生命保険の選び方

掛け捨ての生命保険・医療保険の特徴まとめ

生命保険とは被保険者が死亡した際に遺された家族がお金を受け取れる保険、医療保険とは怪我や病気で入院した際に、入院日額○円・手術1回○円といったかたちでお金を受け取れる保険です。

それぞれの保険には保険料が掛け捨てとなる掛け捨て型と、お金の貯蓄にもなる積み立て型の2種類があります。

この記事では、生命保険・医療保険の掛け捨て型を積み立て型と比較しながらどんな特徴があるか解説していきます。

続きを読む

0

フリーランスに必要な保険を3つのリスクから考える

近年会社に所属せず、フリーランスで働く方が増えています。

時間を自由に使い、自分の力を活かした仕事ができる点はフリーランスのメリットですが、万が一のことがあった場合の社会保障が充実しておらず不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

ここではフリーランスの方にどんな経済的リスクが存在するのか、どんな保険がおすすめかを解説しています。

続きを読む

0

保険を使った貯蓄|貯蓄に適した保険と選び方を徹底解説

マイナス金利政策が打ち出されて久しい日本。

一般にメガバンクと呼ばれるような銀行における預金金利は、定期預金で0.01%、普通預金で0.001%にまで下がり、もはや預金していれば金利でお金が増える、という時代ではなくなってしまいました。

そんな近年の金利政策に合わせ、人々の目はより金利の高い資産運用に向けられるようになっています。

その中でも比較的リスクが少なく、イメージしやすいものとして、保険による資産運用が挙げられます。

万一の際にも備えつつ貯蓄ができる終身保険や、子供が生まれた際、将来の教育費に備えて運用する学資保険など、「貯蓄型」と呼ばれる保険もバリエーションが増えてきました。

今回はそんな「貯蓄型保険」について、

  • 金利は少ないが安定している保守的な保険
  • 金利が大きくなる可能性はあるがリスクも抱えている保険

に分けて紹介していきます。

子供の教育費や老後の備えから分散投資の選択肢としてまで、それぞれの保険の内容を把握して、保険による資産運用を検討してみましょう。

続きを読む

0

個人事業主が加入すべき保険|今後に備える保険の選び方

近年会社に属さず、独立という選択をする人が増えてきています。

IT関連という原価の掛かりづらいの職種の幅が広がり、需要の増加と共に、個人事業主向けのプラットフォームも増えてきたのが大きな要因と言えるでしょう。

個人事業主は会社員と違い、誰も自分を守ってくれません。

それは仕事のみならず、社会保障という点でも同義です。

例えば、病気や怪我で就業不能になった際に適用される社会保障として、傷病手当金というものが存在します。

一定期間の生活費を担保してくれる保障なのですが、受け取れるのは会社員限定で、個人事業主は受給できません。

このように、社会保障による保護が少ない個人事業主の為に、世の中には様々な保険が存在します。

今回はそんな「個人事業主だからこそ入っておきたい保険」について紹介します。

「まだ若いから大丈夫」「いつか入ろうと思っている」などと思っている人ほど、黒い影がすぐ背後まで迫っている可能性があります。

油断することなく、これからの自分のために備える手段をインプットしておきましょう。

続きを読む

0

必見!生命保険を少しでもお得に加入する10の方法

「生命保険」人生で住宅の次に高い買い物と言われます。よく、家電や車などは自分で調べてお得なものを選択しますが、生命保険は何となく必要だからとか、知人や家族に勧められて何となく契約をしてしまっている人がほとんどです。

生命保険は数十年と長い間保険料を支払っていくものなので、加入をするときに少しでもお得な契約になるだけで、将来大きな金額が変わってきます。

この記事では将来のために生命保険の保険料を抑える方法など少しでもお得に加入する方法をお伝えします。これから生命保険を検討する人、または見直しを考えている人の今後の保険選びにお役立て頂ければ幸いです。

できるだけ、保険料を抑えて将来のためにお金を有効に活用しましょう。

続きを読む

0

子供に生命保険は必要なの?知っておきたい4つのポイント

子供向けの生命保険商品が各社で販売されており、CMでもご覧になったことのある方はいるかと思います。

ただ、そのときあなたは『子供に生命保険はかけるべきなの?』と思いませんでしたか。実は、私もいくつかの理由があり子供に生命保険を掛ける必要性をあまり感じていません。

本日は子供の生命保険についてご説明していきますので、是非最後まで読んでいただけたらと思います。

続きを読む

0

生命保険の選び方|持病がある人の最適な保険の選び方

あなたは病気になってから保険の必要性を感じたのではないでしょうか?健康なうちは自分は病気にならないと誰もが思いますが、いつ病気になるのかわかりません。

そこで持病があるとき入れないと思われがちな生命保険ですが、そんなことはありません。たしかに病気によっては難しいこともありますが、保険会社の基準も緩和されつつあり、持病があっても加入できる可能性は十分あります。

今日は持病がある人が保険を選ぶときの3つの手順をお伝えします。通常の生命保険に通りやすくなる5つのポイントもお伝えしており、必ず知っておかなければいけない知識なので最後までご覧ください。

続きを読む

0

意外と知らない!?必ず確認しておきたい生命保険の支払方法

生命保険は口座から月々引き落とされるというイメージがあると思いますが、支払方法はたくさんあり、ライフスタイルに合わせて支払方法も変えられます。

保険料を『どこから・いつ・いくら』支払っているのかも分かっていない方も多いのではないでしょうか。特に定年退職後はどのように、どうやりくりして保険料を支払っていこうかと悩んでいる方も多いでしょう。

この記事では、知っているようで意外と知らない「生命保険の支払方法」についてお伝えしたいと思います。生命保険に加入している人にとっては重要なことなので押さえておきましょう。

続きを読む

0

持病で生命保険を検討するときに知っておきたい重要なポイント

過去に「入院をした」「持病がある」「健康診断で指摘を受けた」などの健康上の理由で、生命保険への加入を諦めてはいませんか?

持病があると通常の生命保険に入れないと思われがちですが、近年生命保険会社の審査は緩和される傾向にあり、病気によっては加入できます。

そして保険会社によって審査基準が違うので、1社から加入できないといわれても他社で加入できる可能性も十分あります。

最近よくCMで「持病でも入れます」というのを見かけます。たしかに加入はしやすいですが、保険料が高いです。本当は通常の生命保険に入れるのに高い保険料を払うのは非常にもったいないです。

そこで今日は通常の生命保険の審査を通りやすくするポイントを中心に、持病がある人が生命保険を検討するときに必ず知っておかないといけないことをお伝えします。ポイントを細かく解説していますので是非最後までご覧ください。

続きを読む

0

死亡保険で絶対に損をしないための本当に正しい必要額の計算方法

死亡保険に加入するときに1番重要なのが必要額の計算です。それは自分にどれくらい保険が必要なのか知らないと高額な必要のない死亡保険に入ってしまうからです。

そして私がこれまで保険相談を受けてきた中でも入りすぎて損をしている人が非常に多いです。その1番の理由は必要額を正確に計算できてないことにあります。

必要額の計算をするのが正しい死亡保険に加入する第一歩と言えます。

今日は死亡保険で損をしないための必要額についてお伝えします。必要額の計算方法を細かくお伝えしていますので、死亡保険を考えるときには必要額を正確に計算して無駄な保険料を支払うのを避けましょう。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社