生命保険の選び方

貯蓄型保険の種類と選び方まとめ

貯蓄型保険とは、万が一の際の保険の機能を持ちつつ同時に将来に備えた貯蓄もできる保険商品をさした言葉です。

定期預金では、金利がせいぜい0.01%~0.02%(「定期預金比較 | 価格.com」 )でお金が貯まりにくい一方、貯蓄性が高い保険も多いので、どんな商品があって実際にどのくらいの貯蓄性があるのか調べている方も多いのではないでしょうか。

ここでは貯蓄性に優れた貯蓄型保険について、「当面使わないまとまったお金を活用するタイプ」「コツコツ保険料を支払ってお金を貯めるタイプ」に分類して紹介します。

あわせて、「コツコツ保険料を支払ってお金を貯めるタイプ」では死亡保障の有無でも分類しています。

続きを読む

0

生命保険で家族に十分な死亡保障を残す方法

最近は遺言セットが売れているという話を聞きます。お子さんが生まれて初めて、自分に万一があった時のことを考えるようになったという方も多いようです。

もしあなたが一家の家計を支えているとすれば、「一家の大黒柱となっている自分に万が一のことがあったら子供や妻はどうなるのだろうか?人並みの生活が送れるのだろうか?」という不安を覚えているのかもしれません。

また、10年以上前にたまたま知り合いの紹介で生命保険に入ったものの、深く考えていなかったため、今入っている保険で家族に必要となる金額が保障されているのか?を知りたいという方もいると思います。

そこで今回は、いざというときに残された家族に必要なお金はどんな種類のものがあるのか?また、家族に必要なお金を残すために今よりも安い保険料で安心を手に入れるための5つのポイントをお伝えします。

続きを読む

0

生命保険に入らないでよいか判断する基準とは?

生命保険には入らないでいいという意見を述べる人を見かけることがあります。

確かによく考えずに、無駄な保険へ加入しているケースもないわけではありません。

また生命保険へ加入しなくても、万が一のときに遺族の方が不自由なく暮らしていけるという人もいることでしょう。

とはいえ、全ての人が入らないでよいというのは間違いです。

ニーズがあるからこそ、生命保険は存在しているわけです。

それではどういったときに生命保険が不要で、どんな場合に必要なのでしょうか?

この記事では生命保険へ入らないでよいか否かの判断基準を解説します。

続きを読む

0

住宅ローンのリスクをカバーする生命保険2種類の徹底比較

高額な住宅ローンを組むときに「ローンの支払い途中に一家の大黒柱に万が一のことがあったら…」と心配される方は多いのではないでしょうか。

ただ実際には遺された家族が住宅ローンの返済に苦しむ、といったケースは少ない筈です。

住宅ローンの契約をするにあたり「団体信用生命保険(団信)」と呼ばれる保険へ加入することがほとんどだからです。

団信は、契約者が亡くなったときや高度の障害となって働けなくなった場合に、ローンの残りを肩代わりしてくれます。

一方、場合によっては団信より収入保障保険と呼ばれる別の保険商品を選択したり、団信契約後もあとから乗り換えたりした方が、保険料が安くなる上に別のメリットもえられることもあります。

住宅ローンのリスクをカバーするための生命保険へ加入する際は、団信と収入保障保険の違いを理解し、状況に応じて適切な方をえらびたいところです。

この記事では団信と収入保障保険を比較して、住宅ローンを組むにあたり、どういった場合にどちらをえらべばよいか解説しています。

続きを読む

0

安い生命保険を見つけるときのポイントまとめ

保険料が安い生命保険をお探しですか?

