シニア必読!一時払い終身保険の3つのメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
tokei2

一時払い終身保険は保険会社だけでなく銀行窓口などでもよくおすすめしている商品ですが、具体的な活用方法まではなかなか知る機会がないですよね。

セールスの人に「一時払い終身保険にはどういうメリットがあるの?」なんて聞いてしまうと熱心に商品を勧められてしまいそうなので、なかなか聞けずに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、一時払いの終身保険は保険会社にもよりますが0~85歳までの幅広い年齢層の方が加入できるので、実際に多くの方が加入しています。また、一時払い終身保険は3つの活用方法があり、様々なシーンで役に立つ商品です。しかし、一定期間以内に解約をすると払込保険料よりも解約返戻金が少なくなり損をしてしまうというデメリットがあります。そのため、このようなデメリットも知らないで加入してしまうと後悔することになってしまいます。

本日は、一時払い終身保険のメリットとデメリットをしっかりと理解をしてもらえるように要点をまとめましたので、是非最後まで読んでいただけたらと思います。

1、一時払い終身保険の3つのメリット

一時払い終身保険の主なメリットは3つありますので、1つずつご説明していきます。

1-1 一定期間経過後に解約すると、払込保険料よりも解約返戻金が上回る

一時払い終身保険は、名前のとおり『保険料の全額を最初に払い込む一生涯保障の貯蓄性の高い保険』のことです。

終身保険は貯蓄性があるため、一時払いして預けた保険料を運用し続けてくれます。

一時払い終身保険0

通常の終身保険も払い込みを満了した後に解約返戻金は払込保険料総額を超えてどんどん増えていきます。

一時払いの終身保険は最初の払込の時点で払込が完了してしまっている商品なので、上図よりも早い段階で解約返戻金は払込保険料を超えてどんどん増えていくのです。

一時払い終身

上図は、一時払い終身保険の例です。

一時払い保険料が100万円でも1年目から解約返戻金は98万円あります。

5年を経過すると解約返戻金は払込保険料の100万円を超えて100.5万円になります。10年経過すると解約返戻金は105万円で、払込保険料を5万円上回ります。

つまり、一時払い終身保険は、一定期間が経過すると払い込んだ保険料よりも解約返戻金が多くなるので、その差額を利益とみなすことができる保険であると言うことです。

ここで銀行の定期預金と一時払いの終身保険を比較してみましょう。銀行の定期預金の平均的な金利は0.03%(税引き後金利0.024%)です。

定期預金に100万円預けたとすると、

1年後は1,000,239円       5年後は1,001,195円       10年後は1,002,393円

A社の一時払いの終身保険に100万円で加入した場合は、

1年後 は980,000円        5年後は 1,005,000円      10年後 は1,050,000円

一時払い終身2

このように、A社一時払い終身保険は5年経過しないと定期預金の利息を超えることはできませんが、5年後以降はA社の一時払い終身保険の方がお金は増えています。

当面使う予定のないお金ならば一時払い終身保険に預けたほうがお得で、短期間でお金を少しだけ増やしたいならば定期預金の方がお得ということになります。

また、一時払いの終身保険を解約したときに、解約返戻金が払込保険料を上回った差額は、『一時所得』という種類の所得になります。

一時所得には50万円の特別控除があるので、解約返戻金が払込保険料を上回った差額が50万円以下ならば、課税はされません。(年度内に一時所得が他にない場合に限る。)

参考)一時払い終身保険は年金形式で分割して解約返戻金を受け取ることで、解約して一括してお金を受け取るよりもたくさんお金を増やすことも可能です。(年金形式で受け取ると雑所得となり50万円の特別控除は使えません。)

1-2 死亡保障として保険金を受け取ると手続きが簡易である

銀行にお金を預けておく場合と一時払いの終身保険に加入した場合では、手続きが異なります。

名義人の死亡後に銀行からお金を引き出す場合の必要書類

一時払い終身

*銀行・保険会社により必要書類は若干変わります。

上図で注目してほしいのは、

銀行の手続きでは、相続関係書類は『相続人全員、遺言がある場合はその対象者』の分をそれぞれ用意しなければならないという点です。

つまり、兄弟が海外勤務をしている場合や全国転勤で遠い場所で生活している場合は書類がなかなか集まらず手続きを進めることが困難になるケースが想定されます。

死亡保険金請求の場合は、ほとんどは保険会社が用意してくれますし、保険金の受取人の書類だけで手続きを進められることがほとんどです。保険会社によってはさらに簡易な書類だけで一定金額を当日中に受け取ることも可能です。

すぐにお金が必要な場合には本当に助かる制度になっています。

死亡時のお金の流動性を重視して一時払いの終身保険を加入する方も少なくありません。

1-3 相続対策として有効である

平成27年より相続税の改正で基礎控除が引き下げられたことにより相続税の対象になる人が増えます。これから相続税対策を考える人は多いと思います。そこで相続税対策として有効なのが生命保険です。

相続税対策として生命保険を活用するメリットは以下の4つになります。

①納税資金準備
②財産評価引き下げ(非課税枠活用)
③遺産分割
生前贈与は個人年金保険で行うよりも一時払い終身保険で行う方がメリットがある。

 

