小規模企業共済が元本割れしてしまう3つのケース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

小規模企業共済は比較的小さな企業の経営者や役員、個人事業主が加入できる退職金の積み立て制度です。

国の機関である中小機構によって運営されています。

小規模企業共済は、掛金を一定期間納め続けさえすればお金が増えるようにつくられています。

しかしながら条件によっては元本割れを起こしてしまうことがあり、加入する際はあらかじめ知っておきたいところです。

この記事では、小規模企業共済が元本割れしてしまう3つのケースを紹介しています。

1.小規模企業共済の増額効果・節税効果について

小規模企業共済は増額効果・節税効果があり、掛金を納め続けることで基本的にはお金が増えるようになっています。

3年以上の運用によって、掛金の総計より多くの共済金が受け取れます。

また支払った掛金の分は、その全額が所得控除となるため、節税効果が見込めることも特徴です。

くわしくは「小規模企業共済で前納する2つのメリットと注意点まとめ」でも解説しておりますので、興味があればあわせてご覧ください。

2.小規模企業共済が元本割れする可能性がある3つのケース

小規模企業共済は、上にまとめたように増額効果・節税効果のメリットがありお得なので、多くの経営者や個人事業主などが加入しています。

しかし以下にあげる3つのケースでは、元本割れを起こすため注意しなければなりません。

  • 加入期間が短く共済金を受け取れない場合
  • 20年未満で途中解約した場合
  • 掛金を減額した場合

以下、これらケースを1つずつ解説します。

2-1.加入期間が短く共済金を受け取れない場合

小規模企業共済で受け取れる共済金には、以下3つの種類があります。

共済金A

【個人事業主の場合】

  • 個人事業を廃業した場合
  • 共済契約者の方が亡くなられた場合

【法人(株式会社など)の役員の場合】

  • 病気、怪我の理由により、または65歳以上で役員を退任した場合共済契約者の方が亡くなられた場合
  • 老齢給付(65歳以上で180か月以上掛金を払い込んだ方)

【共同経営者の場合】

  • 個人事業主の廃業に伴い、共同経営者を退任した場合病気や怪我のため共同経営者を退任した場合
  • 共済契約者の方が亡くなられた場合

共済金B

【個人事業主の場合】

  • 老齢給付(65歳以上で180か月以上掛金を払い込んだ方)

【法人(株式会社など)の役員の場合】

  • 病気、怪我の理由により、または65歳以上で役員を退任した場合(※4)
  • 共済契約者の方が亡くなられた場合
  • 老齢給付(65歳以上で180か月以上掛金を払い込んだ方)

【共同経営者の場合】

  • 老齢給付(65歳以上で180か月以上掛金を払い込んだ方)

準共済金

【個人事業主の場合】

  • 個人事業を法人成りした結果、加入資格がなくなったため、解約をした場合

【法人(株式会社など)の役員の場合】

  • 法人の解散、病気、怪我以外の理由により、または65歳未満で役員を退任した場合

【共同経営者の場合】

  • 個人事業を法人成りした結果、加入資格がなくなったため、解約をする場合

これをふまえ、それぞれの共済金は掛金納付月数が以下を超えたときに受け取れることになっています。

  • 共済金A・共済金B:掛金納付月数が6ヵ月以上の場合
  • 準共済金:掛金納付月数が12か月以上の場合

裏を返せば、共済金Aと共済金Bは掛金納付月数が6ヵ月未満の場合、準共済金は掛金納付月数が12か月未満の場合、それぞれ掛け捨ての扱いとなり共済金を受け取ることができません。

つまり掛金を支払った月がこれより短い場合には共済金が受け取れず、それまで納めた掛金が全て掛け捨てになってしまうわけです。

これが元本割れを起こすケースの1つ目です。

なお共済金の種類と掛け金納付月数の関係については、以下の表をご覧ください。


(参照元:中小機構公式サイト「小規模企業共済 制度のしおり」)

2-2.20年未満で途中解約した場合

掛金を納められなくなったなどの理由で小規模企業共済を解約する場合、掛金納付月数が12ヵ月以上であれば解約手当金を受け取ることができます。

しかし以下の表にまとめた通り、掛金納付月数が20年未満(240ヵ月未満)であれば、仮に解約手当金が受け取れても掛金総額より下回ってしまいます。


(参照元:中小機構公式サイト「小規模企業共済 制度のしおり」)

2-3.掛金を減額した場合

小規模企業共済では、最初に決めた掛金を支払い続けるのが難しくなってしまった場合、掛金を減額することができます。

しかし掛金を途中で減額してしまうと、以下のように減額分が運用されずに放置されることになります。

さらに、その分を解約手当金として取り戻そうとしても、上述の通り加入から20年以上経過しないと、掛金総額より少ない額しか受け取れません。

つまり掛金を途中で減額すると、減額分に関して解約手当金を受け取っても、そのまま積み立てたとしても元本割れを起こしてしまうということです。

そのため後から減額しないですむように、契約時に無理のない掛金を設定しておく必要があります。

まとめ

小規模企業共済は、契約を一定期間継続しさえすれば、支払った掛金総額より多くのお金が受け取れます。

けれど説明したように加入期間が短かったり途中で減額したりすることで元本割れをおこしてしまいます。

小規模企業共済に加入する際は、元本割れに見舞われることのないよう、ここで紹介した3つのケースをチェックしておいてください。

法人税を減らし会社の預金を30%増やすために絶対知っておくべき7つの方法

会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、取られる法人税の額に驚いたことはないですか?

会社のキャッシュは自分自身で守ることができます。30%多く残すというのも現実的な話です。たとえば、以下のようなことも可能です。

  • ・ 損益計上のタイミングを調整しながら資金を30%以上多く準備する
  • ・ 同じキャッシュで従業員の退職金を45%以上多く準備する
  • ・ 合計800万円を全額損金にして、利益を繰り延べ確保する

本書では、より多くのキャッシュを残すための法人保険の活用法を、50ページにわたって具体例をもとに詳しく解説しています。

是非ダウンロードして、今後の会社経営にお役立て下さい。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

法人保険で最大限かつ最良の効果を出すために
必ず知っておくべき7つの方法

法人保険を使うなら、最大、最良の節税を行いたいですよね。

法人保険は、節税だけでなく、会社の資金繰りの改善や、経営者自身の手取りの賢い増加、キャッシュが足りない時の資金調達など、正しく使えば、大きなメリットがあります。しかし、残念ながら、ほとんどの会社さんが、そもそも知らなかったり、間違った使い方をしていたりして、そうした絶大なメリットを受け取ることができていません。

こうした最大限のメリットを享受するために、必要なことを、以下の7つの記事で解説しています。


法人保険による節税の基本

生命保険に法人契約で加入するメリットと注意点


やってはいけない名義変更プラン

逓増定期保険の名義変更プランのしくみと3つの注意点


後継者の相続税の負担を最小限にする事業承継対策:

事業承継対策に役立つ生命保険4種類の活用法

生命保険で事業承継対策するときの5つのポイント


選ぶべきではない終身保険

終身保険の経理処理からみた法人加入のリスクとデメリット


法人保険で福利厚生を充実させたい時の規定の作り方

必見!福利厚生で法人保険を活用するとき重要な福利厚生規定


お医者さんが知っておきたい医療法人で行うべき保険対策

医療法人のメリット・デメリットと保険で対策すべきリスク

ぜひ、お役立て頂ければ嬉しく思います。

保険の教科書の購読はSNSが便利です。