小規模企業共済の控除による節税効果と申告方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

小規模企業の経営者や個人事業主の退職金制度ともいえる小規模企業共済は、所得税・住民税等の高い節税効果があることも知られています。

ここでは、小規模企業共済で実際どのくらいの控除を受けられるかや、どのようにすれば控除が受けられるかを解説しています。

1.小規模企業共済のお金に関するメリット2つ

小規模企業共済に加入することによって以下2つの、お金に関するメリットをえることができます(詳しくは「小規模企業共済で退職金を準備する5つのメリットと3つの注意点」をご覧ください)。

  • 掛金が増えて戻ってくる
  • 節税の効果がある

まず小規模企業共済は、3年以上加入を続けると掛金より高額な「共済金」を受け取ることができます。

共済金は、会社が解散した際や退任した際、加入者が死亡した際などに受け取れます。

たとえば35歳で加入し60歳で退職する想定の場合、掛金1万円として30年加入を続けると掛金の総計が360万円のところ、共済金として約420万円がうけとれます。

この場合、結果的に60万円ほどの増額が見込めます。

なお、小規模企業共済を「解約」した際には、解約手当金を受け取ることが可能です。

それでは小規模企業共済ではどの程度の額を控除でき、どのくらいの節税効果があるのでしょうか?

詳細を次項以降で解説します。

2.どのくらい控除を受けられるか

小規模企業共済は税制面で優遇されており、社会保険料(国民健康保険や国民年金)同様に、加入すると掛金の全額が所得控除の対象となります。

掛金の月額は1,000円から7万円までの範囲内で500円単位での増減が可能です。

そのため最大で1年間に、7万円×12(ヵ月)= 84万円分の控除が可能となる計算になります。

3.どのくらいの節税効果があるか

小規模企業共済では掛金の全額が所得控除の対象となることはわかりました。

それでは小規模企業共済で、実際にどの程度の金額が控除できるのでしょうか。

以下、毎月の掛金ごとに節税できるおおよその額をまとめた一覧表です。


(参照元:「独立行政法人 中小企業基盤整備機構 公式サイト」)

上記参照元には、この表より詳細な節税額が確認できます。

より詳細な額を確認したい場合は参照元をご覧ください。

表の通り、最大で年間約37万円もの節税効果があります。

小規模企業共済では、掛金を支払い続けさえすれば、この控除を毎年受け続けられるわけです。

寝かせてある貯蓄や資金がある経営者や個人事業主の方は、これだけでも小規模企業共済へ加入する価値があるのではないでしょうか。

4.確定申告で小規模企業共済の控除を受ける方法

小規模企業共済の控除を受けるためには、確定申告の際に申告書へ前年に支払った掛金の総額を記入します。

確定申告の際は、運営元の中小企業基盤整備機構から送られてくる掛金払込証明書を添付して一緒に提出することが必要です。

掛金の総額は、この証明書にも記載されています。

【掛金払込証明書サンプル】

(参照元:独立行政法人 中小企業基盤整備機構 公式サイト

4-1.保険料控除の申告書の書き方

確定申告書への記入自体は簡単です。

確定申告書において、「小規模企業共済等掛金控除」の欄(以下イメージの赤で囲った場所)に昨年分の掛金の総額を記入します。

掛金の総額が分からない場合は、小規模企業共済掛金払込証明で確認します。

4-2.小規模企業共済掛金払込証明書は再発行も可能

小規模企業共済掛金払込証明書は確定申告を実施する前年に送られているので、いざ手続きをした際にはなくしてしまった、ということもあるかもしれません。

そんなときには、中小企業基盤整備機構の公式サイトに設置された専用フォーム、もしくは、電話(自動音声ガイダンス)で、再発行の手続きが可能です。

再発行の受付から到着まで1週間程度かかるとのことなので、確定申告をする際はお早目に手続きください。

連絡先の電話番号を含め詳しいことが知りたい方は、中小企業基盤整備機構の公式サイトをご覧ください。

まとめ

小規模企業共済では、掛金の全額が所得控除の対象となります。

それだけでも高い節税効果があるので、小規模な企業の経営者や個人事業主の方は要チェックです。

また所得控除を受けるためには、確定申告の際に前年の掛金の総額を申告する必要があります。

法人税を減らし会社の預金を30%増やすために絶対知っておくべき7つの方法

会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、取られる法人税の額に驚いたことはないですか?

会社のキャッシュは自分自身で守ることができます。30%多く残すというのも現実的な話です。たとえば、以下のようなことも可能です。

  • ・ 損益計上のタイミングを調整しながら資金を30%以上多く準備する
  • ・ 同じキャッシュで従業員の退職金を45%以上多く準備する
  • ・ 合計800万円を全額損金にして、利益を繰り延べ確保する

本書では、より多くのキャッシュを残すための法人保険の活用法を、50ページにわたって具体例をもとに詳しく解説しています。

是非ダウンロードして、今後の会社経営にお役立て下さい。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

決算対策で最大・最良の効果が欲しいあなたへ

多額の法人税を支払うのってイヤですよね。次のような節税方法があることは、ご存知ですか?

・黒字の時に節税しながら赤字の時のキャッシュを貯める
・節税しながら退職金を普通よりも約30%多く準備できる
・無駄な経費を使わずに税金を半分減らせる

私たちなら、これが可能です。

年間約300社の法人の財務戦略のコンサルティングを担当している弊社が、あなたの会社の決算・節税対策をお手伝いします。

日本全国対応します。ぜひご相談ください。

telhoken

ご相談はこちら

法人保険で最大限かつ最良の効果を出すために
必ず知っておくべき7つの方法

法人保険を使うなら、最大、最良の節税を行いたいですよね。

法人保険は、節税だけでなく、会社の資金繰りの改善や、経営者自身の手取りの賢い増加、キャッシュが足りない時の資金調達など、正しく使えば、大きなメリットがあります。しかし、残念ながら、ほとんどの会社さんが、そもそも知らなかったり、間違った使い方をしていたりして、そうした絶大なメリットを受け取ることができていません。

こうした最大限のメリットを享受するために、必要なことを、以下の7つの記事で解説しています。


法人保険による節税の基本

生命保険に法人契約で加入するメリットと注意点


やってはいけない名義変更プラン

逓増定期保険の名義変更プランのしくみと3つの注意点


後継者の相続税の負担を最小限にする事業承継対策:

事業承継対策に役立つ生命保険4種類の活用法

生命保険で事業承継対策するときの5つのポイント


選ぶべきではない終身保険

終身保険の経理処理からみた法人加入のリスクとデメリット


法人保険で福利厚生を充実させたい時の規定の作り方

必見!福利厚生で法人保険を活用するとき重要な福利厚生規定


お医者さんが知っておきたい医療法人で行うべき保険対策

医療法人のメリット・デメリットと保険で対策すべきリスク

ぜひ、お役立て頂ければ嬉しく思います。

保険の教科書の購読はSNSが便利です。