オペレーティングリース新着一覧

順位 会社 初年度
償却率
償却期間
1位 A社 62.7% 7年
2位 A社 50.1% 7年
3位 B社 60% 10年6ヶ月
4位 A社 50.1% 7年
※2019年4月1日現在の情報です。
会社名は法令上記載できませんので、お手数ですが詳細はお問い合せください。
人気案件はすぐになくなるので、迅速に対応させていただきます。お気軽にご連絡ください。

詳細のお問合せはこちら

オペレーティングリースの節税の仕組みと具体的な活用術

法人の節税で「オペレーティングリース」というスキームを聞いたことはありませんか。

「オペレーティングリース」の節税は、航空会社・リース会社・匿名組合・出資者など、様々なお金のやり取りが発生するため、一見わかりにくくなっています。

しかし、支払いは一度きりで、1年目に60~80%程度、2年目に20~30%程度の損金算入ができ、リース期間満了時に100%以上の益金が発生する仕組みなので、突発的な利益を将来に繰り延べるにはとても有効な手法です。

また、オペレーティングリースには、航空機・船舶・コンテナの3つのリースがあります。

この記事では、オペレーティングリースの仕組み・メリット・デメリットを具体的にお伝えした上で、航空機・船舶・コンテナの3つのリースの違いと活用方法をお伝え致します。

続きを読む

コンテナのリースの節税の仕組みとメリット・デメリットの全て

コンテナ(海上コンテナ)のリースは法人の節税で有効であるという話を銀行やリース会社や税理士から持ち掛けられたことはありませんか。

実はコンテナのリースは1980年代から使われている法人の節税対策商品として活用されてきました。

船舶のリースだけでなく、そこで活用するコンテナも高額であるため、船舶と共にリース商品化されてきました。

しかし、そのリースの仕組みは複雑に見えますし、そのメリットやデメリットはよくわからないですよね。

実は、このスキームも平成17年度から会計制度が変更されており、商品も変わっています。

平成17年度までは『レバレッジドリース』という名前で販売されており、それ以降は『オペレーティングリース』として販売されています。

私は普段法人様のコンサルティングを行う機会が多いのですが、実はメリットやデメリットをよく理解されずに、航空機のリースに数千万円の資金を投入しまっている方をよくお見かけします。

コンテナのリースは仕組みを理解するだけで、その商品の条件がよいのか悪いのかまで見極められるようになります。

そして、メリット・デメリットまでご理解されれば、現在の会社にとって最良な選択であるのかどうかも判断できるようになります。

そこで、この記事ではコンテナリースがどのようなスキームになっているかの解説と、このスキームのメリット・デメリットをご紹介します。

また、最初にコンテナリースを活用すべき法人と好条件リースについてお伝えし、最後には生命保険との比較と活用法までお伝えしますので、是非最後までご覧になってください。

続きを読む

船舶のリースの節税の仕組みとメリット・デメリットの全て

法人の節税スキームを調べていると、船舶(タンカー)のリースが効果的であるという話を聞くことはありませんか。

船舶(タンカー)のリースは法人の節税でよく活用されるスキームです。

実はオペレーティングリースと呼ばれるリースで、節税スキームの中では最も歴史が古く、船舶(タンカー)のリーススキームとして、日本では1963年から存在していました。

船舶リースでは、1年目2年目の近期で大きな損金を計上して、6~10年後などリース期間が終了する時には、それと同額かそれ以上の益金を得ることができると言うものです。

近期の節税効果が非常に高いため人気がありますが、航空機やコンテナのオペレーティングリースとどのような違いがあるのかまでは理解されていません。

そして、残念ながら、会計士や税理士の方から紹介されたからと、そのメリットやデメリット、他のオペレーティングリースとの違いをしっかりと理解されずに、数千万円単位の資金を投入してしまい、資金繰り効率や節税効果の面で無駄を出してしまっている法人様をよくお見かけします。

そこで、当記事では、船舶リースによる節税を効果的に行うために知っておくべきことを全てお伝えします。

具体的には以下の通りです。

  • 船舶リースによる節税のメリットとデメリット
  • 船舶リースを活用すべき法人様とその条件
  • 船舶リースの仕組みとお金の流れ
  • 船舶リースで想定されるリスク
  • 船舶リースによる節税と保険による節税の比較

少々、長くなってしまいましたが、活用できる法人様にとっては、非常に大きな節税効果が期待できますので、ぜひご覧いただければと思います。

続きを読む

航空機のリースの節税の仕組みとメリット・デメリットの全て

聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、航空機のリースは法人の節税でよく活用されるスキームです。

航空機リースでは、1年目2年目の近期で大きな損金を計上して、10年後などリース期間が終了する時には、それと同額かそれ以上の益金を得ることができると言うものです。他の似たような節税商品と比べても、近期の節税効果が非常に高いため人気があります。

