総合賠償責任保険とは?必ず確認しておきたい補償範囲と基礎知識

総合賠償責任保険と聞いて、具体的にどういう補償内容なのかイメージできる方は、あまりいらっしゃらないと思います。

「賠償責任保険」と呼ばれるものは様々な種類がありますが、あなたの会社の損害賠償のリスクを一種類の「賠償責任保険」だけでカバーしきれることは稀です。

そこで思いつくのが、もし企業が抱える典型的なリスクをセットにしてある「賠償責任保険」があればいいなあ、ということではないでしょうか。

総合賠償責任保険は、そういうあなたのニーズに答える保険です。ただし、補償内容が100%全ての会社のニーズにマッチしているわけではありません。そこで、基本的な中身を理解した上で、総合賠償責任保険を選ぶのかどうかを考える必要があります。

この記事では総合賠償責任保険について、具体的にイメージしていただけるように基本的なことから説明しようと考えています。どうか最後までお読みになってお役立てください。
続きを読む

個人事業を法人化するのに必ず知っておきたい10のメリットと5つの注意点

個人事業を営まれていると、一度は「法人化すべきなのか」と考えますよね。しかし、法人化したらどんなメリットがあるのか、あるいは何か落とし穴がないのか、というのがなかなか見えず、気になるのではないでしょうか。

実は、すべての個人事業主の方に法人化をおすすめできるわけではありません。向き不向きがあります。

法人化することの最大のメリットは、個人事業主と比べて、お金を管理するための方法が広がることです。それはたとえば、資金調達がやりやすくなったり、節税の方法の幅が広がったり、退職金や福利厚生を充実させられたりといったことです。

しかし、いくらメリットがあっても、コストパフォーマンスが悪ければ、法人化はおすすめできません。たとえば法人化するのも法人を維持するのもそれなりのコストがかかります。また、個人事業主だと経費にできるものが、法人だとできなくなったり制限されたりします。それらの点を考えてもなおメリットの方が大きいのであれば、法人化をおすすめできるということです。

この記事では、個人事業主の方が法人化を検討する上で是非とも押さえておいていただきたいメリットと注意点をしっかりとお伝えしますので、是非最後までお読みになってお役立てください。

続きを読む

フォークリフトの事故に備える保険|4パターンのリスクと必要な補償

物流や運送業で活用されるフォークリフトは、重い荷物を大量に運んだり、高所で積み下ろし作業をしたりするので、些細なミスが重大事故につながるリスクがあります。

事故の防止のための対策を講じることはもちろん大切です。しかし、人間が操縦するものですので、事故のリスクをゼロにすることは不可能です。

あなたの会社は、事故が起きてしまった場合に備えてしっかりとした内容の保険に加入しているでしょうか。

まず、フォークリフトは「特殊自動車」ですから、一般の自動車保険に加入することになります。ただし、公道を走る自動車と違う点があり、補償内容の設定については気をつけていただきたいこともあります。また、自動車保険だけでは全てのリスクをカバーできません。

この記事では、フォークリフトの事故の主要な4つのパターン(人身事故2パターンと物損事故2パターン)をご紹介した上で、事故が起きてしまった場合の備えとして加入をおすすめしたい保険と、補償内容を設定する際の注意点についてお伝えします。最後までしっかりとお読みください。

続きを読む

プレス機の事故|リスクに備えるために知っておきたいこと

我が国の産業において、プレス機は無くてはならない重要な機械ですが、危険を伴うものですので、近年においても様々な重大事故が発生しています。

もしも職場でプレス機による事故が発生し、従業員が負傷してしまったら、会社には大きな損失が発生してしまいます。死亡事故など最悪のケースでは、会社の財産である人材を失うというのは大きな痛手となります。遺族から多額の損害賠償金が請求されることもあるでしょう。

もちろんあなたの会社も、そのような事故を起こさないようプレス機そのものに安全装置を設置するなどハード面での対策と、人為的なミスを防止するための注意喚起や社員教育などソフト面での対策を行っていることと思います。しかし、それでも事故を完全に防げないのが現状です。

そして、そのような場合に会社を守ってくれるのは損害保険しかありません。労災等の社会保障制度もありますが、それはあくまで最低限度のものにすぎないのです。

この記事では、プレス機による事故の発生状況を踏まえ、そのリスクをどうやってカバーしていくかをお伝えしてまいります。プレス機を扱っている業種に携わる、全ての方にお読みいただければ幸いです。

続きを読む

終身保険の経理処理からみた法人加入のリスクとデメリット

会社経営者の方で、終身保険に法人契約で加入されている方は、貯蓄の機能にメリットを感じていらっしゃることと思います。しかし、終身保険の経理処理や税務については、以外な盲点になっていて、税理士等の専門家でも間違って理解していることがあります。

