法人自動車のフリート契約とは?そのメリットと注意点

miyazakiDSC_0014_TP_V

自動車保険を法人で掛けるときには「フリート契約」という契約形態があるのをご存知でしょうか。

「フリート契約」は、10台以上に自動車保険を掛ける場合、自動的に、1台ごとにではなく法人単位で一括して契約することになるものです。

フリート契約には、事務の効率化や保険料の割引等の面で、一般の自動車保険の契約(ノンフリート契約)にはないメリットがあります。ただし、事故を起こした場合、その程度によっては、かえって保険料が割高になってしまうなどの注意点があります。

この記事では、自動車保険の「フリート契約」について、一般の自動車保険契約(ノンフリート契約)と比べたメリットと、活用上の注意点についてお伝えします。是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む

0

法人の節税・節約の3つの裏ワザとそのリスクについて

49150187_480x480

中間申告や予定納税を支払うときに、「なんでこんなに税金を支払わなければならないのだろう」と思うことはありませんか。

法人税・消費税・所得税・住民税そして社会保険料など、国へ支払う費用が多くて気が滅入ってしまい、「何かよい節税の裏ワザはないか」と考えてしまいますよね。

納税は国民の三大義務ですが、本来支払わなくてもよい税金や社会保険を余計に支払うことはありません。

適正な処理を行い、ルールに則って支払う税金を軽減することは何も問題はありません。

しかし、節税のつもりが、節税を追求しすぎてしまい、租税回避や脱税になってしまうこともあります。

この記事では、節税で裏ワザと呼ばれている方法を3つご紹介しますがその危険性までご説明しますので、是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む

0

自動車の減価償却で知っておくべき3つのポイント

taxi0i9a3710_tp_v

自動車は減価償却できるということは知っていても、どの程度まで減価償却ができるのかはわからない方は多いです。

しかし、節税などを加味して自動車を購入する場合は、どのように減価償却がされるのかを理解しておきたいと思いますよね。

実は、自動車の減価償却は、「新車・中古車」、「何年前に発売された車種か(○年落ち)」で決まります。

この記事では、自動車の減価償却について、イメージしやすいようにお伝えします。

続きを読む

0

キャリアアップ助成金の3つのコースの特徴とポイント

OZP_micromwomotu1188_TP_V1

『キャリアアップ助成金』という国から返済不要の資金を調達できる制度があります。

名前は聞いたことがあっても、実際にその支給金額や条件までは把握できている方は少ないです。

実はこのキャリアアップ助成金は、支給要件のハードルが低いため、支給の申請を出さなければもったいない制度です。

1年事業所あたり最大で900万円(東京では最大1,650万円)ものキャリアアップ助成金を受けとれる可能性もあります。

この記事では、この『キャリアアップ助成金』の3つのコースの特徴とそのポイントをわかりやすまとめましたので、是非最後までご覧ください。

続きを読む

0

不動産の減価償却で知っておくべき3つのポイント

sw34e5r6t7y8_tp_v

不動産は減価償却できるということは知っていても、どのように減価償却がされているのかまではわからない方が多いです。

しかし、投資目的で不動産を購入する場合は、どのように減価償却がされるのかを理解しておきたいと思いますよね。

実は、不動産の減価償却は、「建物の構造」と「築年数」で決まります。

この記事では、不動産の減価償却について理解しやすいように3つのポイントに絞ってお伝えします。

続きを読む

0

不動産投資による節税のメリット・デメリットと活用法の全て

sin220160717172521_tp_v1

不動産投資は節税になるというセールストークで不動産をおすすめされたことはありませんか。

不動産投資を行うことで、個人所有では所得税・住民税、法人所有では法人税の節税につながることもあります。

それは、不動産には「減価償却」という実際には価値が目減りしているかどうかには関わらず、一定の割合で価値が目減りしていると仮定して、必要経費あるいは損金として認められることがあるからです。

しかし、不動産投資には多くのリスクとデメリットがあり、容易に購入してしまうと大きな損失につながりかねません。

よって、この記事では不動産投資による節税を安易な気持ちで始めて、失敗をする人が現れないように、メリット・デメリットをお伝え致します。

実は私も不動産投資を実際に行っており、所有している物件は全て満室で収入は入ってきていますが、個人の所得税・住民税は平成28年度は1円も支払っていません。それどころか小さな子供を保育園に通わせている保育料まで無料です。

ここでは私の実際に行っている不動産投資での経験もふまえて、不動産投資での節税をお伝えしますので、是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む

