けてきた保険をあっさり解約して、新しい保険に乗り換える価値はあるのでしょうか。

また、解約のタイミングによっては取り返しのつかない損をしてしまうこともあります。

保険は一度解約してしまうと元の契約に戻すことはできません。そこで、今回の記事では医療保険を解約する際に気を付けておきたいポイントを何点かお伝えします。

解約して後悔した、ということがないように、解約前に押さえておくべきポイントを確認し、賢い選択をしましょう。

続きを読む

生命保険の更新の時に保険料を抑えるために注意すべき3つのポイント

特に大きな病気をすることもなく40歳を過ぎ、保険に入っていることをすっかり忘れていた矢先・・・

「保険料が上がります。」

契約中の生命保険会社からこんな更新の案内が来て、更新後の保険料の高さにびっくりするという人も少なくありません。

「ええ!!こんなに保険料が上がったら払えないよ・・・」

こんなご経験をされている方、ご安心ください。

今回の記事では、契約中の生命保険会社から更新の案内が来たときに保険料を抑えるために注意すべき4つのポイントをお伝えします。営業マンに勧められるままに更新して損をした!ということにならないためにも、ぜひ参考にしてみて下さい。

続きを読む

がん保険で自由診療もすべて保障したい場合の選択方法

がん治療にお金が掛かるのはご存知のことでしょう。そして、高額になる理由の1つが、がん治療の進化が目覚ましく、日本の健康保険が適応されない「自由診療」の治療になる可能性があることです。

そこで気になるのが、がん保険に加入をしていれば自由診療になっても治療費が保障されるかですよね。

がん保険には「定額給付型」と「実額保障型」があります。実額保障型は自由診療まで治療費すべてを保障されますが、定額給付型の場合治療費が全額保障されるわけではありません。

実際にがんになった時に保障されていないと怖いですよね。

そこで、この記事では具体的に

  • 自由診療と保険診療の具体的な違いとデータ
  • 自由診療を選んだ場合の治療費
  • がん保険で自由診療も保障したい方のための選択肢

の3つを解説させていただきます。

続きを読む

生命保険で本当におすすめする3つの商品とその理由

生命保険をはじめて検討する人にとって、保険選びは分からないことだらけだと思います。保険会社はたくさんあり、商品も無数にあります。

そして生命保険の中でも死亡保険、医療保険など多くの種類があり、種類ごとにおすすめする商品が違います。

この記事では私が生命保険の中で中心となる死亡保険と医療保険のそれぞれについて、おすすめする商品をお伝えします。これから生命保険を検討する人は是非参考にしてください。

続きを読む