専業主婦に保険は必要?小さな子どもがいるなら要チェックの4つのポイント

もしかすると、専業主婦は収入がないから「いざというときの保険もそんなに必要ないだろう」と思うかもしれません。

ところが、小さな子どもがいる場合、いま突然入院することになったら、代わりに家事や子育てをしてくれる人を探さないといけません。

また、子どもが小さいうちにお母さんに万一のことがあった場合、子どもの養育のための費用を準備しなければならなくなります。

緊急時に備えて十分な貯蓄などのたくわえがあれば問題ありませんが、それほど余裕がないと、入院や手術にかかる費用、託児所の費用などが重くのしかかってきます。

そこで、今回の記事では専業主婦に保険は必要なのか?また、小さな子どもがいるならおさえておきたい4つのポイントについてお伝えします。

続きを読む

0

医療費控除で税金を取り戻す!確定申告をするときに大事なポイント

先日消費税が2014年4月より5%から8%に引き上げが発表されました。

消費税は2015年10月に10%に引き上げ予定となっており、消費税以外でも2015年1月に相続税が増税になるなど、これから更なる増税が予想されます。

そこで少しでも税金が抑えられないかと思っている人も多いのではないでしょうか?

毎年確定申告の時期が近くなると話題になるのが医療費控除です。

言葉は知っていても「どうすればいいのかわからない」という人も多いと思います。

医療費控除は自分で確定申告をしなければ還付を受けることができません。医療費控除の対象となる支払いはたくさんあり、場合によっては所得から大きく控除できる可能性があります。

今日は医療費控除についてお伝えします。こちらを読んで是非、医療費控除を受けられる可能性がある人は確定申告してください。

続きを読む

0

子宮筋腫で確認したい4つのポイント

女性特有の病気の中でも代表的なのが子宮筋腫です。

30歳以上の女性の20~30%に子宮筋腫があるといわれており、最近では若い女性に増加する傾向があります。

これから出産を希望される人が気になるのは子宮筋腫でも妊娠ができるのかどうかではないでしょうか?

子宮筋腫でも妊娠・出産はできる可能性はあります。

ただ、筋腫の大きさ・位置などによっては影響が出ることがあります。

今日は子宮筋腫についてお伝えします。是非参考にしてください。

続きを読む

0

生命保険に関する税金まとめ:知らなければ損をする全知識と申告方法

生命保険に加入をしても税金はややこしくて、わからないと気にせずそのままにしてませんか?

税金は確かにわかりにくいですが、何も考えずに申告をすると損をする可能性があります。

生命保険は所得税、相続税、贈与税など多くの税金が関わってきます。知っていると知らないとでは大きな違いが出ます。

このページでは生命保険に関する税金のすべてをわかりやすく解説します。ご覧いただければ、これから生命保険をうまく活用して1番得する税金の申告をできるようになると思いますので是非参考にしてください。

続きを読む

0

必ず知っておきたい!生命保険の全情報と全知識

あなたは、あまり深く考えずに生命保険に入ってしまっていませんか?

実際に、知人や家族、職場の上司に勧められて、何となく入らなければいけないと思い契約してしまったという方はとても多いです。

そして、ほとんどの人が全く必要のなさそうな保障も申し込んだりしてしまっています。

生命保険は必要とする人が多いのも事実ですが、誰にでも必要というものではありません。数十年と長い期間保険料の支払いをしていくものなのでしっかり検討して、本当に必要なものだけに加入することをオススメします。

そこで、今日は生命保険を検討するときに絶対抑えておきたいことと、生命保険の加入や見直しを検討する時に、少しでも得するために知っておきたいことをすべてをお伝えします。

続きを読む

0

オーナー社長が会社のために考える相続税と自社株対策とは?

