• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Bright Idea

法人保険には多くの種類があり、ニーズや経営状態に応じて選ぶべき商品と活用法が違います。また、公の共済制度を活用した方がよい場合もあります。

そこで、このページでは、保険の種類ごとの活用法と、ニーズ別の各保険商品の活用法について、一覧表を作成しました。

ご自身の会社のニーズに合った保険商品は何か、あるいは、それぞれの保険商品の有効活用法は何か、確認するためにお役立てください。

※ニーズ、保険・共済の種類をクリックすると、詳しく解説した各記事に飛びます。

【記号の説明】
◎:最も適している、又は最も多く利用されている
○:適している、又はある程度多く利用されている
△:利用できないことはない、又は利用が少ない

ニーズ保険の種類 損益を調節しながら必要な資金を準備する 保険料(掛金)全額を損金に算入する いざという時に備える(事業保障・休業補償等) 経営者・役員の退職金を準備する 従業員の退職金準備・福利厚生を整える 事業承継の対策をする
中小企業
倒産防止共済
小規模企業共済
長期平準定期保険
逓増定期保険  ○※
生活障害保障型
定期保険
終身保険
収入保障保険
中小企業
退職金共済
養老保険
医療保険   ◎※※   ○※※
がん保険
(解約返戻金なし)
  ◎※※   ○※※
がん保険
(解約返戻金あり)

※全額損金タイプのみ
※※現金ではなく現物支給として

ニーズ別の方法

保険・共済種類別

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
会社の現金を今までより30%多く残す!法人保険の具体的活用術

会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、取られる法人税の額に驚いたことはないですか?

会社のキャッシュは自分自身で守ることができます。30%多く残すというのも現実的な話です。たとえば、以下のようなことも可能です。

  • ・ 損益計上のタイミングを調整しながら資金を30%以上多く準備する
  • ・ 同じキャッシュで従業員の退職金を45%以上多く準備する
  • ・ 合計800万円を全額損金にして、利益を繰り延べ確保する

本書では、より多くのキャッシュを残すための法人保険の活用法を、71ページにわたって具体例をもとに詳しく解説しています。

是非ダウンロードして、今後の会社経営にお役立て下さい。


無料Ebookを今すぐダウンロードする