経営者の退職金を準備するときの4つの生命保険活用方法

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

中小企業経営者の方は生命保険で退職金を準備される人が多いですが、なぜ生命保険で退職金を準備するのか疑問に思う人もいるのではないでしょうか?

生命保険は万が一の時の保障ですが商品によってはお金が貯まっていきます。また、保険料の一部を損金として計上できるので退職金を貯めるのに有効な手段と言えます。

今日は経営者の退職金を生命保険でどういう商品で貯めていくのかを中心にお伝えします。メリット・デメリットがあるので検討する前にしっかり確認しておきましょう。

続きを読む

経営者の退職金を生命保険で積み立てるための絶対条件

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

経営者の皆様は、「退職金の準備に生命保険が使える」という話を聞いたことがあるかも知れません。確かに、法人向けの生命保険の中には、保険料の一部を損金に算入しながら「解約返戻金」という形で退職金を積み立てることができる商品があります。これまでよく利用されてきたのが「逓増定期保険」と「長期平準定期保険」です。

ただし、これらの保険はそれぞれに特徴があり、上手に利用するにはそれなりの条件が必要です。また、これらの保険を利用しなくても、小規模事業共済のような公的な制度もあります。そのため、全ての会社にお勧めできるとは言えません。

この記事では、「逓増定期保険」と「長期平準定期保険」のいずれにも共通するメリットとデメリットを分かりやすく説明したうえで、それぞれの保険の内容と、利用できる会社の絶対条件を導き出します。

続きを読む

中小企業のための経営者・従業員の退職金準備方法

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

相談に訪れる経営者の皆様の中には、会社の経営の基盤が固まってきたから次のステップとして福利厚生、特にご自身と従業員の退職金の制度を整えたいとおっしゃる方がいらっしゃいます。

経営者の退職金と従業員の退職金とでは、準備方法・手段が少し違ってきます。また、どの方法をとるにも、時間もお金もかかることですので、それぞれの会社の資金状況等を踏まえて、無理のない方法を選ぶ必要があります。

この記事では、中小企業が退職金を準備する上で現実的に利用しやすいと思われる方法について、経営者・役員のための退職金準備の手段4つ、従業員のための退職金準備の手段3つを取り上げ、それぞれのメリットとデメリットを説明します。

続きを読む

経営者・役員の退職金に関する法人税法上の扱いまとめ

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

この記事をお読みの会社経営者・役員の方は、会社の資金を使ってご自身の退職金を準備することをお考えのことと思います。退職金の準備の方法はいろいろありますが、必ず突き当たるのが、法人税が「どの段階で」「どのように」かかってくるのかという問題です。

この記事では、中小企業の退職金準備について、退職金の金額の決定の時に税法上注意すべき点、積立方法に関する税法上の扱いについて説明します。ぜひ最後までおつきあいください。

続きを読む

経営者の退職金を約30%多く積み立てられる5つのポイント

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

会社の経営者の方の大きな関心事の一つとして、ご自身のリタイア後の生活資金、つまり退職金をどのように確保するかということがあります。

できることならば、限られたキャッシュの中から税金の負担を抑えながら効率よく積み立てたいとお思いでしょう。また、退職金を支出する時は会社から多額のお金が出ていくので、その際に赤字のリスクは極力避けたいものです。

つまり、会社の財務状態を安定させることを考えると、退職金の資金を積み立てている間は損金を計上して税負担を軽減でき、逆に退職金として支出する時は益金を計上して赤字を防げるというのが理想です。

そして、その方法としては、法人保険、中小企業倒産防止共済、小規模企業共済があります。ただ、これらにはそれぞれ向き不向きがあります。したがって、ご自身の会社の現状や将来の見通しも含めて、入念なプランニングが必要です。そして、弊社ではこれまで、それぞれの法人のお客様の実情やお悩みを詳しくおうかがいした上で、コンサルティングを行ってきました。

このページでは、実際に弊社でコンサルティングを行ったお客様の実例を一つご覧いただき、その効果を得るためにどのようなプランニングを行い、どのように実行に移したか、全てお伝えします。

なお、法人保険の最も重要な役割は、経営者・役員の方に万一のことがあった場合の保障ですが、今回は、退職金を積み立てる機能にフォーカスしてお伝えします。

また、お客様の情報は、実例をそのまま掲載したのでは支障がありますので、少しずつ変えてあります。

このページと、リンク先のページの内容をお読みいただき、是非とも参考にし、実践していただければと思います。

続きを読む

事業保険とは?会社を守る最適な備えをする方法

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

会社がピンチに陥った時のために事業保険をお探しなのではないでしょうか?

