法人保険の効果的な活用事例

このページでは、保険のパートナーがコンサルティングを行った法人のお客様の事例をご紹介します。一つひとつの詳細な事例をご覧いただくことができます。

どの保険に加入するのが良いかは、それぞれの法人のニーズや経営状態によって大きく変わります。

また、コンサルティングの結果、現時点では法人保険を利用すべきでなかったり、公の共済制度の方が向いていたりする場合もあります。

この事例一覧は、保険のパートナーがお客様の会社の将来を見据えてベストなご提案をしたものなので、ご参考にして頂けると幸いです。

決算までに知っておきたい! 一気に240万円~数億円を損金算入できる4つの方法と、 法人保険の新しい活用法

会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、法人税の額に驚いたことはありませんか?

本書では、まず、決算対策にスポットを当て、即効性が高く、ぜひとも知っておいていただきたい方法を4つ厳選し、紹介しています。

いずれも、弊社が担当させていただいたお客様の事例をベースに、メリットだけでなくリスクと注意点・対処法についても詳しくお伝えしています。

また、決算対策の他に、法人保険についてもお伝えしています。

法人保険については、2019年10月に保険料の損金算入等に関するルールが大きく変わりました。それを受け、読者の皆様からお問い合わせをいただいております。

ご期待にお応えして、本書では、会社のお金の安心を確保し、会社を発展させていくのに有益な活用法を2つ、ピックアップしてお伝えしています。

 


無料Ebookを今すぐダウンロードする

決算対策で最大・最良の効果が欲しいあなたへ

多額の法人税を支払うのってイヤですよね。次のような節税方法があることは、ご存知ですか?

・黒字の時に節税しながら赤字の時のキャッシュを貯める
・節税しながら退職金を普通よりも約30%多く準備できる
・無駄な経費を使わずに税金を半分減らせる

私たちなら、これが可能です。

年間約300社の法人の財務戦略のコンサルティングを担当している弊社が、あなたの会社の決算・節税対策をお手伝いします。

日本全国対応します。ぜひご相談ください。

telhoken


ご相談はこちら

TOPに戻る