相続税の計算方法|マスターするための5つのステップ

あなたは、相続税対策をするために、まず、相続税の基本的な計算方法を知りたいと思っていることと思います。しかし、複雑で分かりにくいと感じているのではないでしょうか。

たしかに、相続税の計算方法はやや複雑です。しかし、5つのステップに整理して、どこの話をしているのかということを見失わないようにすれば、ある程度整理して理解することができます。

この記事では、細かい枝葉の話に入るのを極力避け、具体例を用いて、相続税を計算するうえで最低限、是非とも押さえておくべき5つのステップについてすっきり整理して説明します。

続きを読む

経営者ならば絶対に知っておくべき!法人税の計算方法

経営者の皆様から、よく、「税金対策を経理担当者や税理士だけに任せておきたくないが、そもそも法人税のしくみが分かりにくくて困っている」といった声をお聞きします。

確かに、法人税を知ろうとすると、「資本等取引」「減価償却費」「貸倒引当金」「繰越控除」・・・などなど、いかつい用語やテクニカルな概念がたくさん登場します。しかも、本やインターネットで調べようにも、複雑な図や表や計算式が出てきたりして、どうすればいいのか分からなくなってしまっているのではないでしょうか。何を隠そう、私も同じ思いをした経験があります。

しかし、実は、法人税法は一見とっつきにくそうですが、基本的なところをきっちり押さえておけば、そんなに難しいものではありません。

そこで、この記事では、法人税の計算方法についてのごく基本的なことをピックアップして、特に、とっつきにくいものをイメージしやすく噛み砕いて説明します。

この記事を読んで理解すれば、経理担当者の方や税理士と法人税の話ができるようになり、主体的に税金対策にかかわっていけるようになるはずです。一度に全部が理解できなくても大丈夫です。とりあえず全体をおおまかにとらえるつもりでおつきあいください。

続きを読む

小規模企業共済で退職金を準備する5つのメリットと3つの注意点

中小企業の経営者・役員の方が老後の生活資金を準備する手段として、小規模企業共済があります。

小規模企業共済は、中小企業の経営者・役員の方が個人で加入し積立をするものです。

ある程度の長期間きちんと掛金を支払い続けていれば、着実に、払い込んだ額以上のお金が受け取れるようになります。

また、あなたと会社の双方にとって節税になるというメリットがあります。その結果、加入せず掛金の額を単に貯蓄する場合と比べて、手持ちのお金が60%くらい増やせることもあります。

ただし、掛金を減額した場合や中途解約した場合にデメリットを被るおそれがあることも忘れてはいけません。

この記事では、小規模企業共済の5つのメリットを分かりやすく説明した上で、3つの注意点についてもお伝えします。

続きを読む

中小企業の決算対策|厳選重要11テクニックと落とし穴5つ

あなたは、大きな収益が出て、このままでは多額の税金を納めなければならないということで、決算対策をお考えのことと思います。

そして、中には顧問税理士の方から「社用車として自動車を買う」といったアドバイスを受けたりしたかもしれません。

しかし、そういった方法は、会社の資金を使うものです。同じお金を使うのであれば、そのお金が無駄にならず、会社やあなたご自身や従業員にとって意味のある使い方を選ぶべきだと思います。

しかも、お金を使わない節税方法もあります。

この記事では、そのような、意味のある11のテクニックを厳選して説明します。また、「決算対策」をしようとする時に陥りがちな落とし穴を5つ取り上げて説明します。ぜひ最後までおつきあいください。

続きを読む

社長が知っておくべき法人税と節税の基本

会社が利益を挙げると、その分、多額の税金を納めなければなりません。

しかし、本来払わなくてもいい税金まで払うのは、避けたいものです。

そこで重要なのが、会社の税金、特に法人税の基本的なしくみを知り、法令で認められている有効な節税対策を知っておくことです。

この記事は、経営者の方に知っておいていただきたい節税に関するポイントをまとめてあります。すでに節税対策を実行されている方も、これから対策を考えたい方も、すべて経営者の方にお読みいただければ幸いです。

続きを読む

役員退職金を損金にするために必ず押さえたい3つのポイント

経営者・役員の方は、退職金を受け取る時に会社の損金にするにはどうすればいいのか、気になることと思います。

役員退職金は損金に算入できる額の上限が決まっています。

また、決められた手続を踏まないと、そもそも損金として認められないリスクがあります。

しかも、意外と見落としがちですが、役員退職金を損金に算入できるタイミングも重要です。なぜなら、退職金を支給する年度には大きな損金が計上されます。もし、その年度の営業利益が大きければ、赤字のリスクを防ぐことができます。しかも、経常利益を抑えることができ節税にもなります。

この記事では、役員退職金を損金として処理する上で押さえておきたい3つのポイント、「損金にいくらまで算入できるかの計算方法」、「手続」、「損金に算入できるタイミング」といったことに関するルールを分かりやすく説明します。

続きを読む

中小企業倒産防止共済を活用する時の7つのメリットと4つの注意点

あなたは、「中小企業倒産防止共済」(経営セーフティ共済)が節税に役立つという話を聞いたことがあると思います。

中小企業倒産防止共済は、掛金の全額が損金になりますので、節税の効果があります。また、決算対策としても有効です。また、それ以外にも、様々なメリットがあります。

しかも、注意すべき点に気を配っておきさえすれば、リスクはそれほど大きいものではありません。そのため、中小企業であれば、加入しておいて損はありません。

この記事では、中小企業倒産防止共済の加入のメリットと注意点について、似たはたらきをする「法人保険」との比較も意識しながら、分かりやすく説明します。

続きを読む

役員退職金の計算方法|決めるときに知っておきたい4つのこと

これから退職金を設定するのに、どれくらいの金額にすればいいのか迷っていませんか?

退職金の額自体に法律上上限はなく、自由に決められます。ただし、会社の損金に算入できる金額には一応の目安があり、あまり大きい金額になると損金算入が否認される可能性があります。

また、受取時の所得税がどのように課税されるのかも重要です。

そこでこの記事では

  1. 役員退職金を損金算入できる額の目安
  2. 実際に退職金を受け取ったときの所得税の計算
  3. 他の会社はどうやって退職金額を算出しているか?
  4. 役員退職金に関するデータ

の4つをお伝えいたします。

役員の退職金の額をどれくらいにすればいいのか迷っている人は、この記事をご覧いただき参考にして頂ければ幸いです。

続きを読む

決算期末間近に駆け込みでできる決算対策6つ

あなたの会社が例年よりも多くの利益を上げていると、嬉しい反面、決算対策に頭を悩ませることと思います。

日頃からの節税対策が重要なのはもちろんですが、決算期末が近くなった時になって慌てないために、駆け込み的にでも可能な決算対策を知っておくのも大切なことです。

そこで、この記事では、駆け込み的にでき、しかも適法かつオーソドックスな方法を6つ説明します。

ぜひとも最後までお読みになって、いざという場合に備えていただければと思います。

続きを読む

必ず知っておくべき経営者・役員退職金の決め方と退職金規程

経営者・役員の方が退職金を準備しようという時、どのくらいの額を積み立てればいいのか、悩みどころだと思います。

そもそも金額をいくらに設定するのか基準がよくわからないと、退職金を積み立てる方法も選べません。

この記事では基本的な経営者・役員の退職金の決め方と、それを定める退職金規程についてお伝えしています。最後に退職金規程のサンプルを記載していますので参考にしてください。

続きを読む