オーナー社長が会社のために考える相続税と自社株対策とは?

いつかはやってくる引退に向けて、会社を良い状態で引き継ぐために、後継者に円滑に自社株を引き渡したいという経営者の方は多いのではないでしょうか。

さらに、相続税についても事前に十分対策をしておきたいという方は多いのではないでしょうか。

今回の記事ではオーナー社長が会社を円滑に後継者に引き渡すために重要な、相続税の納税資金の準備、および円滑な株式譲渡のための事前対策についてお伝えします。

続きを読む

子供に生命保険は必要なの?知っておきたい4つのポイント

子供向けの生命保険商品が各社で販売されており、CMでもご覧になったことのある方はいるかと思います。

ただ、そのときあなたは『子供に生命保険はかけるべきなの?』と思いませんでしたか。実は、私もいくつかの理由があり子供に生命保険を掛ける必要性をあまり感じていません。

本日は子供の生命保険についてご説明していきますので、是非最後まで読んでいただけたらと思います。

続きを読む

類似業種比準方式とは?株式の相続税対策に必要な知識まとめ

あなたは、株式の相続対策について調べていて、株式の財産価値の評価方法として「類似業種比準方式」というのがあることを知ったことと思います。

しかし、ややこしそうな数式が出てきて意味が分からなくなっていたり、他の「純資産価額方式」「配当還元方式」といった評価方法との使い分けが分からなかったりしているのではないでしょうか。

類似業種比準方式は、簡単に言うと、株式にかかる相続税が高くなりすぎないようにするための評価方法です。

というのは、本来、相続税を課す時は、その財産の評価は、その時の「ナマの資産価値」を見ることになっています。したがって、本来、株式の価値は、会社の「ナマの資産価値」によって決まるはずです。

しかし、会社の場合、資産が豊富にあったとしても、会社の業績、キャッシュフローの良し悪しは、それと別の問題です。また、よほどの大株主でも、会社の資産価値の全てを握っているとは言えないでしょう。

そのため、株式の価値を評価するのに会社の「ナマの資産価値」をストレートに反映させてしまうと、あなたから株式を相続する方の株式にかかる相続税が重くなりすぎることがあります。そうなると最悪の場合、会社自体が立ち行かなくなってしまうケースも出てくるでしょう。

そこで、株式の評価額が高くなりすぎないようにするために使われるのが、類似業種比準方式です。

この記事では、類似業種比準方式とはどのようなものか、どのような株式が対象となるのか、どう使われるのかについて説明します。ややこしいい計算式ですが、簡単に解説していきますので是非参考にしてください。

続きを読む

個人年金保険シミュレーション|加入時と非加入時はどれだけ違う?

「老後資金」はいくら必要か知っていますか?と聞かれて、あなたははっきりと明言できるでしょうか。「まだ、先の話だから・・・」と後回しにしていませんか?残りの人生を有意義に過ごすためにも、今から理解することは大事なことです。

そこで、本日は、老後に楽しく生きるために、まずは老後にいくら必要かを確認したうえで、老後のシュミレーション事例を検証したいと思います。さらに、その結果、老後資金が少ないようであれば、どのような対策ができるのか、個人年金保険を活用した場合のシミュレーションの変化も交えて見ていきたいと思います。

自分の将来と重ね合わせてご覧頂ければ幸いです。

続きを読む

自社株の相続について経営者が考えるべきことまとめ

経営者にとって、自社株をどのようにスムーズに、後継者に相続するかは、非常に重要な問題です。もし、ここでミスをしてしまうと、それこそ会社を乗っ取られたり、倒産する可能性もあります。

また、相続についても、家族に対して不均等な財産の分け方をすると、後々のトラブルの元にもなりかねません。

経営は戦いですし、家族といえども、それぞれ各々の事情があります。人間である以上、こればかりは仕方ありません。大切なことは、その前提の上で、どのようにスムーズに相続を実現することです。

今回は、そのために知っておくべきことをご紹介します。大切なことなので、必ず押さえておきましょう。

続きを読む

税金対策だけじゃない!?法人保険を活用する5つのメリット

事業を立ち上げ、ご自身の会社を法人化されている経営者の方であれば、保険会社の営業マンから「法人保険は節税ができる」という理由で、一度は加入をすすめられたことがあるのではないでしょうか。この記事をお読み頂いている方の中には、すでに法人保険に加入中の方も多くいらっしゃると思います。

