起業するときに合同会社を選ぶメリットとは?

近年、株式会社に代わり、起業の際に選ばれるようになってきた合同会社。

起業を考えている個人事業主からすると、設立のハードルが低いと言われている合同会社とメジャーな株式会社、どちらが良いのか、気になっている方も多いでしょう。

実は合同会社には、設立のハードル以外にも様々なメリットがあります。

わざわざ株式会社から合同会社に鞍替えする大手企業もあるほどです。

今回はそんな合同会社のメリットについて、

  • 株式会社と比較した際のメリット
  • 個人事業主と比較した際のメリット

に分けて説明していきます。

しっかり把握した上で、自営業に徹するか起業するか、起業するなら株式会社と合同会社のどちらにするのか、身の振り方を考えてみましょう。

続きを読む

小規模企業共済のシミュレーションで節税効果を確認する方法

小規模企業共済とは、規模が比較的小さな企業の経営者や個人事業主などの方のための、積立式の退職金制度です。

国の機関である中小機構によって運営されており、3年以上掛金を支払い続ければお金が増えることや節税効果が高いことから注目されています。

そして実際にどのくらいの効果があるかは、公式サイトにある専用の「加入シミュレーション」によって簡単に確認が可能です。

ここでは、このシミュレーションの利用例や詳細、使い方等について紹介しています。

続きを読む

小規模企業共済の貸付制度でいくら借りられる?手続方法は?

小規模企業共済は小規模企業の経営者や個人事業主の方が、廃業や退職する際の退職金代わりに積み立てる共済制度です。

高い節税効果があることや3年以上掛金を納め続ければ、支払った掛金の総額より多いお金を受け取れるなどメリットが多くなっています。

小規模企業共済ではそのほかにも、一定の資金が簡単かつ銀行よりいい条件で借りられるのはご存知でしたか?

ここでは小規模企業共済の契約者貸付制度とはどういったものかや、どのくらい借りられるか、貸付の手続方法について解説しています。

続きを読む

小規模企業共済の控除による節税効果と申告方法まとめ

小規模企業の経営者や個人事業主の退職金制度ともいえる小規模企業共済は、所得税・住民税等の高い節税効果があることも知られています。

ここでは、小規模企業共済で実際どのくらいの控除を受けられるかや、どのようにすれば控除が受けられるかを解説しています。

続きを読む

小規模企業共済の加入資格まとめ|どんな人が加入できるか?家族は?

小規模企業共済とは、「小規模企業の経営者や役員、個人事業主などのための、積み立てによる退職金制度」です。

掛金が全額所得控除の対象となるため節税の効果が高いことや、3年以上掛金を納め続ければそれまでの掛金の総額より受け取れる金額が多いことから、加入を希望する方も多いです。事業主本人だけでなく家族の加入を望まれる方もいます。

しかし加入には一定の資格があり、中小企業の事業主や家族などが必ずしも加入できるとは限りません。

ここでは小規模企業共済の加入資格はどんな人にあるのか、分かりやすく解説しています。

続きを読む

倒産防止共済の掛金を前納するときのポイントと注意点

倒産防止共済(中小企業倒産防止共済・経営セーフティ共済)とは取引先が倒産した際、中小企業が連鎖的に経営難に陥いるのを防ぐための共済です。

もしもの際は、担保や保証人を用意することなく、最高で掛金総額の10倍(上限8,000万円)まで借り入れることができます。

しかも掛金を40ヵ月以上納めれば、解約時に掛金全額を「解約手当金」として受け取れるため損がありません。

一方で倒産防止共済は、掛金1年分の前納によって決算対策ができ、高い節税効果を生み出すことも可能です。

ここでは、倒産防止共済の前納が決算対策になるしくみと、前納をする場合の注意点について解説しています。

続きを読む

相続税対策に生命保険を活用する方法を徹底解説

2015年の税法改正によって増税された相続税。

相続税は、これからも引き上げられる可能性があります。

また、遺産相続には税金以外にも様々な問題があり、特に準備をせずにその時を迎えてしまうと、大きなトラブルになってしまうかもしれません。

そんな遺産相続でのいざこざを事前に防ぐために、生命保険が活用できることはご存知でしょうか?

今回は相続税やその他の相続時の問題に対する生命保険の活用方法についてお話ししていきます。

なるべく円満に、より多くの金額を家族に遺すためにも、相続税と生命保険の関係性についてしっかりと理解しましょう。

続きを読む

生命保険と経費|個人事業主の生命保険料は経費にできる?

個人事業主にとって、生命保険はサラリーマン以上に重要なものです。

自分に万一のことがあったら事業が回らなくなり、生活をしていけなくなってしまいますからね。

また、個人事業主は適切に税金を支払うために、「経費」に対する知識を正しく身につける必要があります。

基本的に個人事業主は、事業に関係する費用については、ほとんど経費として計上することが可能です。

その中には一部の税金や損害保険などの保険料も含まれており、支払っていれば経費になります。

では、生命保険の保険料はどうなのでしょうか?

今回は個人事業主の生命保険料と経費についてお話ししていきます。

税金対策に関わる知識として、しっかり把握しておきましょう。

続きを読む

会社の税金|効果的な節税対策をするためのテクニック

会社を経営していく上で、どうしても考えなければならない税金対策。

基本的に、法人は事業に関係する出費については「経費」にすることができるので、税金対策のためにお金をどんどん使っていこうと考えている方もいるかもしれません。

しかし、税金を少なくするために、会社のキャッシュが減ってしまっては元も子もありません。

税金対策には、無駄な消費をせずに普段から行えるものや、先々に役立つようなものもあります。

健全な節税のためには、そういった方法を最大限活用していくことが重要です。

今回は、法人が行える税金対策の中で、重点をおきたいものについて紹介していきます。

しっかり把握して、会社に大きな利益をもたらしましょう。

続きを読む

掛け捨ての生命保険・医療保険の特徴まとめ

生命保険とは被保険者が死亡した際に遺された家族がお金を受け取れる保険、医療保険とは怪我や病気で入院した際に、入院日額○円・手術1回○円といったかたちでお金を受け取れる保険です。

それぞれの保険には保険料が掛け捨てとなる掛け捨て型と、お金の貯蓄にもなる積み立て型の2種類があります。

この記事では、生命保険・医療保険の掛け捨て型を積み立て型と比較しながらどんな特徴があるか解説していきます。

続きを読む