歯科医師賠償責任保険とは?知っておきたい2種類の補償内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PASONAZ160306150I9A1901_TP_V

歯科医師の方であれば、加入しなければならない保険として、「歯科医師賠償責任保険」という保険の名前を聞いたことがあると思います。しかし、一般的な保険ではありませんし、どういう場合の賠償責任を補償してもらえる保険なのか、なかなかイメージしにくいのではないでしょうか。

歯科医師賠償責任保険は、大雑把に言えば、医療業務を行う中で起きた事故と、医院の施設の不備によって起きた事故により、患者さんに対して損害賠償を負った場合を補償してもらえる保険です。

この記事では、歯科医師賠償責任保険について、必ず押さえておいていただきたいことを分かりやすくお伝えします。

この記事をお読みになれば、歯科医師賠償責任保険について基本的なことがお分かりになると思います。どうか最後までお読みになってください。

1.歯科医師賠償責任保険は2つの補償を組み合わせた保険

歯科医師賠償責任保険は、以下の2つの補償を組み合わせた保険です。

  • 医療ミスが原因の賠償責任に備えた補償
  • 施設の不備等が原因の賠償責任に備えた補償

以下、それぞれについて説明していきます。

1.1.医療ミスが原因の賠償責任に備えた補償|医師賠償責任保険

歯科医師賠償責任保険の1つ目の役割は、医療ミスが原因で賠償責任を負ってしまった場合に備える補償です。これは「医師賠償責任保険」と呼ばれます。

たとえば、診断ミスによってに患者の症状が悪化してしまった場合や、手術ミスによって後遺症を負わせてしまった場合が対象となります。

最も分かりやすいのは、治療中に手先が狂ってお客様に怪我をさせてしまうようなケースです。しかし、リスクはそれだけではありません。すぐには分からないリスクもあります。

私は以前、東京で開業されている歯科医院様からこんな話をうかがったことがあります。

「一番こわいのは、治療中にミスしたのに気付かずに後でそれが原因で患者さんの身に何かが起きてしまうことです。」

たとえば、インプラント埋入手術は成功したものの、その一年後にインプラントが取れてしまい、その後患者から医療事故として訴えを起こされときの損害などがあります。医師賠償責任保険は、そういうケースもきちんとカバーしてもらえる保険です。

2.2.施設の不備等が原因の賠償責任に備えた補償|医療施設賠償責任保険

2つ目の補償は、医院内(医療施設)で起こった事故によって損害賠償を負ってしまった場合に備える補償です。「医療施設賠償責任保険」と呼ばれるものです。これは、勤務歯科医として働いているのであれば無関係ですが、ご自身で歯科医院を経営するようになれば是非とも必要なものです。

たとえば、患者様が来院した際に自動ドアが故障していてぶつかり怪我をさせてしまった場合や、販売した歯ブラシが硬すぎて怪我をさせてしまった場合や、医院内で足を滑らせ転倒し怪我をした場合など、医院内の施設の不備によって起こった事故のため損害賠償をしなければならなくなった時にカバーしてもらえます。

2.歯科医師賠償責任保険で補償してもらえるのはどこまでか

では、歯科医師賠償責任保険で、どこまでの補償を受けられるでしょうか。

基本的な補償範囲は、大まかに、以下の5通りに分けられます。損害賠償金以外の費用も補償されることにご注目ください。

2.1.損害賠償金

まず、歯科医師賠償責任保険の最も基本的な補償は、損害賠償金自体の補償です。日本国内で治療中に発生した事故、歯科医院内での事故によって発生した損害賠償金がカバーされます。

2.2.損害を防ぐためにかかった費用

次に、損害が一旦発生したら、損害自体を防ぐ措置をしないと、損害が拡大し、損害賠償金もどんどんかさんでいきます。したがって、損害自体を防ぐ費用や、損害の拡大を防ぐための費用もカバーされます。

2.3.争訴費用

損害賠償金に関する示談交渉になった場合や、裁判になった場合、どうしても弁護士を雇わなければなりません。その弁護士費用カバーされます。

また、裁判で負けてしまった場合は、裁判にかかった費用を負担しなければなりませんが、その費用も補償してもらえます。

2.4.緊急措置費用

事故が起きても、すみやかに応急手当や緊急措置を行えば、結果的に損害賠償責任を負わなくても良くなる場合があります。こういう場合、応急手当や緊急措置に使った費用などが補償してもらえます。

2.5.協力費用

たとえば、保険金の額をどうするか決めるために、保険会社から資料の提出を求められることがあります。この場合、資料を作成したり集めたりするのに費用がかかれば、「協力費用」として補償してもらえます。

