相続の順位|遺言作成のため絶対に押さえたい4つのパターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
GAK95_yuuguretocapple_TP_V

円満な相続のためには、ご家族のどなたにどの程度遺産を分けるべきかについて、遺言を残しておく必要があります。

その時に、必ず知っておいて参考にすべきなのが、法律ではどのような場合にどのご家族の方が相続をすることになっているのか、つまり、相続の順位です。

相続人が誰なのか、どれほど受け取れるのかについて、家族構成に応じて取り決めがされています。そして、そのルールは、どのように遺産を分け合うのが公平なのかということを考え抜いて作られたものです。したがって、遺言で遺産の分け方を決める時はきちんと考慮に入れなければなりません。

この記事では、相続の順位について、4つのパターンに分けて分かりやすくお伝えします。どのような家族構成だったとしても、これから説明する4パターンのいずれかに集約されます。是非最後までお読みになって、円満な相続のためにお役立ていただけたらと思います。

はじめに|相続人は「配偶者+①子→②親→③兄弟姉妹」

4つのパターンについて説明する前に、まず、相続の順位を決めるルールの概要についてお伝えします。

配偶者がいれば常に相続人になる

あなたに万一のことがあった場合、配偶者(夫または妻)がいれば必ず相続人になります。

なぜかというと、婚姻届を提出して法律上夫婦となっている以上、あなたと運命共同体と扱われるからです。これは、たとえあなたと別居して別々に生計を営んでいた場合でも同じです。

なお、内縁の配偶者は、逆に、どれほどあなたと長く生活を共にしても、婚姻届を提出していない以上、相続人になれません。内縁配偶者の方の生活を守るための方法については、別の機会に改めてお伝えします。

配偶者以外は①子→②親→③兄弟姉妹の順で相続人になる

妻以外の法定相続人は3通りで、順位が付けられています。

  1. 子(養子、非嫡出子も含む)
  2. 兄弟姉妹

相続人の順位一覧

この順位は、あなたの遺産でその人の生活を守ってあげる必要性が高い順になっています。

つまり、一般的にみて、相続される人(被相続人)に最も経済的に頼っていることが多いのが子どもで、次いで親、兄弟姉妹の順になるということです。

相続人の順位が下がるほど相続分が少なくなる

各相続人がどれだけ相続できるかというのを「法定相続分」と言います。

法定相続分は、相続人の順位が下がるほど少なくなります。そして、その分、配偶者の相続分が高くなります。

詳細は後で説明するとして、各相続人のタイプごとの相続分は以下の通りになります。

なお、同じ順位の相続人が複数人いる場合は頭数で分けます。

①配偶者:子(第1順位) = 1/2:1/2

↓子がいない

②配偶者:親(第2順位) = 2/3:1/3

↓子・親がいない

③配偶者:兄弟姉妹(第3順位) = 3/4:1/4

これは、上述したように、相続人の順位が低くなると、あなたの遺産で生活を守ってあげる必要性も低くなるからです。

以上が概要です。これから、4つのパターンに分けて、それぞれについて知っておくべき知識をお伝えします。

1.相続人が配偶者だけの場合

配偶者は常に相続人になります。したがって、まず、配偶者以外に相続人がいない場合は、配偶者が100%相続します。

配偶者だけが相続人

他方、他に相続人がいればその人と法定相続分にしたがって遺産を分け合うことになります。

以下、配偶者以外の相続人がいる場合にどのように遺産が分けられるか見ていきます。

2.子(第1順位の相続人)がいた場合

配偶者と子がいる場合は、法定相続分は

配偶者:子=1/2:1/2

となります。

他方、配偶者がおらず子だけが相続人の場合は、子が全部を取得します。

いずれも、子が複数の場合は、相続分を頭数で分け合います

子がいた場合

「子」は実子だけでなく養子も含みます。また、配偶者との間の子なのか婚外子なのかによって差別されることはありません。

2-1.「子」であれば養子に迎えた子・養子に出した子も等しく相続人

どういうことかというと、あなたが養子をとった場合、その子は相続人になります。

また、逆に、自分の子を他の人に養子に出した場合でも(普通養子縁組)、その子は、あなたを相続する権利があります。なぜなら、養子に出してもあなたとの間の親子関係自体は否定されないからです。

2-2.配偶者との子も婚外子(嫡出子)も相続分は平等

配偶者との間の子(嫡出子)も、婚外子(非嫡出子)も、相続分は平等に計算されます。

なお余談ですが、つい最近までは、婚外子の相続分は嫡出子の1/2とされていました。

しかし、これには昔から批判が強く、平成25年に最高裁判所の判例が出て、不合理な差別にあたり憲法違反ということになりました。そして、民法はすぐに改正されました。

2-3.子がいなくても直系の子孫がいれば必ず相続人になる(代襲・再代襲)

お子様が既にこの世にいないなどで相続できない場合は、お孫様が同じ順位で相続することになります。これを「代襲相続」と言います。「襲」の字がなんともぶっそうな気がしますが、歌舞伎や落語の「襲名」と同じイメージです。

子も孫も相続できないならば、ひ孫(曾孫)が第1順位の相続人になります。これを「再代襲」と言います。

要は、直系の子孫がいる限り、必ずその人が相続人になるということです。

直系卑属の代襲・再代襲

3.子がおらず親(第2順位の相続人)がいる場合

子が相続できない場合、親が第2順位の相続人になります。

配偶者がいれば、

配偶者:親=2/3:1/3

となります。

他方、配偶者がいなければ、親が全部を取得します。

両親が健在であれば、相続分を1/2ずつ分け合います。

親がいた場合

4.子も親もおらず兄弟姉妹(第3順位)がいる場合

子も親もいない場合、兄弟姉妹が第3順位の相続人になります。

配偶者がいれば

配偶者:親=3/4:1/4

となります。

配偶者がいなければ兄弟姉妹が100%取得することになり、複数いれば頭数で分け合うことになります。

兄弟姉妹がいた場合

4-1.おい・めいは相続人になるが(代襲)、おい・めいの子はなれない

あなたに直系の子孫がおらず、親も兄弟姉妹もこの世を去っているなどで相続できない場合を考えてみましょう。

この場合、兄弟姉妹の子、つまり、おい・めいがいれば、兄弟姉妹の代わりにあなたを相続します。つまり、上で述べた代襲相続です。

4-2.おい・めいの子は相続人になれない(再代襲は認められない)

しかし、おい・めいも相続できない場合、その子は相続人にはなりません。直系の子孫とは違い、おい・めいの子には「再代襲」は認められないのです。

なぜなら、おい・めいの子となると、血縁が遠いと考えられるからです。

おい・めいの代襲

まとめ

遺言で財産の分け方を決めるため、理解しておくべき相続の順位に関する知識を、4パターンに分けてお伝えしてきました。

どのような家族構成であっても必ず、この記事でご紹介した4パターンのいずれかに集約されます。

配偶者がいる場合といない場合とで区別して考えると理解しやすいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

出岡 大作

出岡 大作

行政書士資格保有。保険や税金や企業関係法、民法、行政法といった分野について幅広い知識を持つ。また、初めての人にも平易な言葉で分かりやすく説明する文章技術に定評がある。
保険の教科書の購読はSNSが便利です。