終身保険とは?今だから知っておきたい本当の活用法

生命保険の中でも、終身保険は、保障が一生涯続き、しかもお金も貯められる保険と言われてきました。この記事をお読みのあなたも、興味がおありのことと思います。

実際、さまざまな年代・性別のお客様から終身保険に関するご相談を数多くいただいています。

特に、最近では、20~30代の若年層のお客様が「将来の年金がもらえないかもしれない」という不安感から、貯蓄のために終身保険をご検討されることもめずらしくありません。

しかし、少し前と今とでは、終身保険の活用法は変わってしまっています。

なぜなら、マイナス金利で利率が切り下げられ、貯蓄目当てで加入するメリットは小さくなってしまっているからです。

また、万一の場合の保障として活用するにしても、掛け捨ての保険と上手に使い分ける必要があります。

そこで、この記事では終身保険が持つ2つの機能「死亡保障」「貯蓄」に注目し、終身保険を選ぶ時のポイントについて分かりやすくご案内してまいります。

なお、おまけとして、資産家の方の相続対策として活用できる「一時払い終身保険」についても触れています。ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む

ゴルフ保険は本当に必要?選び方で絶対役に立つ4つのポイント

ゴルフ保険(ゴルファー保険)は本当に必要でしょうか。

比較サイト等で見てみると、補償の内容もほとんど同じですし、プランもほぼ決まっています。保険料も大差はありません。

しかし、ゴルフ保険の保険金がどんな時に支払われるかはあまりよく知られていません。

今日は、ゴルフが趣味の私だから知っている、ラウンド中のヒヤッとあるあるを元に、ゴルフ保険への加入を検討する上で絶対に押さえておきたい4つのポイント(賠償責任の補償、持ち物の補償、ホールインワンの補償、海外でプレーする場合の注意点)についてお伝えしていきます。

どんなゴルフ保険に入ったら良いのか迷われている方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

人材確保等支援助成金とは?申請するときに知っておきたいこと

人材確保等支援助成金とは、その名の通り職場を改善して人材の確保に努めることで助成が行われるものです。

具体的には、主に以下にあげた際に助成が実施されます。

  • 雇用管理制度(評価・処遇制度、研修制度、健康づくり制度、メンター制度、短時間正社員制度<保育事業主>のみ)を導入して雇用管理の改善を行って離職率低下に取り組んだ場合
  • 人事評価制度や賃金制度の整備によって、生産性向上・賃金アップ・離職率低下に取り組んだ場合
  • 介護事業主が介護福祉機器の導入によって離職率低下に取り組んだ場合
  • 介護事業主と保育事業主が賃金制度を整備することで介護労働者・保育労働者の離職率低下に取り組んだ場合
  • 生産性の向上を目的とした設備導入によって、雇用管理改善(賃金アップなど)と生産性向上を実現した場合

ここでは、人材確保等支援助成金の主なコースの概要について簡単に解説します。要件を満たせば助成金が受け取れるので、有効に活用しましょう。

続きを読む

会社員におすすめ!今最も節税できる個人型確定拠出年金iDeCoの全知識

お金を増やしたい、税金をできるだけ抑えたいと誰もが思うのではないでしょうか。

その両方が叶えられるのが、個人型確定拠出年金iDeCoです。ふるさと納税をしのぐ節税手段であり、将来のお金を貯めていくのにはNISAよりもお得な制度といってもいいでしょう。

個人確定拠出年金iDeCoは掛け金が全額所得控除になり、将来のお金を貯めていくには現在最も有効な制度です。

毎月将来のためにお金を貯めていると思いますが、一番おすすめしたいものなので、制度をご理解頂きご活用いただければと思います。

この記事では個人型確定拠出年金iDeCoで節税しながら将来のお金をより多くする方法をお伝えします。この記事を読んでいただければ、すべてがわかるようになっていますので、是非最後までご覧ください。

続きを読む

平成29年度の税制改正でこれだけは押さえておきたい3つのポイント

多くの経営者の方から、「税制は毎年変わってややこしいので、最新の情報に対応するのは大変だ」というご相談をいただきます。

また、「たくさんの改正のうち重要なポイントに絞って押さえたい」というご要望もいただきます。

そこで、本日は、リクエストにお答えして、平成29年度の税制改正情報で、業種問わず、多くの法人のお客様に関わる重要な以下の3つのポイントをまとめました。

  1. 所得拡大促進税制の見直し
  2. 中小企業の設備投資促進税制
  3. 株式価値の評価方法の見直し

一つひとつ分かりやすくご説明致しますので、最後までお読みになってお役立てください。

続きを読む

中小企業倒産防止共済とは?誰でもわかるメリットと注意点

「中小企業倒産防止共済の仕組みってよくわからないな…。」「倒産防止って名前なのに、どうやって節税になるの…?」

この記事を検索された方は、そんな気持ちでいらっしゃるのではないでしょうか?

