学資保険はいくらにすべき?保険料と貯蓄額の最適なバランスは?

miyadsc_4537_tp_v

子供の教育費の準備のために学資保険を検討している方は多いことと思います。マイナス金利の影響で、銀行などでは積立をしてもなかなかお金が増えないのが現状だからです。こんな中、学資保険は金利面において教育費の備えで一つの選択肢になり得るでしょう。

そして、学資保険を検討する際に迷われるのが、いったいいくら位を満期金額で設定すればよいか、また平均的にどれくらいの保険料が妥当なのかという点だと思います。

一般的に子供の教育費は大学卒業まで総額約1,000万円以上かかると言われています。

生活費及び住宅費(住宅ローン)並びに学費の家計の三大支出のバランスの中で、子供の学費を学資保険でどのくらい補えばいいのかを確認し、毎月の妥当な保険料を試算してみましょう。

続きを読む

医療保険の積立型と掛け捨て型の3つの特徴と選択基準

ozp73_okusuridasimasyouka20140321_tp_v1

みなさんは病気やケガが心配だから医療保険に入ろうと思うけれど、掛け捨てはもったいないので積立型がいいと思ったことはありませんか?

たしかに、入院や手術を受けなければ、支払っている保険料が無駄にならなくて済むので積み立てタイプの方がお得なような気がしますよね。

しかし、医療保険の中で圧倒的に選ばれているのは掛け捨て型です。中でも、保障内容シンプルで保険料が安い商品が人気です。

そのため積立型の医療保険は現在2種類しかなく、あまり見かけなくなりました。

掛け捨てと積立型のどちらを選ぶかは人それぞれ考え方によります。今日は積立型と掛け捨て型のどちらの医療保険が本当にいいのかをお伝えします。それぞれに3つの特徴がありますので実際に比較したいと思います。その3つの特徴をお伝えした上で、積立型と掛け捨て型のどちらを選ぶべきかの選択基準まで公開していますので、迷っている人は是非参考にしてください

続きを読む

無告知型医療保険|加入前に知りたいメリット・デメリット

imaric20160805210023_tp_v

現在持病で治療中の方や、最近重い病気にかかったことのある方は、健康に不安を抱いていて、医療保険に加入できたら、とお考えになっていると思います。また、せめて、持病や既往症以外の病気・ケガだけでも保険でカバーすることができないか、とお思いの方もいらっしゃると思います。

そのような方のために、医療保険の中には、無告知型医療保険、あるいは無選択型医療保険というものがあります。これは、非常に限られてはいますが、加入の時に、健康状態や過去の病歴についての告知が一切不要な医療保険です。

つまり、極端な話、がんや心臓病、脳血管疾患や糖尿病等の重い病気で治療中の方であっても、加入できるのです。

ただし、その代わりに、保険料が割高で、支払いの条件等が非常に厳しくなっている等の難点があります。したがって、単純に費用対効果だけで考えるならば、加入は決しておすすめできません。敢えて言わせていただけば、「それでも安心したいからどうしても加入したい」という方に限られます。

この記事では、無告知型の医療保険について、加入するメリットとデメリットと、加入する条件について、具体的に検証を加えながらお伝えします。

続きを読む

学資保険が必要ない人と知って欲しい3つのポイント

4d2893f9e732226f96ff0ccb1627869f_s

子供が生まれときに検討する学資保険ですが、学資保険は本当に入るべきものなのか迷いますよね。

自分には本当に必要なのか疑問をお持ちなのではないでしょうか。学資保険は子供が生まれると必ず加入しなければいけないわけではなく、あくまでも将来の学費を貯めていく1つの選択肢にしかすぎません。

よって、必要ない人もいます。ただし、必要ないと感じる人にも学資保険が有効な積立てである可能性もあります。

この記事では学資保険が必要ない人はどういう人か、そして知っておくべきことをお伝えします。学資保険が本当に必要なのか疑問の人は是非参考にしてください。

続きを読む

学資保険はいつから入る?加入年齢による受取額の違い

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_s

学資保険は、ご両親がお子様の将来のためを考えて加入する「大切な想い」がこめられた保険です。最近では、祖父母の方が可愛いお孫さんに学資保険をかけることも多くなっています。

お子様が生まれ、家族の笑顔が増えることは、人生において最も幸せな出来事のひとつと言えるでしょう。お子様の誕生を機に、父親として母親として「この子のためならどんなことでもしてあげたい」と強く思えることは、本当に素晴らしいことだと思います。

そんな学資保険ですが、いつから加入するのが良いのでしょうか?早い時期から入る方がいいとも言われていますが、その理由はどんな点にあるのでしょう?

この記事では、学資保険の最適な加入のタイミングについて

  • お子様と契約者の契約年齢はいつから?
  • 加入時期はいつから?
  • 学資保険の受取時期はいつから?

