平凡なサラリーマンの私が不動産投資で年100万円稼ぎ所得税が0になった

elly20160702342120_TP_V

私は、30代の一般的なサラリーマンで、ファイナンシャルプランナーというお金に関わる課題を解決する仕事をしています。給料は一般的なサラリーマン程度いただいています。

しかし、一つだけ違うところがあるとすれば、2015年度・2016年度の所得税と住民税がゼロだったことです。これは、脱税しているという訳ではありません。

実は個人で中古不動産への投資を行っているためです。

「投資」というと、普通のサラリーマンには縁のないものに思われるかもしれません。しかし、そんな普通のサラリーマンでも、今の給料のままで、家計のキャッシュフローを増やす方法はあります。そんな数ある手段の一つとして、参考にしていただけたらと思います。

本日は、中古不動産への投資によって税金の負担が軽くなったしくみについて、具体的に順序立ててご紹介していきます。全て私自身の経験に基づく話ですので、是非最後までご覧ください。

続きを読む

0

退職金を現物支給する3つのメリットと注意点

NEKO9V9A9131_TP_V1

経営者の退職金を現物支給するという話を聞いたことはありませんか。

実際に、経営者の方には、退職金を現金ではなく、不動産や自動車や生命保険などで受け取っている方もいらっしゃいます。

それはなぜかというと、退職金を現金で受け取るよりも、不動産屋や自動車や生命保険などで現物支給を受ける方が、老後の資金をより多く確保できると判断しているためです。

今回の記事では、退職金の現物支給の3つのメリットとその注意点をご説明していきます。これから退職金をどのように準備しようかとお悩みの経営者の方には、是非最後までご覧になっていただきたいと思います。

続きを読む

0

平成29年度の税制改正でこれだけは押さえておきたい3つのポイント

a0960_004328

多くの経営者の方から、「税制は毎年変わってややこしいので、最新の情報に対応するのは大変だ」というご相談をいただきます。また、「たくさんの改正のうち重要なポイントに絞って押さえたい」というご要望もいただきます。

そこで、本日は、リクエストにお答えして、平成29年度の税制改正情報で、業種問わず、多くの法人のお客様に関わる重要な以下の3つのポイントをまとめました。

  1. 所得拡大促進税制の見直し
  2. 中小企業の設備投資促進税制
  3. 株式価値の評価方法の見直し

一つひとつ分かりやすくご説明致しますので、最後までお読みになってお役立てください。

続きを読む

0

経営者の年金の備え方と効率よく備えるための4つステップ

おどろき

経営者の方は、ご自身のリタイア後の生活資金や老後の年金をどのように確保するかということに関心はありませんか。

国の年金もあるけれど、老後の生活を充実させられるほど受け取れるとは思えないし、いくら準備をしておけばいいのかもわからないということで、老後に不安を感じてしまう方もいらっしゃいます。

経営者の方が老後の備えをするのであれば、税金の負担を抑えながら、効率よく積み立てして年金を受け取りたいとお考えになると思います。

この記事では、経営者の年金を効率よく積み立てる方法について、4つのステップに分けて一つひとつ説明していきます。いずれも私が実際にコンサルティングをした方法ですので、是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む

0

法人自動車のフリート契約とは?そのメリットと注意点

miyazakiDSC_0014_TP_V

自動車保険を法人で掛けるときには「フリート契約」という契約形態があるのをご存知でしょうか。

「フリート契約」は、10台以上に自動車保険を掛ける場合、自動的に、1台ごとにではなく法人単位で一括して契約することになるものです。

フリート契約には、事務の効率化や保険料の割引等の面で、一般の自動車保険の契約(ノンフリート契約)にはないメリットがあります。ただし、事故を起こした場合、その程度によっては、かえって保険料が割高になってしまうなどの注意点があります。

この記事では、自動車保険の「フリート契約」について、一般の自動車保険契約(ノンフリート契約)と比べたメリットと、活用上の注意点についてお伝えします。是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む

0

法人の節税・節約の3つの裏ワザとそのリスクについて

49150187_480x480

中間申告や予定納税を支払うときに、「なんでこんなに税金を支払わなければならないのだろう」と思うことはありませんか。

法人税・消費税・所得税・住民税そして社会保険料など、国へ支払う費用が多くて気が滅入ってしまい、「何かよい節税の裏ワザはないか」と考えてしまいますよね。

納税は国民の三大義務ですが、本来支払わなくてもよい税金や社会保険を余計に支払うことはありません。

適正な処理を行い、ルールに則って支払う税金を軽減することは何も問題はありません。

しかし、節税のつもりが、節税を追求しすぎてしまい、租税回避や脱税になってしまうこともあります。

この記事では、節税で裏ワザと呼ばれている方法を3つご紹介しますがその危険性までご説明しますので、是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む

0

自動車の減価償却で知っておくべき3つのポイント

taxi0i9a3710_tp_v

自動車は減価償却できるということは知っていても、どの程度まで減価償却ができるのかはわからない方は多いです。

しかし、節税などを加味して自動車を購入する場合は、どのように減価償却がされるのかを理解しておきたいと思いますよね。

実は、自動車の減価償却は、「新車・中古車」、「何年前に発売された車種か(○年落ち)」で決まります。

この記事では、自動車の減価償却について、イメージしやすいようにお伝えします。

続きを読む

0

キャリアアップ助成金の3つのコースの特徴とポイント

OZP_micromwomotu1188_TP_V1

『キャリアアップ助成金』という国から返済不要の資金を調達できる制度があります。

名前は聞いたことがあっても、実際にその支給金額や条件までは把握できている方は少ないです。

実はこのキャリアアップ助成金は、支給要件のハードルが低いため、支給の申請を出さなければもったいない制度です。

1年事業所あたり最大で900万円(東京では最大1,650万円)ものキャリアアップ助成金を受けとれる可能性もあります。

この記事では、この『キャリアアップ助成金』の3つのコースの特徴とそのポイントをわかりやすまとめましたので、是非最後までご覧ください。

続きを読む

0

不動産の減価償却で知っておくべき3つのポイント

sw34e5r6t7y8_tp_v

不動産は減価償却できるということは知っていても、どのように減価償却がされているのかまではわからない方が多いです。

しかし、投資目的で不動産を購入する場合は、どのように減価償却がされるのかを理解しておきたいと思いますよね。

実は、不動産の減価償却は、「建物の構造」と「築年数」で決まります。

この記事では、不動産の減価償却について理解しやすいように3つのポイントに絞ってお伝えします。

続きを読む

0

不動産投資による節税のメリット・デメリットと活用法の全て

sin220160717172521_tp_v1

不動産投資は節税になるというセールストークで不動産をおすすめされたことはありませんか。

不動産投資を行うことで、個人所有では所得税・住民税、法人所有では法人税の節税につながることもあります。

それは、不動産には「減価償却」という実際には価値が目減りしているかどうかには関わらず、一定の割合で価値が目減りしていると仮定して、必要経費あるいは損金として認められることがあるからです。

しかし、不動産投資には多くのリスクとデメリットがあり、容易に購入してしまうと大きな損失につながりかねません。

よって、この記事では不動産投資による節税を安易な気持ちで始めて、失敗をする人が現れないように、メリット・デメリットをお伝え致します。

実は私も不動産投資を実際に行っており、所有している物件は全て満室で収入は入ってきていますが、個人の所得税・住民税は平成28年度は1円も支払っていません。それどころか小さな子供を保育園に通わせている保育料まで無料です。

ここでは私の実際に行っている不動産投資での経験もふまえて、不動産投資での節税をお伝えしますので、是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社