全額損金になる保険を活用して節税をする節税効果を最大化する方法

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

会社の利益が出たときに考えるのが、税金対策だと思います。

そして、税金対策の有効な手段と言われている1つに生命保険があります。生命保険の多くは保険料を損金として計上できますが、商品や契約方法によって全額損金、1/2損金、1/3損金など違いがあります。そこで思うのが保険料を全額損金にしたいということではないでしょうか?

今日は全額損金にできる代表的な商品とその特徴を中心にお伝えします。保険を活用して会社のお金を有効に使いしましょう。

続きを読む

全額損金の保険で節税効果を上げる最適な方法

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

法人保険、つまり法人向けの生命保険の中には、保険料全額が損金に算入され「節税」になると言われるものがあります。特に人気があるのは、最終的に解約すれば「解約返戻金」が受け取れ、必要な資金を効率よく積み立てることに役立つものです。保険会社によって名称はまちまちですが、よく「全額損金定期保険」と呼ばれ、人気があります。

この全額損金定期保険は、実は、活用の条件や会社ごとの向き不向きがはっきりしていています。そこで、この記事ではまず、「全額損金定期保険」のメリット・デメリットと、有効活用する上で守るべき鉄則についてお伝えします。

また、全額損金の保険はその他にもあります。解約返戻金は受け取れませんが、その代わり、低い保険料で効率よく会社のキャッシュを守り、増やしていくのに大いに役に立つことがあります。したがって、そういった保険(解約返戻金のない定期保険、収入保障保険、医療保険・がん保険)の有効活用法についてもお話しします。

全額損金の保険の活用をお考えの方は、是非ともお役立てください。

続きを読む

生活障害保障型定期保険|全額損金だけじゃない4つの役割

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

法人保険の中で、生活障害保障型定期保険は、保険料が全額損金になって「節税」ができ、かつ積立もできる保険として人気があります。

ただし最近、多くの会社が続々と、「災害保障重点型」等の新しい全額損金の保険を発売しており、それらとの違いや使い分けが分かりにくくなっています。

そこで、この記事では、生活障害保障型定期保険とはどんなものなのかということと、重要な4つの役割について、他の全額損金の保険との違いも意識しながら、整理して分かりやすくお伝えしたいと思います。

続きを読む

法人保険と損金の関係|全額損金・1/2損金・1/3損金それぞれの活用法

※この記事における法人保険の保険料の損金算入割合等に関する税務上の扱いに関する記載内容は、2月14日以前に保険会社が提示していた見解を前提としております。

現在、国税庁が、以下の条件を満たす保険契約において、新たなルールを設けることを検討しているもようです。

  • 被保険者が役員・従業員
  • 保険期間が3年以上の定期の生命保険、第三分野の保険(医療保険・がん保険等)
  • 満期返戻金がなく、保険料が給与とならない
  • 解約返戻金のピーク時の返戻率(解約返戻金額÷保険料総額)が50%超となる

現在、ほとんどの保険会社が、以上の条件をみたす法人保険の販売を順次停止しております。新規加入を検討する場合は、保険料の損金算入が認められないリスクも考えられますので、くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

あなたは法人保険で「節税」したいとお考えのことと思います。

法人保険には、保険料の全部または一部が損金になるものがあります。

インターネットなどで調べると「全額損金」、「1/2損金」、「1/3損金」等が出てきますが、それぞれ、どういう使い道があるか、あなたの会社に向いているのはどのタイプか、なかなか分かりづらいと思います。

そこで今日は、法人保険の「全額損金」、「1/2損金」、「1/3損金」のそれぞれの活用法についてお伝えします。是非ご参考にしてください。

続きを読む

中小企業の役員報酬の相場は?決めるときのポイントは?

中小企業の経営者にとって自分を含めた役員の報酬(役員報酬)をどのくらいに設定するかは、頭の痛くなる話題ではないでしょうか?

低過ぎれば自分の生活ができませんし、高くし過ぎれば会社の経営に影響しますし、従業員の不満を招くことにもなります。

ここでは、はじめに中小企業の役員報酬の額の相場を紹介した上で、どうやって決めるとよいかのポイントについて解説します。
続きを読む

中小企業のM&Aの6つのパターンまとめ

仮に自社の売上が安定していても、経営者が高齢となりかつ後継者もいないといった状況で、廃業に追い込まれてしまう中小企業は多いようです。

廃業を防ぐ手段の1つとして、大企業にM&A(売却・合併等)をしてもらう方法が注目されています。

ただ一口にM&Aと言ってもいろいろな種類があるのはご存知でしょうか。

ここでは中小企業の経営者の方がM&Aについて考える際の入門編として、M&Aの代表的なパターン6つを解説しています。

続きを読む

美容室の保険|意外なリスクと本当に必要な保険とは

美容師や理容師の皆様は、いつも、お客様が気持ちよく過ごせてキレイになってもらえるよう、細心の注意を払っていらっしゃることと思います。

しかし、どんなに細心の注意を払っていても、またご自身に落度がなくても、事故が絶対に起きないとは言い切れません。

たとえば、ヘアーカット中にお客様がくしゃみをした拍子にお客様の体を傷つけてしまったという話や、シャンプーが原因で頭皮が炎症を起こしてしまったという話をたまに聞きます。

そういう場合、賠償責任問題に発展する可能性があります。また、そればかりでなく、悪評が立つとその後の店舗経営にも大きなダメージを与えてしまうかもしれません。

この記事では、美容室で起こりうる具体的な事故の例を念頭に置いて、美容業界などで起こりうる万が一のリスクに備えるために、どんな保険に入っておくべきなのか、分かりやすく解説します。

美容室の関係者の方だけでなく、同じ業界で活躍されている経営者の方にお役に立てる内容となっていますので、是非最後までお付き合いください。

続きを読む

中小企業の退職金の相場は?どうやって用意すればいい?

中小企業の経営者のなかには、従業員の退職金をどのくらい用意すればよいのかやどうやって用意するべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ここでは中小企業が用意する退職金の平均的な相場を紹介しています。

その上で、中小企業が退職金を用意する際に、強い味方となってくれる中小企業退職金共済について解説しています。

続きを読む

中小企業退職金共済で受け取れる退職金の金額はどれくらい?

従業員に退職金を支払いたくても、どのくらいが相場なのか、相場の退職金額を用意するためには毎月どの程度積み立てればよいのか、頭を悩ませている中小企業の経営者の方は多いのではないでしょうか。

ここでは中小企業の退職金の平均的な金額(相場)を紹介します。

その上で、多くの企業が加入している国の中小企業向け退職金制度「中小企業退職金共済」を利用した場合に、いくらの掛金を支払えばよいか、シミュレーションの方法や結果を紹介しています。

続きを読む

合同会社の登記について|必要書類の作成方法

近年設立数が増え、だんだん認知度が上がっている合同会社。

株式会社より設立のハードルが低いこともあり、個人が法人成りを考える際、候補に上がることが多くなってきています。

しかし、いざ登記しようというときにどのような書類が必要なのか、把握している人は少ないのではないのでしょうか。

今回は合同会社設立にあたり、必要になる書類とその準備方法について紹介します。

しっかり把握して、準備漏れや記入漏れのないようにしましょう。

続きを読む