自分に万が一のことがあったときに、家族の生活資金を確保するためにも生命保険は必要とはいえ、毎月の負担が重くなるのは困ると考える方は多いでしょう。

ただ選び方を間違えると、必要以上に保険料が高くついてしまうこともあるので注意が必要です。

ここでは、安い生命保険をえらぶにあたっておぼえておきたいポイントを解説します。

そのうえで、生命保険の種類の中でもどれが最も保険料が安いかも簡単に紹介しています。

確実に保険料をおさえて生命保険を契約したいときは、この記事をご覧ください。

続きを読む

0

生命保険の保険料の相場と保険の優先順位とは?

いくら生命保険が必要だとしても、毎月の保険料がいくらぐらいになるか、相場が気になる人は多いでしょう。

生命保険の保険料は家計の負担になるからです。

もちろん、保険にはいるときの状況は人によってそれぞれであるため、一概に相場や平均をそのまま自分に当てはめてよいわけではありません。

しかしながら保険をえらぶ際の一つの参考になる情報ではあります。

ここでは生命保険の保険料の相場(平均値)を紹介します。

その上で、生命保険を含めどんな優先順位で保険をえらべばよいかの解説もしておりますのであわせてご覧ください。

生命保険などの保険を検討する際は、ほかの保険とあわせて優先順位をつけて検討することで、より自分にあった商品をえらぶことができます。

続きを読む

0

掛け捨ての生命保険・医療保険の特徴まとめ

生命保険とは被保険者が死亡した際に遺された家族がお金を受け取れる保険、医療保険とは怪我や病気で入院した際に、入院日額○円・手術1回○円といったかたちでお金を受け取れる保険です。

それぞれの保険には保険料が掛け捨てとなる掛け捨て型と、お金の貯蓄にもなる積み立て型の2種類があります。

この記事では、生命保険・医療保険の掛け捨て型を積み立て型と比較しながらどんな特徴があるか解説していきます。

続きを読む

0

フリーランスに必要な保険を3つのリスクから考える

近年会社に所属せず、フリーランスで働く方が増えています。

時間を自由に使い、自分の力を活かした仕事ができる点はフリーランスのメリットですが、万が一のことがあった場合の社会保障が充実しておらず不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

ここではフリーランスの方にどんな経済的リスクが存在するのか、どんな保険がおすすめかを解説しています。

続きを読む

0

個人事業主が加入すべき保険|今後に備える保険の選び方

近年会社に属さず、独立という選択をする人が増えてきています。

IT関連という原価の掛かりづらいの職種の幅が広がり、需要の増加と共に、個人事業主向けのプラットフォームも増えてきたのが大きな要因と言えるでしょう。

個人事業主は会社員と違い、誰も自分を守ってくれません。

それは仕事のみならず、社会保障という点でも同義です。

例えば、病気や怪我で就業不能になった際に適用される社会保障として、傷病手当金というものが存在します。

一定期間の生活費を担保してくれる保障なのですが、受け取れるのは会社員限定で、個人事業主は受給できません。

このように、社会保障による保護が少ない個人事業主の為に、世の中には様々な保険が存在します。

今回はそんな「個人事業主だからこそ入っておきたい保険」について紹介します。

「まだ若いから大丈夫」「いつか入ろうと思っている」などと思っている人ほど、黒い影がすぐ背後まで迫っている可能性があります。

油断することなく、これからの自分のために備える手段をインプットしておきましょう。

続きを読む

0

必見!生命保険を少しでもお得に加入する10の方法

「生命保険」人生で住宅の次に高い買い物と言われます。よく、家電や車などは自分で調べてお得なものを選択しますが、生命保険は何となく必要だからとか、知人や家族に勧められて何となく契約をしてしまっている人がほとんどです。

生命保険は数十年と長い間保険料を支払っていくものなので、加入をするときに少しでもお得な契約になるだけで、将来大きな金額が変わってきます。

この記事では将来のために生命保険の保険料を抑える方法など少しでもお得に加入する方法をお伝えします。これから生命保険を検討する人、または見直しを考えている人の今後の保険選びにお役立て頂ければ幸いです。

できるだけ、保険料を抑えて将来のためにお金を有効に活用しましょう。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社