オペレーティングリース人気一覧(大型航空機・船舶・コンテナ)

オペレーティングリースのプランで人気があるのは、第一に初年度の損金算入割合(償却率)が高いもの、第二に償却期間が短いものです。 以下に、人気の上位4プランについて、損金算入割合と、償却期間の最新の情報を掲載しています。ご参考にしてください。
順位 会社 初年度
償却率
償却期間
1位 A社 76.5% 7年6ヶ月
2位 B社 70.3% 10年
3位 B社 70.1% 7年11ヶ月
4位 A社 68.7% 10年

※2019年11月11日現在の情報です。

会社名は法令上記載できませんので、お手数ですが詳細はお問い合せください。
人気案件はすぐになくなるので、もしご興味があれば可能な限り早くにご連絡ください。

詳細のお問合せはこちら

オペレーティングリースの新着記事一覧

【12/17(火)開催】突発的に利益が出る時の決算対策に最適!オペレーティングリースで一気に700万円~数億円を損金にできる方法と選び方

 日時 
2019年12月17日(火)15:00~17:00 東京・新宿
 会場 

ファミリーコンサルティング株式会社
東京都新宿区西新宿7-10-6 西新宿小林ビル5F

 講師 
東京センチュリー株式会社 金融商品事業部 山川 浩一
株式会社ITCアエロリーシング リース事業部 小野 勇一
ファミリーコンサルティング株式会社 1級ファイナンシャルプランナー 野沢 勝久
 参加費 

無料

 主催 

ファミリーコンサルティング株式会社

 講師紹介 

東京センチュリー株式会社 金融商品営業部 山川 浩一 氏

主に航空機オペレーティングリースのスペシャリストとして、東京西部・東海地方など、担当した法人は200社を超える。緻密かつ丁寧なヒアリングを行い、それぞれの会社のニーズに即した的確な提案を行うことに定評がある。

株式会社ITCアエロリーシング リース事業部 小野 勇一 氏

小型航空機・ヘリコプターのオペレーティングリースのコンサルティング経験は100社を超える。また、リースの組成業務にも関わっており、減価償却や税務のしくみだけでなく、小型機等の市場の動向にも精通している第一人者。

今すぐセミナーを予約する

突発的に大きな利益が出たとき一気に700万円~数億円を損金算入できる「 オペレーティングリース節税完全マニュアル」

今期だけ急に大きな利益が上がってしまって、決算対策にお悩みではありませんか?

そんな時の節税対策として古くからあるのが、「航空機、船舶、コンテナ等のオペレーティングリースを活用する方法です。

初年度に数千万円~数億円が一気に損金に算入されます。

そして、リース終了後にほぼ全額が戻ってきます。

ただし、リスクもあり、それをきちんと踏まえて選ばなければなりません。

本書では、オペレーティングリースを活用した節税について、基本的なしくみ・メリットと、選び方のポイントを、具体例もまじえ、40ページにわたって分かりやすく説明しています。

ぜひダウンロードして、決算対策にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

TOPに戻る