税金対策だけじゃない!?法人保険を活用する5つのメリット

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

事業を立ち上げ、ご自身の会社を法人化されている経営者の方であれば、保険会社の営業マンから「法人保険は節税ができる」という理由で、一度は加入をすすめられたことがあるのではないでしょうか。この記事をお読み頂いている方の中には、すでに法人保険に加入中の方も多くいらっしゃると思います。

私たちは、主に中小企業の経営者の方から法人保険に関するご相談を数多くご依頼いただいているのですが、そのメリットをしっかりとご理解いただいている経営者の方は、少ないように思います。たいへん残念なことではあるのですが、お付き合いなどで勧められるまま法人保険に加入していたり、ご自身では内容を把握して加入されているつもりでも、実際には目的と違う保障内容だったというケースが多いのが現状です。

この記事では、法人保険に加入する5つのメリットについてご説明させていただきます。法人保険に加入されている経営者の方は、ご自身の保障がどのようなメリットを持っていて、どんな目的で加入されているのかを再確認してみてください。また、これから加入を検討される方は、法人保険のメリットを知っていただき、保険選びのご参考にしていただければ幸いです。

続きを読む

法人保険が会社に利益をもたらす仕組み|キホンのキホン編

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

よく、法人保険に加入すると「節税」になると言われますが、他にも、退職金の準備や福利厚生にも有用なものです。

しかし、選び方・活用法を誤ると、逆に会社のキャッシュフローを圧迫してしまうこともありえます。そこで重要なのが、その仕組みをしっかりと理解しておくことです。

とはいえ、忙しい中、じっくりと勉強する時間をとることが難しいので、税理士の方に一任されていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

この記事では、法人保険に加入することで得られるメリットと仕組みについて

  • 利益の繰り延べ
  • 退職金の準備
  • 従業員の福利厚生

の3点を中心に、重要なことを分かりやすくご説明させていただきます。

法人保険の基本中の基本について解説しておりますので、事業を立ち上げたばかりの経営者の方や、これから法人保険を活用しようとお考えの方に役立つことと思います。

続きを読む

医療法人の法人税|一般企業とは何が違うの?

医療を行う法人として、一般企業とは別のカテゴリーにされている医療法人。

法人というからには税金の納め方も個人とは違い、普通の会社のように法人税等で納税することになります。

ただし、医療法人が納める税金の金額は、一般企業と全く同じというわけではありません。

特に法人税は、医療法人の種類によって税率が大きく変化します。

より設立条件が厳しく、公益性の高い事業を行なっている医療法人ほど、税率が抑えられているのです。

そこで、今回は医療法人の法人税について、一般企業と比較しながら紹介していきます。

これから起業をしようと意気込んでいる開業医の方は、必要な知識としてしっかり把握しておきましょう。

続きを読む

医療法人の種類について|種類によって何が変わる?

医療に従事する企業の形態として、社会福祉に貢献している医療法人。

特に地方の医療には欠かせないですが、医療法人にはいくつか種類があることをご存知でしょうか?

実は医療法人には、一般的なものの他に、「社会医療法人」や「特定医療法人」といった、特殊な医療法人があります。

そして、それぞれの医療法人には、様々な特徴が存在するのです。

今回はそんな医療法人の種類についてお話ししていきます。

法人化を考えている開業医の方は特に、しっかりと把握しておきましょう。

続きを読む

合同会社から株式会社への変更方法|変更時の注意点は?

合同会社として出発したものの、事業が軌道に乗ってきた。

そんなとき、更なる飛躍のために、株式会社化して上場を狙うというような道が見えてきますよね。

合同会社と株式会社は、条件さえそろえば相互に変更することが可能です。

今回は合同会社から株式会社への変更方法について、

  • 変更するための条件について
  • 変更に必要な手続きについて

に分けて紹介していきます。

経営のフレキシブルさをより広げるため、経営者の方は特にしっかりと把握しておきましょう。

続きを読む

合同会社を設立したら社会保険に入らないといけないのか?

個人事業主の方はほとんどの場合、国民年金保険と国民健康保険に加入していると思います。

もし、税負担を抑える目的で設立ハードルが低い合同会社での起業する場合、「社会保険に入らなければならないのか?」ということが懸念事項になりますね。

特に一人社長の場合は、手続きしてまで社会保険に入るのは面倒と考える人も多いと思います。

というわけで今回は、合同会社を設立すると社会保険に加入しなければならないのかについて解説していきます。

合同会社化を考えている人はしっかり把握しておきましょう。

続きを読む

中小企業とは?定義と大企業と比べたメリットまとめ

中小企業庁のまとめた「2018年度版 中小企業白書」によると、日本における中小企業の数は381万を超えており、日本の全企業数の99%超を占めています。

日本の経済を支えているのは、中小企業なのです。

とはいえ、中小企業とはといった定義について正確に答えられる方は案外少ないのではないでしょうか。

中小企業という言葉は一般に浸透していますが、これは会社の規模についての抽象的なイメージを指すものでなく、法律的にはそう呼ばれるための条件が存在しています。

ここでは中小企業とはどういったものか具体的な条件を説明した上で、中小企業であることのメリットについて解説しています。

続きを読む

中小企業の交際費とは?【定義と節税方法まとめ】

中小企業が会計の際に悩むポイントの1つが、交際費の取り扱いです。

取引先との付き合いが多い場合、どうしても交際費がかさんでしまうこともあるでしょう。

交際費のルールの適用次第では、税金を必要以上に支払うことになってしまうこともあるので注意が必要です。

ここではそもそも交際費はなにかといったおさらいから、中小企業において交際費を損金算入するためのルールについて解説しています。

続きを読む

中小企業が福利厚生を充実させる4つの方法

福利厚生とは、企業が従業員に対して支給する通常の給与以外の報酬やサービス全般をさします。

従業員は、福利厚生を使うことで生活をより豊かにすることが可能です。

キャリア転職サイト「type」が行った福利厚生についてのアンケート調査(2016年12月~2017年1月に実施)の結果では、ビジネスマンのうち約7割は会社を選ぶ際に「社内制度や福利厚生を重視する」と答えています。

従業員にとって福利厚生は、給与と同様に重要なものなのです。

また転職サイトを運営するエン・ジャパン株式会社が転職コンサルタントを対象に行ったアンケート調査(2016年11月)によれば、転職コンサルタントの約5割は中小企業で働くデメリットとして「福利厚生が充実していない」点をあげています。

中小企業が、従業員にとって魅力のある会社になるためには、福利厚生の充実が重要です。ここでは、中小企業が用意できる効果的な4つの福利厚生サービスの例を紹介しています。

続きを読む

GLTDを従業員の福利厚生として導入する3つのメリット

会社の福利厚生を充実させると、従業員の働く意欲を高め、長く働いてもらう動機づけになります。また、優秀な人材を集めることにも役立ちます。

福利厚生のなかでも、従業員にとって、自分が働けなくなったときの保障は重要なものです。

GTLD(団体長期障害所得補償保険)は、そんなニーズに低いコストで応えられる保険商品です。

ここではGTLDとはなにかといった点から、福利厚生としてGTLDに加入するメリットをわかりやすく解説しています。

続きを読む