合同会社の税金について|個人が合同会社化した際の税金事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

働き方が多様化してきた現代。

会社員としての働き方だけでなく、個人事業主として生きていく人も増えてきました。

また、学生時代から起業を志し、準備をしているという人も少なからずいらっしゃるでしょう。

特に個人事業主の方が、収入的に安定してきたときに気になりだすのが税金です。

会社員時代は給料から天引きされ、かつ申告は年末調整として会社側が行うため、どうしても税金のことが頭から離れがちですが、個人や経営者の場合はそうも行きません。

個人事業主の中には、税負担を抑える目的で、設立のハードルが低い合同会社での起業を考えている方もいるでしょう。

今回はそんな合同会社の税金事情について、個人事業主と比較して解説していきます。

法人化を考えている個人の方や、起業と自営、どちらで生きていくか悩んでいる方は、しっかりと把握しておきましょう。

はじめに|合同会社とは

合同会社とは、2006年以降登場した会社の形の1つです。

株式会社で一番偉いのは出資者である「株主」なのですが、合同会社では「経営者=出資者」なので、経営者が一番偉いということになります。

結果として、合同会社では株式会社よりも柔軟な経営が可能です。

また、設立費用や運営コストが株式会社より安く、設立のハードルが低いため、近年、個人が起業する際に選ばれることが多くなっています。

それではここから、個人と合同会社の税負担を比較していきましょう。

2.所得にかかる税金の比較

個人の場合、所得にかかる税金は国税は所得税、地方税は住民税です。

これが法人の場合、所得にかかる税金は国税は法人税、地方税は法人住民税等として納めることになります。

今回は国税である所得税・法人税にフォーカスして、個人と法人を比較していきます。

2.1.個人の場合

所得税には「超過累進課税」という税率が適用され、所得が大きければ大きいほど税率が高くなります。

所得に対して発生する税率と控除額は以下の通りです。

その上で、所得税は以下のように計算されます。

  • 課税所得金額×所得税率−課税控除額=所得税額

所得によってどれだけ税金が変化するのか、具体的に見ていきましょう。

①所得が500万円の場合

この場合、所得税率は20%、課税控除額は427,500円です。

よって、所得税額は、

  • 500万円×20%−427,500円=572,500円

となります。

②所得が2,000万円の場合

次に、所得が2,000万円の場合です。

この場合、所得税率は40%、課税控除額は2,796,000円です。

よって、所得税額は

  • 2,000万円×40%−2,796,000円=5,204,000円

となります。

上記2つの例を比較すると、所得が500万円の場合は全体の10分の1程度ですが、所得が2,000万円の場合は全体の4分の1にまで税負担が上がっていることがわかりますね。

2.2.法人の場合

続いて合同会社のような法人の場合です。

法人の所得にかかる税金は法人税で、以下のような税率が計算に使用されます。

資本金1億円未満の起業の法人税を、個人と同じような例で、具体的に見てみましょう。

①所得が500万円の場合

この場合、法人税率は15%です。

よって、所得税額は、

  • 500万円×15%=750,000円

となります。

②所得が2,000万円の場合

次に、所得が2,000万円の場合です。

この場合、法人税率は800万円までの部分には15%、800万円超の部分には23.2%がかかります。

よって、所得税額は

  • 800万円×15%=1,200,000円
  • 1,200万円×23.2%=2,784,000円
  • 1,200,000円+2,784,000円=3,984,000円

となります。

個人と比較すると、所得が500万円の場合は控除の分だけ個人の方が税負担が軽くなりますが、所得が2,000万円の場合は法人の方が軽いことがわかりますね。

その他の税率も含めた法人実効税率については、「中小企業の法人税|普通法人との税率の違いを徹底解説」をご覧ください。

2.法人化すれば法人向けの節税対策ができる

上記のような所得にかかる税金の差の他にも、合同会社などに法人化すると、法人向けの「節税対策」を行うことができます。

詳しくは「会社の税金|効果的な節税対策をするためのテクニック」を御覧ください。

まとめ

法人と個人の税金の違いについて見てきました。

個人は所得が上がるほど所得税率が上がり、全体の収入の中から税金として払う金額の比率が増えていきます。

対して、法人税にかかる税率は基本的に一律です。

一定の金額以上の収入が見込める場合は、法人の方が税負担が軽くなるので、設立ハードルの低い合同会社での起業を考えてみても良いでしょう。

また、法人は様々な節税対策が利用できます。

それらをしっかり把握して、活用したいものがあるのであれば法人化するのもありでしょう。

いずれにしても、法人化による恩恵が効果的に得られるのは収入が一定以上ある場合です。

個人として収入のランクを上げつつ、来るべきときのために法人設立の知識を集めておくと良いでしょう。

法人税を減らし会社の預金を30%増やすために絶対知っておくべき7つの方法

会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、取られる法人税の額に驚いたことはないですか?

会社のキャッシュは自分自身で守ることができます。30%多く残すというのも現実的な話です。たとえば、以下のようなことも可能です。

  • ・ 損益計上のタイミングを調整しながら資金を30%以上多く準備する
  • ・ 同じキャッシュで従業員の退職金を45%以上多く準備する
  • ・ 合計800万円を全額損金にして、利益を繰り延べ確保する

本書では、より多くのキャッシュを残すための法人保険の活用法を、50ページにわたって具体例をもとに詳しく解説しています。

是非ダウンロードして、今後の会社経営にお役立て下さい。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

決算対策で最大・最良の効果が欲しいあなたへ

多額の法人税を支払うのってイヤですよね。次のような節税方法があることは、ご存知ですか?

・黒字の時に節税しながら赤字の時のキャッシュを貯める
・節税しながら退職金を普通よりも約30%多く準備できる
・無駄な経費を使わずに税金を半分減らせる

私たちなら、これが可能です。

年間約300社の法人の財務戦略のコンサルティングを担当している弊社が、あなたの会社の決算・節税対策をお手伝いします。

日本全国対応します。ぜひご相談ください。

telhoken

ご相談はこちら

法人保険で最大限かつ最良の効果を出すために
必ず知っておくべき7つの方法

法人保険を使うなら、最大、最良の節税を行いたいですよね。

法人保険は、節税だけでなく、会社の資金繰りの改善や、経営者自身の手取りの賢い増加、キャッシュが足りない時の資金調達など、正しく使えば、大きなメリットがあります。しかし、残念ながら、ほとんどの会社さんが、そもそも知らなかったり、間違った使い方をしていたりして、そうした絶大なメリットを受け取ることができていません。

こうした最大限のメリットを享受するために、必要なことを、以下の7つの記事で解説しています。


法人保険による節税の基本

生命保険に法人契約で加入するメリットと注意点


やってはいけない名義変更プラン

逓増定期保険の名義変更プランのしくみと3つの注意点


後継者の相続税の負担を最小限にする事業承継対策:

事業承継対策に役立つ生命保険4種類の活用法

生命保険で事業承継対策するときの5つのポイント


選ぶべきではない終身保険

終身保険の経理処理からみた法人加入のリスクとデメリット


法人保険で福利厚生を充実させたい時の規定の作り方

必見!福利厚生で法人保険を活用するとき重要な福利厚生規定


お医者さんが知っておきたい医療法人で行うべき保険対策

医療法人のメリット・デメリットと保険で対策すべきリスク

ぜひ、お役立て頂ければ嬉しく思います。

保険の教科書の購読はSNSが便利です。