不動産の減価償却で知っておきたい3つのポイント

不動産は減価償却できるということは知っていても、どのように減価償却がされているのかまではわからない方が多いです。

しかし、投資目的で不動産を購入する場合は、どのように減価償却がされるのかを理解しておきたいと思いますよね。

実は、不動産の減価償却は、「建物の構造」と「築年数」で決まります。

この記事では、不動産の減価償却について理解しやすいように3つのポイントに絞ってお伝えします。

続きを読む

法人自動車のフリート契約とは?メリットと3つの注意点

自動車保険を法人で掛けるときには「フリート契約」という契約形態があるのをご存知でしょうか。

「フリート契約」は、10台以上に自動車保険を掛ける場合、自動的に、1台ごとにではなく法人単位で一括して契約することになるものです。

フリート契約には、事務の効率化や保険料の割引等の面で、一般の自動車保険の契約(ノンフリート契約)にはないメリットがあります。ただし、事故を起こした場合、その程度によっては、かえって保険料が割高になってしまうなどの注意点があります。

この記事では、自動車保険の「フリート契約」について、一般の自動車保険契約(ノンフリート契約)と比べたメリットと、活用上の注意点についてお伝えします。是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む

平成29年度の税制改正でこれだけは押さえておきたい3つのポイント

多くの経営者の方から、「税制は毎年変わってややこしいので、最新の情報に対応するのは大変だ」というご相談をいただきます。

また、「たくさんの改正のうち重要なポイントに絞って押さえたい」というご要望もいただきます。

そこで、本日は、リクエストにお答えして、平成29年度の税制改正情報で、業種問わず、多くの法人のお客様に関わる重要な以下の3つのポイントをまとめました。

  1. 所得拡大促進税制の見直し
  2. 中小企業の設備投資促進税制
  3. 株式価値の評価方法の見直し

一つひとつ分かりやすくご説明致しますので、最後までお読みになってお役立てください。

続きを読む

コンテナのリースの節税の仕組みとメリット・デメリットの全て

コンテナ(海上コンテナ)のリースは法人の節税で有効であるという話を銀行やリース会社や税理士から持ち掛けられたことはありませんか。

実はコンテナのリースは1980年代から使われている法人の節税対策商品として活用されてきました。

船舶のリースだけでなく、そこで活用するコンテナも高額であるため、船舶と共にリース商品化されてきました。

しかし、そのリースの仕組みは複雑に見えますし、そのメリットやデメリットはよくわからないですよね。

実は、このスキームも平成17年度から会計制度が変更されており、商品も変わっています。

平成17年度までは『レバレッジドリース』という名前で販売されており、それ以降は『オペレーティングリース』として販売されています。

私は普段法人様のコンサルティングを行う機会が多いのですが、実はメリットやデメリットをよく理解されずに、航空機のリースに数千万円の資金を投入しまっている方をよくお見かけします。

コンテナのリースは仕組みを理解するだけで、その商品の条件がよいのか悪いのかまで見極められるようになります。

そして、メリット・デメリットまでご理解されれば、現在の会社にとって最良な選択であるのかどうかも判断できるようになります。

そこで、この記事ではコンテナリースがどのようなスキームになっているかの解説と、このスキームのメリット・デメリットをご紹介します。

また、最初にコンテナリースを活用すべき法人と好条件リースについてお伝えし、最後には生命保険との比較と活用法までお伝えしますので、是非最後までご覧になってください。

続きを読む

退職金を現物支給する3つのメリットと2つの注意点

経営者の退職金を現物支給するという話を聞いたことはありませんか。

実際に、経営者の方には、退職金を現金ではなく、不動産や自動車や生命保険などで受け取っている方もいらっしゃいます。

それはなぜかというと、退職金を現金で受け取るよりも、不動産屋や自動車や生命保険などで現物支給を受ける方が、老後の資金をより多く確保できると判断しているためです。

この記事では、退職金の現物支給の3つのメリットとその注意点をご説明していきます。これから退職金をどのように準備しようかとお悩みの経営者の方には、是非最後までご覧になっていただきたいと思います。

続きを読む

福利厚生の分類と代表的な種類まとめ

従業員の満足度をあげたり、採用にあたって他社と差別化したりするのに福利厚生を充実させることは有効です。

ただ一口に福利厚生といっても、その種類は多岐にわたるので、なにを導入すればよいかわからない、という経営者の方も多いのではないでしょうか。

この記事では、会社が必ず提供しなければならない福利厚生や、従業員の顕在的・潜在的なニーズの高い福利厚生を整理して紹介しています。

続きを読む

合同会社の資本金について|資本金は多いほうがいいのか

2006年の会社法改正により、資本金の最低限度額がなくなりました。

結果、資本金1円でも設立ができる様になったのです。

しかし、資本金が少ないと社会的信用はどうなのか、気になるところですね。

また、会社の資金調達の方法は資本金だけではありません。

今回は合同会社の資本金について、資本金の意味や元手を調達する資本金以外の方法についても紹介していきます。

起業を考えている人はしっかりと把握しておきましょう。

続きを読む

がん保険は「節税」に有効?経営者が知っておくべき税制改正ポイント

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

中小企業の経営者などのあいだで全額損金算入できるということで「節税商品」と言われ人気の高かった、いわゆる「法人向けがん保険」は、2012年4月27日に国税庁より税制改正の発表があり、「2分の1損金」に変更となりました。

本来、この保険は事業主や社員の治療費など福利厚生や事業保障を目的とするものでしたが、条件を満たせば保険料を全額損金扱いできたため、課税対象となる利益を保険料に回して税負担を軽減することができました。

しかし、税制改正で「2分の1損金」扱いとなったことにより、その効果は大きく薄れたといえます。

この記事では、事業保障及び税負担の軽減の観点から、「法人向けがん保険」の有用性について考えてみたいと思います。

続きを読む

退職金を保険で貯めていくときに有効な4つの方法

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

会社を経営していると将来の退職金をどうやって準備しようか迷うのではないでしょうか。

退職金を準備する方法はたくさんありますが、有効な方法の1つに保険を使って準備する方法があります。保険で退職金を準備する最大のメリットは保険料を損金算入できる点です。

節税をしながら退職金を貯めれるので保険を使うのは魅力的です。ただし、正しい使い方をしないと損をすることがあります。

今日は保険を使って退職金を貯める有効な方法をお伝えします。正しく使って出来るだけ最大限保険のメリットを生かしましょう。

続きを読む

経営者保険で会社を救い、発展させる5つの活用法

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

経営者の皆様は、起業直後の困難な時期を乗り越えてやっとの思いで経営が安定してきた時、この安定を維持したい、そして、できることならばさらに発展させて次の世代に引き継ぎたい、そうお考えになっていることと思います。

ただ、将来のことを考えると、あらゆる不安要素があると思います。予測される危機はご自身の身に何かあった時だけではありません。突発的な天変地異や不況や取引先の倒産等のせいで急に経営危機に陥ることもありえます。

また、ご自身が平穏に後継者に橋渡しをし、憂いなく豊かな老後を全うするにはどうしたらよいかと考えることもあるでしょう。

そのような悩みに応えるものとして、経営者であるあなたにかける生命保険や医療保険、つまり経営者保険があります。

会社に合った経営者保険を選択し、上手に活用すれば、あなたと会社を救い、また、とりうる選択肢を広げてくれます。

この記事では、経営者保険の活用法について、分かりやすく5通りに整理してまとめてみました。

経営者保険をご検討する際に、お役立てください。

続きを読む