変額個人年金保険とは?活用のメリットと注意点

少子高齢化により老後のお金に不安が募るなか、注目されているのが変額個人年金保険です

変額個人年金保険は、その貯蓄性の高さから老後の資金を確保する目的で使われます。

この記事では、変額個人年金保険がどんな商品なのかという概要や実際にどのくらいの利率があるのか、さらにはリスクを軽減するための方法まで解説しています。

1.変額個人年金保険とは?

変額個人年金保険とは老後のお金を積み立てる個人年金保険の1つです。

投資の要素があり、払い込んだ保険料は保険会社により運用され、その成績によって将来受け取れるお金の額が変わります。

運用の実績がよければ、払い込んだ保険料の総額より大きく増えます。

その代わり、運用の実績が悪いと保険料総額より少なくなるリスクもあります(リスクを軽減するためのポイントは後ほど改めてお伝えします)。

運用先のことを「特別勘定」と呼び、1つだけえらぶことも複数組み合わせることもできます。また途中で変更したり組み替えたりすることも可能です。

2.変額個人年金保険でどのくらいお金を増やせるか

それでは実際にどのくらいの貯蓄性があるのか、A社の商品(2019年3月時点)を参考に紹介します。契約条件を以下の通り設定します。

  • 契約者:30歳男性
  • 保険料払込期間:60歳満了
  • 年金支払開始:60歳から
  • 年金種類:確定年金(10年)
  • 保険料:(月払い)23,865円

このなかで確定年金とは、あらかじめ決められた期間に年金が受け取れるタイプの個人年金保険です。

この契約例では、60歳から10年間、年金を受け取ることができます。

こちらの個人年金保険では、受け取れる年金の累計が、以下のように運用の状況(特別勘定実績)によってかわります。

【運用状況ごとの年金累計額】

※1万円未満の端数は切り捨て分かりやすく表示しています。

ご覧のように、運用の実績で受け取れる年金の累計額に大きな差が生じていることがわかります。

なかでも運用実績が7.0%の場合、支払った保険料累計の374%もの年金が受け取れるわけで、非常に投資性の高い商品であることはお分かりいただけるのではないでしょうか。

一方で運用実績が悪かった場合には、元本を割っていることがわかります。

ただ、変額タイプでは、このリスクを最大限軽減するためのポイントがあり、あわせて覚えておきたいところです。詳細は後述します。

3.変額個人年金保険のリスクをおさえ貯蓄性を高めるためのポイント

上の契約例でも紹介したように、変額個人年金保険は元本保証のない保険商品です。

運用実績次第では、元本を大きく割ってしまうこともありえます。

ただしリスクを最大限軽減するためのポイントがあります。

変額個人年金保険で利益をだしている人は、このポイントをおさえているのです。

ここでは変額保険のリスクを軽減する4つのポイントを紹介します。

3-1.長期にわたる運用でリスクを分散する

変額個人年金保険は、老後に年金を受け取るまで15~20年の長期にわたって運用される商品です。

その間には経済状況の大きな変化によって、運用先(特別勘定)の運用実績が高騰することもあれば暴落することもあります。

ですから長い目でみて運用すべきといえます。

仮に一時的に落ち込んだとしても、それ以上に高騰することも多く、長い目で見ればはじめよりブラスになっていることが多いのです。

一例として、前述したA生命の変額個人年金保険の、ある特別勘定の1999年以降の運用実績例をみてみましょう。

以下、その実績をわかりやすいように簡易的にグラフ化したものです。

1999年に払い込んだお金がどのように増減したかを示しています。

このなかで注目したいのは2008年~2009年にかけ、1度大きな暴落をしている点です。

このときは、リーマンショックによって日本のみならず世界的に経済が落ち込みました。

この特別勘定もその影響を受け、運用実績が落ち込んでいます。

けれど、長期的にみれば、その落ち込みを補ってあまりある上昇をみせているわけです。

特別勘定の運用方法として、たとえば株式であれば、経済状況が落ち込んだ場合には、安い状態の株式を買い込んでおくなどして将来に備える方法があります。

経済が好転して、それらの株価が上昇すれば、運用実績もあがるわけです。

3-2.短期的に落ち込んでも慌てたりしない

上に説明した内容ともかぶりますが、変額個人年金保険は一時的に成績が暴落することもありえます。

そのときに慌ててはいけません。

上下の波は必ずありえるわけです。たとえば上記A生命の変額個人年金保険の例でみれば、実績が大きく落ち込んだ際に慌てて運用先(特別勘定)の変更などしてしまうと、かえって利益を失ってしまうこともあります。

