重要!学資保険4つのメリットと2つのデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
9ba6b012cd77f0275eca06e28f60621b_s

子供が生まれると検討する学資保険ですが、はじめて学資保険を検討する人はどんな商品なのか、そしてどのようなメリット・デメリットがあるのかよくわからないですよね。

検討する時には商品を選ぶ前にそもそも学資保険にはどういったメリットとデメリットがあるのか理解しなければいけません。

今日は学資保険のメリットとデメリットを詳しく解説していきます。検討するときには必ず知っておかなければいけないことなので是非参考にしてください。

学資保険4つのメリット

学資保険は子供の将来の学費の積立ですが、以下の4つがメリットと言えるでしょう。

  • メリット1:確実にお金を貯めていける
  • メリット2:貯蓄性に優れている
  • メリット3:万が一の場合保険料免除になる
  • メリット4:学資保険は生命保険料控除の対象となる

それでは一つひとつ確認していきましょう。

メリット1:確実にお金を貯めていける

学費を確実に貯めていくために学資保険を利用して使えないようにしておく。
学費は将来確実に必要なお金のため確実に貯めていくのが重要です。

銀行に預けておくと融通性があるのでいつでも引き出し使ってしまう可能性があるため学資保険に加入をして学費を貯めていくのに最適です。
特にしっかり積立をできる自信がない人に学資保険はお勧めです。

メリット2:貯蓄性に優れている

低金利の時代となり、銀行にお金を預けていてもほとんど利息が付きません。学資保険は商品にもよりますが、払込み保険料よりも受け取れる総額が大きくなります。中には10%ほど増える商品もあります。

例えば以下の商品だと、、、

  • 年齢:30歳男性 子供0歳
  • 保険料:12,618円
  • 保険料払込18歳まで
  • 満期保険金300万円

学資 大学

この商品だと、18年間で総額約273万円支払ったのに対して、18歳の時に300万円受取れます。そうすることによって、大学の初年度そしてそのあとの学費も一定額を補うことができます。そして契約者(親)に万が一のことがあったても保険料が免除となるのでその後は保険料を支払うことなく18歳の時に300万円受取れます。

※あくまでも1例なので商品によって違います。

学資保険は貯蓄商品になりますのでなるべく返戻率の高い(戻りが大きい)商品を選択しましょう。

メリット3:万が一の場合保険料が免除になる

学資保険が生命保険会社が販売している商品になるのでほとんどの商品に生命保険機能があり、一般的なのが保険料免除です。

契約者(親)に万が一があった場合、保険料を支払っていくのが難しくなるケースがありますので学資保険には保険料免除が付加されている商品がほとんどです。保険料免除が付いている場合は契約者(親)に万が一があっても保険料の支払いは免除され、将来支払われる予定の祝金や満期金は契約通り受け取れることです。

メリット4:学資保険は生命保険料控除の対象となる

他と金融商品にないメリットに生命保険料控除があります。子供保険は生命保険会社が販売している生命保険の1つです。そのため、支払った保険料は生命保険料控除の対象となります。所得税で最大4万円、住民税で2万8000円が控除されます。定期預金など他の金融商品にはない魅力です。

もちろん控除額がそのまま受け取れるというわけではありません。課税所得からそれぞれの保険料控除額を引き、そこに所得税率をかけた金額が最終的に受け取ったに等しい額です。

たとえば課税所得が500万円の世帯で所得税率が10%の場合、最大の4万円分の控除を受けると、4万円×10%=4000円分の所得税が軽減されることになります。

また、課税所得が500万円の世帯の住民税率は10%なので、最大の2万8000円分の控除を受けると、2万8000円×10%=2800円分の住民税が軽減されることになります。

所得税と住民税を合わせると年間で6800円(4000円+2800円)、18年間では12万2400円(6800円×18年)軽減されることになります。 ※ほかに4万円以上の生命保険に加入していた場合には、学資保険加入による控除額の増加はないのでご注意ください。

生命保険料控除については新制度で損をしない生命保険料控除の申告方法で詳しく解説しています。

学資保険2つのデメリット

学資保険はメリットの多い保険と言えますが、単にメリットだけを見て加入を検討することのないようにしてください。これらのデメリットを把握しておかなければ、後になって後悔する可能性があります。

簡潔にお伝えすると、以下が学資保険のデメリットです。

  • デメリット1:資金が長期間拘束される
  • デメリット2:将来のインフレに弱い

それでは順番に解説していきます。

デメリット1:資金が長期間拘束される

先ほど確実に貯めていけるのがメリットとお伝えしましたが、当然学資保険は10年以上の長い間貯めていくものなので、その間に何があるかわかりません。例えば18年での契約とした場合、18年間という長期にわたって資金が拘束されるため、換金性が低いという点が挙げられます。

しかも途中解約をすると元本割れする可能性が高いので、基本的には最初に決めた期間やりきるという覚悟が必要です。

デメリット2:将来のインフレに弱い

学資保険を18年間で契約すると、18年間利回りが固定されてしまう形となります。 今後ずっと低金利であれば、学資保険の方が利率が高く思えますが、18年間の途中で市場の金利が上昇してくればたちまち不利になる可能性もあります。

低金利のタイミングでは、運用商品は短期の固定金利か変動金利のタイプを選ぶのが原則とされていますので、その点では今後大きなインフレになった場合には、デメリットとなります。
いかがだったでしょうか?

学資保険はメリットがある一方デメリットもあります。ここまで読んで学資保険に加入をしようと思う方は是非以下の記事を参考にしてください。

まとめ

学資保険は子供が生まれると必ず入らないといけないものではありません。

加入をするときには上記で解説したメリットとデメリットを必ず理解してからにしましょう。

学資保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの学資保険を選んで加入したい
・現在加入中の学資保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな学資保険に加入すればいいのか分からない

もしも、学資保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel

学資保険の無料相談のお申込みはこちら

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。
ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

長井 大輔

長井 大輔

保険のパートナー・保険の教科書 運営責任者、今まで1000名以上の個人・法人のお客様のご相談にお応えしてきた生命保険・社会保障・税務・資産運用に精通しているファイナンシャルプランナー
保険の教科書の購読はSNSが便利です。