役員保険とは何か?加入する3つのメリットと選び方のポイント

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

この記事をお読みの経営者・役員の方は、「役員保険」という役員向けの生命保険があり、「よく分からないけど入った方がいいのかな」とお考えになっているのではないでしょうか。

また、ひょっとしたら、税金対策になるとか、退職金の準備ができるらしいとかいう話を聞いたことがあるかも知れません。

しかし、入るメリットがいまいちイメージできず、また、保険の営業マンの話を聞いてもいまいちピンとこないのではないでしょうか。

そこで、この記事では、役員保険について、イメージできるよう、重要な3つのメリットと、会社にとって最適な役員保険の選び方についてお伝えします。

続きを読む

0

逓増定期保険とは?基本のしくみと本当の活用法・選び方のポイント

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

逓増定期保険は、よく、法人の「節税」に役立つ保険商品と言われています。しかし、「逓増」という言葉が聞き慣れないのもあり、どんなものかよく分からないのではないでしょうか。

「節税」というのはウソではありません。しかし、それは、加入時に正しい商品を選ぶのはもちろん、いくつかのポイントを押さえた上でという前提です。

この記事では、私たちがこれまで数多くの法人様のコンサルティングを行ってきた経験を踏まえ、逓増定期保険の基本的なしくみと正しい活用法、選び方について、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

0

法人保険の損金は全損、半損、1/3損のどれがいいの?選び方のポイント

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

法人保険に加入すると保険料が損金になり、節税できるという話を聞いたことがあると思います。

たしかに、保険料が損金になれば、法人税を抑えることができます。しかし、法人保険を選ぶ時は、保険料が損金になることだけでなく、解約する時のことまで考えておく必要があります。また、法人保険は全額損金になるものだけでなく、1/2損金、1/3損金のものもあり、それぞれに向き不向きがあります。

そこで、この記事では、法人保険で損金算入して効果を最大にする選び方のポイントと、全額損金タイプ、1/2損金タイプ、1/3損金タイプのそれぞれの活用法をお伝えしたいと思います。

続きを読む

0

経営者保険とは?4つの役割と選び方のポイント

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

生命保険には、法人の経営者様向けの保険があり、よく「節税」や退職金の準備に役立つとか言われます。

ところが、現実には、意外に多くの経営者の方が、保険の営業マンに言われるまま、知らず知らずのうちにニーズに合わない保険に加入してしまっています。

この記事では、経営者保険の4つの役割と、あなたの会社にぴったりの保険を選ぶために是非とも知っておいていただきたいことについて、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

0

節税保険とは?法人税の節税の効果を最大にするための選び方

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

法人保険には、節税保険と呼ばれるものがあります。保険料が損金になり、解約するとお金が返ってくるものです。

会社のニーズに合ったものを選んで加入すれば、法人税を抑え、使えるキャッシュを多く残す効果を得られる可能性が高くなります。

そこで、この記事では、保険が節税につながるしくみと、会社のタイプ別の選び方を、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

0

全額損金の保険で節税効果を上げる最適な方法

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

法人保険、つまり法人向けの生命保険の中には、保険料全額が損金に算入され「節税」になると言われるものがあります。特に人気があるのは、最終的に解約すれば「解約返戻金」が受け取れ、必要な資金を効率よく積み立てることに役立つものです。保険会社によって名称はまちまちですが、よく「全額損金定期保険」と呼ばれ、人気があります。

この全額損金定期保険は、実は、活用の条件や会社ごとの向き不向きがはっきりしていています。そこで、この記事ではまず、「全額損金定期保険」のメリット・デメリットと、有効活用する上で守るべき鉄則についてお伝えします。

また、全額損金の保険はその他にもあります。解約返戻金は受け取れませんが、その代わり、低い保険料で効率よく会社のキャッシュを守り、増やしていくのに大いに役に立つことがあります。したがって、そういった保険(解約返戻金のない定期保険、収入保障保険、医療保険・がん保険)の有効活用法についてもお話しします。

