老後の仕事|幸せな老後を送るために準備するべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
5253c305ff09f0302cdf29fd8edbfc5a_s

「豊かな老後を送りたい」というのはすべての人の願いでしょう。ただ、老後を豊かに暮らすのは難しい時代になりました。

老後の備えで真っ先に頭に思い浮かぶのが「お金を貯める」ということでしょう。ただ、老後に仕事をして、収入を得ることで、生活が安定し老後を豊かに暮らせる可能性が高くなります。

国や民間企業も高齢者の雇用に力を入れており、しっかりと準備をしていれば60歳以降も仕事を続けていくことは大いに可能です。

今日は幸せな老後を過ごすために行う仕事について重要なポイントをお伝えします。お金を貯めていくのも大切ですが、老後に仕事をして収入を得ることが老後の安定した生活に繋がります。

1. 豊かな老後は健康で仕事をしながら手に入れる

豊かな老後を送る最適な方法は老後を迎えても働くことです。健康で働く場所があれば、お金の心配や不安もずいぶんと減ります。老後に働き収入を得ることができるのが、最大の老後の備えとなることでしょう。

近年では高齢化社会に対応すべく、ハローワークをはじめとする公的機関も高齢者の雇用環境を整えるのに力を入れています。

食生活の改善、運動、生活習慣の改善などお金を掛けなくてもできることは沢山あります。

豊かな老後を暮らすためには、自分の健康に投資すると思って、自分が体に良いと思うものを食べ、よく働きよく笑い、ストレスをためることなく夜もしっかり眠る。そんな毎日をおくることを日頃から心がけるべきだと考えます。

2. 国も民間も高齢者の雇用に力を入れている

先ほどもお伝えしたように国も民間企業も高齢者の雇用に力を入れています。これから高齢者社会になるのは明確になっており、高齢者の労働力が必要になります。

厚生労働省も高齢者雇用対策として全国80カ所のハローワークに「生涯現役支援窓口」を設け、高齢者の再就職などを支援しています。60歳以上を雇用することにより、雇用主に助成金が出る制度もあります。

そして、地方公共団体でも独自のサービスを行っているところもあります。

このように60歳で定年退職をしても、仕事をできる環境は整ってきています。前節でお伝えしたように健康であれば老後も年金をもらいながら、仕事によって収入を得ることで、安定した老後生活を過ごすことができます。

3. 老後におすすめしたい仕事

高齢になると体力が落ちてくる半面、たくさんの経験があります。経験を活かしながら仕事ができればそれに越したことはありません。

それでは、経験を活かしながら仕事ができるものをご紹介します。

1. 講師など教える仕事

豊富な社会経験や知識を活かした講師など教える仕事です。人生経験が豊富であることを生かし、本格的な講演活動もあれば、塾などの講師、子供に教えるなど人に教える仕事はたくさんあります。

子どもから社会人向けまで、あらゆる分野のとして活躍でき、若い世代と過ごすだけで気持ちもフレッシュでいられそうです。

2. 店舗などでの接客

高齢の店員さんを店先で見かける機会も増えているのではないでしょうか。
経験豊富な方は若者に比べて、丁寧な言葉遣いや気遣いができ、勤務態度もまじめな方が多いことから、企業も積極的に採用しています。ただし、どうしても立ち仕事にはなってしまうので、健康で体力に自信のある人に向いているかもしれません。

3. 執筆活動などライターの仕事

ライターや編集者のような、執筆活動もおすすめです。自宅で空いた時間にでき、文章が苦手ならイラストやマンガという手もあります。
パソコンやメール、デジカメも使いこなせると活躍の場はかなり広がりそうです。高齢者にとっては体力が落ちてきても比較的長く続けられるお仕事です。

粘り強く仕事ができる人に向いている仕事です。

4. テレフォンオペレーター

コールセンターでのお問い合わせ対応や、企業の営業チームでアポイントメントを取るお仕事などもあります。

これまで電話対応などの経験豊富な人に是非おすすめしたい仕事です。
パソコンは苦手だけど、電話なら大丈夫、という方には打ってつけ。しかも、人と話すということは認知症の防止などにもつながります。一石二鳥と言えるでしょう。

4. 準備しておきたい老後に役立つ資格

老後に仕事をしていくときに役立つ資格を紹介します。少しでも老後に働ける可能性を高くするために資格を取っておくのが重要となります。

これから老後に向けて準備を考えている人は是非参考にしてください。

1. 英検・TOEIC

語学の資格は、老後に仕事をする上で大きな武器になります。大手企業でも5割以上の企業が海外進出する上で必要としており、企業で異動、昇進・昇格の要件としている企業も増えています。若いころから勉強をしておくと大いに役立つでしょう。再雇用や再就職をするにあたっても、語学の資格を持っていることは強みになります。若いうちから継続的に勉強していくことをおすすめします。

2. 医療事務

座っての仕事が中心なので、体力に不安が出てきても十分働けると言える比較的長く続けられる資格です。医療事務の仕事は需要が高く、各々の医療機関で必ず必要とされています。また、正社員、派遣、パートなどがあり、時間帯が選べるというのも最大のメリットとなります。

特に事務仕事を長年やっている人におすすめです。

3. 社会福祉士

これから高齢化社会に向けて、大いに活躍の場がある資格です。高齢者や障害者など福祉サービスを必要とする人の相談に応じ、助言や援助を行うのが主な仕事です。専門的な知識と相談技術を持ち福祉社会を支える専門職として、有資格者は高い評価と信頼が得られますので再就職にも有利になります。

4. マンション管理士・管理業務主任者

合格率8%前後の難関資格である「マンション管理士試験」合格率が低く、難しいといわれている資格のひとつですが、資格を持っていれば定年後に今までの社会経験などを活かし、コンサルタントとして独立や開業することも可能です。

また、老後も稼げる副業や仕事を見つけるために、今のうちから資格以外のスキルを身につけておくという方法もあります。そのためには、転職求人サイト「ワークポート」に多く掲載されているIT・Webベンチャーで修行してみるという方法もあります。

修行中は苦しい思いもしますが、それが終わったら稼げる仕事に必要なスキルが身に付いています。できるだけ早い段階でスキルアップをしていた方がいいでしょう。

まとめ

このように高齢化社会を迎えて、60歳を越えても活躍の場が広がろうとしています。老後に不安がある人はお金を貯めていくのと同時に定年退職後も一定期間働いていくことを考えておきましょう。

健康に過ごし、資格取得など準備をしておけば、仕事を選ぶことも可能でしょう。

豊かな老後を過ごすためにはまずは健康な体です。自分が体に良いと思うものを食べ、よく働きよく笑い、ストレスをためることなく夜もしっかり眠る。そんな毎日をおくることを日頃から心がけ、豊かな老後に向けて準備をしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

長井 大輔

長井 大輔

保険のパートナー・保険の教科書 運営責任者、今まで1000名以上の個人・法人のお客様のご相談にお応えしてきた生命保険・社会保障・税務・資産運用に精通しているファイナンシャルプランナー
保険の教科書の購読はSNSが便利です。