コンテナのリースの節税の仕組みとメリット・デメリットの全て

pps_hunenomokei_tp_v1

コンテナのリースは、航空機のリースと同じように法人の節税でよく活用されるスキームです。一般的にオペレーティングリースと呼ばれます。

コンテナリースでは、1年目2年目の近期で大きな損金を計上して、7~8年後などリース期間が終了する時には、それと同額かそれ以上の益金を得ることができると言うものです。他の似たような節税商品と比べても、近期の節税効果が非常に高いため人気があります。

そこで、当記事では、コンテナリースによる節税を効果的に行うために知っておくべきことを全てお伝えします。

具体的には以下の通りです。

  • コンテナリースによる節税のメリットとデメリット
  • コンテナリースを活用すべき法人様とその条件
  • コンテナリースの仕組みとお金の流れ
  • コンテナリースで想定されるリスク
  • コンテナリースによる節税と保険による節税の比較

以前、お伝えした『航空機リース』と非常に似ておりますが、満期までが短いこと、航空機と比べて規模が小さいことが違いとして挙げられます。

ぜひご覧頂ければと思います。

続きを読む

死亡保障が重要な2つの理由と本当にオススメできる死亡保険

bd517b7c76f5da2370f9f87c70a28f34_s

人生には様々なリスクがあります。災害によるケガ、病気による長期間の入院や治療などは、いつ誰に起こるか分かりません。

若い間に重い病気になったり、大きな交通事故に合うことはあまりイメージできないかもしれません。事実、そうなる確率はとても低いです。

しかし、死が突然やってくることがあるというのも事実なのです。そして、それは残された家族へ精神的ダメージと同時に、経済的ダメージをもたらし、その後の生活を変えてしまうこともあります。

愛する家族にもしものことがあったら、立ち直るためにとても時間がかかります。生きる意味や、心の支えをなくし、それをもう一度取り戻さなくてはいけません。

死亡保険(生命保険)は、そのようなことがあったとしても、残される家族を、せめて経済的にだけは守ることができる大切な選択肢です。そして、「何があっても家族を守る」ということは、特にお子様のいるご夫婦や、歳をとったご両親のいる大人にとって、大切な責任なのではないでしょうか。

そこで、この記事では、

  • 死亡保障が持つ2つの役割
  • 死亡保障が必要なケースと不要なケース
  • オススメの死亡保障(保険)

の3つの観点から、生命保険の中で死亡保障が果たせる役割について、お伝えしたいと思います。生命保険をご検討の全ての皆様にお読みいただければ幸いです。

続きを読む

生命保険の掛け捨て型と貯蓄型の4つのポイントと選択基準

8251318_s

生命保険は、大きく分けて「掛け捨て型」と「貯蓄型」がありますが、どちらがいいのか迷っていませんか?

掛け捨て型はお金が貯まらないからもったいないというイメージをお持ちのかたもいらっしゃるかもしれません。しかし、掛け捨て型は低い保険料で保障を持つことできるという大きなメリットがあります。

そして、掛け捨て型と貯蓄型それぞれのメリット・デメリットがあり、しっかりと理解してから本当にどちらがいいのか選択頂きたいと思います。

それぞれがどういう保険なのかを知れば、どちらを選べばいいのか、見えてくるはずです。

そこでこの記事では

  • 掛け捨て型と貯蓄型の違い
  • 掛け捨て型と貯蓄型の比較
  • 掛け捨て型と貯蓄型のメリット・デメリット
  • 掛け捨て型と貯蓄型の選択基準

をお伝えします。どのようなを基準として選ぶべきかを解説させて頂きます。迷っている方は最後までお読み頂き決断して頂けれと思います。

続きを読む

住宅ローンの借り換えのメリット・デメリットと判断基準

2e06d2d667bddbe65f08022cd8ba41c0_s

日本が初めてマイナス金利政策を導入し、金利が大幅に下がった今、「住宅ローンを借り換えたら、返済額を減らせるかも?」と思われている方は多いのではないでしょうか。そして、どうしていいかわからず、とりあえず放置している方も多いことでしょう。

正直にお伝えすると、住宅ローンの借り換えは面倒です。しかし、今がそのチャンスだと言うのも事実です。そこで、本日は、今住宅ローンを借り換えるべきかどうかを判断する方法と、実際に借り換える時に注意すべきポイントをご紹介します。

これで大きな節約を実現できる方もいらっしゃると思いますので、ぜひご確認ください。

続きを読む

長期平準定期保険の経理処理|1/2損金で積立ができるしくみ

a0002_012127

長期平準定期保険は、経営者・役員の方に不幸があった場合に会社を救うだけでなく、20~30年くらいかけて税金の負担を抑えながら必要な資金、特に退職金を効果的に積み立てられる保険です。

また、その他にも様々な使い道があり、リスクも比較的低いと言われています。

ただ、そうは言っても、長い間保険料を支払い続けることになるので、どんな仕組みで資金が積み立てられるのか、どんなリスクがあるのか気になるでしょう。そこで、経理処理がどうなっているのか知りたいとお考えになると思います。

この記事では、長期平準定期保険の経理処理を、難しい法令や通達の文章を使うことなく、イメージしやすいように分かりやすく説明します。

この記事をお読みになれば、長期平準定期保険の経理処理、ひいては税務について理解が深まり、最もあなたの会社に合った保険を選び、有効に活用するのに役立つと思います。ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む

法人保険の見直しで無駄をなくすために必要な5つの手順

a0002_007150

あなたは、「今入っている保険どうなんだろう」という漠然とした不安をお持ちではありませんか?

