女性が保険に入るなら知っておきたい7つのおすすめタイミングと保障額

jyoseihoken-osusume-1

保険に入るタイミングはいつがいいのか?またどんな保険に入ればよいのか?は、基準がないと迷ってしまいますよね。

女性が保険に入るタイミングとしては、20代、30代が多いようです。

これは、保険には全く興味はなかった方でも、結婚や出産を控えると保険の加入を検討し始めるためです。

生命保険の加入に適した時期は、社会人となって自立した、 結婚した、子供が生まれた、マイホームを購入した、転職・独立した、離婚した、収入が大幅にUP又はダウンした、相続問題をどうすべきかなど、生活設計が大きく変わる時期です。

今回の記事では保険の加入タイミングや何に加入すべきかを迷っている方のために、保険に加入する7つのおすすめタイミングと、どんな保険を検討するのが良いかをまとめました。ぜひ参考にしてみて下さい。

続きを読む

持病で保険を検討するときの注意点

a1380_001495

最近注目されているのが「持病でも入れます」とCMやインターネットで見かける「引受緩和型」といわれる保険です。

保険は健康な人しか加入ができないものですが、病気になってから保険の必要性を感じる人も多いのではないでしょうか?

病気になってから保険に加入を検討するときは注意が必要です。

「引受緩和型」の商品は加入はしやすいですが保険料は割高になっています。

まずは一般の保険を検討するのですが、重要なのは各保険会社によって健康状態による引受の基準が違うということです。病気によっては一般の保険に加入できる可能性があります。

今日は持病がある人が保険を検討するときに重要なポイントをお伝えします。

続きを読む

女性保険の比較するときに大事な3つのポイント

a1180_009238

女性向けの医療保険は女性特有の病気のときに手厚い保障が受けられます。

保険会社も女性向けの医療保険に力を入れており、新商品も発売されていますが、商品がたくさんある中でどこをポイントに比較すればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?

女性向けの商品はたくさんありますが大きな違いはありません。ポイントを抑えておけば比較できると思います。

今日は女性向け医療保険の比較するポイントをお伝えします。

続きを読む

子宮筋腫で確認したい4つのポイント

a1640_000235

女性特有の病気の中でも代表的なのが子宮筋腫です。

35歳以上の女性の15~30%に子宮筋腫があるといわれており、最近では若い女性に増加する傾向があります。

これから出産を希望される人が気になるのは子宮筋腫でも妊娠ができるのかどうかではないでしょうか?

子宮筋腫でも妊娠・出産はできる可能性はあります。

ただ、筋腫の大きさ・位置などによっては影響が出ることがあります。

今日は子宮筋腫についてお伝えします。是非参考にしてください。

続きを読む

専業主婦に保険は必要?小さな子どもがいるなら要チェックの4つのポイント

sengyou-hoken-01

もしかすると、専業主婦は収入がないから「いざというときの保険もそんなに必要ないだろう」と思うかもしれません。

ところが、小さな子どもがいる場合、いま突然入院することになったら、代わりに家事や子育てをしてくれる人を探さないといけません。

また、子どもが小さいうちにお母さんに万一のことがあった場合、子どもの養育のための費用を準備しなければならなくなります。

緊急時に備えて十分な貯蓄などのたくわえがあれば問題ありませんが、それほど余裕がないと、入院や手術にかかる費用、託児所の費用などが重くのしかかってきます。

そこで、今回の記事では専業主婦に保険は必要なのか?また、小さな子どもがいるならおさえておきたい4つのポイントについてお伝えします。

続きを読む

シングルマザー必見!母子家庭を支援する手当と助成金制度まとめ

boshikatei-teate-0

最近は、ライフプランも多様化し、シングルで子育てをしている女性も増えています。

実際、日本のシングルマザーは、108 万人以上います(2010年度総務省調べ)。離婚が約80%、未婚が12%、死別が7%程度という内訳です。

中でも、未婚のシングル・マザーの数が急増しているという特徴が見られます。

母子家庭や父子家庭になった場合、「この子に人並みの生活をさせてあげたい」と思う気持ちは人一倍強いと思います。

今回の記事では母子家庭・父子家庭になった時、生活を支援してくれる16の手当てと助成制度を詳しくお伝えします。

申請しないともらえないものも多いので、一通りチェックしてみて下さい。

続きを読む

旦那の保険を見れば分かる!「愛されている度」5つのチェックポイント

danna-hoken

もしいま、旦那さんに万一のことがあった場合、子どもがいれば当面はシングルマザーとして育てていくことになります。

「もしそうなったらどうやって生活していけばいいのだろう?」と不安になる方もいると思います。

そうなってしまったとしても、夫が家族のことを考えて、十分な保障を準備してくれていれば生活面では安心です。

ところがそういった準備がされていないと、大変な事態になりかねません。

今回の記事では、旦那に万一のことがあったらどうなるのか?を現実的に考えてみます。

その時に必要なお金と、世帯主の平均的な死亡保障額や、おすすめの対策など5つのポイントをお伝えします。

ぜひ旦那さんと一緒に万が一の時のことを考えてみて下さい。その後のアクション次第で、愛されているかどうかがわかるかもしれません。

続きを読む

個人年金は本当に必要なの?老後の対策をするときに重要な確認事項

a0790_000860

老後の生活に不安を持っている人はほとんどではないでしょうか?

老後に不安があるときに考えるのは毎月の積立です。

今注目を集めている個人年金保険ですがほんとに加入する必要があるのでしょうか?

他にもっといい商品があるのではないかと疑問を持つ人は多いと思います。

老後の積立ができる商品はたくさんあります。商品によってメリット・デメリットがあるので自分に合った商品で積立をするのが1番いいと思います。

そこで今日は個人年金保険とその他の積立商品を解説いたします。

続きを読む

個人年金は税金がお得!?知っておきたい控除に関する5つのポイント

a0003_001851最近公的年金への不安がニュースで報じられています。老後は自助努力によって生活する時代がやってくるかもしれません。

将来の積立をできる金融商品はたくさんありますがその代表的な商品が個人年金保険です。

個人年金保険は老後への積立が主な目的ですが税金の控除が目的で加入される人もいます。

会社員であれば年末調整によって還付が受けれます。

これから新たに個人年金保険に加入を検討するときに気になるのは実際どれくらい還付が受けられるのか?だと思います。

今日は個人年金保険に加入をしたときの所得税控除についてお伝えします。

続きを読む

30代女性は知っておくべき「乳がん」早期発見のための5つの方法

nyuugan-shikori-2

映画やテレビで乳がんをテーマにしたものを多くみかけますよね。多くの女性が、20代の後半頃から、乳がんについて少し心配や不安を感じてくるようです。

それは、乳がんが女性の中で最も多いがんであり、年間6万人もの人が毎年乳がんと診断されているからです。

ただ、少しだけ安心して欲しいのは、乳がんは、自分で見つけることができる可能性が高く、また、「早期に発見すれば治る可能性が高いがん」だいうことです。

2センチ以下のしこりだと、転移がない状態であれば約90%の人がほぼ完治しているという結果が出ていて、がんが小さいうちに発見できれば、女性にとって大切な乳房を温存できます。

今回は、乳がんを少しでも早く発見するために知っておくべき5つの方法をお伝えします。

続きを読む