生命保険に加入するときの必要保障額の計算方法

a0003_001598

結婚・出産などをきっかけで生命保険を検討するも多いと思いますが、実際どれくらいの生命保険に加入をしたらいいのかわからないのではないでしょうか?

よく高額な生命保険を営業に勧められるというお話を聞きますが、無駄のない生命保険設計をする上での大切なポイントは自分にどれくらい保障が必要なのか知ることです。

生命保険に加入する場合は「必要保障額」を算出してから商品を選択するようにしましょう。

今日は生命保険の必要保障額の計算方法をお伝えします。しっかりと自分にとって必要な保障額を算出し、無駄な生命保険に加入するのを防ぎましょう。
続きを読む

長期平準定期保険活用法と経理処理

a1180_011316

会社の法人契約で生命保険を検討するときに営業から長期平準定期保険を勧められるケースが多いのではないでしょうか?

ただ、本当に加入したほうがいいのか疑問を感じることもあると思います。

法人保険は加入するときに将来を見据えて目的を明確にしておくことが重要です。

長期平準定期保険は主に経営者の死亡保障・節税・退職金の準備を目的として加入をする商品です。

今日は長期平準定期保険の活用法と経理処理をお伝えします。

続きを読む

結婚したときの生命保険の選び方

a0002_003791

結婚をきっかけとして生命保険を検討する人は多いですが、実際に検討しようと思ってもどう選んでいいのかわからないのではないでしょうか?

生命保険は種類がたくさんあり、選ぶのが大変です。結婚と同時に高額な生命保険を勧められることが多いようですが、しっかりと自分に必要な保険に加入をしましょう。

生命保険は家族構成・生活スタイルによって必要な保障が違います。

今日は結婚するときに知っておきたい生命保険の選び方をお伝えします。

続きを読む

生命保険の見直し方法

a0002_005731

自分の生命保険はこのままで本当に大丈夫なの?と疑問を持つ人も多いのではないでしょうか?

生命保険は自分に万が一があった場合に家族が困らないようにしておくものなので必要です。しかし入りすぎるのはよくありません。

生命保険に加入をするのも大切なことですが将来の貯蓄をしていくのも大切なことです。

これまで多くの保険相談を受けてきた中で高額な生命保険に加入をしている方が非常に多いです。生命保険以外にも遺族年金をはじめ、たくさんの保障は受けられますので生命保険の見直しをするときは、しっかりと現在の保障を確認するようにしましょう。

重要なのは将来を考えた上で貯蓄とバランスよく生命保険に加入をするということです。

今日は無駄をなくす生命保険の見直し方法をお伝えします。できるだけ無駄をなくし将来の貯蓄に回しましょう。

続きを読む

今年のうちに読んでおいたほうがいい保険関連記事まとめ

a0003_001856

生命保険を検討するときにまずはインターネットで検索して調べるのではないでしょうか?

ただ、ネット上では情報があふれており、どのサイトを参考にしていいのかわからないと思います。

参考になるサイトはまずわかりやすく書いてあることが重要です。

今日は保険関連でわかりやすく参考になる記事をご紹介します。是非参考にしてください。

続きを読む

妻は保険か?それとも県民共済か?

tsuma-hoken-01

妻に保険は必要なのか、またどんな保険に入っておくべきかは迷いますよね。

保険は貯蓄で対応できないリスクを回避するための商品ですから、奥さんに何かあった時どんな出費があるかを考えると、自然と答えが出ます。

特に、子どもがいる場合は教育費だけで1000万以上かかるなど、出費が大きいので保険を検討しておくと安心です。

今回の記事では、奥さんに何かあった場合のために検討しておきたい保険と、意外と魅力的な共済についてお伝えします。

続きを読む

知っておきたい6つの公的医療保険制度

a0002_001423

日本には社会保障制度があり、そこから大きな保障を受けることができます。

病気・ケガをしたときは民間の医療保険もありますが、まずは公的医療保険が基本となります。

大事なのが自分で申請をしないと保障を受けれない制度もあるということです。

まずは公的医療保険制度を知っておくことが大切です。どういう制度があるのかだけでも知っておくことが重要です

今日は役立つ公的医療保険についてお伝えします。

続きを読む

女性が保険に入るなら知っておきたい7つのおすすめタイミングと保障額

jyoseihoken-osusume-1

保険に入るタイミングはいつがいいのか?またどんな保険に入ればよいのか?は、基準がないと迷ってしまいますよね。

女性が保険に入るタイミングとしては、20代、30代が多いようです。

これは、保険には全く興味はなかった方でも、結婚や出産を控えると保険の加入を検討し始めるためです。

生命保険の加入に適した時期は、社会人となって自立した、 結婚した、子供が生まれた、マイホームを購入した、転職・独立した、離婚した、収入が大幅にUP又はダウンした、相続問題をどうすべきかなど、生活設計が大きく変わる時期です。

今回の記事では保険の加入タイミングや何に加入すべきかを迷っている方のために、保険に加入する7つのおすすめタイミングと、どんな保険を検討するのが良いかをまとめました。ぜひ参考にしてみて下さい。

続きを読む

持病で保険を検討するときの注意点

a1380_001495

最近注目されているのが「持病でも入れます」とCMやインターネットで見かける「引受緩和型」といわれる保険です。

保険は健康な人しか加入ができないものですが、病気になってから保険の必要性を感じる人も多いのではないでしょうか?

病気になってから保険に加入を検討するときは注意が必要です。

「引受緩和型」の商品は加入はしやすいですが保険料は割高になっています。

まずは一般の保険を検討するのですが、重要なのは各保険会社によって健康状態による引受の基準が違うということです。病気によっては一般の保険に加入できる可能性があります。

今日は持病がある人が保険を検討するときに重要なポイントをお伝えします。

続きを読む

女性保険の比較するときに大事な3つのポイント

a1180_009238

女性向けの医療保険は女性特有の病気のときに手厚い保障が受けられます。

保険会社も女性向けの医療保険に力を入れており、新商品も発売されていますが、商品がたくさんある中でどこをポイントに比較すればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?

女性向けの商品はたくさんありますが大きな違いはありません。ポイントを抑えておけば比較できると思います。

今日は女性向け医療保険の比較するポイントをお伝えします。

続きを読む