相続税評価額とは?宅地と自社株式の評価の方法

あなたは、不動産や自社株式といった価値の大きな財産の相続税対策をお考えのことと思います。

相続税対策を考えるにはまず、相続税評価額を知る必要があります。そして、そのためには、財産の評価方法についての基本的な考え方を押さえておくことが必要です。

そこで、この記事では、相続税の価値評価が特に困難な宅地と自社株式にスポットを当てて、それらの相続税評価額の算出方法を、基本的な考え方から整理して分かりやすくお伝えします。

続きを読む

法人保険で必要な資金を準備する方法のメリットとデメリット

もしも、法人保険を活用すれば、何もしないよりキャッシュを約20~30%多く残せるとしたら、試してみたいと思いませんか?

法人保険は、正しい選択をして上手に活用すれば、損益の計上のタイミングを調整しながら効率よくキャッシュを積み立てられる可能性があります。

しかも、法人保険の商品の多くは、いつ、どのような場合に、いくら受け取れるかということが予め決まっているので、株式投資などと違って特別な知識・経験は不要です。

この記事では、法人保険を活用した損益の計上のタイミング調整の方法について、メリットとデメリットを含めて詳しく、分かりやすく紹介します。

また、法人保険と似た機能がありリスクが少なく安心して利用できる公の制度・中小企業倒産防止共済についても簡単に説明したいと思います。

続きを読む

医療費控除の対象となるものと必ず押さえておくべき7つのポイント

確定申告の時期になると注目されるのが「医療費控除」です。

医療費控除は、かかった医療費の一部を納税申告の時に所得から差し引くことができる制度です。

そこで気になるのが、「予防接種はどうなのか?風邪薬はどうなのか?」など、医療費控除の対象にはどんなものがあるのか?ということでしょう。そこで、この記事では、医療費控除の対象となるもの、ならないものについて、分かりやすくお伝えします。

医療費控除の特例であるセルフメディケーション税制についても触れていますので、ぜひ最後までお読みください。

続きを読む

決算対策は期末月でも間に合う!簡単な8つの方法

例年よりも多くの営業利益が上がると、嬉しい半面、決算対策に頭を抱えることになると思います。

とはいっても、本やインターネット上で説明されているノウハウは、どれが良くてどれが悪いのか、何から優先手をつけたらいいのか、分からなくなっているのではないでしょうか。

この記事では、様々な決算対策の中から、難しい知識やテクニックを必要とせず、期末でも手っ取り早く簡単にできる方法を8つ厳選し、難易度が低い順にお伝えします。

続きを読む

抗がん剤治療とは?具体的な治療方法と治療費を抑える方法

ここ数年、がん保険で登場したのが「抗がん剤特約」です。

抗がん剤特約は、がんの治療を行ったときに毎月10万円など、設定額の治療給付金を受け取れる特約です。

抗がん剤に限らず、がんにかかると治療費が平均100万円ほどかかるといわれています。

早期に発見して、保険適用の治療ですめば貯蓄などでまかなえるかもしれません。しかし、がんの再発予防や検査などで引き続き通院をするケースも多く、長い目で見ると医療費が高額になる可能性があります。

2人に1人ががんにかかるといわれている今の時代、万が一の時に備えて、何らかの対策をとっておく必要があるのではないでしょうか?

そこで本日は、がん保険を検討する時に参考となる『抗がん剤治療』についてお伝えしたいと思います。

「これからがん保険に加入しよう」と思っている方、「がん保険に加入したけど、実際にがんになったらいくらの費用が掛かるのか心配…」と考えている方はぜひご覧ください。

続きを読む

ドル建て終身保険とは?押さえておきたいメリットとデメリット

保険で貯蓄を考える1つの選択肢として、ドル建て終身保険があります。

ドル建て終身保険は「保険で資産運用してお金を増やしたい!」という人におすすめの保険商品です。予定利率が円建てより高めに設定されており、保険料も割安なのが特長です。

とは言うものの、「危険なのではないか?」とか「難しそうでよくわからない」「怖くて手が出せない」というイメージも多いと思います。確かに、ドル建て終身保険にはたくさんの魅力とそれに伴うリスクがあります。

そこで今回の記事では、ドル建て終身保険のメリットとデメリットを中心にお伝えしたいと思います。

外貨建て保険はリスクはありますが、リターンも期待できる商品です。メリット・デメリットをしっかり理解した上で活用しましょう。外貨建て保険に興味がある方やドル建て終身保険に加入を検討されている方は、ぜひ最後までご覧ください。

続きを読む

損金の基本|法人税法上、損金に算入できるモノとタイミング

会社が黒字の時には、法人税の心配をしなければなりません。多額の利益が出て益金が大きくなれば、何とか損金の額を大きくしてバランスをとりたいものです。

しかし、ややこしいことに、法人税法の損金に関するルールは単純ではありません。費用として支出しても損金と認められないものがあります。また、支出のタイミングと損金への計上のタイミングがずれるものもあります。

そのため、「何が」「どの年度の」損金に算入されるか、つまり、損金に算入できるものの種類と、算入のタイミングを、大まかにでも押さえておいて、広く長い視野をもって税金対策を行うことが重要です。この記事では、そんな損金の基本的な知識と考え方について、メリハリをつけて分かりやすく説明します。

なお、法人税の大まかな仕組みについてはこちらで説明していますので、お読みください。

続きを読む

個人年金は税金がお得!?知っておきたい控除に関する5つのポイント

ここ数年、公的年金への不安がニュースなどで報じられています。

もしかしたら老後の生活資金を自助努力で積み立てなければならない時代がやってくるかもしれません。

将来の積立ができる金融商品はたくさんありますが、代表的な商品の1つが個人年金保険です。

個人年金保険は老後への積立ができるだけでなく、保険料について税金の控除も受けられます。

会社員の方であれば年末調整、個人事業主の方は確定申告により、還付が受けられます。

ただ、気になるのは、実際どれくらい還付が受けられるかということだと思います。

そこで本日は、個人年金保険に加入をしたときの税金の控除についてお伝えします。

続きを読む

相続税の計算方法|マスターするための5つのステップ

あなたは、相続税対策をするために、まず、相続税の基本的な計算方法を知りたいと思っていることと思います。しかし、複雑で分かりにくいと感じているのではないでしょうか。

たしかに、相続税の計算方法はやや複雑です。しかし、5つのステップに整理して、どこの話をしているのかということを見失わないようにすれば、ある程度整理して理解することができます。

この記事では、細かい枝葉の話に入るのを極力避け、具体例を用いて、相続税を計算するうえで最低限、是非とも押さえておくべき5つのステップについてすっきり整理して説明します。

続きを読む

差額ベッド代とは?入院費用を抑えるために知っておくべき基礎知識

入院費を左右するといっても過言ではないのが「差額ベッド代」です。

通常の医療費は健康保険によりほとんどの方が3割負担となり、さらに高額療養費制度を使えば一定の割合で医療費が払い戻されます。

ですが、差額ベッド代というものは健康保険対象外ですので、全額自己負担しなければなりません。

そもそも差額ベッド代とは何の「差額」なのでしょうか?

本日は差額ベッド代についてお伝えしたいと思います。入院費の負担は差額ベッド代を使うかによって大きく変わってくるので、医療保険を検討するときは必ず知っておいていただきたい知識です。ぜひ最後までご覧ください。

続きを読む