私的年金・個人年金保険の必要性と種類徹底解説

高齢化社会となり、公的な年金だけで老後を快適に暮らせるのか、不安に思っている方は多いのではないでしょうか。

そんななかで、公的な年金以外に私的年金と呼ばれる制度も登場しています。

ここでは老後の生活を豊かにしてくれる可能性がある私的年金・個人年金保険はどういったものか、どんな種類があるかを解説しています。

続きを読む

生前贈与でかかる税金は高い?節税が可能な3つのケース解説

生前贈与をした場合、贈与税がとられ、相続税より高くつく場合が多くなっています。

ただし、上手に使うと、かえって節税できることもあります。

ここでは、生前贈与で税金を節税できる3つのケースについて解説しています。

贈与・相続したい財産が手元にある場合は、生前贈与をえらぶか否かで大幅な節税効果が見込めることもあるので、あらかじめ検討しておきたいところです。

続きを読む

フリーランスと税金|クリエイターが意識すべき経費や控除

ネットメディアが台頭し、情報が簡単に手に入るようになった昨今。

企業は売りたい商品の価値を売り込むため、無形のコンテンツに高い質を求めるようになりました。

そういったコンテンツを支えるデザイナーやプログラマーをはじめ、クリエイターと呼べるようなフリーランスの方が増えてきたように感じます。

自らの知識や技術を価値に変えているフリーランスの方々は、「物」を商品として販売する商人と呼べるような人たちと比べると、税金対策の部分で意識すべきことに違いがあります。

今回はそんな「フリーランス」の方々が税金対策をする上で、特に経費の面でどこを意識すべきなのかということについてお話ししていきます。

項目が多く煩雑な「経費」の中から、本当に自身に関係のあるものを理解し、洗練された確定申告を実現しましょう。

続きを読む

外貨建て保険とは?知っておくべきメリットとデメリット

日本が低金利の時代となり、利率の高い外貨の人気が高まってきます。そして生命保険の中にも外貨で運用を行う外貨建て保険があります。

ただし、これまで運用などをしたことをない人は抵抗があると思います。特に気になるのがどんなリスクがあるのか、そして自分に外貨建て保険はあっているのかだと思います。

たしかに外貨建て保険は為替変動によるリスクがありますが、利率が高くメリットもある商品です。

今日は外貨建て保険の特徴とメリット・デメリットを中心にお伝えします。外貨建て保険はリスクはありますが、メリットもある商品です。デメリットもしっかり把握した上で活用しましょう。

続きを読む

保険を使った貯蓄|貯蓄に適した保険と選び方を徹底解説

マイナス金利政策が打ち出されて久しい日本。

一般にメガバンクと呼ばれるような銀行における預金金利は、定期預金で0.01%、普通預金で0.001%にまで下がり、もはや預金していれば金利でお金が増える、という時代ではなくなってしまいました。

そんな近年の金利政策に合わせ、人々の目はより金利の高い資産運用に向けられるようになっています。

その中でも比較的リスクが少なく、イメージしやすいものとして、保険による資産運用が挙げられます。

万一の際にも備えつつ貯蓄ができる終身保険や、子供が生まれた際、将来の教育費に備えて運用する学資保険など、「貯蓄型」と呼ばれる保険もバリエーションが増えてきました。

今回はそんな「貯蓄型保険」について、

  • 金利は少ないが安定している保守的な保険
  • 金利が大きくなる可能性はあるがリスクも抱えている保険

に分けて紹介していきます。

子供の教育費や老後の備えから分散投資の選択肢としてまで、それぞれの保険の内容を把握して、保険による資産運用を検討してみましょう。

続きを読む

自営業の税金対策|経費にできるものと控除を受けられるもの

サラリーマンから自営業になると、途端に「税金」という言葉が頭に付いて回るようになります。

今までは会社が申請をしてくれていたものを、確定申告という形で自分がやることになるのですから当然と言えますね。

税金と聞くと、真っ先に「節税」や「経費」といった言葉が連想されるでしょう。

自営の方が支払うことになる税金は、消費税以外全て「所得」を基に計算されます。

所得とは「収入から必要経費を引いたもの」です。

所得が低いほど税金は少なくなるということを考えると、「経費」をしっかり把握して申告することが、適切な税額を納付するために重要であることがわかります。

また、自営で仕事をする個人事業主には、サラリーマンでは受ける事のできない税金の控除が多数用意されています。

そのような控除を十分に活用することも、節税における重要な要素です。

今回は自営業者の税金対策と銘打って、

  • 経費について
  • 控除について

を解説していきます。

しっかり理解して、毎年の確定申告に備えましょう。

続きを読む

住宅ローンの保険は収入保障保険にすれば節約になる?

住宅ローンを組む際には、金融機関に紹介された保険に加入するケースが多いようです。

しかし民間の保険会社が販売する「収入保障保険」を選んだり乗り換えたりすることで、大幅な節約になることがあります。

ここでは住宅ローンの保険について紹介した上で、収入保障保険でどの程度保険料が安くなるか解説しています。

続きを読む

妊娠に備えて医療保険に加入するべき?おさえておくべき知識まとめ

国民健康保険中央会の「正常分娩分の平均的な出産費用について(平成28年度)」によると、正常分娩の場合、全国の出産費用の平均は505,759円とのことです。

出産費用は地域差も大きく、東京都だけに限った平均は621,814円になります。

出産費用の負担をやわらげるため、民間の医療保険に加入を検討されている方も多いのではないでしょうか。

しかし出産の際は公的な金銭の保障を受けられたり、仮に民間の医療保険に加入しても給付金が支給される条件が限られたりなど、あらかじめ知っておくべきことが複数あり注意が必要です。

ここでは、出産にあたって民間の医療保険に加入するか否か検討するときに知っておくべき知識をまとめた上、どんなときに医療保険に加入すべきかお伝えしています。

あわせて妊娠中に医療保険へ加入する場合の保障についても解説しています。

続きを読む

学資保険の保険料は年末調整や確定申告で申告すべき?

年末調整や確定申告の際には、生命保険や医療保険などの各種保険料を申告して税金の控除を受けるのが一般的です。

一方で学資保険については、どのように扱えばよいか分からないという方も多いのではないでしょうか。

ここでは学資保険を年末調整や確定申告の際に申告すべきか、保険料の控除でどの程度の還付金が受けられるのか、シミュレーションとあわせて解説しています。

続きを読む

死亡保険金にかかる税金6パターンのかんたん解説

一口に死亡保険金といっても、保険の種類やどのような契約の形態になっているかで課せられる税金の種類が違います。

どのような税金を支払うにより、税金の額にも大きな差がでてしまうことがあるので、契約する際にはあらかじめ把握しておきたいところです。

この記事では、死亡保険金に係る税金についてパターンごとに解説しています。

続きを読む