一般的に法人保険は、税理士の先生や保険会社の営業マンから「節税ができるよ」と勧められて入ることが多いと思います。

しかし、税理士の先生は、税務のエキスパートではありますが、保険の商品に関しての知識は豊富というわけではありません。

また、保険会社の営業マンは、税金のことをよく知っているわけではありません。そのため、実は、彼らから勧められて入った保険が良くなかったというケースは非常に多いのです。

今日は法人保険の見直しをご自分でするときに必ずやっていただきたい5つの手順をお伝えします。ぜひ、お手元に紙とペンを用意してご覧ください。この記事でお伝えする通りにしていただけば、今の保険が会社に合っているかどうかが何となく分かるようになると思います。

続きを読む

航空機のリースの節税の仕組みとメリット・デメリットの全て

kuukou0i9a1168_tp_v1

聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、航空機のリースは法人の節税でよく活用されるスキームです。

航空機リースでは、1年目2年目の近期で大きな損金を計上して、10年後などリース期間が終了する時には、それと同額かそれ以上の益金を得ることができると言うものです。他の似たような節税商品と比べても、近期の節税効果が非常に高いため人気があります。

しかし、残念ながら、会計士や税理士の方から紹介されたからと、そのメリットやデメリットをしっかりと理解されずに、数千万円単位の資金を投入してしまい、資金繰り効率や節税効果の面で無駄を出してしまっている法人様をよくお見かけします。そこで、当記事では、航空機リースによる節税を効果的に行うために知っておくべきことを全てお伝えします。

具体的には以下の通りです。

  • 航空機リースによる節税のメリットとデメリット
  • 航空機リースを活用すべき法人様とその条件
  • 航空機リースの仕組みとお金の流れ
  • 航空機リースで想定されるリスク
  • 航空機リースによる節税と保険による節税の比較

少々、長くなってしまいましたが、活用できる法人様にとっては、非常に大きな節税効果が期待できますので、ぜひご覧いただければと思います。

続きを読む

住宅ローンを安全に返済するための5つのポイント

a0002_003790

夢のマイホーム購入は一生に一度の買い物です。最近では、マイナス金利の影響で0.5%を切るローンが登場したりしているので、これを好機とばかり、マイホーム購入を考えている方は多いことと思います。

しかし、住宅ローンは簡単にいうと借金です。そのため、「返していけるだろうか?」と不安を感じる方も多いでしょう。

住宅ローンは、数千万円という大金を借入れしますから、金利や契約内容が違うだけで、結果的に利息の支払いが数百万円変わってくることもあります。それだけに、不動産会社や銀行任せではなく、自分で住宅ローンについて調べ、理解を深めることが大切です。

まず、マイホーム購入を住宅ローンで考えている方が賢い借り方・返し方が理解できるようにわかりやすく基本的なことを確認します。その上で、5つのポイントを絞って整理します。本記事は、マイホーム購入を考えている方のほか、購入してしまった方も参考になると思いますので、ぜひ確認の意味で読んでいただけると幸いです。

続きを読む

生命保険の定期型のメリット・デメリットと具体的な活用方法

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s

生命保険は、日本人の8割が加入されている最も基本的な保険とされています。

そして、生命保険を検討される方が、どれにするかを選ぶときに最初にぶつかるのが、「定期と終身のどちらにするか?」という問題です。これを解決するには、定期と終身がどう違うのか、どのように使い分けをすればいいのかを知る必要があります。

そこで、本日は、

  • 生命保険の定期と終身の基本的な違い
  • 保険料の違い
  • 定期のメリットとデメリット
  • それぞれのタイプの具体的な活用方法

を解説します。こちらをご覧いただければ、今後、定期にすべきか終身にすべきかで迷うことはなくなるでしょう。是非参考にしてください。

続きを読む

生命保険の必要保障額|無駄をなくすために確認すべき4ステップ

559ff8984d1aa145753c65fccf109eaf_s

生命保険は、一家の大黒柱に万が一の事があった時、残された家族が経済的に辛い状況に陥らないように守るための保険です。

しかし、残念ながら、本当に必要な保障額を考えたうえで加入している人は多くありません。また、保険に関わる人間ですら、生命保険で本当にカバーすべき保障額をどのように算出するかを明確に定義していない者がほとんどです。

そのため、必要以上に高額なものに加入させてしまったり、逆に、保障が足りないものに加入させてしまったりというケースが後をたちません。特に前者のケースは非常に多いです。そのため弊社にご相談に来られるお客様の大半が、以下のような悩みを抱えていらっしゃいます。

  • 今の保障で安心していいのか分からない。
  • 不要に高額な保障に入ってしまているような気がする。

そこで、今回は、生命保険の必要保障額の具体的な算出方法を、どこよりも詳しく解説させて頂きます。ここでご紹介しているやり方を知って頂ければ、今、あなたが加入されている、または検討している生命保険が妥当なものかどうかを正確に判断できるようになります。

更に、必要保障額を厳密に計算することによって、第一に、「自分に万が一のことがあっても家族は大丈夫」という安心を得られます。第二に、無駄に不要な保障に加入することがなくなるので、保険料の払いすぎなどの問題がなくなります。つまり、それだけお金を大切な家族のために使えるようになります。

そのためにも、是非、この記事をご活用いただけますと幸いです。

続きを読む