3-3.保険会社の情報をチェックしたり担当者のアドバイスを聞いたりする

変額個人年金保険の運用実績を定期的にチェックすることも、リスクを軽減するのに有効です。

運用実績はホームページで随時チェックできます。

また保険会社から定期的に送られてくる情報にも、運用実績が掲載されています。

運用実績を確認し、必要に応じて担当者の方のアドバイスをもとめましょう。

今後の運用をどうするか(運用先変更など)判断することによって、リスクを軽減できます。

3-4.過去20年間で高い実績をあげている商品をえらぶ

変額保険をえらぶ際は、必ず過去(20年間ほど)の特別勘定の運用実績をチェックするようにしましょう。

変額保険は、保険会社ごとに過去の運用実績やホームページやパンプレットなどで紹介しています。

フィナンシャルプランナーに聞けば、必ず過去の実績について紹介してくれるはずです。

前述のとおり、リーマンショックがあった2008年前後にはどの特別勘定も実績を大きく下げている可能性がありますが、全体としてみて運用実績が上昇している商品が将来性が高くおすすめできます。

その上で、フィナンシャルプランナーに聞いて、特別勘定の運用の方向性がわかりやすくて合理的と思える商品をえらぶようにしましょう。

4.変額個人年金保険で節税できる場合がある

変額個人年金保険の貯蓄性を考える場合、返戻率だけでなく税制の優遇についても知っておきたいところです。

変額個人年金保険は一般生命保険料控除の対象であり所得税・住民税の節税ができるのです。

控除額は、1年間に支払った保険料の総額によって、以下のようにかわります。

【所得税の生命保険料控除額】

【住民税の生命保険料控除額】

つまり所得税で最大年間40,000円、住民税で最大年間28,000円の控除が受けられるということです。

4-1.変額個人年金は節税効果が薄くなる可能性もある

上述の通り変額個人年金保険は、所得控除の対象となります。

ただし一般生命保険料控除に関しては、変額個人年金保険以外にも死亡保険(定期保険収入保障保険終身保険等)が対象となっている点に注意が必要です。

一般生命保険料控除は、年間の保険料総額が最大8万円(1ヵ月あたり約6,700円)になると、かりにそれ以上保険料を支払っていても控除額がかわらないためです。

結果、一般生命保険料控除の控除枠は、生命保険保険(定期保険収入保障保険終身保険等)だけで使いきってしまっている方も多いと想定されるので、ご自身の場合はどうか確認してみてください。

ちなみに前述の円建て個人年金保険に関しては、一般生命保険料控除ではなく個人年金保険料控除の対象となっています。

その上、一般生命保険料控除と異なり、ほかに対象となる保険商品がないため、上で紹介したのと同じ控除枠を最大限利用することが可能です。

この点は、変額個人年金保険にはない円建て個人年金保険のメリットといえます。

5.必ず信頼できるファイナンシャルプランナーに相談して契約する

説明してきたように、変額個人年金保険は、高い投資性のある保険商品です。

また一口に変額個人年金保険といっても、保険会社ごとに資産運用の仕方なども異なります。

そのため信頼のおけるフィナンシャルプランナーに商品の仕組みや特徴をしっかり説明してもらい、きちんと内容を把握してから契約するようにして下さい。

まとめ

変額個人年金保険は、高い利率を誇り老後のお金を貯蓄するためにも有効な手段といえます。

投資性が高く元本保証はありませんが、活用のポイントをおさえておくことでそのリスクを軽減し、貯蓄性を最大化することも可能です。

正しい知識をもって、フィナンシャルプランナーに相談しながら、希望に合う商品をえらんでみて下さい。

これで老後も安心!預けたお金を20年ほったらかしで170%に増やす方法

銀行の定期預金に預けても20年間でたった0.6%・・・老後の生活のためのお金を積み立てるもっと良い方法があります。

本書では、以下のような、効率よくお金を積み立て、増やす方法について、40ページにわたって分かりやすくお伝えしています。

  • ・ 1,000 万円預けておくだけで毎年27 万円受け取れる方法
  • ・ 預けたお金が複利で20 年間で170%に増える方法
  • ・ 老後に備えてコツコツと30年間で150%に増やす方法
  • ・ リスクをとってもお金を2倍以上に増やしたい方のための方法

具体例もまじえて、どれだけ増えるかということや、リスクとその対処法に至るまで、包み隠さず解説しています。

ぜひ、今すぐダウンロードして、お役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

変額保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの変額保険を選んで加入したい
・現在加入中の変額保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな変額保険に加入すればいいのか分からない

もしも、変額保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


変額保険の無料相談のお申込みはこちら

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る