中小企業が退職金制度の導入をするときに心得ておくべきこと

従業員のために退職金の制度を整備したいと思っても、経済的負担やコストパフォーマンス等を考えると、どうすればいいのかよく分からないのではないでしょうか。

退職金制度を導入した事例の中には、成功例と失敗例があります。成功例としては、採用がうまくいき定着率も向上したというものがあります。しかし、失敗例もあります。退職金のコストに対する従業員のパフォーマンスが上がらず、ただ会社の財務体質を悪化させてしまい、結果として従業員のためにも会社のためにもならなかったというケースです。

退職金制度の導入は、大きなコストとリスクを企業が負っているものなので、退職金制度を導入するときには様々な工夫を行い、コストパフォーマンスを高めていただきたいと思います。

本日は、退職金制度導入でお悩みの中小企業経営者のために、退職金制度を導入するときに心得ておいてほしいことをお伝えします。退職金制度の導入をお考えの方は、是非押さえておいていただきたいと思います。

続きを読む

役員退職金の計算方法と支給のための手続のポイント

経営者・役員の方の退職金の制度を整える場合、金額はいくらにすればいいのか、どういう手続をとればいいのか、といったことが気になることと思います。

高すぎると会社の経費(損金)として認められませんし、きちんとした手続を踏まないと、やはり損金として認められません。

そこで、この記事では、退職金の額の決め方と、支給するために必要な手続について、分かりやすく整理してお伝えします。

続きを読む

補助金獲得率80%のプロがおすすめの激アツの補助金3つと圧倒的獲得ノウハウ

起業家のみなさんにとって、国の補助金は、受け取れたらうれしいものですが、どんな補助金があるのかいまいち分からないし、手続が面倒くさそうだし、通るかどうか分からないし…と思っていませんか?

私はこれまで、何人かの補助金の専門家の方に話を聞いていますが、皆さんが口を揃えるのが、補助金の中には狙い目のものがあり、また、きちんと戦略を立てて準備して臨めば、通る確率が格段にはね上がるということです。

しかも、補助金には予算の枠があり、「早い者勝ち」な面もあります。本当は獲得できたはずなのに、予算の枠が埋まって逃してしまったとあっては、本当にもったいないです。

そこで今回は、狙い目の補助金と、補助金を獲得するためのポイントについて、分かりやすくお伝えします。

なお、今回、補助金コンサルタントとして獲得率80%超の実績があり、補助金の審査委員を務めたこともある塩野富佐男氏(中小企業診断士・社会保険労務士。㈱フォーライフコンサルティング代表)にお話をうかがいました。

是非、最後までお読みになって、補助金獲得のための戦略にお役立てください。

続きを読む

中小企業が従業員の退職金を積み立てる3つの方法のメリットと注意点

従業員の退職金の制度は、従業員に長く働いてもらうこと、優秀な人材を採用することにつながります。

ただし、一度導入すると、たくさんのお金が必要になりますので、積み立てるには効率の良い方法を選ばなければなりません。

そこで、今回は、実際に多くの中小企業が活用している退職金の積立方法を3つ取り上げ、分かりやすく解説します。

続きを読む

長期平準定期保険の2つのタイプの目的別の活用法と注意点

長期平準定期保険は、法人の経営者向けの生命保険の一つで、以前から「節税商品」として人気があり、多くの法人に活用されてきています。

ただし、長期平準定期保険にもいくつかのタイプがあります。

そして、最近よく活用されているのは、2つのニュータイプの長期平準定期保険です。

そこで、この記事では、活用目的ごとに、長期平準定期保険の選び方と注意点について、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

節税保険とは?法人税の節税の効果を最大にするための選び方

法人保険には、節税保険と呼ばれるものがあります。保険料が損金になり、解約するとお金が返ってくるものです。

会社のニーズに合ったものを選んで加入すれば、法人税を抑え、使えるキャッシュを多く残す効果を得られる可能性が高くなります。

そこで、この記事では、保険が節税につながるしくみと、会社のタイプ別の選び方を、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

中小企業退職金共済で従業員の退職金を積み立てるメリットと注意点

中小企業が従業員の退職金を準備するのに、最もよく利用されている制度が、中小企業退職金共済(中退共)です。

中小企業が従業員一人ひとりのために毎月、一定額を積み立ててあげるものです。

掛金が全額損金になる上、加入年数が長いほど、よりお得に積立ができます。

ただし、若干の注意点があり、会社の事情によっては向いていないこともあるので、注意が必要です。

そこで今回は、中小企業退職金共済のメリットと注意点について、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

中小企業の退職金を充実させる方法

中小企業が従業員の退職金をどうやって準備するかは重要な問題です。

節税等のメリットが大きく、しくみがシンプルで利用しやすい方法を選びたいものです。

中小企業が退職金を準備するのによく利用されている方法は2つです。中小企業退職金共済(中退共)と、養老保険です。

ただし、いずれもメリットと注意点があり、それを正しく理解した上で活用する必要があります。

そこで今回は、中小企業の退職金の制度を充実させる方法について、中小企業退職金共済と養老保険を中心として、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

団体定期保険とは?意外に大きな活用のメリットと注意点

団体定期保険は、会社が契約者となり従業員が加入する定期保険のことを言います。定期保険は、期間を「◯年間」とか「◯歳まで」とか決めておいて、その期間中、万が一の死亡・高度障害状態になった時を保障してくれる保険です。

団体定期保険は会社にとっては、低いコストで従業員が長く安心して働いてもらうための環境作りができます。また、会社が保険料を負担する場合は全額損金算入することができます。したがって、福利厚生の一環として取り入れている企業も多いのです。

この記事では

  • 団体定期保険の種類
  • 団体定期保険のメリット
  • 加入時の注意点

の3点を中心に、ご案内させていただきます。制度の導入をご検討されている経営者の方は、ぜひ最後までお読みください。

続きを読む

生活障害保障型定期保険|全額損金だけじゃない4つの役割

法人保険の中で、生活障害保障型定期保険は、保険料が全額損金になって「節税」ができ、かつ積立もできる保険として人気があります。

ただし最近、多くの会社が続々と、「災害保障重点型」等の新しい全額損金の保険を発売しており、それらとの違いや使い分けが分かりにくくなっています。

そこで、この記事では、生活障害保障型定期保険とはどんなものなのかということと、重要な4つの役割について、他の全額損金の保険との違いも意識しながら、整理して分かりやすくお伝えしたいと思います。

続きを読む