未熟児養育医療制度とは?入院治療が必要な赤ちゃんを助ける制度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
未熟児養育医療制度

医師が入院養育が必要と認めた赤ちゃんが指定の医療機関で入院や治療を受ける場合に、医療費が援助される「未熟児養育医療制度」があります。

日本には生まれた赤ちゃんを支援する制度がたくさんあります。その中の1つがこの制度です。

そこで今回の記事ではその中のひとつの未熟児養育医療制度についてお伝えしたいと思います。どのような制度が気になる、知識として知っておきたいという方は是非ご参考にして下さいね。

1. 未熟児養育医療制度って何?

医師が入院を必要と認めた赤ちゃんが指定の医療機関で入院・治療を受ける際に医療費を負担する制度のことです。

赤ちゃんの体の発育や機能が未熟な状態で生まれた場合、速やかな入院治療が必要な場合があるので、特定の要件を満たす赤ちゃんの医療費の全額または一部を自治体が支援してくれます。地域によっては保護者の所得に応じて一部自己負担がかかることもありますが、その分は乳幼児医療費助成の対象になります。

2. どのような赤ちゃんが「未熟児養育医療制度」が適用になるの?

この制度で一番気になるのがどのような場合に制度が適応になるのかですよね。

未熟児養育医療保険制度は以下の場合に適用になります。

1.出生時の体重が2000グラム以下の場合
2.生活力が特に薄弱で、次のようなケースで医師がとくに入院養育を必要と認めた赤ちゃん

具体的には以下の表をご覧ください。

未熟児養育医療制度(図)
※上記に挙げた症状と同じケースでも制度の適用にならないこともあります。

このように未熟児養育医療制度を受けるには一定の要件があります。詳しくはお住いの自治体に確認しましょう。

助成してもらえる金額は?

指定の養育医療機関における入院や治療費が全額公費負担となります。ただし、世帯の所得額や自治体により、一部負担の場合もあります。

3. 申請に必要な書類

当然ですが申請をしなければいけません。ここでは申請に必要な書類をお伝えします。自治体によって必要な書類が違いますが、抑えておきましょう。

必要な書類は以下のものになります。

  1. 養育医療給付申請書
  2. 養育医療意見書
  3. 世帯調査書

(自治体によっては必要になるもの)

  • 源泉徴収票のコピー(自営業の方は前年分の確定申告書の控えやコピーしたもの)
  • 住民税の課税証明書(免除されている方は非課税証明書)
  • (生活保護を受けている人は)生活保護受給証明書

未熟児養育医療費給付申請書と世帯調査書は自分で記入して、未熟児医療意見書は病院に記入してもらいます。

申請する時期は自治体によって異なりますが、基本は出生してすぐに申請することをお勧めします。未熟児養育医療制度の申請・問い合わせ先は住んでいる地域を管轄する保健所へ問い合わせてください。

まとめ

未熟児養育医療制度は以下のことを抑えておきましょう。

  1. 提出先…地域を管轄する保健所
  2. 提出期限…自治体により異なりますが、なるべく早く申請しましょう。
  3. 必要なもの…
    • 養育医療意見書(医師に書いてもらう)
    • 所得を証明するもの(家族全員分が必要)
    • 健康保険証(赤ちゃんの名前が入ったもの)
    • 印鑑(認印)
    • 世帯調査書(保健所で記入します)
    • 養育医療費給付申請書(保健所で記入します)

未熟児養育医療の申請にたどり着くまでの流れは以下のようになります。

  1. 出生届の提出
  2. 養育医療意見書をもらう
  3. 健康保険証への追加
  4. 未熟児養育医療申請
  5. 書類審査
  6. 結果の通知
  7. 医療券受取り
  8. 自己負担金の支払い
  9. 子育て支援医療費受給者証
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

保険の教科書の購読はSNSが便利です。