会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、取られる法人税の額に驚いたことはないですか?

「知らなきゃ損!驚くほど得して誰でも使える8つの社会保障制度」会社のキャッシュは自分自身で守ることができます。30%多く残すというのも現実的な話です。たとえば、以下のようなことも可能です。

  • 法人税を抑えながら退職金を30%以上多く準備する
  • 黒字の時に税金を抑えながら赤字・経営危機のためのキャッシュを準備する

本書では、より多くのキャッシュを残すための法人保険の活用法を、50ページにわたって具体例をもとに詳しく解説しています。

是非今すぐ右のフォームに入力してダウンロードしてください。

※以下のE-bookの文中、法人保険の保険料の扱いに関する税務上の扱いに関する記載内容は、国税庁の現行の通達に定められたルールを前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルールの案を公表し、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、正式に新ルールによる運用が行われることになっております。

新ルール案の内容については「法人保険(いわゆる節税保険)の販売停止に関する国税庁の新ルール案の解説」で分かりやすく解説しておりますので、ご覧ください。


      • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

  • Pocket

 

ご覧いただいた方からのご感想