業務災害補償保険とは?社員のケガと会社の労務リスクに対する備え

ce2341545acd8206f151c8d4d15a441a_s

製造業や建設業、また運送業などの経営者の方であれば、業務中の事故による役員や社員のケガに対する補償について、一度はお考えになったことがあるかと思います。

業務災害補償保険は、法人保険の中でも業務中のケガに対する補償を行うものです。また、損害賠償責任なども対象となります。ただし、病気が原因の場合はほぼ対象外となります。

保険の分野としては自動車保険と同じ損害保険にカテゴリーされます。

不慮の事故は、いつ何時起こるか分かりませんから、従業員の労災リスクに備えることは会社を守ることになるので、たいへん重要なことではないでしょうか?

この記事では、業務災害補償保険の

・主な補償内容と特約
・保険料と補償の対象者
・損金算入と保険期間

の3項目に分けて、解説をしてまいります。簡単ではありますが、労災についても触れております。

続きを読む

建設工事保険とは?カバーする範囲に関する基礎知識

PAK89_koujigenba1321_TP_V (1)

建物の建築工事や設備工事に事故のリスクはつきものなので、もしもの時に備える必要があります。

そこで、建設業を営む方は、「建設工事保険」への加入を検討されることと思います。

しかし、「建設工事保険」という名前は漠然としていて、どんなものなのか、なかなかイメージが持てないと思います。

実は、建設工事保険は、工事中の全ての事故をカバーしているわけではありません。あくまで、工事の対象物等の「モノ」に発生した損害をカバーする保険です。それを理解した上で加入していただく必要があります。

また、その上で、足りない部分については別途、必要に応じて他の保険をプラスする必要があります。

この記事では、建設工事保険がカバーするのはどのような損害なのか、カバーできないものについてどうすればいいのか等について、ごく基本的なことをお伝えします。

続きを読む

請負業者賠償責任保険とは?必ず知っておきたい基礎知識

a0960_006397

工事現場や建設現場で事故が起きて損害賠償責任を負う場合に備え、請負業者賠償責任保険を検討しているのではないでしょうか。

請負業者賠償責任保険は建設業者を初め、工事を請け負う業者は必ず加入しておくべきものです。ただ、実際にどこまで補償をされるのか、逆にどういう場合に補償をされないのかなど、イメージしにくいと思います。

そこで、この記事では請負業者責任保険の基本的なことの中でも、特に、必ず知っておかないといけないことをお伝えします。是非参考にしてください。

続きを読む

地震保険の仕組み|加入前に知っておくべき基礎知識

相続税

地震保険に関するお問い合わせが増えています。2年前には熊本大地震がありましたし、最近テレビでも「マグネチュード8クラスの地震が南関東で今後10年に起こる可能性がある。」という観測が報道されています。

大地震がいつどこで起こるかはわからないので不安です。したがって、いざという時の備えとして、地震保険が注目され、その契約も年々増えています。

2017年1月1日に改定となった地震保険ですが、意外とそのしくみはわからない方は多いです。今回は地震保険に正しく入っていただくために地震保険の改定ポイントを確認します。

続きを読む

自社株の相続について経営者が考えるべきことまとめ

1905eb1b45ef85dd3fca835d2be77d51_s

経営者にとって、自社株をどのようにスムーズに、後継者に相続するかは、非常に重要な問題です。もし、ここでミスをしてしまうと、それこそ会社を乗っ取られたり、倒産したりする可能性すらあります。

また、相続についても、家族に対して不均等な財産の分け方をすると、後々のトラブルの元にもなりかねません。

経営は戦いですし、家族といえども、それぞれ各々の事情があります。人間である以上、こればかりは仕方ありません。大切なことは、その前提の上で、どのようにスムーズに相続を実現することです。

今回は、そのために知っておくべきことをご紹介します。

続きを読む

経営者保険|会社とあなた自身と後継者のための4つの活用法

a1620_000827

経営者の方は、生命保険等をご自身にかけるとどんなメリットがあるのか、知りたいとお考えになっていると思います。

経営者の方の悩みとしてよくうかがうのは、会社の経営を安定させ会社を守ることと、リタイア後の生活の安心を確保することと、後の世代にスムーズにバトンタッチすることです。

会社の経営には浮き沈みがあります。今は好調でも将来はどんなことがあるかは分かりません。そのため、理想としては、今ある利益を先送りして必要な時に必要なキャッシュを引き出せるようにしたいと考えるでしょう。

