生命保険に法人契約で加入する4つのメリットと注意点

※この記事で紹介している法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、国税庁の現行の通達に定められたルールを前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルールの案を公表し、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、正式に新ルールによる運用が行われることになっております。

新ルール案の内容については「法人保険(いわゆる節税保険)の販売停止に関する国税庁の新ルール案の解説」で分かりやすく解説しておりますので、ご覧ください。

起業したり個人事業主から法人化したりして会社の経営者になった方は、生命保険に法人契約で加入することをご検討のことと思います。

生命保険を法人契約するメリットは、あなたに万一のことがあった場合の備えだけではありません。それ以外にも、生命保険で積み立てたキャッシュで経営危機を免れたりして、会社のキャッシュを守り、効率よく増やしていくのに大いに役立つことがあります。

ただし、法人契約の場合は、特に税法上の扱いに注意しなければなりません。

また、おそろしいことに、保険商品によっては、デメリット・リスクが十分に理解されないまま、広く利用されているものもあったりします。

この記事では、生命保険を法人契約する4つのメリットと注意点について、分かりやすく説明します。

続きを読む

法人向けがん保険「1/2損金」を有効活用する2つの条件

いわゆる「法人向けがん保険」を「節税商品」として説明しているのを目にしたことがあると思います。

確かに「法人向けがん保険」は、保険料の1/2を損金に算入でき、その点をもって「節税」と呼ばれることがあります。

しかし、「損金」だけに気を取られていると、解約までのトータルで考えると損をすることもあります。

しかも、「法人向けがん保険」は平成24年4月の通達で「1/2損金」とされる以前は、保険料全額を損金算入する扱いが「黙認」されていたものです。もしも損金を多く計上してその時点での税負担を軽くすることを「節税」と呼ぶならば、「1/2損金」扱いは以前と比べてメリットは少ないはずです。それにもかかわらず、現在、敢えて活用するメリットは何なのかという問題があります。

この記事では、現時点で「1/2損金」の法人向けがん保険について、有効活用するための2つの条件を説明します。

続きを読む

経営者保険で会社を救い、発展させる5つの活用法

※この記事で紹介している法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、国税庁の現行の通達に定められたルールを前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルールの案を公表し、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、正式に新ルールによる運用が行われることになっております。

新ルール案の内容については「法人保険(いわゆる節税保険)の販売停止に関する国税庁の新ルール案の解説」で分かりやすく解説しておりますので、ご覧ください。

経営者の皆様は、起業直後の困難な時期を乗り越えてやっとの思いで経営が安定してきた時、この安定を維持したい、そして、できることならばさらに発展させて次の世代に引き継ぎたい、そうお考えになっていることと思います。

ただ、将来のことを考えると、あらゆる不安要素があると思います。予測される危機はご自身の身に何かあった時だけではありません。突発的な天変地異や不況や取引先の倒産等のせいで急に経営危機に陥ることもありえます。

また、ご自身が平穏に後継者に橋渡しをし、憂いなく豊かな老後を全うするにはどうしたらよいかと考えることもあるでしょう。

そのような悩みに応えるものとして、経営者であるあなたにかける生命保険や医療保険、つまり経営者保険があります。

会社に合った経営者保険を選択し、上手に活用すれば、あなたと会社を救い、また、とりうる選択肢を広げてくれます。

この記事では、経営者保険の活用法について、分かりやすく5通りに整理してまとめてみました。

経営者保険をご検討する際に、お役立てください。

続きを読む

法人保険|法人税節税で最大限効果を上げる方法

※この記事で紹介している法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、国税庁の現行の通達に定められたルールを前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルールの案を公表し、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、正式に新ルールによる運用が行われることになっております。

新ルール案の内容については「法人保険(いわゆる節税保険)の販売停止に関する国税庁の新ルール案の解説」で分かりやすく解説しておりますので、ご覧ください。

ここをお読みの経営者の皆様は、「節税」目的での法人保険の活用をお考えになっていることと思います。

たしかに、法人保険の中には、保険料の全部または一部を損金に算入して、税負担を軽減できる商品があります。その点をさして「節税商品」という売り方がされていたりします。

しかし、「節税」という点だけで法人保険を選んでしまうと、法人保険の本当の効用をフルに受けられないおそれがあります。

たとえば、「1/2損金タイプ」と「全額損金タイプ」とでは「1/2損金」を選んだ方が得をする場合があります。

また、保険料を支払っている段階でたくさんの損金を計上できるのをさして「節税」だと思っていると、後で思わぬ損をすることもあります。「最初はラッキーだと思ったが、こんなことになるなら保険に加入しない方がましだった」という言葉もよく聞きます。

実は、法人保険の機能は「税負担の軽減」だけではありません。むしろ、会社のキャッシュを守り、大きく増やしていくのに役立つもの、と考えた方が、それぞれの保険の特徴やメリット・デメリットがよく見えるようになります。そして、上手に活用すれば、会社のキャッシュを最大化することに役立ちます。

この記事では、会社のキャッシュを最大化するための魅力的な7つの活用法、最も自分の会社に合った保険を選ぶにはどうしたらよいかといった点について、分かりやすく説明します。

続きを読む

法人向け保険9種類を最大限に有効活用する方法まとめ

※この記事で紹介している法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、国税庁の現行の通達に定められたルールを前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルールの案を公表し、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、正式に新ルールによる運用が行われることになっております。

