出産一時金で出産費用を抑えるために知っておくべきことと申請方法

出産育児一時金

出産費用がいくらかかるかご存じでしょうか。妊娠や出産は病気で病院にかかる場合と違って健康保険が使えないため、かかる費用が全額自己負担になります。

出産費用は人により異なりますので、一概にいえませんが平均的には約40~50万円ほどかかるといわれています。そこでこの大きな出産費用を補ってくれ、頼りになるのが「出産育児一時金」です。出産育児一時金は健康保険か国民健康保険に加入していて、妊娠4ヶ月(85日)以上で出産したときに受給することができます。

しかしそんな一方で「出産育児一時金の手続きの方法がわからない」「直接支払制度って何?」というお話をよく耳にします。そこで今回の記事では出産育児一時金の申請方法と制度についてお伝えしたいと思います。現在妊娠されている方、出産育児一時金について詳しく知りたい方は必見です。ぜひ最後までご覧ください。

続きを読む

知らないと損するかも?知っておくべき児童手当の申請方法と支給額

児童手当

児童手当とは、子どもにかかる生活費を支援する制度で、現在3歳未満の子どもならひと月1万5000円の手当てを受け取ることができます。いくつかの国で実施されていますが、日本では1972年から実施されています。

児童手当は約9割の人がきちんと申請しているということですが、「児童手当は生まれた翌月から毎月もらえるものだと勘違いしていた」という方や「里帰り出産だったため、出生届と児童手当の申請に手間取った」という話もよく聞きます。

そこで今回の記事では児童手当の申請方法から支給スケジュールまで詳しくお伝えしたいと思います。現在、妊娠中で出産を間近にひかえている方、赤ちゃんが生まれたばかりの方、パパになる予定の方、児童手当の知識をつけておきたい方は必見です。申請する段階になって慌てないためにも、ぜひ最後までご覧くださいね。

続きを読む

育児休業給付金とは?必ず知っておきたい申請方法と支給額の目安

育児休業給付金

「育児休業給付金」子供が生まれたときに抑えておきたい制度ですが、どんな制度か気になりますよね。
この制度は、仕事を続けるママが赤ちゃんの育児で働けなる期間の「生活をサポート」するための給付金です。平成25年度の有期契約労働者の育児休業取得率は女性で「69.8%」、男性は「0.78%」の人が取得しています。

アベノミクス成長戦略では女性の就業率を2020年までに73%まで引き上げることや、育児休業期間を3歳まで延長したり、男性の育児休業取得率を13%まで上げるなどさまざまな政策目標が掲げられていますね。今後ますます育児休業を取得するパパやママが増えていくことになります。それに伴い、育児休業給付金を受け取る方も増えてくると思います。

そこで今回の記事では、育児休業給付金の申請方法や給付金の支給額の目安についてお伝えしたいと思います。現在妊娠していて出産を控えている方、育児休業給付金の制度について知識をつけておきたいという方、もちろんパパになる方も必見です。どうぞ最後までご覧下さいね。

続きを読む

法人保険を相談するときに必ず注意する5つのポイント

a0002_000180

会社が軌道に乗り、そろそろ保険でも入ろうかと考えていないですか?

法人で保険に加入をするときは個人と違い単に保障内容だけで検討してはいけません。保障内容はもちろん税金、将来の貯まるお金、退職金など法人保険はたくさんの効果があります。

そこで法人で保険を検討する時は専門家に相談すると思いますが、その時に注意しないといけないことがあります。

今日は法人保険で注意することをお伝えします。基本的なことですが相談するときには必ず押さえておきましょう。

続きを読む

乳幼児医療費助成制度とは?子供が生まれるとき知っておくべき知識

乳幼児医療費助成制度とは?

子供が生まれたときに気になるのが病気になったときにどのような保障が受けられるのかではないでしょうか?

