女性のがん保険の必要性と検討する時のポイント

11a0078421c806ac276eb0ae2c97c44a_s

2016年のがん罹患数予測は約101万人、そのうち女性は434,100人で、2015年と比較すると、12,300人も増加しています。

このように女性のがんの罹患率は年々上昇しており、いまや国民病と言っても過言ではありません。

この記事を書いている私自身も30代の女性なのですが、周囲の身近な友人や親戚ががんになったこともあり、また多くの女性から、がん保険に関するご質問を毎日のようにおうかがいしている状況にあります。

この記事では、女性ががん保険を選ぶ際、知っておいた頂きたい事を全てお伝えする内容になっていますので、ぜひ最後までお目通しくださいますようお願いいたします。

続きを読む

全額損金の保険で会社のキャッシュを守る最適の活用法

tc160130040i9a6542_tp_v

法人保険、つまり法人向けの生命保険の中には、保険料全額が損金に算入され「節税」になると言われるものがあります。特に人気があるのは、最終的に解約すれば「解約返戻金」が受け取れ、必要な資金を効率よく積み立てることに役立つものです。保険会社によって名称はまちまちですが、よく「全額損金定期保険」と呼ばれ、人気があります。

この全額損金定期保険は、実は、活用の条件や会社ごとの向き不向きがはっきりしていています。そこで、この記事ではまず、「全額損金定期保険」のメリット・デメリットと、有効活用する上で守るべき鉄則についてお伝えします。

また、全額損金の保険はその他にもあります。解約返戻金は受け取れませんが、その代わり、低い保険料で効率よく会社のキャッシュを守り、増やしていくのに大いに役に立つことがあります。したがって、そういった保険(解約返戻金のない定期保険、収入保障保険、医療保険・がん保険)の有効活用法についてもお話しします。

全額損金の保険の活用をお考えの方は、是非ともお役立てください。

続きを読む

がん保険の加入年齢はいつ?早期加入のメリット・デメリット

a1640_000176

若年層のお客様からよく、がん保険について、何歳で加入するのがベストなのか?まだ早いのではないか?という質問をいただきます。特に、「自分の年代だとがんにかかる確率が低いのに、今のうちから加入する必要があるのか?」「がんが気になる年齢になってから加入すればいいのではないか?」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

しかし、私は、がん保険には若いうちから加入しておくことをおすすめします。なぜなら、加入年齢が若ければ保険料が安くて済むこと、若年層をはじめとする働き盛りの年代ほど経済的ダメージが大きいことを考えると、若いうちにがんにかかる確率が低いことを考慮しても、早期加入のメリットの方が大きいと言えます。

この記事では、がん保険の加入年齢について、なるべく早く加入することをおすすめする2つの理由についてお伝えします。

続きを読む

子供にがん保険は必要か?若いうちに加入するメリットとデメリット

b4a65973c1934138ac6322fa63733510_s

「子どもにもがん保険はかけておいた方が良いのでしょうか?」お子様のいるお父様お母様から、このようなご質問をいただくことが、ここ数年で増えてきました。

近時の放射能の影響により、子どもの甲状腺がんを心配になられているご両親も少なくないのではと思います。甲状腺がんになる確率は低いながらも、発症した時のことを考えると恐ろしい病気です。

お子様にがん保険をかけるかどうかを判断するには、まず、万が一、発症したときのことを知っておく必要があります。その上で、小児がんの医療費がどうなるのか?こどもにがん保険は必要かを検証していきます。

そして子どものがんのリスクにどう対応するかを考えていきたいと思います。

続きを読む

がん保険の解約返戻金はどれくらい?解約と再加入の時の注意点

be2df5fec6503f0b70a62570ad734b4a_s

これからがん保険の見直しを考えているけれど、今のがん保険を解約するとどれくらい解約返戻金が戻るのか疑問ですよね。

もちろん契約内容によって大きな違いはありますが、がん保険の中には大きな解約返戻金がタイプがあります。

がん治療は目覚ましい進化を遂げており、併せてがん保険の保障内容も進化してますので、がんになった時にも安心できるがん保険に見直しをする人も増えています。

そこでこの記事では

  • がん保険の解約返戻金はどれくらいあるか
  • 貯蓄と保障を両立させたい時の最善の選択肢
  • がん保険を解約して返戻金を受け取り新たにがん保険に加入する時の3つの注意点

