学資保険に入るメリットとデメリット

子供が生まれると、たくさんの幸せをもらえますが、将来の教育資金については少し気がかりな親御さんも多いのではないでしょうか。

日本では高校への進学率が98%、大学への進学率が54%に達していて、子育て世代には計画的な資金の準備が必要となっています。

文部科学省が発表している「平成28年度子どもの学習費調査」等によると、幼稚園から大学までの一人当たりの教育費は・・・

  • すべて公立に通った場合 約1,000万円~
  • すべて私立に通った場合 約2,500万円~

この数字は、例えば自宅外から大学へ通ったり、学費の高い医学部へ入学したりすることでさらに増えます。

改めてこの金額を見ると圧倒されるのではないでしょうか。

幼稚園から大学までにかかる教育費総額の詳細は「学資保険は本当に必要か判断するために抑えておきたい8つのポイント」の記事で詳しく取り上げているので、そちらをご覧ください。

今回の記事では、教育資金を準備する方法として、定期預金と学資保険のどちらが優れているか、また学資保険を定期預金と比較した場合のメリットとデメリットについて数値面から検証していきたいと思います。

続きを読む

0

学資保険の特約は注意が必要

学資保険は教育資金を積み立てて確保することを目的とした貯蓄性のある保険です。最近では利率が下がり、魅力が少なくなってきていますが、学費を安定して確実に貯めることができます。

ただ、実際に学資保険を検討する際には、子供の医療保障の特約を付けるかどうかは迷うところかも知れません。

そこで今回の記事では、学資保険の主な特約5つについての解説と、そもそも特約を付けるべきなのか?についてお伝えします。

続きを読む

0

年間240万円まで全額損金にでき節税できる倒産防止共済

中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)は全額損金にできると聞いたものの、具体的にどんな仕組みなのかわからないという経営者の方は多いのではないでしょうか。

倒産防止共済は、年間240万円(累計800万円)まで掛け金を全額損金計上できるため、法人の節税対策に有用です。

今回の記事では、この倒産防止共済を用いた節税について、詳しくお伝えしていきます。

続きを読む

0

医療保険の通院特約の必要性を見極めるための5つのポイント

最近は医療制度改革の影響で、入院を長期化させることで病院への費用負担が大きくなるため、従来と比較して入院が短期化し、通院での治療を行う病院が増えています。

「がん」などの重い病気も、通院による治療が拡大しています。

そのため、少し前までは、入院限度日数が1000日以上という医療保険も数多くありましたが、現在では、入院限度日数が60日程度のものが一般的になってきました。

「通院による治療が増えているのであれば、通院保障がある医療保険に入っておきたい」と思われるのが当然だと思います。

今回の記事では医療保険の通院特約の保障例と、その必要性について5つのポイントから詳しく解説します。

この記事を読み終わった時には、通院特約のある医療保険に入るべきかどうか、自分自身で判断できるようになると思います。

続きを読む

0

「資産移転」?「節税」?逓増定期保険5つのポイント

決算直前の「節税対策」として、逓増定期保険等の生命保険が有効だと言われています。

「節税」という表現が適切かどうかは別として、保険料支払段階で税負担が軽減されるのは事実です。また、法人の生命保険には、税負担の軽減だけでなく、他の金融商品にはない、非常に魅力的な側面があります。そのため、私自身も活用しています。

今回の記事では、多くの経営者の方が選ばれている逓増定期保険について、活用する上での5つのポイントをお伝えします。

逓増定期保険は、上手に活用すれば、退職金の積み立てや万一のリスク補てん等、会社のキャッシュを守り、増やすのに役立ちます。

逓増定期保険を活用した「決算対策」「節税対策」などをお考えになっている経営者の方は、ぜひ読み進めてみて下さい。

続きを読む

0

生命保険の更新の時に保険料を抑えるために注意すべき3つのポイント

特に大きな病気をすることもなく40歳を過ぎ、保険に入っていることをすっかり忘れていた矢先・・・

「保険料が上がります。」

契約中の生命保険会社からこんな更新の案内が来て、更新後の保険料の高さにびっくりするという人も少なくありません。

「ええ!!こんなに保険料が上がったら払えないよ・・・」

こんなご経験をされている方、ご安心ください。

今回の記事では、契約中の生命保険会社から更新の案内が来たときに保険料を抑えるために注意すべき4つのポイントをお伝えします。営業マンに勧められるままに更新して損をした!ということにならないためにも、ぜひ参考にしてみて下さい。

続きを読む

0

児童手当だけじゃない!申請すればタダでもらえる15の手当金リスト

2010年から実施された「子ども手当」は2012年には「児童手当」に変わり、申請しないともらえない制度になっています。

こういったことは、よくあることです。世の中には申請しないともらえない、国や健康保険組合などが準備している手当金がいくつもあります。

今回は、申請するだけでタダでお金がもらえるお得な15の手当金についてまとめました。特にお得なものをピックアップしましたので、今すぐに利用できなくとも、知っておいて損はない制度ばかりです。

一通りチェックしてみて下さい。

続きを読む

0

妻の保険は何が必要?共済でも大丈夫?

「妻の保険は、どんなものがいいの?」ご夫婦で保険相談を受けられる方に、こんなご質問をいただくことがあります。

保険の役割は、ごく簡単に言うと、貯蓄で対応できない経済的なリスクを回避することです。そうだとすると、奥様に何かあった時にどんな出費があるかを考えれば自然と答えが出ます。

今は、共働きの家庭も多いですし、多くの家庭で何らかの備えが必要と言えるでしょう。

特にお子様がいる場合は、教育費だけで1,000万円以上が必要になります。出費が大きいので、保険に加入しておくと安心です。

そこで、今回の記事では、奥様に万が一があった場合のために検討しておきたい保険についてお伝えします。最後に共済についてもお伝えしていますので、ぜひご参考にしてください。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社