子供が受けられる保障の代表的な制度が「乳幼児医療費助成制度」です。乳幼児が医療機関で診察や治療を受けた際に、その費用の一部または全額を自治体が助成してくれる制度になります。

病気しがちな乳幼児期にこのようなサポートが受けられるのはとても助かりますよね。この制度を知らなくて損をすることのないようにしなくてはいけません。

今回の記事では乳幼児医療費助成制度についてお伝えしたいと思います。 この先子どもを出産する予定がある方、現在妊娠されている方、乳幼児医療費制度の仕組みについて理解を深めたい方はぜひ最後までご覧下さいね。

続きを読む

未熟児養育医療制度とは?入院治療が必要な赤ちゃんを助ける制度

未熟児養育医療制度

医師が入院養育が必要と認めた赤ちゃんが指定の医療機関で入院や治療を受ける場合に、医療費が援助される「未熟児養育医療制度」があります。

日本には生まれた赤ちゃんを支援する制度がたくさんあります。その中の1つがこの制度です。

そこで今回の記事ではその中のひとつの未熟児養育医療制度についてお伝えしたいと思います。どのような制度が気になる、知識として知っておきたいという方は是非ご参考にして下さいね。

続きを読む

医療保険はいつから保障されるの?契約するとき必ず確認すべきこと

医療保険 いつから

「医療保険の保障開始日はいつ始まるの?」「保険の申込みをしてからすぐに病気になった場合の保障はどうなるの?」

保険を申込んだはいいものの、病気やケガをしたときに保障がおりなければ保険に入っている意味がありませんよね。

しかし実際のところ、保障が開始される日がいつなのかぴったりわかる人は少ないと思います。保障が開始される期間のことを専門用語では「責任開始日」といいますが、通常の契約だと申込みをした時点では保障は始まっていません。

ではいつから保障が開始されるのでしょうか。今回の記事では医療保険の責任開始日について気をつけておきたい注意点と、いくつかのポイントをお伝えしたいと思います。医療保険にこれから加入する人、現在検討している方はぜひ最後までお読みください。

続きを読む

高額療養費制度平成27年1月の改正でどう変わる?改正点のポイント

高額療養費制度 改正

みなさんは高額療養費制度というものをご存知でしょうか。

高額療養費制度とは、月の初めから終わりまでの医療費が高額になった場合に、一定の自己負担額を超えた部分が払い戻される制度です。年齢や所得に応じて、本人が支払う医療費の上限が定められており、いくつかの上限を満たすことにより、さらに負担を軽減する仕組みもあります。

しかし、その高額療養費制度が平成27年1月に改正されます。この改正により、所得によって自己負担限度額が増える人と減る人が出てくるので、「自分の場合はどうなるの?」「どのくらい影響があるの?」という疑問を持つ方も多いはず。

そこで今回の記事では高額療養費制度が前の制度とどのようなに変わるのか、お伝えしたいと思います。

自己負担限度額の区分が【3区→5区】に細分化されるとのことですので、あなたのご家庭の自己負担限度額が変わるかもしれません。高額療養費制度を知りたい方や改正後の内容が気になる方はぜひ最後までご覧ください。

続きを読む

法人保険を検討する時に重要な解約返戻金と返戻率とはどういうもの?

a0001_016121

法人保険を調べていると「解約返戻金」「返戻率」という言葉がよく出てくると思います。

保険本来の目的は万が一の保障ですが、法人保険は節税や退職金を貯めるなど保障以外の目的で加入をすることがあります。その時に重要なのが解約したときの解約返戻金です。

そして法人保険を比較するときに重要なのが解約返戻金の返戻率です。簡単にいうと将来解約返戻金がどれくらい戻ってくるのかを%で表したものです。

今日は法人保険の解約返戻金と返戻率について解説します。法人保険を検討する時に抑えておかなければいけないことなので是非ご覧ください。

続きを読む

女性専用の医療保険と一般的な医療保険の違いと私がおすすめする人

医療保険 女性

有名なタレントさんなどを起用して女性専用の医療保険をアピールしている保険会社も多いようですが、一般的な医療保険と女性専用の医療保険は何が違うのでしょうか。

女性専用の医療保険は女性特有の病気に手厚いものですが、女性が必ず女性専用の医療保険に加入しなければいけないわけではありません。

今回の記事では、一般的な医療保険と女性専用の医療保険の違いをお伝えしていきたいと思います。「医療保険は何を保障してくれるのかわからない」「医療保険に加入を考えているが、どちらを選んだらいいかわからない」という方はぜひ最後までご覧くださいね。

続きを読む