※この記事で紹介している法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、国税庁の現行の通達に定められたルールを前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルールの案を公表し、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、正式に新ルールによる運用が行われることになっております。

新ルール案の内容については「法人保険(いわゆる節税保険)の販売停止に関する国税庁の新ルール案の解説」で分かりやすく解説しておりますので、ご覧ください。

いつかはやってくる引退に向けて、会社を良い状態で引き継ぐために、後継者に円滑に自社株を引き渡したいという経営者の方は多いのではないでしょうか。

さらに、相続税についても事前に十分対策をしておきたいという方は多いのではないでしょうか。

今回の記事ではオーナー社長が会社を円滑に後継者に引き渡すために重要な、相続税の納税資金の準備、および円滑な株式譲渡のための事前対策についてお伝えします。

続きを読む

0

法人保険で節税を考えるとき必ず知っておきたいメリットとデメリット

※この記事で紹介している法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、国税庁の現行の通達に定められたルールを前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルールの案を公表し、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、正式に新ルールによる運用が行われることになっております。

新ルール案の内容については「法人保険(いわゆる節税保険)の販売停止に関する国税庁の新ルール案の解説」で分かりやすく解説しておりますので、ご覧ください。

法人保険で節税を検討されている人はインターネットや書籍などで調べていると思いますが、そこにはメリットがいっぱい書いてあったと思います。

もちろん法人保険はメリットがたくさんあります。ただし注意しなければいけないデメリットもあります。法人保険を会社にとって最大限生かすためには両方を理解する必要があります。

この記事では法人保険で節税するときのメリット・デメリットを全てお伝えします。これを理解していただくことによって法人保険で失敗することが無くなり、かつ最大限生かすことができるようになることと思います。

続きを読む

0

決算対策をするときの生命保険の活用法と注意点

※この記事で紹介している法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、国税庁の現行の通達に定められたルールを前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルールの案を公表し、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、正式に新ルールによる運用が行われることになっております。

新ルール案の内容については「法人保険(いわゆる節税保険)の販売停止に関する国税庁の新ルール案の解説」で分かりやすく解説しておりますので、ご覧ください。

中小企業の経営者の方は、決算が近づいてきて利益が出ていると、税金対策を考えるのではないでしょうか?

よく決算対策として活用されている方法の1つに、生命保険があります。

法人向けの生命保険の中には、保険料の一部を損金計上して税金を軽くでき、後で解約した時にお金が戻ってくるものがあるのです。

ただし、適切なものを選ばないと、最終的に損をしてしまうリスクがあります。

そこで、今日は、法人の決算対策での生命保険の活用法と注意点をお伝えします。

続きを読む

0

生命保険で事業承継対策するとき重要な5つのポイント

※この記事で紹介している法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、国税庁の現行の通達に定められたルールを前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルールの案を公表し、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、正式に新ルールによる運用が行われることになっております。

新ルール案の内容については「法人保険(いわゆる節税保険)の販売停止に関する国税庁の新ルール案の解説」で分かりやすく解説しておりますので、ご覧ください。

中小企業経営者の方は事業承継対策をどうしようか考えている人もいるのではないでしょうか?

事業承継対策の方法はたくさんありますが、その1つに生命保険の活用があります。

生命保険は主に万が一があったときの死亡保障として活用しますがお金が貯まる商品もあるので活用方法は多数あります。

ただし、生命保険を活用する目的と注意点を知っておかなければいけません。

事業承継で生命保険を活用するときに知っておくべき5つのポイントをお伝えします。

続きを読む

0

経営者の退職金を準備するときの4つの生命保険活用方法

※この記事で紹介している法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、国税庁の現行の通達に定められたルールを前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルールの案を公表し、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、正式に新ルールによる運用が行われることになっております。

新ルール案の内容については「法人保険(いわゆる節税保険)の販売停止に関する国税庁の新ルール案の解説」で分かりやすく解説しておりますので、ご覧ください。

中小企業経営者の方は生命保険で退職金を準備される人が多いですが、なぜ生命保険で退職金を準備するのか疑問に思う人もいるのではないでしょうか?

生命保険は万が一の時の保障ですが商品によってはお金が貯まっていきます。また、保険料の一部を損金として計上できるので退職金を貯めるのに有効な手段と言えます。

今日は経営者の退職金を生命保険でどういう商品で貯めていくのかを中心にお伝えします。メリット・デメリットがあるので検討する前にしっかり確認しておきましょう。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社