3. 歯科医師賠償責任保険の注意点

上述のように、歯科医師賠償責任保険は、診療中の事故、施設の不備による事故などによって損害賠償責任を負った場合に、損害賠償金等の費用をかなり広い範囲で補償してくれるものです。

ただし、以下のような注意点があります。かいつまんで説明します。

3.1.ミスがあまりに重大だと補償してもらえない

ミスがあまりに重大すぎる場合は、「重過失」と言って、「故意」つまり知っていてやった場合と同じと扱われてしまいます。

したがって、ひどすぎるミスのせいで損害が発生した場合には、補償してもらえません。

3.2.美容を目的とする医療行為での事故は対象外

歯のホワイトニングや歯列矯正、ヒアルロン酸を唇に注入する美容整形手術等は、「美容を目的とした行為」とみなされると、一般的な歯科医師損害賠償責任保険の対象から外れてしまいます。

ヒアルロン酸注入は明らかに美容目的ですが、若干微妙なのが「ホワイトニング」と「歯列矯正」です。どういうことなのか、ここで少し説明しておきます。

3.2.1.ホワイトニング

ホワイトニングは、単に「白くしたい」というだけであれば美容行為になりますが、そうでない場合もあります。

たとえば「虫歯になりやすい患者に、その予防処置として歯面清掃を行う」という目的で、ホワイトニングをすれば、これは、保険の対象となる医療行為になります。ただし、その場合でも、「真っ白にする」「〇〇年補償」などと虫歯予防と無関係な約束をしてしまうと、「美容目的がメインだ!」と見られてしまい、保険の対象外になります。

3.2.2.歯列矯正

歯列矯正も、単に「見栄えを良くする」というだけだと美容目的とされてしまいます。ただし、歯並びを良くすることで虫歯や歯周病を予防するなどの目的がメインであれば、美容目的ではなく、保険の対象となる医療行為になります。

4.どこにいけば加入できるか?

歯科医師賠償責任保険は保険の種類でいうと「損害保険」です。この保険を扱っているのは主に損害保険を扱っている保険会社と保険代理店になります。その窓口、担当の方に歯科医師賠償責任保険は扱っていますか、とお聞きいただければ取り扱いの有無を確認できます。なお、この保険は取り扱っている保険会社が少ないこともあり、最近では歯科医師会や学会などを通じて加入できることがあります。

まとめ

歯科医師賠償責任保険は、診療中のミスによる事故と、施設・設備の不備による事故が原因で、患者さんが怪我をするなどして損害賠償責任を負ってしまった場合をカバーする保険です。

つまり、「診断ミスにより患者の症状が悪化してしまった場合や、手術ミスにより後遺症を負わせてしまった場合をカバーする保険」と、「医院の施設の不備が原因で患者さんにケガを負わせてしまった場合をカバーする保険」の2つの補償がセットになっているので、あなたご自身とあなたの医院を守ることができます。

補償範囲は、損害賠償金それ自体だけでなく、損害を防ぐための費用や、裁判にかかる費用等もカバーしてもらえます。

ただし、仕事のミスがあまりにひどすぎる場合等、補償してもらえないケースもあります。

歯科医師賠償責任保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みはありませんか?

・ご自身にピッタリの歯科医師賠償責任保険を選んで加入したい
・現在加入中の歯科医師賠償責任保険の補償内容で大丈夫か確認したい

もしも、歯科医師賠償責任保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

telhoken

歯科医師賠償責任保険の無料相談のお申込みはこちらから

会社の現金を今までより30%多く残す!法人保険の具体的活用術

会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、取られる法人税の額に驚いたことはないですか?

会社のキャッシュは自分自身で守ることができます。30%多く残すというのも現実的な話です。たとえば、以下のようなことも可能です。

  • ・ 損益計上のタイミングを調整しながら資金を30%以上多く準備する
  • ・ 同じキャッシュで従業員の退職金を45%以上多く準備する
  • ・ 合計800万円を全額損金にして、利益を繰り延べ確保する

本書では、より多くのキャッシュを残すための法人保険の活用法を、71ページにわたって具体例をもとに詳しく解説しています。

是非ダウンロードして、今後の会社経営にお役立て下さい。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

森逸行

森逸行

親子二代で生命保険業界に関わり、多くのお客様のプランニングをさせていただいております。
また、2011年から『歯科業界を変えよう』と歯科医師の方々と勉強会を立ち上げ業界変革をめざしています(歯科勉強会「デンタルサークルバローレ」事務局運営)。
趣味は筋トレ、スポーツ観戦(野球・格闘技)、ゴルフです。
長所:いつも明るくご縁を大切に感謝すること
好きな言葉:自分を信じ 仲間を信じ お客様を信じる
保険の教科書の購読はSNSが便利です。