また、難しい舵取りをしながら、リタイア後の生活資金も退職金等の形で積み立てなければなりません。

そして、できれば、次の世代が会社を引き継ぐ時の相続税等の負担を軽くしてあげたいとも考えることでしょう。

そんな時、経営者の方のための保険、経営者保険が役に立つことがあります。保険の果たす役割は、経営者の方の身に万一があった場合に会社を守れるだけではありません。

そして、経営者保険の使い方には一定のルールがあります。また、経営者保険の前に活用していただきたいものもあります。

この記事では、会社と、あなたご自身と、そして、いずれ経営を引き継いでもらう後継者の方のための経営者保険の活用法をお伝えします。その中で、保険以外の有効な代替手段についてもご紹介します。

また、弊社が現在進行でコンサルティングをしている法人のお客様の事例をお伝えします。是非、ご参考にしていただけたらと思います。

続きを読む

法人の節税・節約の3つの裏ワザとそのリスクについて

49150187_480x480

中間申告や予定納税を支払うときに、「なんでこんなに税金を支払わなければならないのだろう」と思うことはありませんか。

法人税・消費税・所得税・住民税そして社会保険料など、国へ支払う費用が多くて気が滅入ってしまい、「何かよい節税の裏ワザはないか」と考えてしまいますよね。

納税は国民の三大義務ですが、本来支払わなくてもよい税金や社会保険を余計に支払うことはありません。

適正な処理を行い、ルールに則って支払う税金を軽減することは何も問題はありません。

しかし、節税のつもりが、節税を追求しすぎてしまい、租税回避や脱税になってしまうこともあります。

この記事では、節税で裏ワザと呼ばれている方法を3つご紹介しますがその危険性までご説明しますので、是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む

法人保険が会社に利益をもたらす仕組み|キホンのキホン編

865b8c7dbaf1c427818a6e2bf3599084_s

法人が契約者(保険料を払う人)となり、経営者や役員、従業員が被保険者(保障の対象となる人)で保険に加入することを法人契約といいます。

法人保険に契約すると会社にとって節税になるとはいいますが、実は法人保険に加入しただけでは、逆に会社のキャッシュフローを圧迫してしまうことも有りえます。節税のほかにも、退職金の準備や福利厚生にもなる法人保険ですが、これらの仕組みをしっかりと理解しておくことは、経営者の方にとってたいへん重要なことです。

とはいえ、経営者に取って最も大切なことは自社の業績を伸ばすことにありますから、法人保険の仕組みについて、じっくりと勉強する時間をとることが難しく、税理士の方に一任されていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

この記事では、法人保険に加入することで得られるメリットと仕組みについて

・利益の繰り延べ
・退職金の準備
・従業員の福利厚生

の3点を中心に、主なポイントについて分かりやすくご説明させていただきます。

法人保険の基本中の基本について解説しておりますので、事業を立ち上げたばかりの経営者の方や、これから法人保険を活用しようとお考えの方に、お役に立てるよう解説させていただきます。

続きを読む

医療法人のメリット・デメリットと保険で対策すべきリスク

be2df5fec6503f0b70a62570ad734b4a_s

ドクターの皆様は、いつか独立と考えることも多いかと思います。そして独立開業をした場ときには、まずは個人診療所として独立し、数年後に診療所の経営も軌道にのったころ、医療法人への「法人化」を考えだすことでしょう。

法人化を決断するにあたっては、特に節税や福利厚生の充実、退職金の準備ができるなどのメリットを考慮にいれて法人化にするケースもあります。先ずは法人化のメリットを簡単にご説明いたします。

続きを読む

ご存知ですか?源泉徴収票の見方|手取り額と所得税の計算方法

db4d705951df4e1fd649577e7964ef45_s

会社員の方であれば、毎年12月(または1月)の給与明細と一緒に源泉徴収票を受け取っていますよね。マイナンバー制度の導入により、平成28年分の源泉徴収票からは、その様式が変更となり、一回り大きな用紙になったことに気づかれた方も多いのではないでしょうか?

源泉徴収票は毎年もらう書類にもかかわらず、詳しい内容や見方についてご存じの方は多くはないでしょう。実は、ポイントさえおさえておけば、源泉徴収票から手取り額や所得税がわかるようになっています。

私たちが納めている所得税は、年収が増えるほど税率も高くなり、多くの税金を払わなくてはいけません。最近では税控除の対象となる確定拠出年金やふるさと納税なども話題になっていますので、ご自身がいくらの税金を納めていて、どんな内容が控除の対象となるか、知っておいて損はないかと思います。

この記事では、平成28年分から変更になった源泉徴収票の見方と、そこから分かる手取り額についての計算方法、また源泉徴収票には書かれていない控除額や税率などについて解説させていただきます。社会人の方であれば全員にお読みいただきたい内容となっておりますので、ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む