新ルール案の内容については「法人保険(いわゆる節税保険)の販売停止に関する国税庁の新ルール案の解説」で分かりやすく解説しておりますので、ご覧ください。

法人向けの保険商品については、さまざまな保険会社がさまざまな種類の商品を販売しています。

しかし、どの保険がどのように役立つのかということについては、漠然として分かりにくいと思います。

そのため、どれを選んだら良いのか、そもそも加入して良いものなのか、なかなか判断できないままでいるのではないでしょうか。

法人向け保険は、目的・用途と、利用上の注意点さえ知っておけば、会社にあった保険を選ぶことができ、有効活用して会社のキャッシュを守り、増やしていくことができます。

この記事では、法人向け保険の種類と、それぞれの活用方法について、大まかな枠組みを分かりやすく説明します。

ご自身の会社のニーズに合った保険商品の活用を検討する上で、お役立ていただければと思います。

続きを読む

法人保険とは?6つの加入目的と基礎知識

※この記事で紹介している法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、国税庁の現行の通達に定められたルールを前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルールの案を公表し、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、正式に新ルールによる運用が行われることになっております。

新ルール案の内容については「法人保険(いわゆる節税保険)の販売停止に関する国税庁の新ルール案の解説」で分かりやすく解説しておりますので、ご覧ください。

会社の保険を検討しようと調べると「法人保険」という言葉が出てきたと思いますがどのような商品なのか疑問なのではないでしょうか?

法人保険とは契約者を法人(会社)にして加入する保険のことです。

法人(会社)で保険に加入することによって保障だけではなく法人税対策、退職金の準備、福利厚生など商品や活用法によってさまざまな効果があります。

今日は法人保険とはどういうものなのか、そして加入する目的をお伝えします。法人保険を検討するときは必ず知っておかなければいけない基礎知識なので押さえておきましょう。

続きを読む

法人で生命保険を考えるとき知っておくべき4つの目的と最適な使い方

※この記事で紹介している法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、国税庁の現行の通達に定められたルールを前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルールの案を公表し、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、正式に新ルールによる運用が行われることになっております。

新ルール案の内容については「法人保険(いわゆる節税保険)の販売停止に関する国税庁の新ルール案の解説」で分かりやすく解説しておりますので、ご覧ください。

法人で生命保険を検討しようと思っても、実際どういった商品があるのかよくわかりませんよね。

生命保険に入る目的はあると思いますが、会社にとってどの保険に入ればいいのかわからないと思います。当然のことながら会社の規模、業種、従業員数などによってニーズが違います。

法人で生命保険を活用するときに一番重要なのが目的を明確にして商品を選択することです。

今日は法人で生命保険を考えるときに重要な目的別にどの商品を選択すればいいのかをお伝えします。商品によって特徴があるのでしっかり把握しておきましょう。

続きを読む

決算対策は期末月でも間に合う!簡単な8つの方法

例年よりも多くの営業利益が上がると、嬉しい半面、決算対策に頭を抱えることになると思います。

とはいっても、本やインターネット上で説明されているノウハウは、どれが良くてどれが悪いのか、何から優先手をつけたらいいのか、分からなくなっているのではないでしょうか。

この記事では、様々な決算対策の中から、難しい知識やテクニックを必要とせず、期末でも手っ取り早く簡単にできる方法を8つ厳選し、難易度が低い順にお伝えします。

続きを読む

逓増定期保険を法人で活用するとき重要な4つのポイント

※この記事で紹介している法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、国税庁の現行の通達に定められたルールを前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルールの案を公表し、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、正式に新ルールによる運用が行われることになっております。

新ルール案の内容については「法人保険(いわゆる節税保険)の販売停止に関する国税庁の新ルール案の解説」で分かりやすく解説しておりますので、ご覧ください。

あなたは逓増定期保険で節税対策・決算対策を考えているのはないでしょうか?

しかし、決算が迫っているからと言って、焦って契約するのは禁物です。

目の前の税金を減らすことにだけ気を取られると、後で「結局節税にならなかった」「解約をして損をした」など後悔をすることになるかもしれません。

なぜなら逓増定期保険にはデメリットやリスクがあるからです。会社の将来のため最大限生かすには、確実にリスクを理解し、正しく活用しなければなりません。

この記事では決算直前でも逓増定期保険を活用するのに必要なことをすべてお伝えします。ご覧いただければ、会社の将来に役に立つ逓増定期保険の選び方が分かるようになっています。

続きを読む

低解約返戻金型定期保険を法人が活用するメリット・デメリット

※この記事で紹介している法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、国税庁の現行の通達に定められたルールを前提としております。

2019年4月11日に国税庁が新たなルールの案を公表し、今後意見公募(パブリックコメント)の手続を経て、正式に新ルールによる運用が行われることになっております。

新ルール案の内容については「法人保険(いわゆる節税保険)の販売停止に関する国税庁の新ルール案の解説」で分かりやすく解説しておりますので、ご覧ください。

経営者の皆様は、「低解約返戻金型定期保険」という保険の名前を聞いたことがあると思います。ただ、具体的にどのような保険商品なのか、どのように役に立つのか、ということについて、よく分からないのではないでしょうか。

結論から言えば、「低解約返戻金型定期保険」は、低いコストで退職金を準備するのに向いている保険で、それに尽きます。しかし、デメリットも大きく、予めそのデメリットを理解して加入しないと、取り返しのつかないダメージを受けるリスクがあります。

この記事では、法人向けの「低解約返戻金型定期保険」について、その原型である「長期平準定期保険」と比較しながら、活用法とそのメリット、デメリットについて、分かりやすく説明します。

続きを読む