逓増定期保険名義変更プランのしくみと3つの注意点

a0001_000186

オーナー社長の方は、会社の資産は自分自身が築き上げてきたものだという自負をお持ちの方が多いと思います。しかし、会社から受け取れる給与や退職金は損金算入できる額に制限があり、意のままには設定できないものです。

そこで、会社の資産を合法的に自分自身のものにできると言われる方法として、逓増定期保険の名義変更という方法があると聞いたことがあると思います。そして、どんな方法なのか、リスクがあるとしたらどんなものなのか、お知りになりたいことと思います。

逓増定期保険の名義変更プランは、保険料を払い続けるだけのキャッシュフローの見通しと、保険料の1/2以上の営業利益を出し続けられる見通しが確実であれば、会社の資産を個人にある程度移転させることができるものです。

しかし、私たちは、逓増定期保険の名義変更プランを積極的にはおすすめできないと考えています。なぜなら、他により確実でリスクの少ない方法がある上、この先、課税逃れ目的(租税回避)とされて否認されてしまうリスクが高まるおそれもあるからです。

この記事では、逓増定期保険の名義変更プランのしくみを説明した上で、3つの注意点についてお伝えします。

続きを読む

逓増定期保険の経理処理|キャッシュをより多く残せるしくみ

a0002_003098

逓増定期保険は、法人向けの生命保険の中でも、短期間で税金の負担を抑えながら、必要な資金を効率よく積み立てるのに役立つ保険です。ただ、本当にそんな効果があるのか気になるところだと思います。そして、どういうしくみでそうなるのか、まずは経理処理から知りたいとお考えになると思います。

しかし、本やウェブサイトで逓増定期保険の経理処理を調べてみると、多くは通達の長い文章を紹介していて理解しにくく、しかもなぜそういう扱いがされているのかもよく分からないのではないでしょうか。

逓増定期保険には「1/2損金」「1/3損金」「1/4損金」がありますが、経理上なぜそういう扱いになるのか、その時に損金にならなかった部分(「1/2損金」なら残り1/2、「1/3損金」なら残り2/3、「1/4損金」なら残り3/4)が最終的にどういう扱いになるのか理解しておくと、より有効に活用できます。

この記事では、逓増定期保険の経理処理について、最もよく活用されている「1/2損金」のタイプにスポットを当てて、イメージしやすいように分かりやすくお伝えします。なお、「1/3損金タイプ」「1/4損金タイプ」も理屈は同じと考えていただいて結構です。

この記事をお読みになれば、逓増定期保険の経理処理、そして税務について理解が深まり、より有効に活用するのに役立つと思いますので、最後までお付き合いください。

続きを読む

高齢者の生命保険の必要性と検討して頂きたい2つのケース

4a27906e84bf79cfb02e275c22c69cc6_s

高齢者が生命保険を考える理由として、「お葬式代程度は残したい」「家族に負担をかけたくない」というものが多いです。

しかし、お子様が独立し、夫婦二人の年金生活の暮らしであれば、平均的な年金受給額や退職金から計算すると、多くの場合で生命保険はなくても何とかなる場合が多いです。また、高齢者が生命保険に加入すると高額な保険料がかかり、保険そのものが大きな負担となってしまいます。

この記事では、

  • 高齢者の生命保険の必要性
  • 葬儀代を生命保険で賄いたい場合のアドバイス
  • 相続対策で有効な生命保険の使い方

の3つをお伝えしていきます。

先にお伝えすると、基本的には、高齢になってから生命保険を検討するのは難しい場合が多いです。だからこそ、私たちは、若い内にできるだけ具体的に検討して頂けるように活動させて頂いています。しかし、相続対策で生命保険を扱うのは、とても効果的ですし、葬儀代の補填のためというのも悪くはありません。

その理由や、具体的な使い方をこれから詳しく説明させて頂きます。その上で、再度、生命保険についてお考え頂ければ幸いです。

続きを読む

生命保険の必要性|検討する前に考えて欲しい3つのこと

d8af6f838a124f2acabeed235cfc38cb_s

あなたは生命保険は本当に必要なのか疑問をお持ちで調べていることでしょう。

残念ながら、保険会社や業界の怠慢で、「保険は無理やり無駄なものに入らされる」というようなネガティブなイメージがあります。保険業界の人間ですら、その本質を理解されている人が少ないのが現状です。

それでは、その本質とは何なのか?

それは、「万が一のことがあっても、愛する家族を守る」ということです。私たちは、まさにこのために生命保険を扱っています。

そこで、この記事では生命保険の本当の意義を考えて頂くために、

  • 生命保険を検討する前に知っておくべきこと
  • 一般的なご家庭の保険加入時と未加入時のシミュレーション
  • 生命保険で保障すべき金額についての考え方

をお伝えします。

この記事を読んで頂ければ、生命保険が本当に必要なのかどうか正しい判断ができるようになります。私個人は、ぜひ加入していただきたいと考えていますが、この記事を読んで逆に不要だと結論する方もいらっしゃるでしょう。いずれの結論になるにせよ、ご自身で考えて頂くことが重要です。

そのために、是非最後までご覧ください。

続きを読む

住宅ローンを組む時の保険の見直しで行うべきこと

a0008_002312

マイナス金利の影響でローン金利が歴史上でも最低水準となっている昨今、マイホーム購入を検討されている方も多いのではないでしょうか。

マイホームを購入する際、ほとんどの金融機関では、借入れの条件として団体信用生命保険(団信)に加入することを義務付けています。団信とは、住宅ローン契約者に万一のことがあった場合、それ以降の住宅ローンの返済が免除されるというものです。

