法定福利費とは?種類や概要のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

法定福利費とは、会社が必ず提供する必要がある「法定福利厚生」にかかる費用です。

経団連による「第62回 福利厚生費調査結果報告(2017年度)」によれば、従業員1人あたりにかかる法定福利費の平均は月額84,884円とのことで、決して少ない負担とは言えません。

ここでは法定福利厚生の概要や、具体的にどんな種類があるのかを簡単に解説しています。

1.法定福利厚生・法定福利費とは

一般的に福利厚生と聞くと、住宅手当や食事補助、特別休暇のような給与以外で会社から提供される報酬・手当をイメージするのではないでしょうか。

確かに一般的に福利厚生はそのような意味でとらえられることが多いようですが、実際にはそれだけではありません。

正確には、福利厚生は以下イメージに示すように、「法定福利厚生」「法定外福利厚生」の2種類に分類されます。

ご覧のように、会社へ入社すると必ず加入する社会保険や労働保険のことをあわせて「法定福利厚生」と呼びます。

正確に言うと、一般的に福利厚生としてイメージされる住宅手当などの福利厚生のことを「法定外福利厚生」と呼び、広義の福利厚生とは法定福利厚生と法定外福利厚生あわせた概念なのです。

法定福利費は福利厚生のなかでも法定福利厚生のためにかかる費用をさします。

繰り返しになりますが「第62回 福利厚生費調査結果報告(2017年度)」によれば従業員1人あたり平均月額84,884円かかっているということです。

1-1.法定福利厚生は基本全ての会社が提供必須

法定福利厚生を構成する社会保険と労働保険は、全ての会社が加入しなければなりません。

仮に加入していないと違法となり、法律的には6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられることになっています。

言い換えると、法定福利厚生は全ての会社が従業員に提供しなければならない福利厚生であり、福利厚生費を支払う必要があるということです。

2.法定福利費の対象となる費用の種類

次に法定福利厚生に含まれる費用の種類を1つずつみていきましょう。

それぞれの費用について会社が負担すべき割合についても紹介します。

健康保険

労使折半(会社5割:従業員5割)

従業員とその家族が、仕事以外の理由で病気や怪我をした際や死亡した際などに保険の給付を受けられる制度です。

その費用は労使折半なので、会社と従業員は半分ずつ費用を負担します。

介護保険

労使折半(会社5割:従業員5割)

介護が必要となる方に給付金を提供する保険です。

こちらも費用が労使折半で、会社と従業員は半分ずつ費用を負担します。

厚生年金保険

労使折半(会社5割:従業員5割)

従業員の老後(65歳以上)に、国民年金と合わせて支払われる年金のための保険です。

こちらも費用が労使折半で、会社と従業員は半分ずつ費用を負担します。

児童手当拠出金

全額会社負担

15歳未満の子供がいる家庭に給付金を支給する児童手当をはじめ、子育てに関する国の事業に使われるお金です。

児童手当拠出金は会社の全額負担となります。

雇用保険

会社2/3、従業員1/3

従業員が会社を辞めて失業した際をはじめ、育児・介護休業を取得する際、教育訓練講座を受ける際の給付を受ける際の保険です。

2019年3月時点で、保険料は従業員それぞれの収入の9/1,000となり、そのうち3/1,000を従業員が、残りの6/1,000を会社が負担します。

労災保険

全額会社負担

仕事中や通勤中、帰宅中に怪我をしたり病気になったりした際の補償を行う保険です。

休業中の賃金補助や、高度の障害が残り働けなくなった際や死亡した際には、労災保険によって従業員や家族へ保険金が支給されます。労災保険は全額会社負担です。

まとめ

一般に人気の高い住宅手当などの福利厚生と異なり、法定福利費の対象となる社会保険・労働保険は、働いていればどの会社でも等しく加入するものであるため、福利厚生として意識されることは少ないかもしれません。

けれど会社にとっては、大きな金額がかかる費用であり、従業員が暮らしていく上で必要となる保険なので、それがどういったものなのか把握しておきたいところです。

法人税を減らし会社の預金を30%増やすために絶対知っておくべき7つの方法

会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、取られる法人税の額に驚いたことはないですか?

会社のキャッシュは自分自身で守ることができます。30%多く残すというのも現実的な話です。たとえば、以下のようなことも可能です。

  • ・ 損益計上のタイミングを調整しながら資金を30%以上多く準備する
  • ・ 同じキャッシュで従業員の退職金を45%以上多く準備する
  • ・ 合計800万円を全額損金にして、利益を繰り延べ確保する

本書では、より多くのキャッシュを残すための法人保険の活用法を、50ページにわたって具体例をもとに詳しく解説しています。

是非ダウンロードして、今後の会社経営にお役立て下さい。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

福利厚生についてお悩みの経営者様へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・充実した福利厚生の制度を、できるだけ低いコストで用意したい
・従業員の退職金制度を整備したい
・退職金規程・福利厚生規程を整備したい

もしも、福利厚生についてお悩みであれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

telhoken

ご相談はこちら

法人保険で最大限かつ最良の効果を出すために
必ず知っておくべき7つの方法

法人保険を使うなら、最大、最良の節税を行いたいですよね。

法人保険は、節税だけでなく、会社の資金繰りの改善や、経営者自身の手取りの賢い増加、キャッシュが足りない時の資金調達など、正しく使えば、大きなメリットがあります。しかし、残念ながら、ほとんどの会社さんが、そもそも知らなかったり、間違った使い方をしていたりして、そうした絶大なメリットを受け取ることができていません。

こうした最大限のメリットを享受するために、必要なことを、以下の7つの記事で解説しています。


法人保険による節税の基本

生命保険に法人契約で加入するメリットと注意点


やってはいけない名義変更プラン

逓増定期保険の名義変更プランのしくみと3つの注意点


後継者の相続税の負担を最小限にする事業承継対策:

事業承継対策に役立つ生命保険4種類の活用法

生命保険で事業承継対策するときの5つのポイント


選ぶべきではない終身保険

終身保険の経理処理からみた法人加入のリスクとデメリット


法人保険で福利厚生を充実させたい時の規定の作り方

必見!福利厚生で法人保険を活用するとき重要な福利厚生規定


お医者さんが知っておきたい医療法人で行うべき保険対策

医療法人のメリット・デメリットと保険で対策すべきリスク

ぜひ、お役立て頂ければ嬉しく思います。

保険の教科書の購読はSNSが便利です。