0

自動車による節税のメリット・デメリットと5つのポイント

%e8%87%aa%e5%8b%95%e8%bb%8a%e3%80%80%e7%af%80%e7%a8%8e

皆さんは自動車を購入することで、法人の節税につながることがあるのはご存じでしょうか。

「4年落ちのベンツがいい」「節税なら中古車がいい」このような話はよくされていますが、具体的にどのような仕組みなのかはわからないという方はいらっしゃいます。

会社の資産をより多く残すために自動車を購入するのであれば、そのメリット・デメリットを理解した上で自動車を選ぶ必要があります。

ここでは自動車による節税とそのメリット・デメリットをご紹介します。

さらに、最後には選び方のポイントまでお伝えしますので、是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む

0

オペレーティングリースの節税の仕組みと具体的な活用術

pp_tobitatuhikouki_tp_v1

法人の節税で「オペレーティングリース」というスキームを聞いたことはありませんか。

「オペレーティングリース」の節税は、航空会社・リース会社・匿名組合・出資者など、様々なお金のやり取りが発生するため、一見わかりにくくなっています。

しかし、支払いは一度きりで、1年目に80%程度、2年目に20%程度の損金算入ができ、リース期間満了時に100%以上の益金が発生する仕組みなので、突発的な利益を将来に繰り延べるにはとても有効な手法です。

また、オペレーティングリースには、航空機・船舶・コンテナの3つのリースがあります。

この記事では、オペレーティングリースの仕組み・メリット・デメリットを具体的にお伝えした上で、航空機・船舶・コンテナの3つのリースの違いと活用方法をお伝え致します。

続きを読む

0

船舶のリースの節税の仕組みとメリット・デメリットの全て

ishishi7455_hunehaiku_tp_v

法人の節税スキームを調べていると、船舶(タンカー)のリースが効果的であるという話を聞くことはありませんか。

船舶(タンカー)のリースは法人の節税でよく活用されるスキームです。

実はオペレーティングリースと呼ばれるリースで、節税スキームの中では最も歴史が古く、船舶(タンカー)のリーススキームとして、日本では1963年から存在していました。

船舶リースでは、1年目2年目の近期で大きな損金を計上して、6~10年後などリース期間が終了する時には、それと同額かそれ以上の益金を得ることができると言うものです。

近期の節税効果が非常に高いため人気がありますが、航空機やコンテナのオペレーティングリースとどのような違いがあるのかまでは理解されていません。

そして、残念ながら、会計士や税理士の方から紹介されたからと、そのメリットやデメリット、他のオペレーティングリースとの違いをしっかりと理解されずに、数千万円単位の資金を投入してしまい、資金繰り効率や節税効果の面で無駄を出してしまっている法人様をよくお見かけします。

そこで、当記事では、船舶リースによる節税を効果的に行うために知っておくべきことを全てお伝えします。

具体的には以下の通りです。

  • 船舶リースによる節税のメリットとデメリット
  • 船舶リースを活用すべき法人様とその条件
  • 船舶リースの仕組みとお金の流れ
  • 船舶リースで想定されるリスク
  • 船舶リースによる節税と保険による節税の比較

少々、長くなってしまいましたが、活用できる法人様にとっては、非常に大きな節税効果が期待できますので、ぜひご覧いただければと思います。

続きを読む

0

コンテナのリースの節税の仕組みとメリット・デメリットの全て

pps_hunenomokei_tp_v1

コンテナのリースは、航空機のリースと同じように法人の節税でよく活用されるスキームです。一般的にオペレーティングリースと呼ばれます。

コンテナリースでは、1年目2年目の近期で大きな損金を計上して、7~8年後などリース期間が終了する時には、それと同額かそれ以上の益金を得ることができると言うものです。他の似たような節税商品と比べても、近期の節税効果が非常に高いため人気があります。

そこで、当記事では、コンテナリースによる節税を効果的に行うために知っておくべきことを全てお伝えします。

具体的には以下の通りです。

  • コンテナリースによる節税のメリットとデメリット
  • コンテナリースを活用すべき法人様とその条件
  • コンテナリースの仕組みとお金の流れ
  • コンテナリースで想定されるリスク
  • コンテナリースによる節税と保険による節税の比較

以前、お伝えした『航空機リース』と非常に似ておりますが、満期までが短いこと、航空機と比べて規模が小さいことが違いとして挙げられます。

ぜひご覧頂ければと思います。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社