を解説したいと思います。

続きを読む

がん保険の特約の特徴のすべてと選ぶときの判断ポイント

pak75_negikuttenaoseyo20141025132717_tp_v1

皆さんはがん保険を検討するときに、どのような特約を選ぶべきか悩んでしまった経験はありませんか。

特約にも様々な種類がありますし、どのような内容の特約を選べばいいのか悩んでしまいますよね。しかし、実際はがん保険の特約は以下の5種類しかありません。

  • がん入院特約
  • がん通院特約
  • がん診断一時金特約
  • 抗がん剤・放射線治療特約
  • がん先進医療特約

そして、選び方は非常にシンプルです。がんに関わる特約で優先順位の高いものは「がん診断一時金」と「抗がん剤・放射線治療特約」の2つです。

この記事では、がん保険の特約の種類とその内容の選び方、そして特約の優先順位とその根拠までを全てお伝えしますので、最後まで読んでいただければ、がん保険の特約にはどのようなものがあり、どのような基準で選べばよいのかを判断できるようになってただけると思います。

続きを読む

がん保険で子宮頸がん保障したい方に知ってほしい4つのポイント

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

女性特有のがんの中で最も罹患率が高いのが子宮がんです。赤ちゃんを産むための子宮にできるがんなので、ある意味、女性にとって最も精神的・肉体的苦痛を伴う病気のひとつといえるでしょう。

そして、子宮がんの中でも、特に子宮頸がんは、出産適齢期といわれる20代、30代の女性に特に多いがんです。

そこで、この記事では、以下の3点についてご案内していこうと思います。

・ 子宮頸がんという病気の実態
・ がん保険と子宮頸がんの治療について
・ 子宮頸がんの予防方法

子宮頸がんの前兆でもある、子宮頸部異形成とがん保険についても解説していますので、ぜひ最後までお読みください。

続きを読む

本当に知ってほしい養老保険のメリット・デメリット

a1130_000286

昔から、養老保険は、貯蓄の機能と保険を兼ね備えたものと言われていて個人法人問わず人気がありました。今でも一定の人気があります。

しかし、個人加入については、うまみは現在、失われています。

なぜなら、以前と違って、現在は利率・返戻率が低く、ほとんどの保険でキャッシュが目減りします。しかも、貯蓄の機能だけでも他の保険より見劣りします。

養老保険のメリット・デメリットは、個人で加入する場合と法人で加入する場合とで区別して考えなければなりません。個人加入のうまみがなくなった一方で、法人加入の場合は、唯一、従業員の退職金準備を目的として加入するのであれば、会社に大きなメリットをもたらしてくれる可能性があります。

この記事では、個人と法人の場合に分けて、個人加入と法人加入のそれぞれのメリット・デメリットを検証します。

養老保険の活用を考えている方に役立つ内容ですので、是非とも最後までお読みください。

続きを読む

定期がん保険の必ず知っておきたいメリットとデメリット

AKANE20160312422213_TP_V

がん保険には「定期」と「終身」があり、どちらを選んで加入したら良いのか悩むところだと思います。

基本的には「終身」を選ばれる方が多く、保険会社もそちらに力を入れています。しかし、定期がん保険には、それにしかない大きなメリットがあります。

そこで、この記事では、定期と終身のメリット・デメリットや違いはもちろん、万が一がんになってしまった場合に経済的にも精神的にも最も安心できる使い方もご紹介します。

続きを読む

がん保険の再発に対する保障の必要性と選び方3つのポイント

OOK863_neccyusyou_TP_V1

皆さんは「がん」と聞くと「再発」が恐いという印象がありませんか。

がんは一度治ったと思っても、「転移」や「再発」で再度治療しなければならなくなってしまう可能性のある病気です。

例えば、大腸がんに罹患したステージⅲの患者さんのおよそ30%が再発するようです。また、他のがんの再発データを見ても再発率は10~20%の範囲内にあります。

つまり、がんの再発はがんに罹患された方の5~10人に1人の割合で起きてしまうと言えます。

そんなときに、ご自身が加入しているがん保険は、再発でもお金がおりるのか気になりますよね。

実はがん保険では、再発に対応しているものとそうでないものがあり、再発に対応している保障でもその条件は異なります。

この記事では、がんの再発に対する保障の必要性とその保障の選び方の3つのポイントまでお伝えしますので、がんの再発に対する保障が気になっている方は最後までご覧いただければと思います。

続きを読む