労働災害総合保険とは?2つの補償内容と加入のメリット

a0002_008406

会社が従業員の怪我・病気に備えて、国の労災保険にプラスするために加入する保険で、「労働災害総合保険」というものがあるのをご存知ですか?

おそらくあなたは「災害」という字面を見て、体を動かす作業中の事故をイメージすることと思います。「うちは運送業でも建設業でもないから関係ないかな。」「うちはオフィスワークだから関係ないね。」そう思われるかもしれません。

しかし、労働災害総合保険は、肉体労働を伴う業種のためだけのものではありません。オフィスワークを原因とする病気も補償対象です。たとえば、過労死や、業務のストレスによる長期休業も対象となっています。

その場合、国の労災というものがあります。しかし、労災はあくまで最低限の給付です。それだけで従業員の方やそのご家族の方の生活を守れるでしょうか?また最悪の場合、あなたの会社が、「安全への配慮が足りなかった」「労働環境の整備が不十分だった」などとして、従業員の方から多額の損害賠償を請求されるリスクもあります。

特に、ストレス社会と言われる現代では、「労働災害」が起こってしまった場合の費用は、肉体労働とデスクワークとを問わず、あなたの会社を脅かすことになりかねません。

労働災害総合保険は、そういったケースから、あなたの会社と従業員の双方を守ってくれるものです。

今日はそんな労働災害総合保険の中身と加入のメリットについて、分かりやすくお伝えしていきます。
続きを読む

0

中小企業倒産防止共済とは?誰でもわかるメリットと注意点

YKYK0I9A1197_TP_V

「中小企業倒産防止共済の仕組みってよくわからないな…。」「倒産防止って名前なのに、どうやって節税になるの…?」

この記事を検索された方は、そんな気持ちでいらっしゃるのではないでしょうか?

中小企業倒産防止共済(経営セーフティー共済)とは、国が全額出資している独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営をしています。取引先の予期せぬ倒産から会社を守ることができる制度で、掛金800万円までが法人なら損金算入、個人事業主なら必要経費になります。

ただし、注意しなければならないことがあります。

今回は、そんな中小企業倒産防止共済のメリットと注意点について、分かり易くお伝えしていきます。
続きを読む

0

小規模企業共済とは?誰でもわかるメリットとデメリット

OOK151107010I9A8224_TP_V

「小規模企業共済って、名前だけは耳にしたことがあるけれど、どんな内容なのだろう…?」「節税に良いって聞くけれど、具体的にどんな効果があるのだろう?」

この記事を検索された方は、そんな気持ちでいらっしゃるのではないでしょうか?

小規模企業共済は、国が全額出資している独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営をしています。掛金の支払い時と、受取り時に節税になるメリットがあり、個人事業主の方の退職金準備には非常に有効な手段です。ですが、もちろん良いことばかりではありませんから慎重に選ぶ必要があります。

今回は、そんな小規模企業共済のメリット、デメリットについて分かり易くお伝えしていきます。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社