この時、すでに個人で民間の生命保険に加入していれば、保障内容が重複してしまい、無駄が発生する場合が少なくありません。個人的な体験をお伝えすると、私はファイナンシャルプランナーとして、多くの住宅購入相談を受けてきましたが、ほとんどの方が、団信の加入とともに、生命保険を見直されました。

そこで、ここでは、マイホームを購入する無駄が生まれないようにするための生命保険の見直しのポイントをお伝えします。ポイントは4つです。

  • 団体信用生命保険の基礎知識と4つのポイント
  • フラット35の時の団体信用生命保険の判断ポイント
  • 団体信用生命保険に加入する場合の生命保険の見直し方法(保険料の削減方法)
  • 住宅に関する保障を充実させたい時の選択肢

全てご覧いただければ、保障の重複による無駄を防ぐことができますし、大切なマイホームを守るための備えを万全にすることもできます。ぜひ、真剣にご覧いただければ幸いです。

続きを読む

個人事業主が法人化するメリット5つとデメリット3つ

moon-and-cat_tp_v1

個人事業を営まれていると、一度は「法人化すべきなのか」と考えますよね。

法人化することの最大のメリットは、個人事業主と比べて、お金を管理するための方法が広がることです。それは、資金調達がやりやすくなったり、節税の幅が広がったり、退職金や福利厚生を充実させられたりできるようになることを意味します。

しかし、法人化することによって、

  • 社会保険料の負担が発生してしまう
  • 経費にするのが難しくなる
  • 税理士の顧問料がかかる

というようなデメリットも発生することを考慮すると、果たして本当に「法人化」すべきなのか悩んでしまうのではないかと思います。

実は、そのとおりで、すべての個人事業主の方が法人化するべきではわけではありません。

ここでは、個人事業主の方が法人化をするメリットとデメリットをしっかりとお伝えしますので、是非最後まで読んで法人化すべきかをご検討ください。

続きを読む

みなし配当課税とは?2つのパターンとそれぞれの注意点

a0001_012633

みなし配当とは、会社が株主に配当金を払っていないのに、払ったと同じことにされるものです。みなし配当とされると、みなし配当を受けた株主の側で税金(所得税)が取られることになります。

みなし配当にあたるケースの多くは、所得とされる額が多額になることが多いので、税金の負担も重くなりがちです。

しかし、どういうケースがみなし配当にあたるかは非常に分かりにくくなっています。そして、それを防ぐには少なくとも、「ひょっとしたらこれはみなし配当にあたるんじゃないか?」と気付けるようになっていただく必要があります。

この記事では、みなし配当について、どんなケースがみなし配当にあたるのか、株主の側でどのような課税がされるのかということを分かりやすくお伝えします。

続きを読む

主婦の医療保険の必要性|加入前に知っておくべき3つのポイント

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s

病気やケガをしたときの入院や通院、手術費用の負担を減らすためにかけるのが、医療保険です。

ご主人が大黒柱のご家庭だと、専業主婦の「自分には必要ないのでは?」と思うかもしれません。でも、本当にそれで大丈夫か疑問なのではないでしょうか。

そもそも保険とは万が一の事態になったときに経済的に困らないようにして家族の生活を守ることです。

そこで、この記事では主婦の人に医療保険が必要かどうか判断するために

  • そもそもの医療保険の優先順位
  • 主婦にとって医療保険の優先度が高くない理由
  • 主婦が一般的な病気になって入院する場合の家計シミュレーション

をお伝えいたします。

自分に医療保険が本当に必要か迷っている人は保険の本質を考えて是非判断してください。この記事を読んでいただけると正しい判断できるようになると思いますので最後までお読みください。

続きを読む

みなし贈与|なぜか贈与税が取られてしまうパターンと注意点

a0002_009635

みなし贈与とは、贈与を受けていない、つまり財産をタダでもらってはいないはずなのに、贈与税が取られてしまうケースです。みなし贈与をした側もしてもらった側もそんなつもりがないことが多いのです。しかも、贈与税は非常に高額になることが多いので、みなし贈与にあたるとされてしまうと大変なことになります。

ところが、どんな行為がみなし贈与にあたってしまうのか知ろうとしても、いまいちイメージしにくく、ピンとこないことが多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、みなし贈与のイメージを大づかみしていただくために、贈与税が取られてしまう根本的な理由と、知らず知らずのうちにみなし贈与になってしまっていることが多いケースについて十分に理解していただくことを目標として、お伝えします。

難しいこと、細かいことには極力立ち入らずに済むようにしますので、最後までご覧いただけたらと思います。

続きを読む

個人事業主が法人化して節税できるケースとシミュレーション

rewtyufi_tp_v1

個人事業を営まれていると、一度は「法人化した方が節税できるのではないか」と考えますよね。

しかし、法人化することで

  • 社会保険料の負担が発生してしまう
  • 経費に算入づらくなる
  • 税理士の顧問料がかかる

というようなデメリットを考慮すると、果たして本当に「法人化」すべきなのか悩んでしまうのではないかと思います。

実は、そのとおりで、すべての個人事業主の方が法人化して節税できるわけではありません。

ここでは、個人事業主の方が法人化をして節税ができるケースとできないケースをご紹介いたしますので、ご自身が本当に法人化すべきかどうかの参考にしていただければと思います。

法人化することで節税できるケースでは個人事業主のままでいるよりも、法人化した方が手元に残るお金を2倍以上にすることも可能ですので、是非最後まで読んでご検討ください。

続きを読む