車両保険とは?補償内容と加入すべきかどうかのポイント

車両保険とは、自動車保険の補償内容のうちの一つで、交通事故などで自分の自動車が破損したり盗難等の被害に遭ったりした時に、修理費用や買い替え費用を補償してくれるものです。

ただし、保険料はそれなりに高額です。また、そもそも付けられない場合があります。

この記事では、車両保険の補償内容と、必要かどうか判断するためのポイントについて解説しています。

1.車両保険とは

1-1.車両保険の補償内容

自動車保険は、複数の補償を組み合わせたものです。

具体的には、事故の「相手側」「自分側」に対する補償なのか、「身体」「モノ」に対する補償なのか、で以下のように分類されます。

「身体に対する補償」とは死傷した場合の補償、「モノに対する補償」とは自動車等のモノが壊れた場合の補償です。

補償対象 身体に対する補償 モノに対する補償
相手側
  • 自賠責保険(強制保険)
  • 対人賠償責任保険(任意保険)
対物賠償保険(任意保険)
自分側
  • 搭乗者傷害保険(任意保険)
  • 人身傷害補償保険(任意保険)
  • 自損事故保険(任意保険)
  • 無保険車傷害保険(任意保険)
車両保険(任意保険)

それぞれの保険の詳細については、「自動車保険の種類とそれぞれの補償内容」をご覧ください。

車両保険は、法律上加入が義務付けられていない「任意保険」の一種です。また、自動車保険の中で唯一、「自分側」の「モノに対する補償」をカバーする保険といえます。

もう少し簡単に言い換えると、自分の自動車や自動車の車載物(カーナビなど)を補償する唯一の保険が車両保険なのです。

1-2.【参考】車両保険の普及率はどのくらい?

上でお伝えした通り、車両保険は加入するかどうかを自分で選択できる任意保険の1つです。

それではどのくらい車両保険は普及しているのでしょうか?各任意保険の普及率は以下の通りです。

  • 対人賠償責任保険:74.6%
  • 対物賠償責任保険:74.7%
  • 人身傷害保険:69.3%
  • 搭乗者傷害保険:26.7%
  • 車両保険:44.4%

※損害保険料率機構「2018年度自動車保険の概況」P114~P115参照

ご覧の通り、「対人賠償責任保険」「対物賠償責任保険」と比較すると、車両保険の加入率は44.4%と低くなっています。

自分側の補償より相手側に対する補償を優先して備えよう、というのは当然でしょう。

対して、自分側の補償を比べると、身体に対する補償(人身傷害保険:69.3%)と比較しても、車両保険の普及率は44.4%と低くなっています。

自分側の保険でも、「車両より身体(怪我・死亡)に対する補償を優先しよう」と考えるのも十分に頷けるところです。

自動車が壊れるより、自分が怪我をしたり亡くなったりした際の損害の方が深刻だからです。

なお、「搭乗者傷害保険」の普及率が最も低くなっていますが、これは補償内容が似ている人身傷害保険が優先されているためと考えられます。詳しくは「搭乗者傷害保険とはどんな保険?人身傷害保険との違いは?」で解説しておりますので、興味があればあわせてご覧ください。

2.車両保険は交通事故以外の自動車の損害も幅広く補償

車両保険で自動車の損害が補償されるのは、交通事故の際はもちろんのこと、それ以外のケースも幅広くカバーしています。

以下、A損保の車両保険で補償される損害の範囲をまとめた表をご覧ください。「一般型」と、補償を受けられるケースを限定することで保険料を抑えた「エコノミー型」があります。

補償する損害の種類 一般型 エコノミー型
他の自動車やバイクと衝突・接触して生じた損害
自転車と衝突・接触して生じた損害 ×
単独での事故により生じた損害(電柱や建物などへの衝突) ×
当て逃げされたことによる損害(相手のわからない損害) ×
転覆・墜落により生じた損害(山道を走行中に崖から転落するなど) ×
火災・ガス爆発・台風・洪水・高潮などによる損害
盗難・いたずら・落書きなどによる損害
飛来物などによる損害(飛び石が車体に衝突して生じた損害など)

