要確認!保険積立金と解約返戻金の経理処理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

法人で保険に加入をしていると、将来解約した時に解約返戻金がある商品があります。その場合解約返戻金をどう経理処理をしていいのかわからないのではないでしょうか。

保険積立金がある場合、将来「解約返戻金」、「満期保険金」、「死亡保険金」という形でお金が戻って来ることが予定されています。

その際に間違った経理処理をされている場合があります。

そこでこの記事では保険積立金がある保険を解約した時にどのように経理処理をすればいいのか具体例を交えてお伝えします。経理処理は複雑ですが、できれだけわかりやすく解説していきますので、是非参考にしてください。

はじめに|法人保険の解約返戻金は益金になる

この記事では法人保険の経理処理をお伝えしますが、まずはじめにお伝えしておきたいのが、損金算入している保険を解約し、解約返戻金を受け取ると雑収入(益金)が計上されるということです。

よく、このことを知らずに営業マンから勧められるまま加入をしているケースがあるので念のためお伝えしておきます。

例えば、1/2損金タイプ(年払保険料1,000万円)に加入すると、500万円が損金になります。そしてこの保険を5年掛けていくと支払い保険料の総額は5,000万円になります。そのうちの2,500万円が損金になり、2,500万円が資産計上となります。

2分の1損金保険料総額内訳

そこで5年目に解約をし、仮に返戻率が100%で5,000万円の解約返戻金を受け取ったとします。このとき、もともと資産に計上していた分(2,500万円)を差し引いた金額(2,500万円)が雑収入となります。

長井さん向けアレンジ

このように、解約返戻金を受け取ると雑収入になることがあるので、解約するときは帳簿を確認してどれくらいの雑収入が発生するのか、そして今期の利益がいくらになるかも考えた上で、解約するのか決めなければいけません。

1.法人保険の経理処理の具体例

それではここから、保険積立金がある保険を解約したときの経理処理をお伝えしていきます。複雑になるので、イメージしやすいように具体例を用いて解説していきます。

なお、冒頭から「保険積立金」と表現をしていますが、法人保険の中でもお金が貯まる商品の仕分けの勘定科目の場合、正しくは「保険積立金」ではなく、「前払保険料」と呼ばれる場合が多いので注意してください。

複雑になるので、以下の具体例を用いて解説していきます。

長期平準定期保険の契約例】

  • 50歳男性
  • 保険料:100万円(年払)
  • 解約時期:65歳(15年後)
  • 解約返戻金:1500万円(解約返戻率100%)

※わかりやすく解説するためちょうどの金額を使用します。

1.1.保険料を支払っている段階の経理処理

まずは契約してから保険料を支払っている段階の経理処理です。

以下の図をご覧ください。

長井さん向けアレンジ2

 

まず、現金・預金という資産が1,000,000円減少します。そして、1/2の500,000円が支払保険料として費用になり、残りの1/2の500,000円は前払保険料として保険会社に預けるものなので資産に計上されます。

その結果、費用である500,000円が損金に算入されます。

1.2.解約して解約返戻金を受け取った時の経理処理

次にこの保険を解約し、解約返戻金を受け取ったときの経理処理をお伝えします。

15年後解約をし、1500万円(解約返戻率100%)を受け取ります。

以下の図をごらんください。

長井さん向けアレンジ3

このように解約返戻金15,000,000円を受け取ると現金・預金という資産が増加します。

ただし、解約返戻金の一部は、保険会社に保険料の1/2を「前払保険料」として預けて積み立ててきた合計7,500,000円の資産が姿を変えて戻ってくるものです。したがって、その分だけ前払保険料という資産がなくなります。

そして、解約返戻金から前払保険料を差し引いた7,500,000円は雑収入・収益として益金に計上されます。

つまり、解約返戻金を受け取り、黒字でそのまま決算を迎えると益金の分法人税が発生します。

このように法人保険を解約するときは解約のタイミング、経理処理を注意しなければなりません。

今回わかりやすく長期定期保険できりのいい数字で解説いたしましたが、各保険別の経理処理は以下の記事を是非参考にしてください。

まとめ

ご覧のように法人保険はお金が貯まる商品でも損金算入することができますが、損金算入している保険を解約して解約返戻金を受け取ると雑収入(益金)になるので、しっかりと経理処理をしなければいけません。

そして注意しなければいけないのが、保険種類によって損金算入の割合が違い、仕分けの勘定科目も違います。

契約をしたときまたは解約返戻金の経理処理がわからない場合は、加入している保険会社に確認をして確実に経理処理をしましょう。

法人税を減らし会社の預金を30%増やすために絶対知っておくべき7つの方法

会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、取られる法人税の額に驚いたことはないですか?

会社のキャッシュは自分自身で守ることができます。30%多く残すというのも現実的な話です。たとえば、以下のようなことも可能です。

  • ・ 損益計上のタイミングを調整しながら資金を30%以上多く準備する
  • ・ 同じキャッシュで従業員の退職金を45%以上多く準備する
  • ・ 合計800万円を全額損金にして、利益を繰り延べ確保する

本書では、より多くのキャッシュを残すための法人保険の活用法を、50ページにわたって具体例をもとに詳しく解説しています。

是非ダウンロードして、今後の会社経営にお役立て下さい。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

決算対策で最大・最良の効果が欲しいあなたへ

多額の法人税を支払うのってイヤですよね。次のような節税方法があることは、ご存知ですか?

・黒字の時に節税しながら赤字の時のキャッシュを貯める
・節税しながら退職金を普通よりも約30%多く準備できる
・無駄な経費を使わずに税金を半分減らせる

私たちなら、これが可能です。

年間約300社の法人の財務戦略のコンサルティングを担当している弊社が、あなたの会社の決算・節税対策をお手伝いします。

日本全国対応します。ぜひご相談ください。

telhoken

ご相談はこちら

法人保険で最大限かつ最良の効果を出すために
必ず知っておくべき7つの方法

法人保険を使うなら、最大、最良の節税を行いたいですよね。

法人保険は、節税だけでなく、会社の資金繰りの改善や、経営者自身の手取りの賢い増加、キャッシュが足りない時の資金調達など、正しく使えば、大きなメリットがあります。しかし、残念ながら、ほとんどの会社さんが、そもそも知らなかったり、間違った使い方をしていたりして、そうした絶大なメリットを受け取ることができていません。

こうした最大限のメリットを享受するために、必要なことを、以下の7つの記事で解説しています。


法人保険による節税の基本

生命保険に法人契約で加入するメリットと注意点


やってはいけない名義変更プラン

逓増定期保険の名義変更プランのしくみと3つの注意点


後継者の相続税の負担を最小限にする事業承継対策:

事業承継対策に役立つ生命保険4種類の活用法

生命保険で事業承継対策するときの5つのポイント


選ぶべきではない終身保険

終身保険の経理処理からみた法人加入のリスクとデメリット


法人保険で福利厚生を充実させたい時の規定の作り方

必見!福利厚生で法人保険を活用するとき重要な福利厚生規定


お医者さんが知っておきたい医療法人で行うべき保険対策

医療法人のメリット・デメリットと保険で対策すべきリスク

ぜひ、お役立て頂ければ嬉しく思います。

長井 大輔

長井 大輔

保険のパートナー・保険の教科書 運営責任者、今まで1000名以上の個人・法人のお客様のご相談にお応えしてきた生命保険・社会保障・税務・資産運用に精通しているファイナンシャルプランナー
保険の教科書の購読はSNSが便利です。