一時払い終身3

それでは具体的に解説をしていきます。

① 納税資金準備

遺産のほとんどは不動産で現預金は少ないといった場合、突然多額の相続税を納付しなければならないケースがあります。通常相続財産は、遺産分割協議が終わるまで凍結されてしまいます。そのため、受け取るためには相当時間がかかります。

それに対して生命保険の死亡保険金なら受取人を指定することができ、書類を用意するだけで通常1週間程度で受け取ることができます。

② 財産評価引き下げ(死亡保険金の非課税枠を活用する)

死亡保険金の非課税の限度額は「500万円×法定相続人の数」となります。そのため、この非課税枠の分だけ相続財産の評価額を下げることができます。ぎりぎりで相続税が発生するような場合は生命保険を活用することで相続税を回避できる可能性もあります。

例えば法定相続人が3人いると1,500万円の控除を受けることができます。

一時払い終身4

このように現金でそのまま持っているとその金額が相続税の対象になりますが、生命保険の死亡保険金で受け取るとそれだけで控除を受けることができ、有利になります。

③遺産分割

よく「争続」という言葉を耳にします。相続人が複数いる場合、兄弟など家族で権利を巡って争いが起きるケースが多々あります。現金や不動産などの場合はすぐに分割できず、争いの元となります。それに対して生命保険の死亡保険金は受取人固有の財産であるため、遺産分割協議の対象外となります。特定の相続人だけに財産を残したいと言う場合に活用できます。

生命保険であれば複数の受取人を指定することもできますので相続財産を分割しづらいときに活用できます。また受取人を指定することで遺言と同じ効果が得られます。

一時払い終身5

一時払い終身6

財産をたくさん残すのも大事ですが、残されたご家族で「争続」にならないようにするのはもっと大切かもしれません。必ず遺産分割の対策を取りましょう。

生前贈与は個人年金保険で行うよりも一時払い終身保険で行う方がメリットがある。

生前贈与は暦年贈与といって110万円の贈与税の基礎控除額があります。

受贈者を契約者にして年払い110万円以上の個人年金保険に加入させて生前贈与しているケースが多いのですが、贈与する側が早期に死亡してしまった場合に、受贈者が保険料を支払い続けることができず、大きな損失が出てしまうことがあることと、一時払いの終身保険は0歳から加入できる商品が多く存在するため、個人年金ではなく一時払いの終身保険を受贈者に毎年加入させているケースもあります。

一時払い終身7

2、一時払い終身保険のデメリット

一時払い終身保険のデメリットは大きく3つあります。

①  早期解約すると解約返戻金が払込保険料を下回って損してしまう。
②  保険会社が破綻すると責任準備金の90%程度しか保障されない。
③  インフレで保険金額の価値が下がっていってしまう。

一時払いの終身保険を選ぶときには、①の早期解約のデメリットは必ず押さえていただきたいと思います。意外に多いのは、銀行の口座にあると使ってしまうという理由で預金のほとんどを一時払いの終身保険に預けてしまった方が老後すぐに家の修繕を余儀なくされて現金が必要になり3~4年ほどで減額や解約をして損をしてしまうといったケースです。あまり大きい金額は預けないよう心がけましょう。

②の保険会社の破綻に関しては、なかなか予測できないことですし、頻繁に起こることではありません。しかし、もし契約のある保険会社が破綻をしてしまった場合には、損失が生じてしまうことは間違いないことですので、大きな金額の一時払い終身保険に加入するときは、保険会社を2社以上に分けて加入しましょう。

③ のインフレについては、一時払い終身保険にも種類があり、変額終身保険やドル建て終身保険などの物価の変動に対応したものもあります。

変額終身保険とは積立金を特別勘定で運用し、その運用実績に基づいて死亡保険金額、積立金額、 解約払戻金額等が変動する保険です。ドル建て終身保険とは円ではなくドルで設計された終身保険で、為替リスクがあります。大きな金額の一時払い終身保険に加入するときは変額終身保険や外貨建て終身保険に分散して加入することも考慮に入れましょう。

まとめ

一時払いの終身保険は3つのメリットがありますが、一番大きなメリットは相続対策だと感じた方は多いのではないでしょうか。死亡保険金の請求手続きは簡単で、相続時の非課税枠もあるので、相続時にとても役立つ機能をもった保険であるといえるかもしれません。

また、一時払いの終身保険にはデメリットもありますが、そのデメリットは一時払いの変額終身保険・ドル建て終身でカバーすることもできます。破綻のリスクやインフレのリスクに備えるならば2社以上の保険会社で、変額終身保険・外貨建て終身保険に加入すれば対策できるますので、シニアの方は、是非ご検討ください。

終身保険についてお悩みの方へ

次のようなことでお悩みではありませんか?

・自分にピッタリの終身保険を選んで加入したい
・現在加入中の終身保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな終身保険に加入すればいいのか分からない

もしも、終身保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

h_tel

終身保険無料相談のお申込みはこちら

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。
ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

松澤 正宣

松澤 正宣

大手生命保険会社にてオフィス長を経験。
これまで200名以上のセールスに教育・研修を行ってきた保険のコンサルタント。
得意分野は資産家・経営者の税金対策。
保険の教科書の購読はSNSが便利です。