という3つの疑問についてお伝えしていきます。

最後に、学資保険と同じような役割がある終身保険の内容についても解説しています。いつから学資保険に入ろうか検討されている方のお役立ち情報がたくさんありますので、どうぞ最後までお読みいただきいと思います。

続きを読む

逓増定期保険で会社のキャッシュをより多く残す4つの活用法

a0001_008211

逓増定期保険はよく「節税に役立つ」と言われています。それは、保険料の1/2など、一部が損金に算入されることをさして言われることが多いです。確かに、税負担を軽くする効果は非常に魅力的です。

しかし、逓増定期保険の効用はそれだけではありません。逓増定期保険には特徴があり、それを押さえた上でご自身の会社のニーズに合った上手な活用をすれば、短期間で会社に必要な資金を効率よく積み立てることができ、同時に事業承継の準備もできる保険です。また、タイミングによっては、急な経営危機の時の緊急資金・赤字の穴埋めをすることができます。それに加え、ここぞというチャンスに面倒な審査を経ずすぐに融資を受けることも、できなくはありません。

ただし、それらの効用を得るには、加入する際に身の丈に合った保険料の額を設定した上で、十分なプランニングをして、会社にフィットした保険を選ぶことが条件です。

この記事では、そんな逓増定期保険の特徴と有効活用法のすべてを、具体的なケースをまじえて、分かりやすく、余すところなく説明します。また、一時期もてはやされたいわゆる「名義変更プラン」とそのリスクについてもお伝えします。

続きを読む

緩和型医療保険は必要?メリット・デメリットと賢い入り方

a1640_000109

持病がある方や、過去に大病を患ったことのあるお客様から、特に持病の悪化や過去の症状の再発が心配なので、持病や既往症のある人でも加入できる「緩和型医療保険」を検討したいという相談をいただきます。そして、お話をうかがっていると、皆様がご自身とご家族の生活が脅かされるリスクを切実に感じていることが伝わってきます。

ただし、緩和型医療保険が、持病・既往症のある全ての方に向いているわけではありません。それは、一般の医療保険よりも保障内容が弱く保険料も割高だからということが大きいのですが、それだけではありません。メリットとデメリットの両方を理解した上で慎重に加入を検討する必要があります。

この記事では、緩和型医療保険への加入をお考えの方のために、まず、緩和型医療保険の内容とメリット・デメリットを説明します。そして、それらを踏まえた上で、緩和型医療保険がどのような方に向いているのかという条件をお伝えします。

続きを読む

医療保険の先進医療特約は必要か判断するポイント

03ef857d85e3cae9eae3401bd3469d34_s

ここ数年、先進医療にかかる技術料を一定額まで保障する先進医療保障の注目度が高まっています。

200万円とも300万円ともいわれる高額な先進医療を月額100円程度の保険料で保障してくれるうえ、医療機関までの交通費やホテルの宿泊費まで支払ってくれる保険会社もあります。

そして各社ともパンフレットやCMなどで積極的に宣伝しており、消費者に広く知られるようになりました。しかし、一般的には、特約の知名度だけが先行して、先進医療そのものの内容についてはあまり知られていない気がします。

  • 先進医療とはどんな医療なのか?
  • わざわざ特約で備える必要性はあるのか?

先進医療とは何かを確認しながら、その必要性を考えてみましょう。

続きを読む

医療保険が不要かどうか判断するためのポイント

生命保険 見直し

テレビなどで頻繁に医療保険のCMが流れていますが、実際に医療保険は必要なのかとお悩みになった経験はございませんか。

実際に私がお会いしてきた方も、多くの方は「医療保険くらい加入しておかなければ」と、あまり必要性などを理解せず、「何となく」で加入されています。

しかし、当たり前のことではありますが、治療費を貯蓄で賄える場合は医療保険は不要と言えます。このようなことをお伝えすると「とは言っても、なにかあったときに困るのでは」と不安を感じてしまう方もいらっしゃいますよね。

そこで、この記事では皆さんがしっかりとご納得された上で医療保険が必要か不要かの判断ができるようわかりやすく解説させて頂きます。

是非最後まで読んでいただければと思います。

続きを読む

がん保険の選び方|営業マンに騙されない本当に必要な保障とは

37585926f76269dd00624f1862e0dc0e_s

がん保険はテレビCMなどでも見かけるように、次々と新たなものが出てきています。たくさんの選択肢があるのはいいことですが、選ぶのは大変ですよね。

がんは怖い病気だとなんとなくわかっているけれど、実際に治療費がどれくらいかかるかわからないし、そもそもがん保険がどのようなものなのか疑問なのではないでしょうか。

がん保険を選ぶポイントは治療が長くなっても、保障されることです。なぜならばがんになり、治療が長くなると収入が減少し、家計が崩壊する可能性があるからです。

がん保険を選ぶのは万が一のために家族を守るために行うものなので、真剣に選ばなければいけません。

この記事を読んでいただければ、がんになっても家族の生活を守れるがん保険はどういうものか明確になりますので是非最後までご覧ください。

続きを読む