遺留分減殺請求を有効に活用するのに必要な5つのポイント

あなたは、遺留分、つまり相続人の最低限の相続分が受け取れなくなっており、そのことについてフォローもしてもらえない状態で、遺留分減殺請求について調べていることと思います。

遺留分減殺請求権は、遺留分が受け取れない場合、つまり遺留分の全部または一部が他の人に行ってしまっている場合に、その人から遺留分の不足分を取り返すことができるという強烈な権利です。

相続がうまくいくためには、最低限、相続人の遺留分への配慮がなされていることが欠かせません。

言い換えれば、あなたが遺留分減殺請求権を行使しなければならないような事態は、好ましいものではありません。やむをえず行使しなければならないというのはまさに断腸の思いでしょう。

この記事では、遺留分減殺請求権とはどういうものか、やむを得ず行使する場合にはどうやって行使するのかということにスポットを当ててお伝えします。

なお、「遺留分とは?遺言作成のため絶対に必要な6つのポイント」とあわせてお読みいただけたら幸いです。

続きを読む

教育資金の貯め方|FPの私がやっている基本的な4つのコトと運用術

皆さんはお子様の教育資金について『どのくらい』貯めるのか、『どのように』貯めるのかについて悩まれた経験はありませんか。

実際、多くの方が教育資金についてよくわからずに、なんとなく大学に入学する前に200万円程度学資保険で備えておけばいいかな、とアバウトにお子様の教育資金の備えをしています。

その結果、奨学金を使わざるを得ない学生は増えていますし、学費の関係で希望の進学をさせてあげられなかったと嘆く方が多くいます。

今回は最愛のお子様が借金を背負うことなく、希望の進路に進めるような教育資金の貯め方をお伝え致します。

ファイナンシャルプランナーの私が、実際に行っている教育資金の貯め方を全て包み隠さずお伝えしますので、是非最後までご覧いただければ幸いです。

続きを読む

寄与分とは?円満相続のために絶対に必要な4つの知識

あなたは、ご自身に万一のことがあった場合の相続の際の遺産の分け方をどうしようかとお考えになって、「寄与分」についてお調べになっていることと思います。

寄与分は、言ってみれば、ご家族の中に、あなたの事業の成功に貢献した方とか、あなたの病気療養や介護の世話をした方がいた場合、相続の時にその方に多めに遺産を相続させてあげようという制度です。

相続が円満にいくためには、あなたご自身があらかじめ、財産がご家族に公平に分配されるよう配慮し、それを遺言として残しておくことです。

その際、寄与分の制度の内容を理解しておくと、大いに参考になるはずです。

この記事では、寄与分について、どのような制度なのか、具体的な相続分の計算にどのように反映されるのかなど、円満な相続のために役立つ知識を分かりやすくお伝えします。

続きを読む

株式の評価方法|株式の相続税対策に役立つ全知識まとめ

あなたは、経営している会社の株式の相続や事業承継の対策を立てるため、手始めに、株式の財産価値の評価方法をお知りになりたいことと思います。

大多数の会社の株式は、上場しておらず取引もされていないため、財産価値をどうやって評価するかが問題になります。

法令・通達に定められている株式の評価方法は、「純資産価額方式」「類似業種比準方式」「配当還元方式」の3種類です。これらはいずれも耳慣れない言葉で、調べてみるといかにもややこしそうな数式がたくさん出てきます。また、使い分け方も細かく定められていて、非常に複雑で分かりにくくなっています。

そこで、この記事では、株式の評価方法3種類について、それぞれどのようなケースでどの方法が使われるかということと、それぞれの方法の具体的な内容について、イメージしやすいように解きほぐし、分かりやすくお伝えします。

この記事の内容を理解すれば、ご自身の株式の価値がどのように評価されるのか分かり、相続税対策を組み立てていくのに役立つはずです。是非、最後までお付き合いください。

続きを読む

小規模宅地等の特例とは?土地の相続税を最大80%下げる方法

あなたが不動産、特に土地をお持ちであれば、その土地を相続したご家族にかかってくる相続税を大幅に下げられる制度として、「小規模宅地等の特例」というものがあります。

この特例が適用されると、土地にかかる相続税が最大で80%割り引かれるという大きな節税の効果が得られます。

しかし、この制度について法令等を調べてみると、長くて複雑な文章や細かい表がたくさん出てきたりして、頭の中がパンク状態になってしまうのではないでしょうか。

実はこの小規模宅地等の特例の中身については、税金のプロである税理士でも、誤って理解している方が多いのです。実際に、税理士が加入する損害賠償責任保険の相続税の事故の中で、最も多いのは、小規模宅地等の特例の解釈のミスなのです。

