定期医療保険をおすすめする人と知っておきたいメリット・デメリット

医療保険は主に終身医療保険と定期医療保険に分かれますが、現在の主流は終身医療保険でネットなどで調べると出てくるのは終身医療保険でしょう。

私も基本的におすすめするのが終身医療保険ですがすべての人におすすめするわけではありません。

中には定期医療保険に加入をおすすめする人もいます。

今日は定期医療保険をおすすめする人とメリット・デメリットをお伝えします。終身と定期どちらがいいのか迷っている人は是非参考にしてください。

続きを読む

生活習慣病とは?絶対に知っておきたい原因と予防法

長寿大国の日本。男性の平均寿命がついに80歳を超え、女性は寿命が世界最長の87歳となっています。(2014年版「世界保健統計」より)

しかし、日本人の3分の2の人が生活習慣病で亡くなっており、特に三大疾病と呼ばれている「がん・急性心筋梗塞・脳卒中」で死亡する割合は約55%にものぼります。

これらは普段の生活習慣が原因で病気が発症したり進行すると考えられており、偏った食生活や運動不足、ストレス、過剰な飲酒や喫煙など毎日の積み重ねによって引き起こされます。困ったことに自覚症状がなく、長い長い年月を経てから病状が現れるのも特徴です。

そこで今回の記事では生活習慣病の原因と予防法についてお伝えしたいと思います。生活習慣病は多くが予防できるものですので、普段の生活習慣に心当たりのある方はぜひ最後までお読み頂いて、自身の生活習慣改善にお役立て下さい。

続きを読む

医療保険を検討する人必見!加入率と医療保障に関するデータのまとめ

病気やケガに対する備えが必要性を感じる今日この頃。でも、日本で実際にどれくらいの人が医療保険に加入しているのか気になりますよね。

保険を考えるときはあくまでも自分に必要な保障だけ加入するものですが、はじめて検討する人は一般的なデータも参考になると思います。

そこで今回の記事では実際にどれくらいの人が医療保険に加入しているのかお伝えしたいと思います。医療保険にこれから加入しようと思っている方や見直しを考えている方はぜひ最後までご覧下さい。

続きを読む

低解約返戻金型終身保険5つの活用法とメリット・デメリット

貯蓄型保険で現在注目されているのが低解約返戻金型終身保険です。どのような活用法があり、どんなメリットとデメリットがあるのか知りたいですよね。

私もおすすめする低解約返戻金型終身保険ですがデメリットもあり、必ず抑えて抑えておかなければいけません。

この記事では低解約返戻金型終身保険の活用法そしてメリット・デメリットまですべてお伝えしますので、検討している人は必ずご覧ください。

続きを読む

女性必見!乳がんの必ず知っておきたい予防法と治療法

日本人女性のおよそ14人に1人がかかる乳がん。日本では乳がんの検診を低額で受けることができますが、日本人の乳がん検診率は先進国でも最低水準の3割の人しか受診していません。

そこで今回の記事では乳がんの予防法&治療法をお伝えしたいと思います。

乳がん検診の種類や自分で簡単にできるセルフチェックのポイントもご紹介しておりますので、乳がんの罹患率が増加する30代の方や罹患率がピークになる50代前後の女性は特に必見です。ぜひ最後までご覧ください。

続きを読む

平成27年1月相続税改正|知っておくべき改正ポイントと税金対策

平成27年1月から改正され、増税になるもので気をつけておきたいものが相続税改正です。

現行の相続税だと大きな基礎控除額があるので一定の富裕層の人だけが相続税の対象となっていました。今回の改正では基礎控除額が引き下げられ、今まで4%ほどの人しか対象とならなかった相続税が、新制度になると7%ほどに上がると予想されています。

そこで今回の記事では平成27年1月相続税改正のポイントをお伝えします。今回の相続税の改正で、対象者の幅が拡大されます。相続税対策に悩まれている方、相続税に関する知識を深めたい方は必見です。ぜひ最後までお読みいただいて、今後に役立てて頂けたら幸いです。

続きを読む

節税とは|法人税節税を考えるときに押さえておきたい益金と損金の関係

会社の利益が出ると法人税の節税を考えると思いますが、法人税はどのようにすれば節税できるのかよくわからないですよね。

一般的には経費を増やし、利益を減らす方法を取りますが、仕組みを理解していないと間違った節税方法をしてしまうかもしれません。

この記事では法人税を節税するときの益金と損金の関係についてお伝えします。法人保険を活用して法人税を節税を考えるときに知っておかないといけない基礎知識なので抑えておきましょう。

続きを読む

生命保険の保険料は平均どれくらい!?気になる参考データ

私が保険の相談を受けるときによく聞かれるのが、「みなさん保険料はどれくらい払っているのですか?」ということです。

家族構成や考え方によって保険料はぜんぜん違いますが、これから保険に検討する人はどれくらいの保険に入ったらいいのかぜんぜんわからないのではないでしょうか?

他の人はどれくらい保険に入っているのかは気になるところでしょう。

この記事では参考までに生命保険の保険料の平均データについてお伝えしたいと思います。あくまでも参考程度にご覧ください。

続きを読む

知らないと損するかも?知っておくべき児童手当の申請方法と支給額

児童手当とは、子どもにかかる生活費を支援する制度で、現在3歳未満の子どもならひと月1万5000円の手当てを受け取ることができます。いくつかの国で実施されていますが、日本では1972年から実施されています。

児童手当は約9割の人がきちんと申請しているということですが、「児童手当は生まれた翌月から毎月もらえるものだと勘違いしていた」という方や「里帰り出産だったため、出生届と児童手当の申請に手間取った」という話もよく聞きます。

そこで今回の記事では児童手当の申請方法から支給スケジュールまで詳しくお伝えしたいと思います。現在、妊娠中で出産を間近にひかえている方、赤ちゃんが生まれたばかりの方、パパになる予定の方、児童手当の知識をつけておきたい方は必見です。申請する段階になって慌てないためにも、ぜひ最後までご覧くださいね。

続きを読む

育児休業給付金とは?必ず知っておきたい申請方法と支給額の目安

「育児休業給付金」子供が生まれたときに抑えておきたい制度ですが、どんな制度か気になりますよね。
この制度は、仕事を続けるママが赤ちゃんの育児で働けなる期間の「生活をサポート」するための給付金です。平成25年度の有期契約労働者の育児休業取得率は女性で「69.8%」、男性は「0.78%」の人が取得しています。

アベノミクス成長戦略では女性の就業率を2020年までに73%まで引き上げることや、育児休業期間を3歳まで延長したり、男性の育児休業取得率を13%まで上げるなどさまざまな政策目標が掲げられていますね。今後ますます育児休業を取得するパパやママが増えていくことになります。それに伴い、育児休業給付金を受け取る方も増えてくると思います。

そこで今回の記事では、育児休業給付金の申請方法や給付金の支給額の目安についてお伝えしたいと思います。現在妊娠していて出産を控えている方、育児休業給付金の制度について知識をつけておきたいという方、もちろんパパになる方も必見です。どうぞ最後までご覧下さいね。

続きを読む