他の自動車との接触事故だけでなく、火災や台風などの災害による損害、盗難や落書きなどの損害、飛び石などによる損害がカバーされています。

また、一般型では当て逃げ・単独事故・転覆・転落による損害など、幅広くカバーしています。

3.車両保険で、どのくらいの保険金が支払われるか

まず車両保険で受け取れる保険金の額は、自動車の時価をもとに計算されます。

時価とは、補償を受ける時点での自動車の価値を示す金額のことです。簡単に言えば、中古車としての価格です。

その上で、保険金の額は「全損」と「分損」とで異なります。

「全損」とは、自動車が修理不能なほど破損した場合や、修理代が時価よりも高額になる場合や、盗難の被害に遭ってなくなってしまった場合です。

全損と認められると、自動車の時価額の満額を保険金として受け取れます。

これに対し「分損」とは、自動車が修理でき、かつ、修理費用が時価額を超えない場合です。

分損の場合に受け取れる保険金の額は、修理費用から「免責金額」を差し引いた額です。この「免責金額」とは、契約で予め自己負担すると決めている額です(詳しくは「自動車保険の免責金額とは何か」をご覧ください)。免責金額を高く設定すると保険料が安くなります。

たとえば、A損保では以下の種類の免責金額を選択できます。

免責金額の選択肢 内容
0-10万円 1回目の車両事故の自己負担額は0円、2回目以降は10万円
5-10万円(車対車免ゼロ) 「車対車免ゼロ特約」(※)がついているパターン。本来、1回目の車両事故の自己負担額は5円、2回目以降は10万となるが、車対車免ゼロ特約の条件に適合すると、1回目の自己負担額も0円となる。
5-10万円 1回目の車両事故の自己負担額は5万円、2回目以降は10万円
10-10万円 1回目も2回目以降も自己負担額は10万円

表の中に記載した「車対車免ゼロ特約」とは、以下条件にあてはまる場合に最初の事故の免責金額を0円にする特約のことです。

  • 最初の事故が他の自動車との接触・衝突事故である場合
  • 事故相手の車の登録番号などで相手方を確認できる場合

車対車免ゼロ特約は通常、保険料の割引率を決める「等級」が7等級~20等級までの場合につけられるといった条件があります。

3-1.相手のいる事故なら保険を使う必要がないケースも

相手のいる事故で、その相手に損害賠償金を請求できる場合、その額については自分の車両保険を使う必要はありません。

たとえば、事故で自分の車に100万円の損害が生じた場合、過失割合が「相手:自分=70%:30%」と判断されれば、70万円を相手に損害賠償請求できます。

したがって、車両保険を使うのは自分の過失割合にあたる30万円の分だけということになります。

次に、たとえば信号待ちで停車中に後ろから追突された場合のように、相手側が100%悪いと考えられる事故であれば、損害額の100%を相手に請求できます。

このように、相手側に過失がある場合、その過失割合の分の額については、自分の車両保険を使う必要がありません。

3-2.【参考】車両保険を使わない方がお得なこともある

なお、車両保険の保険金を請求しない方が得なこともあります。

自動車保険では交通事故を起こすなどして保険金を受け取ると、その経歴に従って翌年度からの保険料がアップする仕組みになっています。

そのため、受け取れる保険金の額よりも、保険料の増加額が大きくなるのであれば、あえて保険金を受け取らずに自腹で修理する選択肢もあります。

自動車保険の保険料がアップする仕組みについては、詳しくは「自動車保険の等級で知っておきたいことまとめ」をご覧ください。

4.車両保険の保険料はどのくらい?

車両保険の保険料は、補償対象の自動車の車種や補償内容、契約者の年齢、免許証の色、等級と呼ばれる割引率を示す基準などによって大幅に異なります。

そのため、一概にこのぐらいという相場は言えません。

ここでは、参考までに、B損保の自動車保険において以下条件で見積もった場合の保険料を参考までに紹介します。

  • 車種:プリウス
  • 初度登録年月:2017年1月
  • 使用目的:日常・レジャー
  • 対人賠償責任保険:無制限
  • 対物賠償責任保険:無制限
  • 人身傷害補償保険:3,000万円
  • 免責金額:0-10万円
  • 年齢条件:26歳以上補償
  • 等級:10等級(事故有係数適用期間:0年間)
  • 自動車事故弁護士費用
  • 割引:新車割引・ゴールド免許割引

この条件で、以下、車両保険(一般型・285万円)を付けた場合と付けない場合の保険料は以下の通りです。

  • 車両保険つき: 96,510円/年
  • 車両保険なし:49,960円/年

車両保険を付ける場合の保険料は、付けない場合の2倍近くになります。この例から分かるように、自動車保険の保険料のうち、車両保険が占める割合は大きくなっているのです。

