中小企業が利用できる特別償却とは?税額控除とどちらを選ぶべき?

特別償却とは、中小企業の設備投資を促すために国が定めた制度です。

一定の設備投資を行ったときに税制の優遇措置を受けることができます。

ただ国税庁のホームページなどを見ても、一見してどのように優遇されるのか分かりづらい面があり、どう活用していいか分からず、困っていらっしゃる経営者の方も多いのではないでしょうか。

また特別償却と類似の制度である税額控除は両方を適用できないため、どちらを選ぶとよいかという疑問も浮かぶところです。

この記事では、中小企業のための特別償却とはどんな制度なのか簡潔に解説します。

その上で税額控除とどちらを選ぶべきかの基準を紹介しています。

続きを読む

経営者必見!事業活動のリスクに備える企業保険の選び方

※この記事の「1.1.3.」における法人保険の保険料の損金算入等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

企業向けの保険には様々なものがありますから、経営者である皆さまは「会社にとって本当に必要な保険はなんだろうか?」とお悩みになることもあるかと思います。

そもそも、保険の役割というのは、万が一の事態に備えてリスクを最小限に留める、という点にあります。特に、企業保険に関しての「万が一」というのは、会社の経営が立ち行かなくなってしまうような重大な危機のことを言います。

そして、そういう危機に備える企業保険は大きく2種類です。1つは生命保険、もう1つは損害保険です。この記事では主に、「企業のリスク」を考えた時の保険について、これら2つの分野に分けてご案内させていただきます。

なお、生命保険の中には、税金を抑えながら積立ができる保険もありますので、そういった保険についてもお伝えします。是非、最後までお読みになって、お役立てください。

続きを読む

役員保険とは何か?加入する3つのメリットと選び方のポイント

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

この記事をお読みの経営者・役員の方は、「役員保険」という役員向けの生命保険があり、「よく分からないけど入った方がいいのかな」とお考えになっているのではないでしょうか。

また、ひょっとしたら、税金対策になるとか、退職金の準備ができるらしいとかいう話を聞いたことがあるかも知れません。

しかし、入るメリットがいまいちイメージできず、また、保険の営業マンの話を聞いてもいまいちピンとこないのではないでしょうか。

そこで、この記事では、役員保険について、イメージできるよう、重要な3つのメリットと、会社にとって最適な役員保険の選び方についてお伝えします。

続きを読む

逓増定期保険とは?基本のしくみと本当の活用法・選び方のポイント

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

逓増定期保険は、よく、法人の「節税」に役立つ保険商品と言われています。しかし、「逓増」という言葉が聞き慣れないのもあり、どんなものかよく分からないのではないでしょうか。

「節税」というのはウソではありません。しかし、それは、加入時に正しい商品を選ぶのはもちろん、いくつかのポイントを押さえた上でという前提です。

この記事では、私たちがこれまで数多くの法人様のコンサルティングを行ってきた経験を踏まえ、逓増定期保険の基本的なしくみと正しい活用法、選び方について、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

法人保険の損金は全損、半損、1/3損のどれがいいの?選び方のポイント

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

法人保険に加入すると保険料が損金になり、節税できるという話を聞いたことがあると思います。

たしかに、保険料が損金になれば、法人税を抑えることができます。しかし、法人保険を選ぶ時は、保険料が損金になることだけでなく、解約する時のことまで考えておく必要があります。また、法人保険は全額損金になるものだけでなく、1/2損金、1/3損金のものもあり、それぞれに向き不向きがあります。

そこで、この記事では、法人保険で損金算入して効果を最大にする選び方のポイントと、全額損金タイプ、1/2損金タイプ、1/3損金タイプのそれぞれの活用法をお伝えしたいと思います。

続きを読む

経営者保険とは?4つの役割と選び方のポイント

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

生命保険には、法人の経営者様向けの保険があり、よく「節税」や退職金の準備に役立つとか言われます。

ところが、現実には、意外に多くの経営者の方が、保険の営業マンに言われるまま、知らず知らずのうちにニーズに合わない保険に加入してしまっています。

この記事では、経営者保険の4つの役割と、あなたの会社にぴったりの保険を選ぶために是非とも知っておいていただきたいことについて、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

節税保険とは?法人税の節税の効果を最大にするための選び方

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

法人保険には、節税保険と呼ばれるものがあります。保険料が損金になり、解約するとお金が返ってくるものです。

会社のニーズに合ったものを選んで加入すれば、法人税を抑え、使えるキャッシュを多く残す効果を得られる可能性が高くなります。

そこで、この記事では、保険が節税につながるしくみと、会社のタイプ別の選び方を、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

企業に必要な保険|経営者が備えるべきリスクとその対策

※この記事の「2.1.②」における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

個人の場合、保険には自身の生活を担保するという、ある種シンプルな役割を求めることになりますが、企業の場合になってくると、「企業自体に損害があった時」と「経営者に万一のことがあった時」の2つの「もしも」に備えなければいけません。

加えて、従業員に対する「福利厚生」を充実させるために保険が「活用」されることも考えると、3種類の役割を保険に求めることになります。

そのような役割を1つの保険でカバーすることは難しいので、企業では生命保険と損害保険の2種類を併用し、リスクに備えるのが一般的です。

今回は企業向けの保険について、

  • 事業活動に備える損害保険
  • 経営者や従業員のための生命保険

に分けて紹介します。

また、保険を活用するにあたって発生する税金関係の注意点についても解説していきます。

しっかり理解して、企業のリスクに備えましょう。

続きを読む

定期保険の経理処理|法人保険のお金の仕組み

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

経営者に万が一のことが起こった時、何の備えもしていないと、会社は大打撃を受ける可能性があります。

そんなことが無いよう、会社を守るための備えとして、生命保険を検討することになるでしょう。

法人保険には、単純な「掛け捨て型」の保険から、「全額損金定期保険」、「長期平準定期保険」や「逓増定期保険」のような、積立にも活用できるものまで様々です。

この記事では、そんな法人の定期保険の経理処理について、

に分け、各保険の仕組みに触れつつ解説していきます。

各々の保険の特性を知って上で、自身の会社に最もマッチするものを考えてみましょう。

続きを読む

保険は税金対策になるか?|法人が使える保険の活用のポイント

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

法人の税金対策のために、保険を活用したいと考えている経営者の方は多いでしょう。

確かに法人保険の中には、保険料の全額、または一部が「損金」になるものがあります。

しかし、保険は本来は税金対策のためのものではありません。税金対策がしたいからといって、無計画に保険に加入してしまうと、死亡保険金や解約返戻金によって多額の「益金」が発生してしまい、税額が大きくなり、会社に多大な負担をかけてしまうかもしれません。

「税金対策」で法人保険を活用する際には、死亡保障の必要性と、解約返戻金を受け取った後の「お金の出口」を考えることが重要になってきます。

今回は、そんな保険を使った税金対策を考える際のポイントについて、実例を含めつつ紹介していきます。

ポイントをしっかり把握して、保険を最大限活用しましょう。

続きを読む