利率・返戻率につられるな!養老保険がおすすめできない理由の全て

あなたは、現在、お金を増やしながら死亡保障も受けられることを期待して養老保険について調べているのではないでしょうか。

そして、実際に、どれぐらいお金を増やすことができるのかを知るために利率・返戻率を調べているのだと思います。

結論から言うと、現在の養老保険は昔と比べて利率・返戻率的に見て、魅力は大きく失われています。また、長期加入を前提とした場合、養老保険の利率・返戻率を大きく上回る商品は、別に存在します。

そこで、この記事では、養老保険について、利率・返戻率、保障内容等、総合的な良し悪しを、他の貯蓄性商品との比較も念頭に置いて説明します。

養老保険をご検討の方は、是非、ご確認いただけますようお願いします。

1.養老保険の利率・返戻率は昔と比べて大きく魅力減!

結論からお伝えすると養老保険は昔と比べると大きく魅力を失っています。

早速ですが、30歳の男性が、保険金(死亡保険金・満期保険金)300万円の養老保険に加入したとして、保険期間・保険料払込期間(満期)を、それぞれ

  • 10年にした場合(10年満期)
  • 20年にした場合(20年満期
  • 30年にした場合(30年満期

の返戻率上位4つを比較してみましょう。いずれのプランも、満期保険金がマイナスになってしまいます。

養老保険・30歳男性・10年満期

養老保険・30歳男性・20年満期

養老保険・30歳男性・30年満期

ご覧のとおり、全ての商品で満期保険金の利率がマイナス(元本割れ)の状態です。これでは養老保険の貯蓄性が優れているとは言えないですね。

実は、昔の金利が高い時代には、養老保険の利率・返戻率は今よりもはるかに高く設定されていました。年5.5%で運用され、10年で200%まで増えることもあったぐらいです。そのような時代と比べると、現在の養老保険の利率・返戻率は足元にも及びません。

※法人の場合は別!
養老保険は法人が従業員の退職金を準備するために使うには優秀だと言えます。詳しくは『養老保険で従業員の退職金を準備するメリット・デメリット』をご覧ください。

2.養老保険と低解約返戻金型終身保険を比較検討しよう

ここで養老保険を考えている方に比較検討していただきたい「低解約返戻金型終身保険」という保険をご紹介させていただきます。簡潔にお伝えすると、この保険は養老保険と比べて以下のような優れた点があります。

  • 最終的に養老保険より利率・返戻率が高くなる
  • 解約しない限り保障が一生涯続く
  • 保険料が養老保険より割安

それぞれ詳しく説明させていただきます。

※低解約返戻金型終身保険について
低解約返戻金型終身保険については、詳しくは「低解約返戻金型終身保険5つの活用法とメリット・デメリット」をご覧ください。

2.1.最終的に養老保険より利率・返戻率が高くなる

低解約返戻金型終身保険の利率・返戻率は養老保険を大きく上回ります。

実際に、30歳男性・保険金300万円で、低解約返戻金型終身保険の返戻率を見てみましょう。

低解約返戻金型終身保険・30歳男性・10年支払済

保険料を支払い終わる10年後の時点では、養老保険の方が利率・返戻率が良いです(ただし元本割れしています)。しかし、注目していただきたいのは11年後からです。低解約返戻金型終身保険は、11年後から急に利率・返戻率が良くなり、その後も上がっていき、返戻率が100%を超えていきます。

したがって、長期加入を前提とした場合、低解約返戻金型終身保険の方が、利率・返戻率が増えていくという点で優れています。

低解約返戻金型終身保険・30歳男性・20年支払済

両者を比べると、保険料を支払い終わる20年後の時点では、養老保険の方が利率・返戻率が良いです(ただし元本割れしています)。しかし、低解約返戻金型終身保険は、21年後に返戻率が100%を超え、その後も増えていきます。

低解約返戻金型終身保険・30歳男性・20年支払済

両者を比べると、保険料を支払い終わる30年後の時点では、養老保険の方が利率・返戻率が良いです(ただし元本割れしています)。しかし、注目していただきたいのは31年後からです。

低解約返戻金型終身保険は、31年後に急に返戻率が100%を大きく超え、その後も上がっていきます。

解約しない限り保障が一生涯続く

養老保険は保険期間が決まっていて、満期がくれば保障がいやおうなしにストップします。しかし、低解約返戻金型終身保険は、解約しない限り、保険として保障をずっと受け続けることができます。

保険料が養老保険より割安

さらに、低解約終身保険は、養老保険よりも保険料が30%程度割安です。

同じ300万円の死亡保障を備えるならば、養老保険よりも、低解約返戻金型終身保険の方が効率が良いのです。

養老保険と低解約返戻金型終身保険の比較をまとめると、以下の表の通りです。より優れた方をピンクで示しています。

養老vs.終身(特徴)

このことからすれば、養老保険が低解約返戻金型終身保険よりも優れているのは、保険料の支払いが終わった直後(満期)の返戻率が高めだという点だけです。全体としてみると、低解約返戻金型終身保険の方が養老保険よりも優れている点が多いです。

まとめ

いかがでしょうか?

私が知る限り、長期加入を前提とした場合、養老保険が低解約返戻金型終身保険よりも勝る点は見当たりません。

利率も、保険料も保障内容もすべて後者が勝っています。

だからこそ、養老保険をお考えの方に、もう養老保険の魅力は大きく減少しているということをお伝えしたくて、このような記事を書かせていただきました。ぜひ、良い保険選びのためにご活用いただけますと幸いです。

これで老後も安心!預けたお金を20年ほったらかしで170%に増やす方法

銀行の定期預金に預けても20年間でたった0.6%・・・老後の生活のためのお金を積み立てるもっと良い方法があります。

本書では、以下のような、効率よくお金を積み立て、増やす方法について、40ページにわたって分かりやすくお伝えしています。

  • ・ 1,000 万円預けておくだけで毎年27 万円受け取れる方法
  • ・ 預けたお金が複利で20 年間で170%に増える方法
  • ・ 老後に備えてコツコツと30年間で150%に増やす方法
  • ・ リスクをとってもお金を2倍以上に増やしたい方のための方法

具体例もまじえて、どれだけ増えるかということや、リスクとその対処法に至るまで、包み隠さず解説しています。

ぜひ、今すぐダウンロードして、お役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの保険を選んで加入したい
・現在加入中の保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな保険に加入すればいいのか分からない

もしも、保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel


保険無料相談のお申込みはこちら

The following two tabs change content below.
出岡 大作

出岡 大作

保険の教科書 編集長。行政書士資格保有。保険や税金や法律といった分野から、自然科学の分野まで、幅広い知識を持つ。また、初めての人にも平易な言葉で分かりやすく説明する文章技術に定評がある。
TOPに戻る