一概に事業保険と言っても、種類がたくさんあり、活用方法によってはたくさんのメリットがあります。

本日は事業保険の基本的なことからお伝えします。会社を安定して長く永続させるためには、トラブルがあっても対応できるようにしておかなければなりませんので、事業保険を効率的に活用しましょう。

続きを読む

医療法人と資本金|拠出された基金は資本金と扱いが同じか

現在、「出資持分」がある医療法人を設立することは不可能になっています。

これは医療法の改正により、非営利性が徹底されたためです。

結果、「社団たる医療法人」では出資金ではなく「基金」を集めることによって、運営資金を調達します。

ただし、気を付けなければいけないのが法人税等です。

法人税等は資本金の額によって扱いが違うことがあるため、資本金の金額がいくらであるかというのは、税務計算においてとても重要になります。

では、医療法人における「基金」は、資本金として扱われるのでしょうか。

今回は医療法人に出資されたお金の考え方について解説していきます。

これから医療法人に関わろうとしている人は、しっかり把握しておきましょう。

続きを読む

経営者保険|会社とあなた自身と後継者のための4つの活用法

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

経営者の方は、生命保険等をご自身にかけるとどんなメリットがあるのか、知りたいとお考えになっていると思います。

経営者の方の悩みとしてよくうかがうのは、会社の経営を安定させ会社を守ることと、リタイア後の生活の安心を確保することと、後の世代にスムーズにバトンタッチすることです。

会社の経営には浮き沈みがあります。今は好調でも将来はどんなことがあるかは分かりません。そのため、理想としては、今ある利益を先送りして必要な時に必要なキャッシュを引き出せるようにしたいと考えるでしょう。

また、難しい舵取りをしながら、リタイア後の生活資金も退職金等の形で積み立てなければなりません。

そして、できれば、次の世代が会社を引き継ぐ時の相続税等の負担を軽くしてあげたいとも考えることでしょう。

そんな時、経営者の方のための保険、経営者保険が役に立つことがあります。保険の果たす役割は、経営者の方の身に万一があった場合に会社を守れるだけではありません。

そして、経営者保険の使い方には一定のルールがあります。また、経営者保険の前に活用していただきたいものもあります。

この記事では、会社と、あなたご自身と、そして、いずれ経営を引き継いでもらう後継者の方のための経営者保険の活用法をお伝えします。その中で、保険以外の有効な代替手段についてもご紹介します。

また、弊社が現在進行でコンサルティングをしている法人のお客様の事例をお伝えします。是非、ご参考にしていただけたらと思います。

続きを読む

医療法人の役員報酬について|役員報酬はいくらがいいのか

医療法人は2007年以降、「出資持分」ある法人を設立することが出来なくなりました。

つまり、これから医療法人化を考えている開業医の人は、法人が解散したときに残った財産を自分の手元に置いておくことができなくなってしまったのです。

となると、なるべく自身の懐にお金が入るように役員報酬を多めにしよう、という考え方に行き着くと思いますが、それでは個人の所得が大きくなってしまうため、法人化するメリットがなくなってしまいます。

では、医療法人設立の際には、役員報酬をいくらにすれば良いのか、気になりますよね。

また、法人化の恩恵を最大限受けるためにはどうすればいいのでしょう。

今回は医療法人の役員報酬について、金額の参考と、法人化のメリットを最大限に活かす方法についてお話しします。

続きを読む

合同会社の社員|社員の種類と役割について

年々設立数が増えてきている合同会社。

合同会社の出資者は「社員」と呼ばれ、「社員」は全員等しく「業務執行権」と「代表権」を持っています。

しかし、出資はしたけど業務執行には関わりたくない、という人もいるでしょう。

そういった「社員」は「単なる社員」として、業務執行に関わることなく配当金を受けとったり、会社の意思決定に意見したりすることが可能です。

今回はそんな合同会社の社員について、紹介をしていきます。

合同会社の出資者として参画する場合はしっかりと把握しておきましょう。

続きを読む