全額損金の保険の活用をお考えの方は、是非ともお役立てください。

続きを読む

0

生活障害保障型定期保険|全額損金だけじゃない4つの役割

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

法人保険の中で、生活障害保障型定期保険は、保険料が全額損金になって「節税」ができ、かつ積立もできる保険として人気があります。

ただし最近、多くの会社が続々と、「災害保障重点型」等の新しい全額損金の保険を発売しており、それらとの違いや使い分けが分かりにくくなっています。

そこで、この記事では、生活障害保障型定期保険とはどんなものなのかということと、重要な4つの役割について、他の全額損金の保険との違いも意識しながら、整理して分かりやすくお伝えしたいと思います。

続きを読む

0

法人保険と損金の関係|全額損金・1/2損金・1/3損金それぞれの活用法

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

あなたは法人保険で「節税」したいとお考えのことと思います。

法人保険には、保険料の全部または一部が損金になるものがあります。

インターネットなどで調べると「全額損金」、「1/2損金」、「1/3損金」等が出てきますが、それぞれ、どういう使い道があるか、あなたの会社に向いているのはどのタイプか、なかなか分かりづらいと思います。

そこで今日は、法人保険の「全額損金」、「1/2損金」、「1/3損金」のそれぞれの活用法についてお伝えします。是非ご参考にしてください。

続きを読む

0

船舶のリースの節税の仕組みとメリット・デメリットの全て

法人の節税スキームを調べていると、船舶(タンカー)のリースが効果的であるという話を聞くことはありませんか。

船舶(タンカー)のリースは法人の節税でよく活用されるスキームです。

実はオペレーティングリースと呼ばれるリースで、節税スキームの中では最も歴史が古く、船舶(タンカー)のリーススキームとして、日本では1963年から存在していました。

船舶リースでは、1年目2年目の近期で大きな損金を計上して、6~10年後などリース期間が終了する時には、それと同額かそれ以上の益金を得ることができると言うものです。

近期の節税効果が非常に高いため人気がありますが、航空機やコンテナのオペレーティングリースとどのような違いがあるのかまでは理解されていません。

そして、残念ながら、会計士や税理士の方から紹介されたからと、そのメリットやデメリット、他のオペレーティングリースとの違いをしっかりと理解されずに、数千万円単位の資金を投入してしまい、資金繰り効率や節税効果の面で無駄を出してしまっている法人様をよくお見かけします。

そこで、当記事では、船舶リースによる節税を効果的に行うために知っておくべきことを全てお伝えします。

具体的には以下の通りです。

  • 船舶リースによる節税のメリットとデメリット
  • 船舶リースを活用すべき法人様とその条件
  • 船舶リースの仕組みとお金の流れ
  • 船舶リースで想定されるリスク
  • 船舶リースによる節税と保険による節税の比較

少々、長くなってしまいましたが、活用できる法人様にとっては、非常に大きな節税効果が期待できますので、ぜひご覧いただければと思います。

続きを読む

0

航空機のリースの節税の仕組みとメリット・デメリットの全て

聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、航空機のリースは法人の節税でよく活用されるスキームです。

航空機リースでは、1年目2年目の近期で大きな損金を計上して、10年後などリース期間が終了する時には、それと同額かそれ以上の益金を得ることができると言うものです。他の似たような節税商品と比べても、近期の節税効果が非常に高いため人気があります。

しかし、残念ながら、会計士や税理士の方から紹介されたからと、そのメリットやデメリットをしっかりと理解されずに、数千万円単位の資金を投入してしまい、資金繰り効率や節税効果の面で無駄を出してしまっている法人様をよくお見かけします。そこで、当記事では、航空機リースによる節税を効果的に行うために知っておくべきことを全てお伝えします。

具体的には以下の通りです。

  1. 航空機リースによる節税のメリットとデメリット
  2. 航空機リースを活用すべき法人様とその条件
  3. 航空機リースの仕組みとお金の流れ
  4. 航空機リースで想定されるリスク
  5. 航空機リースによる節税と保険による節税の比較

少々、長くなってしまいましたが、活用できる法人様にとっては、非常に大きな節税効果が期待できますので、ぜひご覧いただければと思います。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社