中小企業倒産防止共済(経営セーフティー共済)とは、国が全額出資している独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営をしています。

取引先の予期せぬ倒産から会社を守ることができる制度で、掛金800万円までが法人なら損金算入、個人事業主なら必要経費になります。

ただし、注意しなければならないことがあります。

今回は、そんな中小企業倒産防止共済のメリットと注意点について、分かり易くお伝えしていきます。
続きを読む

ご存知ですか?源泉徴収票の見方|手取り額と所得税の計算方法

会社員の方であれば、毎年12月(または1月)の給与明細と一緒に源泉徴収票を受け取っていますよね。マイナンバー制度の導入により、平成28年分の源泉徴収票からは、その様式が変更となり、一回り大きな用紙になったことに気づかれた方も多いのではないでしょうか?

源泉徴収票は毎年もらう書類にもかかわらず、詳しい内容や見方についてご存じの方は多くはないでしょう。実は、ポイントさえおさえておけば、源泉徴収票から手取り額や所得税がわかるようになっています。

私たちが納めている所得税は、年収が増えるほど税率も高くなり、多くの税金を払わなくてはいけません。最近では税控除の対象となる確定拠出年金やふるさと納税なども話題になっていますので、ご自身がいくらの税金を納めていて、どんな内容が控除の対象となるか、知っておいて損はないかと思います。

この記事では、平成30年分から変更になった源泉徴収票の見方と、そこから分かる手取り額についての計算方法、また源泉徴収票には書かれていない控除額や税率などについて解説させていただきます。社会人の方であれば全員にお読みいただきたい内容となっておりますので、ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む

法人で青色申告にする3つのメリットとデメリット

青色申告は個人事業主をイメージする人が多いと思いますが、法人でも青色申告があります。法人の青色申告も個人事業主と同じように、多くのメリットがあり、現在検討されているのではないでしょうか。

ただ、どのようなメリットがあり、そしてデメリットがあるのか疑問なのではないでしょうか。

できるだけ、法人税を抑えるために青色申告を検討していると思いますが、具体的なメリットは以下の3点になります。

  • 欠損金の繰越控除がある
  • 欠損金の繰り戻し還付が受けられる
  • 特別償却と特別控除が受けられる

この記事では青色申告のメリットを中心に基本的なものからデメリットまでお伝えいたします。法人を設立して迷っている方は是非参考にしてください。

続きを読む

個人型確定拠出年金の運用リスク、コストや注意点

2017年1月より、個人型確定拠出年金、通称iDeCo(イデコ)の加入範囲が拡大し、60歳未満の方であれば、ほとんど全ての方が加入の対象となりました。2018年8月末時点で100万人を突破しており、年々増加の傾向にあります。

個人型確定拠出年金は、税制面で優遇が受けられたり、運用次第で将来の受取額を大きく増やせたりする一方、投資のように運用結果によってご自身の資産が変動するようなリスクとなりえる部分も存在します。

公的年金や企業年金は国や会社が責任をもって資金を運用していますが、個人型確定拠出年金はご自身の資産を自己責任で運用するので、それなりのリスクとリターンが発生するのは当然と言えるかもしれません。

この記事では、個人型確定拠出年金の注意しておきたいポイントについて順に解説していきます。これから個人型確定拠出年金の加入を検討される方も、既に加入中の方も、ぜひ最後までご覧ください。

続きを読む

機械保険とは?必ず確認しておきたい補償範囲と基礎知識

機械が故障したときに補償されるのは文字通り機械保険ですが、どのようなときに補償が受けられるのか、なかなかイメージしにくいことと思います。

簡単に言うと、機械保険は、機械設備・装置が故障したときに補償される保険です。また、従業員の操作ミス、ショート・アーク等の過電流など機械設備・装置に生じた損害でも補償されます。

この記事では、機械保険について、必ず押さえておいていただきたいことを、分かりやすくお伝えします。

この記事をお読みになれば、機械保険について基本的なことが理解でき、火災保険との違いなどが理解できますので、是非最後までお読みください。

続きを読む