そのため車両保険を付けるか否かは、慎重に決めたいところです。なお、車両保険が必要かどうかの判断方法は後ほど改めてお伝えします。

4-1.保険料を節約する方法

一般的に、車両保険の保険料を安く抑える方法として、以下の2つがあげられます。

  • 補償内容は「エコノミー型」を選ぶ
  • 「免責金額」を高く設定する

以下1つずつ簡単に解説します。

4-1-1.補償内容について「エコノミー型」を選ぶ

「車両保険は交通事故以外の自動車の損害も幅広く補償」の項で紹介した通り、車両保険には「一般型」と、自損事故や当て逃げなどによる損害を補償対象から外した「エコノミー型」があります。

エコノミー型にすることで補償の範囲は狭まりますが、保険料は抑えられます。

ちなみに、前述のB損保の自動車保険の見積例で「一般型」だと96,510円/年なのに対し、「エコノミー型」は72,630円/年です。

4-1-2.「免責金額」を高く設定する

「車両保険で、どのくらいの保険金が支払われるか」の項で紹介したように、損害額のうちで自己負担する分の金額を示す「免責金額」をより高く設定することによって、保険料を安く抑えることができます。

たとえば「車両保険を使うのは損害が高額になった場合だけ」と考えて、免責金額をあえて高く設定するのも良いでしょう。

ちなみに、前述のB損保の自動車保険の見積例において、条件を「0-10万円」から「10-10万円」に変えた場合、保険料は96,510円/年から84,800円/年になります。

5.車両保険への加入をおすすめする2つの場合

車両保険は保険料がそれなりに高額なので、そもそも必要かどうか、判断に迷うところです。事実、先ほどお伝えしたように、普及率は44%にとどまっています。

そこで、自分に車両保険に加入した方が良いと考えられるパターンを、具体例を挙げて解説します。

5-1-1.新車・高級な中古車を購入した場合

新車、または中古でも高級車を購入した場合は、修理費用や買い替えるための費用も高額となります。

そのため、車両保険に加入しておいた方がよいでしょう。

これに対し、安価な中古車であれば、車両保険が必ずしも必要とは言えません。あえて車両保険に加入せず、保険料を節約してその分を次に自動車を購入する際の資金に回すのも1つの手でしょう。

なお、年式があまりに古いと、そもそも車両保険を付けられない場合もあります。

5-1-3.初心者や、運転に自信がない場合

初心者や、運転に自信がない方の場合、事故を起こしてしまう可能性が高くなります。

交通事故を起こしたら、自動車の修理費・再購入費用も全額自分で負担しなければならないと考えると、余計不安になるでしょう。

そのため、安心して運転するためにも、運転に慣れるまでは車両保険に入っておくという考え方もあります。

まとめ

車両保険は、自動車事故によって自分の自動車に生じた損害を補償するものです。

たとえば、相手のある事故で自動車が損傷して修理費用がかかる場合は、自分の過失割合の分の額をカバーしてもらえます。また、盗難等の被害に遭った場合も、同等の車両を購入するための保険金を受け取ることができます。

たとえば、新車や高級車を購入した場合は万が一の際の損害額が大きいため、車両保険に加入しておいた方がよいでしょう。

一方で、安価な中古車を購入した場合は、仮に自動車が全損しても大した金額の補償が得られない可能性が高いため、車両保険に加入せず、その分のお金を新しい自動車を購入するのに回すという考え方もあります。

損害保険の保険料を平均20~30%削減できる具体的方法

私たちは、他社にはない独自のノウハウで、数々の会社様の損害保険の保険料を削減してきました。

まず、論より証拠、以下はその事例のほんの一部です。いずれも補償内容はそのままに、保険料の大幅な削減に成功しています。

  • ・不動産業(事業用火災保険) : 112万円⇒52万円(-54%
  • ・建設業(建設工事保険等) : 212万円⇒150万円(-30%
  • ・アパレル業(貨物保険) : 120万円⇒96万円(-20%
  • ・病院(賠償責任保険等) : 173万円⇒144万円(-17%
  • ・運送業(自動車保険) : 5,800万円⇒5,000万円(-14%

この無料Ebookでは、私たちがお手伝いしたコスト削減の事例をご紹介します。

そして、業種別に、むだのない最適な保険の選び方をお伝えします。

ぜひ、今すぐダウンロードしてください。

すぐに知りたい方は、0120-957-713までお問い合わせください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

事業用自動車の保険についてお悩みの事業者様へ

次のようなことでお悩みはありませんか?

・自分の会社にピッタリの事業用自動車の保険を選んで加入したい
・現在加入中の事業用自動車の保険の補償内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい

もしも、事業用自動車の保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

telhoken


事業用自動車の保険の無料相談のお申込みはこちらから

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る