ただ、制度の目的をしっかりと押さえておけば、どのようなケースがこの特例を受けられるかを理解するのはそれほど難しくはありません。

この記事では、小規模宅地等の特例について、分かりやすく説明します。土地の相続対策にお役立てください。

続きを読む

住宅資金贈与の非課税枠を相続税対策に最大限活用する方法

あなたは、いわゆる「住宅資金贈与」が相続税対策に有効だと聞いたことがあると思います。

「住宅資金贈与」とは、平成31年6月までに、お子様・お孫さんに対し、住宅を購入・新築・増改築するための資金としてお金を援助してあげると(「贈与」と言います)、お子様・お孫さんの側で、そのお金のうち一定の金額(「非課税枠」と言います)について、贈与税が非課税になるというものです。

他の制度と併せて活用することによって、より大きな効果を得られることがあります。

一方で、併用する意味がない制度もあるので、注意が必要です。

また、あなたの所有する土地の上に住宅を建てさせてあげる場合には、後で相続の時になって、相続税が大幅に抑えられる可能性があります。

この記事では、まず、住宅資金贈与の非課税枠について、どのような条件が必要で、いくらまで認められるのかを説明します。そして、その上で、この制度を最大限活用するために必要なポイントについてお伝えします。

続きを読む

相続時精算課税制度で相続税対策を確実に行う3つのポイント

あなたは、いずれご家族にかかってくることになる相続税を少しでも抑えるために、「相続時精算課税制度」が活用できないかとお考えのことでしょう。

相続時精算課税制度は、一言でいえば、価値の高い財産を、生きているうちにお子様・お孫さんに渡す(生前贈与)ケースを対象として、その場合にかかる贈与税の負担を軽くし、結果的に相続税の負担を減らしてあげようという制度です。

ただし、財産の種類によってはこの制度を活用する意味がないことがあります。また、他の制度との使い分けが必要で、正しく活用しないとあまり効果が上がらないことがあります。

この記事では、相続時精算課税制度がどのような場合に相続税対策として効果的なのか、対象となる財産や、他の制度との使い分けの基準等について、3つのポイントに焦点を当てて詳しくお伝えします。

続きを読む

暦年贈与で相続税を減らすのに絶対に押さえたい3つのこと

あなたは、ご家族にかかる相続税の負担を軽くしてあげたいとお思いになり、そのための対策として、「暦年贈与」の活用をお考えになっているのではないかと思います。

暦年贈与(贈与税の基礎控除)は端的に言えば、年間110万円まで贈与した、つまり無償で譲り渡した場合に贈与税がかからないというもので、最も初歩的で手軽にできる相続税対策です。

つまり、相続させたい財産を早くから長期にわたって、年間110万円まで暦年贈与していけば、その分については贈与税を支払わなくてよく、また、当然、贈与してしまったものには相続税がかからないので、相続税対策になるということです。

ただし、「初歩的で手軽」と言っても、闇雲に活用すればよいというものではありません。

相続まで待って相続税を納税した方が良い場合があるので、「損益分岐点」を見極める必要があります。また、人によっては、暦年贈与ではなく他の制度を選んだ方が良いケースも考えられます。

この記事では、暦年贈与の基本的なしくみと、相続税対策として活用する際に絶対に押さえておくべき3つのポイントについて、他の制度との使い分け等にも触れながら分かりやすく説明します。

続きを読む

必ず知っておきたい!学資保険で得をするための全知識

学資保険を選ぼうとネットを見ても、種類が多すぎてどれがいいのか迷っていませんか。そして、そもそも学資保険は「どんな商品なのか?」「本当に加入しなけばいけないのか?」など疑問は多いのではないでしょうか?

子供の将来の学費を貯めていく学資保険ですが、私はこれまで学資保険を適当に選んでしまって後悔した人をたくさん見てきました。

せっかく子供の将来のためにお金を積立てているのに払込んだお金よりも少なくなる「元本割れ」するものに入ってしまったり、受取り時期の違いによって使いたいときに使えなかったりと非常にもったいないです。

このページでは学資保険を検討するときに押さえておかなければいけない情報と少しでお得に加入する方法をお伝えします。子供が受けられる手当もお伝えしているので、ぜひこのページの内容をしっかり読んで頂いて、あなたの学資保険選択の役に立てて頂けると嬉しいです。

続きを読む

持病で医療保険を検討する時に重要な4つのポイント

今、持病があるけれども医療保険に入れるか疑問があるのではないでしょうか。

持病があると通常の医療保険に入れないと思われがちですが、近年生命保険会社の審査は緩和される傾向にあり、病気によっては加入できる可能性があります。

そして保険会社によって審査基準が違うので、1社から加入できないといわれても他社で加入できる可能性も十分あります。つまりA社で断られてもB社では加入できる可能性があるということです。

そこで今日は通常の医療保険の審査を通りやすくするポイントを中心に、持病がある人が医療保険を検討するときに必ず知っておかないといけないことをお伝えします。ポイントを細かく解説していますので是非最後までご覧ください。

続きを読む