私たちは、主に中小企業の経営者の方から法人保険に関するご相談を数多くご依頼いただいているのですが、そのメリットをしっかりとご理解いただいている経営者の方は、少ないように思います。たいへん残念なことではあるのですが、お付き合いなどで勧められるまま法人保険に加入していたり、ご自身では内容を把握して加入されているつもりでも、実際には目的と違う保障内容だったというケースが多いのが現状です。

この記事では、法人保険に加入する5つのメリットについてご説明させていただきます。法人保険に加入されている経営者の方は、ご自身の保障がどのようなメリットを持っていて、どんな目的で加入されているのかを再確認してみてください。また、これから加入を検討される方は、法人保険のメリットを知っていただき、保険選びのご参考にしていただければ幸いです。

続きを読む

個人年金に係る税金|税金の種類や保険料の控除について

公的年金のシステムに対して不安が囁かれるようになった昨今。

老後の資産形成を自力で行うという人も増えてきており、将来への積立ができる金融商品への関心が強くなってきている方も多いのではないでしょうか。

自力での資産形成に用いられる金融商品の中で、真っ先に思い浮かぶのは個人年金保険でしょう。

個人年金保険は保険料に対して控除制度が定められており、将来の為に積立をしながら節税をすることが出来ます。

しかし、受取時になると、受け取ったお金に対して税金がかかることは忘れてはいけません。

今回は個人年金保険に係る税金の種類や保険料に対する控除について解説していきます。

老後に備え、個人年金保険に係る税金についてしっかりと理解しましょう。

続きを読む

タワーマンションの節税の仕組みとメリット・デメリット

まとまった資産をお持ちの方は、「タワーマンション節税」に興味をお持ちになったことがあると思います。以前から、タワーマンションの高層階を買うと固定資産税や相続税の節税になると言われてきました。

もしも本当に節税になるならば、タワーマンションを購入したいと思うでしょう。

しかし、2018年以降に引き渡される新築マンションについては節税のメリットが薄くなりました。こうなると、いったい、何がどうなっているのか、どうしたらいいのか、分からないのではないでしょうか。

この記事では、今まで言われてきた「タワーマンション節税」のメリット・リスクについて、基本的なしくみと、2018年以降の税制改正も踏まえながら、些末な点に立ち入ることなく、イメージしやすいように分かりやすく説明します。

タワーマンション節税をお考えの方には役に立つ内容になっておりますので、是非最後までお読みください。

続きを読む

生命保険の相続税対策|知らないと損する節税のポイント

生命保険は万が一の時に死亡保険金が受け取れる保険です。でも、受け取れる保険金に税金がかかるかどうか?疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

と同時に、生命保険で相続税対策ができるという話も、聞いたことがあるかもしれません。

生命保険の役割は、あなたに万一のことがあったとき、残されたご家族が経済的に困らないために加入するものです。ですから、その保険金に税金がかかると、必要なお金を残すことができなくなってしまうかも知れません。

よって、生命保険にかかる税金の仕組みについて知っておくことはたいへん重要になります。

相続税対策として生命保険に加入する時も同様で、その目的に合った保険の入り方をしないと、まったく意味のないものになってしまいます。

そこで、この記事では

・生命保険の保険金が非課税になるケース
・相続税対策で有効な生命保険

の2点について、ご紹介したいと思います。

これから生命保険に加入しようとお考えの方はもちろんですが、ご自分が保険金の受取人となっている方にもお役に立てる内容となっておりますので、ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む

保険金の税金|種類ごとに違う保険金の課税・非課税

万一のことが起きた時に自身や家族の生活を保障してくれる保険金や給付金。

自身や遺された家族の為にも、なるべく多くの金額が給付されて欲しいものですが、実は保険金にも税金がかかるものがあります。

保険金にかかる税金は保険の種類によって違い、同じ保険でも契約者と受取人が同一かどうか等、条件によって細かく分類されている場合もあります。

今回はそんな保険金の税金について、

  • 課税されるもの
  • 非課税のもの

に分類した上で、課税されるものの種類や条件について詳しく解説していきます。

万が一保険の保障が適用されるような状況になってしまった際に、想定よりも受け取ったお金が少なかった、といったことの無いよう、保険金にかかる税金についてしっかりと理解しておきましょう。

続きを読む