出産一時金で出産費用を抑えるために知っておくべきことと申請方法

出産費用がいくらかかるかご存じでしょうか。

妊娠や出産は病気で病院にかかる場合と違って健康保険が使えないため、かかる費用が全額自己負担になります。

出産費用は人により異なりますが平均40~50万円ほどかかるといわれています。そこで頼りになるのが「出産育児一時金」です。

出産育児一時金は健康保険か国民健康保険に加入していて、妊娠4ヶ月(85日)以上で出産したときに受給することができます。

一方で「出産育児一時金の手続きの方法がわからない」「直接支払制度って何?」というお話をよく耳にします。

そこで今回の記事では出産育児一時金の申請方法と制度についてお伝えしたいと思います。現在妊娠されている方、出産育児一時金について詳しく知りたい方は必見です。ぜひ最後までご覧ください。

続きを読む

0

学資保険のおすすめする商品と元本割れしない商品の見分け方

はじめて学資保険を検討するときどのような学資保険がいいのかわからないのではないでしょうか?

学資保険でおすすめするのは元本割れをしない商品です。簡単にいうと将来増える商品です。

学資保険の中には「元本割れ」といって支払保険料よりも将来減る商品もあります。学資保険は必ず必要なものではありませんのでそういった商品であれば学資保険に加入をしないほうがいいでしょう。

ただ、正しく選べば学資保険は将来の学費を安定して貯めていくのに有効な商品の1つです。

この記事では学資保険のおすすめする商品を具体的にお伝えします。将来後悔しないためにもこれから学資保険を検討する人は正しく選び、将来1番増える商品を選択しましょう。

続きを読む

0

学資保険はどれがいい?元本割れせず最も利率の良い商品の選び方

学資保険を選ぼうとネットを見ても、種類が多すぎてどれがいいのか迷っていませんか?

子供の将来の学費を貯めていく学資保険ですが、私はこれまで学資保険を適当に選んでしまって後悔した人をたくさん見てきました。

せっかく子供の将来のためにお金を積立てているのに払込んだお金よりも少なくなる「元本割れ」するものに入ってしまったり、受け取り時期の違いによって使いたいときに使えなかったりと非常にもったいないです。

学資保険は加入する目的をしっかり決めて、そして1番お得なものに入ることです。

そこでこの記事では学資保険の正しい選び方をお伝えします。これを見ていただければ将来後悔しなくなります。最後にお得な学資保険の契約方法もお伝えしていますので是非最後までご覧ください。

続きを読む

0

必ず知っておきたい!学資保険の全情報と全知識

子供が生まれたときに検討するのが学資保険です。みんな学資保険に加入をするというけれども「どんな商品なのか?」「本当に加入しなけばいけないのか?」など疑問は多いのではないでしょうか?

学資保険は必ず加入をしなければいけないわけではありません。ただ、子供の将来の学費を積立てていくのに有効な手段ではあります。

学資保険の選択をするときに知識がないと商品選択を誤ってしまう可能性があります。

このページでは学資保険を検討するときに押さえておくべき情報と、お得に加入する方法について、他の方法も含めてお伝えします。お子様の学資を効率よく積み立てるのにお役立てください。

続きを読む

0

終身医療保険はなぜ人気?必ず知っておきたい3つの理由

医療保険をネットで調べると人気の商品に共通しているのが「終身医療保険」です。そしておそらくテレビCMで見る医療保険はほとんど終身医療保険でしょう。ではなぜ終身医療保険が人気なのでしょうか。

その理由としては医療の保障が一生涯続いていき、保険料が将来上がらないのというのがあります。私も基本は終身医療保険をおすすめしていますが、すべての人におすすめするわけではありません。

この記事では終身医療保険の人気の理由を中心に解説したいと思います。医療保険を検討している人もしくは見直しを考えている人は是非参考にしてください。

続きを読む

0

必ず知っておきたい!介護保険の全知識まとめ

介護は大変だとよく聞くけれども、自分または家族が介護状態になった時に、どうすればいいのかよくわからないのではないでしょうか?

介護状態になったときに受けられる保障としてはまずは「公的介護保険」があります。そして「民間の介護保険」に加入をしていればそこからも保障を受けることができます。

ただ、公的介護保険からどういう保障が受けられるのかを知らなければ事前に対策を取ることができません。民間の介護保険は本当に必要なのか?疑問に思う人も多いのではないでしょうか?

今日は介護保険の知っておかなければいけない情報をすべてお伝えします。将来の介護不安を少しでも解消し、お役立て頂ければ幸いです。

続きを読む

0

営業マンに騙されない!誰でもできる自分に合った医療保険の選び方

医療保険って選ぶのが難しいですよね。営業マンはとても熱心に誘ってくるけど、鵜呑みにもできないし、、、でも、どのような基準で医療保険を選べば良いのかも分からない、、、。

実際、私もそんな相談を星の数ほど受けています。

実は、医療保険は各保険会社が1番力を入れている商品であり、競争によって保険料に大きな差はなくなってきています。また、新商品もどんどん発売され、商品を選択するのも難しくなってきてます。

そこで、今回は誰でも簡単に医療保険を比較出来るポイントをお伝えします。私が医療保険を勉強をして、さらに、多くの方から保険相談を受けてきた経験から培った医療保険の選び方の4つのポイントです。これらのポイントを抑えておけば、自分にピッタリの保険が分かりますし、保険選びで後悔することはなくなると思います。

続きを読む

0

持病の人が医療保険に加入を検討する時に重要な3つのポイント

過去に「入院をした」「持病がある」「健康診断で指摘を受けた」などの健康上の理由で、医療保険への加入を諦めてはいませんか?

昔はそうした持病があって通常の医療保険に入れないという方の場合、医師の診査や告知を必要としない「無選択型」といわれる保険を選ぶしかありませんでした。

しかし最近では「持病があっても入れる」医療保険が増えてきて選択肢の幅が広がっています。

そして、そこで気になるのが、「果たしてどういう商品があるのか?」という部分ですよね。そこで、今日は持病でも加入できる医療保険について解説します。

続きを読む

0

知っておきたい医療保険と生命保険の違い

生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」によると、生命保険に加入している人は男女とも多く、男性では79.0%、女性では79.5%となっており約8割の人が保険に加入しています。

その中でも外資系の参入、ネット生保の登場により、保険も多様化していく中で特に「生命保険」と「医療保険」がどう違うのかよくわからないといった人も多いのではないでしょうか?

昔は生命保険も医療保険もセットで1つの契約になっているケースがほとんどでしたが最近では生命保険・医療保険が共に単体で販売されるのが主流となり、複雑になってきました。

そこで今回は生命保険と医療保険の違いを解説します。

是非参考にしてください。

続きを読む

0

喘息で医療保険に加入するときに絶対に確認する4つのポイント

近年、大人になってから喘息を発症する人が増えています。20年前に比べると約2倍になっているといわれています。

小児喘息も30年前は全小児の1%程度でしたが、最近では6%程度といわれ、実に約6倍も増加しています。

さらに、以前は乳幼児の気管支喘息は比較的まれでしたが、最近では著しく増加しています。増加の原因としてさまざまな説がありますが、明確な答えが出ていないのが現状です。

そして、私が今まで保険の相談でよく聞かれる病気の1つが喘息です。喘息で過去に医療保険に加入しようとしたが断られた経験はありませんか?

そこで以下のことが気になる人が多いのではないでしょうか?

  • 喘息でも医療保険に加入できるのか?
  • 医療保険に加入するときに気をつける注意点

今日は喘息の人が医療保険に加入するときに気をつけるポイントを4つご紹介します。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社