実は、終身保険の法人契約は、経理処理や税務上の扱いをみると、メリットが乏しいと言わざるをえず、おすすめできません。むしろ他の保険商品の方がメリットが大きいのです。

この記事では、終身保険の法人契約のリスク・デメリットについて、経理処理・税務上の扱いから検証します。そしてそのうえで、よりリスクが少なく効果も高い他の選択肢について説明します。

続きを読む

法定相続分とは?相続対策に欠かせない3つの基礎知識

法定相続分は、遺言等が残されていなかった場合に、各相続人が遺産を相続できる割合です。

円満な相続のためには遺言を残していただくことを強くおすすめしますが、そのためには、遺言がない場合の法定相続分についてしっかり理解しておくことがスタートとなります。

法定相続分に関する民法のルールは、ごく一般的な社会常識を基に作られています。なので、背後にある社会常識を理解すれば、必要最低限のことはマスターできます。

この記事では、法定相続分について、必ず押さえていただきたい3つの基礎知識をお伝えします。この記事をお読みになれば、相続対策を立てる上での必要最低限の基本をマスターできるはずです。是非とも最後までお読みになって、役に立てていただけたらと思います。

続きを読む

単純承認に注意!相続で損しないため必ず知っておくべきこと

単純承認とは、故人の財産状態をありのまま全て受け入れて全て相続することです。つまり、現預金や不動産(プラス)も、借金(マイナス)も、全部ひっくるめて相続することになります。

この場合、プラスがマイナスを上回っていれば特に問題はありません。しかし、マイナスの方が多いと、結果として、相続した人は自分で引き受けなければならなくなります。

ただ、相続が始まったことを知ってから3か月以内であれば、それを避ける手段・方法もあります。

この記事では、単純承認とその他にとりうる選択肢についてお伝えした上で、最終的に態度を決める上で注意すべき点について説明します。相続で損しないために必要なことですので、最後までお読みになっていただけたらと思います。

続きを読む

限定承認は危険?限定承認のメリットと3つの注意点

相続をする時になって、遺産(相続財産)をチェックしたところ、借金等が多くてマイナスになっていることがあります。その場合の選択肢の一つに、限定承認という方法があります。

限定承認は、相続財産のうちプラスの財産の範囲で借金を引き受けるというものです。

故人の借金の貸主等に対して最低限の義理が果たせるということで、義理人情を重んじると言われる日本人のセンスになじみやすい制度と言えます。しかし、常におすすめできるわけではありません。むしろ、義理人情を考えても、相続放棄した方が良いこともあります。

この記事では、限定承認とは何か、どのように行うものか、そして、どのような点に注意する必要があるかについてお伝えします。

続きを読む

みなし譲渡所得|利益がないのに税金を取られる理由と注意点

所得税に関することの中でも、「みなし譲渡所得課税」は、最も分かりにくく、それでいて知らずに損をしやすいものの一つです。

そもそも譲渡所得というもの自体がイメージを持ちづらく分かりにくい上に、「みなし譲渡」はさらに輪をかけてイメージしにくく、どの本やサイトを読んでも理解しにくくなっています。私も、最初に税法を学んだ時は、「実現主義」だの「純資産増加」だの「キャピタルゲイン」だのわけの分からない専門用語が出てきて、何を言っているのかちんぷんかんぷんでした。

わけの分からないことは関わらなくて済むのに越したことはありません。しかし、厄介なことに、みなし譲渡所得への課税は、気付かないうちに食らってしまう可能性があります。また、この制度のせいで理不尽なことになってしまうケースもあります。

したがって、最低限、どういうことなのかのアウトラインくらいは理解しておく必要があると思います。

この記事では、難しい専門用語はできる限り使わず、みなし譲渡所得の根っこにある考え方から分かりやすく説明します。どうか最後までおつきあいください。

続きを読む

不動産投資による節税のメリット・デメリットと活用法の全て

不動産投資は節税になるというセールストークで不動産をおすすめされたことはありませんか。

不動産投資を行うことで、個人所有では所得税・住民税、法人所有では法人税の節税につながることもあります。

それは、不動産には「減価償却」という実際には価値が目減りしているかどうかには関わらず、一定の割合で価値が目減りしていると仮定して、必要経費あるいは損金として認められることがあるからです。

しかし、不動産投資には多くのリスクとデメリットがあり、容易に購入してしまうと大きな損失につながりかねません。

よって、この記事では不動産投資による節税を安易な気持ちで始めて、失敗をする人が現れないように、メリット・デメリットをお伝え致します。

不動産投資での節税をお伝えしますので、是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む