しかし、残念ながら、会計士や税理士の方から紹介されたからと、そのメリットやデメリットをしっかりと理解されずに、数千万円単位の資金を投入してしまい、資金繰り効率や節税効果の面で無駄を出してしまっている法人様をよくお見かけします。そこで、当記事では、航空機リースによる節税を効果的に行うために知っておくべきことを全てお伝えします。

具体的には以下の通りです。

  1. 航空機リースによる節税のメリットとデメリット
  2. 航空機リースを活用すべき法人様とその条件
  3. 航空機リースの仕組みとお金の流れ
  4. 航空機リースで想定されるリスク
  5. 航空機リースによる節税と保険による節税の比較

少々、長くなってしまいましたが、活用できる法人様にとっては、非常に大きな節税効果が期待できますので、ぜひご覧いただければと思います。

続きを読む

コンテナのリースの節税の仕組みとメリット・デメリットの全て

コンテナのリースは、航空機のリースと同じように法人の節税でよく活用されるスキームです。一般的にオペレーティングリースと呼ばれます。

コンテナリースでは、1年目2年目の近期で大きな損金を計上して、7~8年後などリース期間が終了する時には、それと同額かそれ以上の益金を得ることができると言うものです。他の似たような節税商品と比べても、近期の節税効果が非常に高いため人気があります。

そこで、当記事では、コンテナリースによる節税を効果的に行うために知っておくべきことを全てお伝えします。

具体的には以下の通りです。

  • コンテナリースによる節税のメリットとデメリット
  • コンテナリースを活用すべき法人様とその条件
  • コンテナリースの仕組みとお金の流れ
  • コンテナリースで想定されるリスク
  • コンテナリースによる節税と保険による節税の比較

以前、お伝えした『航空機リース』と非常に似ておりますが、満期までが短いこと、航空機と比べて規模が小さいことが違いとして挙げられます。

ぜひご覧頂ければと思います。

続きを読む

オペレーティングリースの基本的な仕組と事業活動に利用する3つのメリット

事業者の方は、事業用の機械等の資産をリースでまかなうことが多いと思います。そして、リースには大きく分けて2種類、「オペレーティングリース」と「ファイナンスリース」があります。

このうちオペレーティングリースは、お金を払って資産を貸してもらって使い、後で返すという最もオーソドックスなものです。

資産を買わず、低いコストで資産が使えるなどのメリットがあります。また、会計処理も非常に簡単です。

今回は、オペレーティングリースについて、基本的なしくみと、これを事業活動に活用するメリットを分かりやすくお伝えします。

続きを読む

レバレッジドリースによる節税の基本的なしくみと活用法

あなたは、節税の効果のある投資商品としてレバレッジドリースに興味をお持ちのことと思います。

ただ、どんなしくみなのかイメージが湧かず、手を出して良いものか分からないのではないでしょうか。

レバレッジドリースは、簡単に言えば、みんなでお金を出し合ってモノを購入し、貸し出す事業をするしくみです。そして、その事業で出た「費用」が、節税につながるのです。

この記事では、レバレッジドリースによる節税の基本的なしくみを分かりやすく説明します。そして、どんなケースで活用するのが効果的なのか、2つのケースについて簡単にお伝えします。

続きを読む

決算で利益の80%を一気に経費化!?オペレーティングリースの活用法と選び方

あなたはオペレーティングリースという言葉と、そのしくみを使った節税をご存知でしょうか。

まだそれほど広く知られてはいませんが、事業で単年度に突発的に大きな利益が出てしまった場合、節税対策に大いに役立ちます。そして実際に、オペレーティングリースを利用した節税スキームが投資商品として売り出されています。

ただ、どんな商品でも良いわけではありません。決定的に重要なのは商品の選び方です。しかし現状、オペレーティングリースを活用した節税対策のしくみや注意点について、きちんと分かりやすく説明している本やウェブサイトは非常に少ないです。

そこで、この記事では、オペレーティングリースを活用した節税について、基本的なしくみ・メリットと、失敗しないための選び方のポイントをお伝えします。

続きを読む

ファイナンスリースとは?活用のメリットと経理処理のポイント

あなたは、事業用資産について、ファイナンスリースの活用をお考えになっていることと思います。

ただ、どんなメリットがあるのか、会計処理はどうなっているのか、よく分からないのではないでしょうか。

ファイナンスリースは、一応は物件をお金で借りるという形をとっているが、実質は分割払い購入と同じものを言います。金融の手段として便利なので、広く行われています。

ただし、「所有権移転ファイナンスリース」と「所有権移転ファイナンスリース」の2つのタイプがあり、区別がよくわからなくなっています。また、会計処理の違いについても、若干イメージしにくいところがあります。

そこで今回は、ファイナンスリースについて、基本的なしくみと、これを事業活動に活用するメリット、経理処理のポイントを分かりやすくお伝えします。

続きを読む

運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社